テーマパークスタッフになるには大学・専門学校に通った方がいいの?気になる給料と求人について

MOMOKO

お客さんを夢の世界へ導いてくれるテーマスタッフ。そんなテーマパークに遊びに来たお客様が楽しく過ごせるように、円滑な運営をしているが「テーマパークスタッフ」です。テーマパークスタッフには、どんな人が向いているのでしょうか?主にどんな仕事をしているのか、気になるお給料、求人についてもお話します。

テーマパークスタッフとはどんな仕事?

テーマパークスタッフは、お客様が楽しく快適にテーマパークで過ごせるようにさまざまな業務を行なっています。

お客様が楽しめるようにテーマパークの運営をする仕事

テーマパークの運営と言っても、たくさんの仕事内容があります。下記内容のような仕事をしているので、参考にしてみてください。

  • アトラクションの受付
  • アトラクションを待つお客様の誘導
  • テーマパーク内の案内
  • 売店で飲食物やおみやげなどの販売
  • テーマパーク内のカフェやレストランで飲食物の提供
  • テーマパーク内の清掃
  • ショーの運営
  • チケットの販売

上記は一部の仕事内容です。お客様が楽しく過ごせるように、さまざまな業務に分かれて運営を行います。テーマパークスタッフは基本的に接客業ですが、お客様と顔を合わせない裏方の仕事もあり、アトラクションの点検や飲食物の調理、企画や事務などの仕事があります。
テーマパークによって、それぞれの世界観やイメージがあります。そのイメージを損なわないように、常にお客様の目や、テーマパークのイメージに気をつけながら仕事をする必要があります。

やりがいを感じるとき

テーマパークスタッフがやりがいを感じるときは、お客様から感謝されたときといえるでしょう。「ありがとう」はもちろんですが、「また来ますね」や「楽しかった」などの声が聞こえると、やりがいや嬉しさを感じるとともにやる気も出ます。
お客様が自分のことを覚えてくれることや常連さんができることも、やりがいを感じられるでしょう。

テーマパークスタッフに向いてる人大きく分けて4つ

お客様が楽しく過ごせるように運営にあたるテーマパークスタッフですが、どんな人がこの職業に向いているのでしょうか?

いつも笑顔で明るい人

一番は、笑顔で明るい人がテーマパークスタッフに向いているでしょう。接客業にとって笑顔を絶やさないことは大切です。時にはクレームを言われたり、天気に左右されることなく毎日仕事をこなしたりなど大変なこともありますが、どんな時でも笑顔でいられる人は、同じ職場の人達からも好かれますしお客様にも好印象です。

人と関わることが好きな人

人と話したり関わることが好きな人も向いているでしょう。テーマパークによって違いはありますが、テーマパークスタッフとの関わりを楽しみのひとつとして来園するお客様もいます。お客様と話したり、来園する小さな子どもからお年寄りまでいろんな人達に優しく声をかけたり、楽しく会話できるコミュニケーション能力も大切です。最初は話すことに緊張するとは思いますが、回数を重ねていくうちに接客力がつき、自分の自信へとつながっていくことでしょう。

体力がある人

テーマパークスタッフは、常に立ち仕事で歩き回らなくてはいけません。屋外のテーマパークであれば夏は暑く冬は寒いので、体力が必要で体調は常に整えておかないといけません。仕事中はあくびや眠そうな顔・疲れた顔をするのは禁物です。お客様の立場に立ってみましょう。せっかくテーマパークに来たのにスタッフの人があくびをしていたら、少し嫌な気持ちになりますよね。お客様にとってテーマパークに来た日は特別な日ですので、笑顔で対応することが大切です。

細かい気遣いができる人

テーマパークには、小さな子どもを連れた家族やお年寄りの方、外国人などさまざまな人が来園します。そんな人たちに一人ひとりに合った気遣いをすることが求められます。お客様を見て「なにか困ってそうだな」と、些細なことも気づけることは大切なことです。お客様の力になれたときは、やりがいも感じることができますし接客力も身に着けることができます。また、来園したお客様の安全を第一に考え行動できる責任感も、テーマパークスタッフに必要です。特にアトラクションは命に関わることもあるので、いつも気を引き締めて仕事に取り組まないといけません。

テーマパークスタッフの大変なこと大きく分けて3つ

どんな仕事にも大変なことはありますが、テーマパークスタッフはどんなときに大変と感じるのでしょうか?

