歯科業界に特化した5サイトを比較!理想の職場を探すために利用すべき求人サイトとは

歯科業界で転職を考えた時に、求人情報をサイトで検索することが一般的になってきています。実際に、歯科業界に特化したサイトを利用して理想の職場を探すにはどうしたらいいでしょうか。どのサイトを選んでも同じだろうと考えるかもしれませんが、運営する会社によってそれぞれ違いがあります。その違いを知るために、歯科業界に特化した転職サイト5つを紹介します。

歯科業界に特化したサイト比較!理想の職場を探すために利用すべき求人サイトとは

2018年05月14日更新

転職・就職ノウハウ

MOMOKO (ホプラス編集部)

  • fb
  • line

[1]歯科業界だけの特化型求人サイト比較表!

歯科業界に特化したサイト比較!理想の職場を探すために利用すべき求人サイトとは
歯科業界だけに特化した5つの求人サイトの特徴を比較してみました。下記の表にまとめましたので、参考になさってください。(編集部調べ)

5つの求人サイトの比較表

 メディクルデンティでんたろうデンタルWORKER歯科転職ナビ
掲載求人数1,017件10,582件7,000件以上
利用者数(サイトの会員数)
サイトの使いやすさ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
就職・転職サポートの有無
会員登録の有無
お祝い金の有無
お役立ちコンテンツ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
各サイトの特徴診療科目から検索できるオプションサービスの充実求人先に直接応募歯科衛生士に特化したの求人転職サイト歯科衛生士、歯科助手向けの求人転職サイト
地域(全国対応or関東圏のみ)全国対応全国対応全国対応全国対応全国対応

[2]5つのサイトのそれぞれの特徴を詳しく見てみよう!

5つの歯科業界に特化したサイトは、職種別、地域別、こだわり条件別から求人情報を絞り込んで検索することができます。自分の希望に合う求人を探しやすくなっていることが共通した特徴です。その他に、それぞれどんな特徴があるのか、サイト別に紹介していきます。

メディクル

歯科業界に特化したサイト比較!理想の職場を探すために利用すべき求人サイトとは

メディクル 公式求人サイトはこちら

メディクルは、歯科業界の就職や転職を考えてる人への求人情報を紹介しています。こだわり条件が細分化されているので、条件に合う情報を簡単に検索することが可能です。希望者は就職サポートを受けることができます。

  • 診療科目からも検索できる
  • メディクルのサイトでは、一般歯科だけでなく診療科目(インプラント、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、口腔外科、歯周病治療、予防歯科、歯科技工、ホワイトニング)からも求人を探すことができます。自分のスキルを活かした転職先や、これから身に付けたいスキルから求人を探すことが可能です。

  • 就職サポートを受けることができる
  • 会員登録をすると、掲載されている求人へ応募することが可能になります。また、会員登録時に「就職サポートを受ける」にチェックを入れると、歯科業界に詳しいキャリアドバイザーから、就職・転職サポートを受けることもできます。

    この就職・転職サポートは、希望する条件に合う求人を紹介してもらえるサービスとなっています。また、一般には公開していない非公開求人も紹介してもらえるので、人気歯科への応募もできるかもしれません。時間に余裕のない求職者にとって就職サポートを受けることは、自分で探すよりも良い条件の求人を効率的に見つけることができるでしょう。

  • 気になる特集の求人がある
  • メディクルのサイト内には、特集求人のアイコンがあり特に目を引くよう作られています。特集内容も高待遇求人、歯科助手特集(駅チカ、未経験OK、残業少なめ)、メディクルが推薦する優良求人となっているため、求職者にとって興味が惹かれるものになっています。

デンティ

歯科業界に特化したサイト比較!理想の職場を探すために利用すべき求人サイトとは
デンティを運営するメディカルネットは、他にも歯科治療専門のサイトを数多く運営しているので、歯科業界に詳しいサイトといえるでしょう。会員登録しなくても、求人へ応募することができます。

デンティ 公式求人サイトはこちら

  • オプションサービスの充実
  • 無料の会員登録をする時に、「医院からの直接スカウト」を希望する項目にチェックを入れると、歯科医院からスカウトメールが届くサービスを利用することができます。スカウトサービスを利用するメリットは、大きく2つあります。

    匿名の自己PRとキャリア情報を医院側が閲覧できるようになり、求人をしている医院からスカウトメールを受けることができます。
    複数のスカウトメールを受けたら、興味のある医院だけに応募することができます。

