転職が決まらない!5つの原因と対策を知って就活を成功させよう

Hiroko

転職をしようとして活動しているものの、なかなか決まらないという人もいるでしょう。すぐに決まる人もいれば転職活動を始めて1年たつのに決まらない人もいます。では、転職が決まらない人には何か特徴や原因はあるのでしょうか。今回は転職が決まらない人へ原因を知り、成功させるためにはどうしたらいいのかを解説いたします。

転職がなかなか決まらない人の原因5つ

転職活動を続けているにもかかわらず、なかなか決まらない人には原因があります。自分では気づきにくい原因を5つ挙げるので、ご自身に当てはまるものはないか確認しましょう?

自己分析ができていない自己を過大評価している

転職がなかなか決まらない人は、自分のことを過大評価している場合があります。昔から成績優秀でトップを走っていた人でも、社会に出たら自分よりも優秀な人がもっといるのです。挫折を知らずいつも思い通りにやってきた人は、転職をするときに初めて挫折を味わうことが多いようです。

就活は成績だけでなく、コミュニケーション能力社交的な面人への気遣いなどいろいろな面を見られます。
中には自分が能力を過大評価するあまりに実際の能力よりも高望みをした会社を選んでいる場合もあります。企業で働くためには経験が求められるため、必要なスキルを身につけていかなければなりません。自分をしっかり見つめ直して自分のスキルや能力に合った会社を選んで応募することが大切です。

協調性がなくコミュニケーションが苦手

仕事をしていく上で重要なことの一つに、コミュニケーション能力があることが挙げられます。まわりの人とのコミュニケーションが円滑であれば、一人ではできないような仕事もチームで成功させることができます。コミュニケーションがうまくいっていれば協調性も自然に身についてきて、まわりの人との人間関係も良好に築けます。

面接では、面接者の受け答えからコミュニケーション能力があるのかを見られています。質問に合った答えをするというよりも、面接官の目を見て話せるか表情が豊かか、その場の雰囲気に合わせた話し方ができるかなどが採用への判断材料となるのです。普段からコミュニケーションが得意な人は自然に面接の中でわかるものです。

転職がなかなか決まらない人の中にはコミュニケーションが得意ではない人がいるので、意識して人と話をするなどしてコミュニケーション能力を磨きましょう。

理想と現実にギャップがある

人が転職をするときは、「今よりも良い条件で働きたい」と思うものです。前の会社よりも給料が良い、残業や休日出勤がないなど自分の理想を持って転職先を探すこともあるでしょう。

しかし、実際は理想通りの会社を探すことは難しく、どこかで妥協する必要があります。高い目標を掲げてそれに向けて努力することも必要ですが、そうなると転職に時間がかかるばかりか、あまりにも高い目標を掲げることで仕事が見つからない結果になりかねません。給料が高くなるなら多少の残業をしてもいい、残業がなくなる分、少し給料が少なくなるのは仕方がないと妥協することも必要です。

仕事への意欲が感じられない

転職活動が長引くと、だんだん自分に自信がなくなってきて、モチベーションを維持しながら転職活動することが難しくなってきます。はじめのうちは意欲的に面接に臨めたのに、不採用が続くことで面接へも積極的に参加できなくなってきてしまう恐れがあります。

不安な気持ちを抱えたまま面接を受けても、その不安な気持ちが表情に表れてしまい、声も小さくなってしまうかもしれません。そうなると面接官の印象も悪くなってしまい、それが「仕事へのやる気が見られない」ことと判断されてしまうことがあるのです。モチベーションを維持しながら転職活動を続けるのは難しいことですが、面接に行くときはモチベーションをあげて臨みましょう。

不安や自信のなさが顔に表れている

ネガティブ思考の人は態度や表情にその自信のなさが表れます。仕事が決まらないと余計、自分に自信をなくし気分が暗くなってしまうものです。面接の最中に「どうせ受からないだろう」と思いながら話をしていれば、面接官にもそのネガティブな気持ちは伝わります。一緒に仕事をする人はネガティブな人よりも、ポジティブの人がいいと思う人は多いはずです。