繁忙期はとても忙しい

テーマパークには、閑散期と繁忙期があります。閑散期は1月から2月の寒い時期で、繁忙期は夏休みやゴールデンウイーク、お盆休み中などの時期です。繁忙期は友達同士や家族連れ、外国人観光客などが多く訪れるので、そのぶんスタッフの人数も必要になります。そのため、繁忙期や土日祝日は基本的に出勤しないといけないので休みをとりずらくなります。

天気に左右されやすい

テーマパークは大体屋外にあるので、天候に左右されやすいことが特徴です。雨が降っても、業務を行わないといけない場合もあれば、雨でお客様が少なく退屈してしまうこともあります。さらに雨が降ると、アトラクションに異常がないか普段より入念に点検をする必要があります。また、冬は雪が降ると来園するお客様はとても少なくなり、やることがなくなってしまうと、途中で退勤になってしまうこともあるそうです。

体力がいる

夏は暑く冬は寒い中で、常に立ち仕事で動き回らないといけないテーマパークスタッフに一番必要なのは体力といえるでしょう。たくさんのお客様・スタッフたちと関わるので風邪やインフルエンザが流行する時期はしっかり予防をし、体調管理に努めなければいけません。予想以上の大変さに「こんな仕事だとは思わなかった」と、すぐにやめてしまうアルバイトも多いそうです。

テーマパークスタッフになるにはどうすればいい?

テーマパークスタッフになるには、具体的にどんなことをすればいいのでしょうか?資格は必要なのでしょうか?

特別な資格は必要ない

テーマパークスタッフになるにあたり、必要な資格はありません。そのため、テーマパークの採用試験を受け合格すれば、基本的に誰でもテーマパークスタッフになれるので、学生や主婦の方も、アルバイト・パートとして働くことができます。

大学や専門学校で観光学を学ぶ

テーマパークの運営は観光業にあたるので、観光学など観光に関する学部が設置されている大学・短大・専門学校で観光業を学んでから、テーマパークスタッフになる方法もあります。
専門学校によっては、接客の基礎やホスピタリティーなどを学ぶことができるテーマパーク専門の学科があります。大学には観光を中心に学べる学科があり、テーマパークの基本的な知識・接客の仕方を勉強することができます。観光に関することを学んだ学生は、テーマパークに就職後、即戦力として働くことができるでしょう。

英語を話すことができると仕事の幅が広がる

テーマパークスタッフは必ずしも、英語を話せないといけないわけではありません。しかし、英語を話せるスタッフは外国人観光客にもしっかりと対応できるので、仕事の幅が広がります。外国人のお客様に対して、英語で堂々と話す姿に憧れるスタッフは多いですし、「英語を話せてすごいね」と感心するお客様もいます。なにより外国人観光客は、英語のほうが分かりやすくテーマパーク内を快適に過ごすことができます。

気になるお給料や求人、休日について

テーマパークスタッフのお給料はどのぐらいでしょうか?また、求人や勤務形態はどのようになっているのかをお話します。

お給料は若干低め

正社員のテーマパークスタッフは福利厚生は充実していますが、年収は約300万円未満が多く、他の職業と比べると若干低めといえるでしょう。テーマパークの本部で働く正社員になると、年収は約400万円程に上がります。これはサラリーマンとほぼ同じぐらいのお給料です。また、一部ですが大手のテーマパークスタッフ(正社員)は年収が約700万円にもなるそうです。

アルバイトやパートの時給は、約900円から1500円程です。天候に左右されやすい職業ですので、お給料は他職種に比べるとやや低めになります。また、アルバイトから契約社員になった場合も、アルバイトとほぼ同じお給料の所が多いです。

正社員の求人は少ないがアルバイトやパートは多い

テーマパークの運営本部で働く正社員は、高学歴の新入社員が求められる場合があります。求人が出ることが少なく、募集人数も少ないので、正社員で働くのはなかなか難しいと言えます。本部で働く正社員になると、事務や企画、広報などの部署に配属されてデスクワークが中心になるので、テーマパークに来園するお客様と関わる機会は少なくなります。

正社員の求人は少ないですが、アルバイトやパートは常に求人があります。テーマパークスタッフのほとんどはアルバイトとパートなのです。契約期間や労働時間が短い応募もあり、学校生活や子育てと両立して働いたりなど、自分の生活スタイルに合わせて働くことができます。

基本的に土日は出勤し平日休みが多い

テーマパークスタッフは、お客様が多く来園する土日祝日や、繁忙期であるゴールデンウイーク、夏休みなどは基本的に出勤しないといけません。また、繁忙期は勤務時間も長くなる傾向があります。
ですが、本部で働く正社員のテーマパークスタッフになると、サラリーマンと同じように土日が休みで平日に出勤するようになります。また、テーマパークによって違いはありますが、入社して1年未満のスタッフは研修期間中はテーマパークのほうで働き、土日出勤もあるそうです。

テーマパークスタッフの将来性

テーマパークスタッフに人手不足の状態ですので、パートやアルバイトの求人は多く採用されやすいです。しかし、正社員として働くことは難しく、お給料も若干低めで不安定な面もあるので、生活のために辞めてしまう人もいるそうです。

しかし、テーマパークは来園者が増加しつつあるので、無くなることはないと言われています。お客様の笑顔や「ありがとう」などの感謝の言葉を聞くと、大きなやりがいを感じられることがテーマパークスタッフの醍醐味です。大変なこともありますが、お客様の楽しむ姿に元気をもらって仕事に打ち込む人もいます。テーマパークスタッフを目指す方は、笑顔で明るくお客様のことを考えられるスタッフになっていくことを応援しています。

2+