    このように、スカウトメールを受け取ることができると、自分のスキルと存在を歯科医へアピールできることができ、就職を早く決める手段として有効になりそうです。

    また、無料の求職支援サービスの登録をすると、専任のコンサルタントからサポートを受けることが可能になります。自分の条件に合った職場を、一般には公開していない非公開求人も含めて紹介をしてくれます。面接日程の調整や労働条件の交渉もしてもらえるので、内定に至るまでの求職活動の全てをサポートをしてもらうことができるのです。

  • 働き方の提案がある
  • デンティには、他のサイトにはない新しい切り口から働き方の提案がされています。

    【訪問歯科業界の求人】
    厚生労働省が推進している「地域包括ケアシステム」で注目されるようになった分野で、ある訪問歯科業界の特集があります。

    【被災地の歯科医療従事者向け求人】
    被災によって職を失くした歯科助手・受付、歯科衛生士、歯科医師を優先して採用している医院の特集などの特集があります。

  • 転職マニュアルやQ&Aがあるので不安を解消できる
  • 歯科業界の就職・転職活動にをするにあたって、電話やメールでの具体的な問い合わせ方法から、履歴書の書き方、面接や面接後の対応までのマニュアルがサイト上で参照できます。よくある質問に対するQ&Aもあるので、就職・転職活動を始める前の心づもりができて、不安を解消することができるでしょう。

  • 参考になるコラムが充実している
  • 現役で活躍している歯科医院の先生や、歯科衛生士のコラム記事を読むことができます。

    【クローズアップドクターの記事】
    歯科医の理念やスタッフ教育、予防歯科やインプラントなど、それぞれの医院の得意分野などの記事を読むことができます。歯科医ではない他の職種であっても、歯科医師はどんな考え方で仕事に臨んで患者様と接し、歯科医院を経営しているのかがわかります。

    【現場レポートの記事】
    歯科衛生士の魅力や仕事内容について、また各々の得意分野での仕事などについて具体的な内容を知ることができます。これから歯科衛生士になろうとしている人や転職希望の人、他のスキルを身に付けたい人に参考になるでしょう。

でんたろう

歯科業界に特化したサイト比較!理想の職場を探すために利用すべき求人サイトとは
でんたろうで扱っている求人対象となる職種は歯科衛生士、歯科助手、歯科医師、歯科技工士です。
自分の条件に合う求人票を見つけたら、応募方法を確認して自分で面接のアポイントを取ります。でんたろうが勤務先の紹介や人材の派遣を行うことはありません。会員登録しなくても応募することが可能です。

でんたろう 公式求人サイトはこちら

  • かわいい印象を受ける入りやすいサイト
  • でんたろうのサイトはピンクが多用されていてアイコンもイラストなので、他のサイトのようにカチッとした堅苦しさを感じることは少なく、親しみやすくてかわいらしい印象を受けます。
    かわいらしい印象があると、転職という人生の転機を考えているときも気負わずに、「情報収集だけでもしてみよう」とハードルを下げて考えることができるようになるでしょう。

  • メルマガ登録して情報収集ができる見極めよう
  • メールマガジン登録をすると、新着の求人情報を受け取れます。無料で登録できるので、まずは情報収集したいと考えている人におすすめです。

  • 歯科コンサルタントによる歯科業界の記事がある
  • 歯科コンサルタントである、宮原秀三郎氏の人気記事が掲載されています。最近の歯科医院を巡る事情、問題・解決を、身の回りにある例を交えてわかりやすく示した内容なので参考になります。

デンタルWORKER

歯科業界に特化したサイト比較!理想の職場を探すために利用すべき求人サイトとは

デンタルWORKER 公式求人サイトはこちら

デンタルWORKERは、歯科衛生士に特化した求職・転職サイトです。就職・転職の支援を専門とした専任のアドバイザーに無料でサポートしてもらうことも可能になります。また、メルマガの登録を無料ですれば、非公開求人をメールで受けとることができます。

  • 歯科衛生士に特化した充実した求人数
  • デンタルWORKERを運営しているTSグループは、人材紹介サービスを運営している経験があるため、求人数10,582件と豊富にあり充実しています。また、デンタルWORKER限定の非公開求人も多数あるので、無料会員登録すれば高待遇や人気のある求人を紹介してもらうことができるでしょう。

  • 多くの実績より集められた情報が豊富
  • 今までデンタルWORKERが仕事を多数紹介してきた実績があるので、各求人に関する具体的な情報が豊富に集まっています。
    例えば、求人広告だけではわからない職場の雰囲気や人間関係、歯科医師の人柄などの情報を、実際に働く方からの口コミによって得ることができ、転職前に事前に社内環境を知ることが可能となります。
    転職後にイメージが違うと後悔するようなことにならないために、実際に働いている人たちからの情報を知ることができるのはメリットであると言えるでしょう。