また、自信がない人は面接に苦手意識を持っている人が多い傾向がみられます。苦手な面接ではついつい緊張して笑顔になれなかったり、うまく自分を出せなくなってしまいます。緊張するなと言われても難しいでしょうが、面接を受けるときに自分を自分でアピールするプレゼンだと思えば、頑張れるのではないでしょうか。

面接準備が不十分である

面接の準備は重要です。相手企業について調べるのは基本的なことなので、企業理念やどこに支社があるかなど、事前に調べておきましょう。
また、面接の中で聞かれるであろう質問について、いくつかシミュレーションしておくのも大切です。何社か面接を受けるときは、それぞれの会社に合わせて履歴書を変えましょう。同じ履歴書を使い回すのは厳禁です。業種によって、会社によって内容を変えるのは重要なことですので、しっかり準備をしておきましょう。

身だしなみに気を遣っていない

転職・就職活動では第一印象は重要なポイントになります。履歴書に貼る写真から気をつけなければなりません。ヘアスタイル、アイロンをかけたシャツ、シワのないスーツを着て写真を撮るようにしましょう。面接の時にも同じように身だしなみに気を配らないといけません。ヘアスタイルはすっきりした印象を与えるようにします。靴は磨いていきましょう。身だしなみに気を使うのは社会人としてのマナーです。

会社側は、社会人としての常識がない人を採用しようとは思いません。転職が決まらず、不安な気持ちだとは思いますが、身だしなみを整えることで自己の心も整えることになるのです。

自己アピールが苦手

面接の中で自己アピールが上手にできるかどうかで、面接がうまくいくかいかないかが左右されます。自分のことを分かっていないと適切な自己アピールができません。そのためには自分の強み、弱みを客観的に書き出して、それについてまわりの人の意見も聞きつつまとめてみましょう。

自己評価を間違えてしまうと、過大評価して過剰なアピールにつながってしまうかもしれません。また、転職先の企業が欲しい人材に合った部分を上手くアピールすることで採用に繋がる可能性もあります。

転職活動をして1年も仕事が決まらない場合どうしたらいい?

トライするのを諦めた会社に応募してみる

長期間転職先が決まらないと焦りが出てきて、途方にくれてしまうことでしょう。もしも前の仕事を辞めてしまっている場合は、生活ができなくなってしまいます。

一つの解決策として、一度応募を見送った会社に応募してみることをおすすめします。その会社が第一希望ではなかったとしても、気になったということは魅力がある会社だからでしょう。
転職活動を長くしていても、第一希望の会社に採用されるとは限りませんし、理想を求めるあまり転職活動を長引かせるだけになってしまう恐れもあります。魅力を感じた会社に応募して採用してもらえたら、その会社で思いがけずやりがいを感じることができるかもしれません。そして、社会経験を積み自分のスキルアップにつながることがあるかもしれません。必ずしもすべてが希望通りにはいきませんが、その中でどこにやりがいを感じることができるかは自分次第です。

一度中断して気分転換をする

1年間転職が決まらない人は、すっかり自信をなくして落ち込んでいるのではないでしょうか。そうなってしまうとその心の中が態度や表情に表れてしまいます。マイナス思考のまま転職活動をしてもうまくいかないでしょう。

そんなときは、一度転職活動を中断して気分転換する期間を作ってみるのもいいのではないでしょうか。一生懸命になっている人は一度転職活動を中断するのは怖いかもしれません。しかし、ネガティブ思考のまま転職活動をするよりは、気分をリフレッシュして改めて転職活動を始めると気持ちが変わっていいかもしれません。

