整形外科医の年収ってどのくらいあるの?女性が活躍しているその仕事内容と気になる結婚事情について

街中でも見かける整形外科、手足のトラブルでかかる病院というイメージがあります。しかし、実際には整形外科医の仕事内容は多岐に渡り、さまざまな治療を行なっています。ここでは整形外科医とはどんな仕事なのか、さらに気になる年収もチェックしていきます。また、整形外科医になるためにはどのような進路に進めば良いのかという点についても触れていきます。

整形外科医とは

まずは、整形外科医とはどんな医者なのか、仕事内容や給料、整形外科における名医も紹介します。

整形外科医の仕事内容について

整形外科医ってどんな仕事?気になる年収もチェック

整形外科医は筋肉や骨、関節といった運動器官の治療を中心に行なっているところです。骨折や交通事故、腰痛、リウマチといった治療もしています。診察を行なって薬を処方したり、理学療法、運動療法などを行います。

整形外科において特徴的なのは、運動機能を回復させるためにリハビリを実施するという点になります。そのため、たった一度の診察というよりは、継続して患者さんに通院してもらいながら身体の機能を整えていくという流れになっています。基本的には予約診療となっているため、毎週何曜日は○○さんと予定が把握できます。その点においては、他の医師より仕事がしやすく予定が立てやすいと言えるでしょう。

整形外科医も手術をするの?

整形外科医の主な仕事内容に、診察や薬の処方、理学療法に運動療法といったものがあります。さらに、整形外科医は場合によっては手術を行うこともあるのです。手術を行う場合は、小さな診療所ではなく総合病院や大学病院になります。よって、開業医で整形外科医であるという医師は、あまり手術をする機会はありません。
大きな病院で整形外科医として働いている医師にとっては、手術を行うケースもあるということを知っておきましょう。

年収や給料はどれぐらい?

整形外科医

■出典:recruit-dc.co.jp

整形外科医の年収や給料はどれぐらいなのでしょうか?30代の整形外科医である場合、約50%が1,000万円未満という統計
が出ています。医師として働く20代であれば、他の医師から比べるとあまり給料が高くないです。その後40代、50代と年齢を重ねていく中で2,000万円前後まで多くなります。

しかし、この数字に関しては地域によって差があることを理解しておく必要があります。首都圏や地方の病院によっても、整形外科医の年収に違いが生じるからです。
給料は年収から計算すると、30代でおよそ50万円前後です。しかし、この50万円というのもボーナスの金額によって異なるため、平均の給料としか言えません。サラリーマンよりははるかに高くもらっていると感じる整形外科医の給料ですが、医師としては特別高い給料ではないと言えます。

【参考URL:リクルートドクターズキャリア「整形外科の年収事情」

整形外科医のブログが人気

整形外科医

■出典:nishizawaclinic.com

整形外科医は開業医である場合、病院のホームページに院長ブログというコーナーを設けていることがあります。ブログが人気で読みにくる人が増えたり、実際に病院に訪れる人もいるほどです。

たとえば、西沢整形外科クリニックでは、院長が日常のことをブログに書いています。世界情勢や子どもの話を紹介しており、たまにプライベートな内容も掲載されているので、遠い存在のように感じられる医師の日常を覗くことができます。
気になる方はぜひ覗いてみてください。

【⇒西沢整形外科クリニック 院長のブログはこちら

この他にも、整形外科医でブログを書いている人はたくさんいます。今かかっている整形外科でももしかしたら医師がブログを書いているかもしれません。調べてブログを読んでみることによって、ブログから医師の考え方が伝わり、その人の診察を受けたいと思えることもあるのです。

整形外科医になるには大学の難易度って高いの?

整形外科医

整形外科医になるには、どのような大学に進めばよいのでしょうか?大学の難易度や必須科目の話をします。

英語は必須科目

整形外科医をはじめ医師を目指す場合、英語は必須科目です。英語は必ず習得しておかなければいけない語学であり、医師の場合は論文を読んだり学会に参加して発表したり、より医師としての知識を深めるために留学をしたりといったように、英語を使う機会がたくさんあります。

そのため、英語は必須科目となっているのです。職場に外国人がいることも想定されるので、英語でコミュニケーションが取れないと困ります。さまざまな境遇に遭遇する可能性があるため、整形外科医をはじめとした医師にとって英語は必須なのです。

大学は医学部へ進もう

整形外科医になるためには、大学は医学部に進みましょう。基本、医師を目指す人は医学部を目指します。大学の医学部に入ってから勉強を重ねていく中で、自分にはどの科が向いているか見極めていきましょう。医師免許も必要なので、医師として活躍するためには医学部で勉強をするといいです。

地道な努力が必要な職業

整形外科医になるには、日々地道な努力が必要となります。これはすべての医師にも当てはまることです。大学の医学部に進学するために、第一の難関がやってきます。医学部は全国さまざまなところにありますが、それぞれ難易度が異なります。その医学部に入るための努力が必要なのです。

無事に医学部に入学できたら、次なる目標は医師免許です。医師免許がないと医師にはなれないので、この免許を取ることが次の課題となります。さらに、無事に医師免許を取得できた後は日本整形外科学会に入会して、6年間の研修が待っています。その後、専門医試験に合格することができたら、晴れて整形外科医となれるのです。このように、整形外科医になるには、長年の地道な努力が必要になります。

どんな性格の人が整形外科医に向いている?