  • 歯科衛生士専門のアドバイザーがサポートしてくれる4つのこと
  • 求人者の希望条件とスキルに合った求人情報を紹介してくれます。
    出張面談もしてもらえるので、求人情報の詳しい説明から自分の希望する条件、面接対策まであらゆる対応をしてもらえます。
    面接の日程調整、面接の同行、また給与などの条件交渉もしてもらえます。
    転職についての悩みや、入職後にもカウンセリングしてくれます。

歯科転職ナビ

歯科業界に特化したサイト比較!理想の職場を探すために利用すべき求人サイトとは

歯科転職ナビ 公式求人サイトはこちら

歯科転職ナビで扱っている求人対象となる職種は、歯科衛生士、歯科助手、歯科医師となっています。サイトの上には「歯科衛生士、歯科助手の転職に強い」と記載されているので、特に歯科衛生士、歯科助手の求人割合が多いと推測できます。会員登録後は、コンサルタントが電話サポートをしてくれます。

  • 電話でのサポートがある
  • 無料会員登録すると、経験豊富な歯科系人材コンサルタントから電話連絡があるので、その時に自分の希望(給与、通勤時間)などを詳しくヒアリングしてもらえます。また、将来のキャリア設計や医院の職場環境についても相談することができます。

  • 歯科系人材コンサルタントのサポートがある
  • 豊富な求人情報の中から自分の希望する条件に適した求人情報を探し出して、面接の日程も調節してもらうことができます。納得がいく職場が見つかるまで、何度でも面接の設定をしてもらえます。

  • 就職後のサポートがある
  • 常勤、非常勤などの雇用形態に関係なく、仕事が決まれば10,000円の入社祝い金をもらうことができます。入職後も職場になれるまで、専任のコンサルタントに相談することができます。

[3]自分に合ったサイトの選び方

転職した結果、「こんなはずじゃなかった」というミスマッチで後悔するような結果になることは避けたいものです。ですから、信頼できる求人の紹介を掲載している大手サイトのコンサルタントやアドバイザーが、質問にしっかり応じてくれるサイトを利用することがおすすめです。

まずは情報収集から始めよう

できるだけ新しくていい情報を多く手に入れることができれば、選択肢が広がるでしょう。多くの情報を手に入れるためにも、1つのサイトから情報を得るのではなく、複数のサイトから情報収集することをおすすめします。ほとんどのサイトが無料で登録でき、未掲載の求人も閲覧できたり実際に紹介してもらえたりすることができるので、複数のサイトに登録して情報収集してみるのはいい方法でしょう。

会員登録するメリットとは

会員登録しなくても求人に応募できるサイトもあります。しかし、入職後にミスマッチをおこさないためにも会員登録して、新着情報や未掲載の求人を得る方が転職の成功のカギを握るでしょう。

転職サイトに登録したからといって、無理に転職を勧められることはなく、個人情報も求職者の合意がなければ医院に知られることはありません。また、希望者はコンサルタントやアドバイザーに相談することができるので、自分の条件に合う最適な求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。このようなことから、会員登録することは大きなメリットと言えます。

専任アドバイザーに求人を紹介してもらうメリット5つ

希望者は、専任アドバイザーやコンサルタントに求人を紹介してもらえるサイトがあります。サイトによって多少の違いはありますが、主なメリット5つを紹介します。

  • ブランクがある場合や条件について相談したいことがある場合は、面談や電話で直接話すほうが伝わりやすくなります。
  • 在職中で転職情報を収集する時間が取りにくい場合、多数の求人の中から迅速にマッチングしてもくれるので時間の節約になります。
  • 条件交渉を医院にしてもらえます。
  • 面接日の日程の設定、サイトによっては面接への同行もしてもらえるサービスもあります。
  • 入職後に相談したいことがあればサポートしてもらえます。

[4]歯科業界に転職するために良い職場を見つけよう!

歯科業界に特化したサイト比較!理想の職場を探すために利用すべき求人サイトとは
自分に合う転職先を見つけるためには、自分の条件に合ういい情報を手に入れなくてはなりません。そのためには、転職・求人サイトを利用することは一般的なことでしょう。しかし、サイト運営している会社にも得手不得手の分野があるので、それを見極めて利用することが望ましくなります。
また、求人以外のサービスの内容(求人先との交渉、面談、面談同行、カウンセリングなど)が違うので、サイトを選ぶ際は自分に必要なサービスがあるのか、サイト内を隅々まで調べることをおすすめします。有利な条件で転職したいと考えるならば、複数の求人サイトに登録することが近道と言えるでしょう。

  • 関連するキーワード