違う仕事にトライしてみる

転職がなかなか決まらない時に、希望の職種以外の仕事にトライしてみるのもいいでしょう。自分が希望している仕事が自分に合うとは限りません。他の仕事をしてみたらその仕事が好きになれたり、やりがいを感じられるようになることがあるかもしれません。

転職が決まらない焦りへの対応

行動予定をしっかり立てる

転職がなかなか決まらないとついつい焦ってしまいます。転職をするためにはたくさんの会社へ面接に行ったり、履歴書や職務経歴書を作成したりさまざまなことをこなしていかなければなりません。
転職を成功させるため、焦らないためには自分の行動計画を立てることが必要です。面接を週何回か入れて、その他に空いている時間は会社別に職務経歴書を作る時間にする、会社のことを調べるなどの予定を入れてスケジュール帳を埋めましょう。

転職活動の期限を決める

転職が決まらないと不安や焦りを感じますが、その対策として自分でいつまでに転職先を決めるか期限を設けるという方法があります。数ヶ月か1年後には絶対に仕事を決めるという目標を立てることで、それまでに何をすべきか計画的に動くことができます。

期限を決めずに転職活動を行なっていると、まだ時間があると思ってしまいますし、だらだらしてしまう人もいるのではないでしょうか。何かを成功させようとする場合、期限を決めて自分を追い込むほうがやる気が起きる人が多いものです。期限を定めたほうが、それまでに転職先を決めるための行動を考えてこなしていけるでしょう。

転職エージェントを利用する

転職活動がうまくいかないときは、転職エージェントを利用するのも一つの方法です。転職先が長期間決まらない場合、どうして決まらないのか原因は何なのか自分では分かりづらいものです。そこで自分を客観的に見てくれる人が必要となります。

転職エージェントは自分では気付いていなかった点を指摘してくれたり、転職に関するためになるアドバイスをくれます。転職サイトの中には登録すると、専任のキャリア・アドバイザーがついてくれて相談に乗ってくれるところもあります。このようなサイトにいくつか登録してみるのもいいでしょう。

転職が決まらないときの不安への対策

客観的に自己分析を行う

転職が決まらない時間が長くなれば長くなるほど、不安が大きくなってしまうのは仕方のないことです。その不安な気持ちを抱えたまま転職活動をしていたら、面接官にはその不安な気持ちが伝わってしまいます。

それを避けるためには、一度落ち着いて自分を客観的に見つめ、不安を取り除く作業をしなければなりません。転職が決まらないことへの不安でしたら、先に挙げたように対策を立ててみるなど、不安に押しつぶされてしまわないように前向きになれるような努力をしましょう。

履歴書や面接対策を見直す

転職活動の中で何がよくなかったのか、色々と見直す中で履歴書や面接対策に注目してみましょう。

履歴書を正しく書けていますか?誤字脱字などはありませんか?会社の「株式会社」を(株)と略して書いていませんか?年号は西暦か和暦で統一できていますか?もしかしたら、自分では気づかないようなミスをしてしまっているかもしれません。転職エージェントの人に見てもらったり、信頼できる友人や家族に見てもらうといいでしょう。

また、面接については練習を重ねることで少しずつ自信がついてくるものです。質問への答え方については、自分では完璧だと思っていても言い回しがくどかったり、的はずれな答えをしてしまっていては成功とは言えません。面接はその人となりを見たいので、マニュアル通りの答えをしても面接官の心には響きません。
そして、思ってもないことにすぐに対応できる対応力も見られますので、どんな質問をされても的確に答えられるように練習を重ねておきましょう。

諦めず地道に転職活動をしましょう

いかがでしたでしょうか。転職がなかなか決まらない人はご自身がどうして転職が決まらないのか気付いたことはありましたか?転職が決まらないとつい焦ってしまいがちです。早く決めたいために全く希望していない会社へ応募したりしてしまう人もいるでしょう。しかし、諦めず着実に転職活動をしていくことが大切です。色々な対策を練って、地道に努力することできっと道は見えてくるでしょう!

0