地道な努力が欠かせない整形外科医という職業、どんな性格の人が向いているのでしょうか?まず、努力することが苦に感じない人です。長年の努力の末、整形外科医になることができるため、地道にコツコツと目標に向かって取り組める人が向いています。

また、スポーツに詳しかったり自分自身も運動をしていたという人は、整形外科という診療科目が身近に感じられ、より親近感を持ちながら医師として仕事に取り組むことができるでしょう。

整形外科医の勤務先はどこ?

続いて、整形外科医の勤務先について見てみましょう。

大学病院の整形外科

整形外科医

整形外科医の勤務先の1つ目として、大学病院の整形外科があります。たくさんの診療科目が集まっている大きな大学病院の中に整形外科も含まれており、そこで整形外科医として勤務します。

大学病院には、小さな整形外科では診察が厳しかった容態の人も訪れます。その方の症状を診ながら、より慎重に診察を行う必要があります。多くの医師や看護師が常駐している空間になるので、自分のやるべきことをしっかり把握し、毎日診察を行うことが大切です。

整形外科医院への勤務

大学病院の中にある整形外科に勤務する方法の他に、街中にある整形外科医院への勤務という方法もあります。1つの建物の中で整形外科のみの診察を行なっているため、落ち着いた空間で仕事をこなすことができます。

勤務している数人の整形外科医と連携を図りながら診察を行うため、日頃からお互いのことを話す機会も増えるでしょう。職場の仲間と共に、日々の仕事に励むことができます。

整形外科医院を開業することも可能

整形外科医として、自分の整形外科医院を開業することも可能です。開業は医師としての最終目標と考える人も多く、自分の病院を持つことに憧れを抱いている医師も多くいます。

整形外科においては、他の整形外科医院との差を図ることで、より多くの患者さんが訪れるようになります。子どものスポーツに詳しい整形外科といったように、特定の患者さんをターゲットにすることも可能です。

整形外科医院を開業するにはリハビリで使用する器具を揃える必要もあるので、しっかりと計画を立てた上で実行に移すようにしないといけません。整形外科医院を開業するにはそれなりの資金も必要になるため、事前に綿密な計画を立てることは欠かせません。

整形外科医の結婚事情について

整形外科医

全国にたくさんの整形外科医が日々患者さんの診察を行なっていますが、整形外科医の結婚事情はどのようになっているのでしょうか?気になる整形外科医の恋愛や、結婚事情について覗いてみましょう。

どんな恋愛をしている?

整形外科医は医者の中でも遊び人が多いという情報もありますが、実際に遊び人ばかりいるわけではありません。ただ、整形外科医はモテるので交友関係がより活発です。その結果、異性と知り合うきっかけも増えると考えられます。

また、整形外科医は患者さんと恋愛関係になるケースがあるという説もあります。これに関しては、1人の患者さんと長い間向き合って、一緒に治療を行う場合が多いからと考えられます。医師によって考え方もさまざまですが、患者さんと恋愛関係になることに抵抗を持っていない人がいるのも事実です。
整形外科医の恋愛は比較的自由で、医者ということもありモテるというのが事実です。

整形外科医との結婚生活はこんな感じ

もし整形外科医と結婚した場合、結婚生活はどんな感じになるのでしょうか?一般的な仕事に比べると不規則で激務と言われており、妻の支えが必須となります。急に事故が起きて怪我をしている患者さんが運ばれることもありますし、休日にいきなり電話がかかってきて病院に駆けつけなければならないケースもあります。

常に忙しく働いている夫のために妻がサポートする、家庭を守れるように努力することは不可欠です。これは、整形外科医の女医さんである場合も同じです。お互い協力し合いながら生活を共にすることで、結婚生活も順調になるでしょう。

整形外科医は必要とされている職種の1つ

整形外科医ってどんな仕事?気になる年収もチェック

整形外科医は私たちの生活の中で、必要とされている職種の1つです。なくてはならない診療科であるため、整形外科医はとてもやりがいのある仕事と言えます。整形外科医になるまでは地道な努力が必要であり、実際に整形外科医として働く中でも日々勉強は欠かせません。整形外科医としてのスキルを高めていくことで、給料にも反映される職種になっています。なるまでの道のりが長いですが、それまで頑張ってきたことがすべて反映される仕事となるでしょう。

0