ヘッドハンティングとは?スカウトされる人の特徴と電話が来た時と対応方法

ヘッドハンティングという言葉を聞いて連想するものはどんなイメージでしょうか。いったいヘッドハンティングしてくる会社はどのようななものか。そしてどんな人がヘッドハンターからアプローチされやすいのか。ヘッドハンティングの基礎知識から活用法までお伝えしていきます。

2018年05月14日更新

仕事・働き方

Kaede (ホプラス編集部)

  • fb
  • line

[1]そもそもヘッドハンティングとは?

「あなたをスカウトしたいと考えています。転職に興味はございますか?」

突然、職場にヘッドハンティングの電話が掛かってくるかもしれません。もしくは、ヘッドハンティングの連絡を受けて、どうしてよものか混乱してしまうかもしれません。そもそも、ヘッドハンティングとは何か分からなくて検索された方もいるかもしれませんね。

ヘッドハンティングの会社とは、いったいどのような会社なのでしょうか。ヘッドハンティングのスカウトに興味がある方は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

ヘッドハンティングの概要

ヘッドハンティングとは、外部の企業から優秀な人材を自分の会社に招き採用するスカウト方法のことです。海外では馴染みの手法で、経験を多く積んだプロのヘッドハンターが、経営層クラスの人材をヘッドハンティングする際に多く使われます。

日本の企業では、まだまだ馴染みも少ない採用方法で、近年まではあまりヘッドハンティングの手法を採用する企業は多くありませんでした。しかし、働ける人口が減っていく中、最近ではマネージャーレベルの優秀な人材を採用するために、ヘッドハンティングを利用するケースが増えてきました。

ここでは、ヘッドハンティングの会社についてお伝えいたします。

ヘッドハンティングでスカウトしてくる会社とは?

海外と日本とでは、働き方に対する考えの違いが大きく異なります。もちろん、ヘッドハンティング会社のサービスにも、それぞれ大きな違いが見られます。

ここでは、日本企業のヘッドハンティングとはどういったものなのか、その特徴を説明いたします。

  • エージェントが探してアプローチするスカウト型
  • 古典的なイメージのあるスカウト型のヘッドハンティングです。
    依頼主の企業より一定の着手金を受け取り、要望に沿った人材を独自のルートで個別スカウトする手法です。企業から求められる要望は、転職サイトやデーターベースには登録がなく、現在も企業に在籍されて活躍が注目されている傾向にあります。経営層クラスやエグゼクティブな求人に対して利用する企業が多いのも特徴です。

  • 登録された情報を閲覧し、要望をマッチングする登録型
  • 最近注目されるデータベース登録型のヘッドハンティングです。
    転職サイトやデーターベースに登録した求職者の情報から、要望の条件とマッチングする人材をリサーチし、スカウトする手法です。一般的には、転職エージェントとも呼ばれています。

日本の企業がヘッドハンティングを選択する背景

ヘッドハンティングが選ばれる背景のひとつに、需要に対して優秀な人材の供給が追いついていないことが挙げられます。

人口の少子化に加えて、より業務の専門化や高度なスキルと経験が求められる様になり、要望される優秀な人材を確保することが難しくなりました。求める条件に対して、ピンポイントにスカウトできることから、ヘッドハンティングを採用の方法として選択する企業が増えてきたのだと感じます。

転職エージェントとヘッドハンティングとの違いとは

ここでは、それぞれどのような手法でスカウトしているのか、転職エージェントとヘッドハンティングの違いについて比較してみましょう。

  • 転職エージェント
  • 転職サイトやデータベースから条件をマッチングする転職エージェントの場合、とにかく求職者自ら登録してもらう必要があります。

    その情報の中から企業の要望に合わせて条件を設定し、まとめてマッチングさせることも可能なので、複数の人材をまとめて採用することも可能です。

  • ヘッドハンティング
  • 要望に合わせてスカウトするヘッドハンティングの場合、ピンポイントで探すアナログな手法のため、まとめて採用するには不向きと言えます。

    逆にニュースサイトやメディア紙に取り上げられる経歴があるなど、特定分野に精通している人材に絞ってスカウトすることも可能です。

ヘッドハンティング会社3選

ここからは、気になったヘッドハンティング会社について紹介します。
ここで紹介するヘッドハンティングの会社は、ヘッドハンティングについて検索すると出てくるGoogleのサジェスト機能にヒットしたものを順に並べています。サービスの概要など、よく自身で確認してから利用するようにしましょう。

  • レイノス
  • レイノスは、ヘッドハンティング業界で最大級の規模を誇るレイノス株式会社が運営するヘッドハンティング・スカウトサービスです。

  • 東京エグゼクティブ・サーチ
  • 東京エグゼクティブ・サーチは、創業から40年のノウハウを持ったヘッドハンティングのパイオニアです。

  • ビズリーチ
  • ビズリーチは、日本国内で初めてヘッドハンター特化型のインターネットを活用した転職サービスです。管理職やグローバル人材といった人材を得意としています。

[2]エージェントが会いたいと思う人材

どうしてもヘッドハンティングのエージェントからのスカウトにこだわりがあるのであれば、ヘッドハンターが会いたいと思う人材かどうか理解する必要があります。

ここでは、ヘッドハンターも惹かれる特性についてお伝えいたします。

多くの企業は、スキルだけで採用を選ばない

企業の求める即戦力の条件に、協調性が求められます。
ある程度のポジションからスタートするヘッドハンティングは、新しい職場で力を尽くし、周りと協調をとってミッションを達成する人間力が求められます。エージェントが会いたいと思う人材は、部下や上司からも信頼されているような、円滑な人間関係を築くことのできる人材です。

今までの経験やスキルが少ない場合でも、人間力の高い方であれば、ヘッドハンティングのエージェントが会いたいと判断するのだとか。特にミドルクラスの採用でも、積極的にスカウトが行われております。

ヘッドハンティングされるには

ヘッドハンティングしたいと思う人材には、普段いろいろな人との付き合いを大事にする、良い人脈を持った方が対象になりやすいと言えます。

  • 周りから信頼されていて憧れの存在になる
  • 良い人脈がある方は、周りからの信頼も高く、ヘッドハンターは仕事もできると判断しています。

  • 有力な社外人脈を築く
  • 周りから信頼されている方は、人づてに紹介される機会も増え、ヘッドハンターのネットワークに上がる可能性が高くなります。

  • 待っていてもヘッドハンティングされない
  • 企業サイトのスタッフ紹介に掲載されるような方は、会社で活躍していることが多いので、ヘッドハンターからアプローチされるチャンスも増えます。

[3]外資系企業のヘッドハンティングの特徴

外資系企業がなぜヘッドハンティングするのか。外資系の企業の多くは、日本のように組織化された人事の管理部門がないことが挙げられます。日本市場の中で営業やマーケティングといった部門に力を入れるも、人事部には必要最低限の人材しか採用されていません。

特に採用に関しては、ヘッドハンティングを利用するケースが多く見られます。

海外勤務経験があると有利

海外ビジネスの経験が有利であるもっともな理由は、他国文化で得られる貴重な経験と海外ビジネスを知るという経験は、新たに変化する環境や時代にも柔軟に対応できると判断できるからです。

外資系企業へ転職するためのポイント

外資系企業では、個人の実績が重視されます。今までどんなプロジェクト実績があるのか、どれだけの自分が企業にメリットを与えられるのかをアピールできるかがポイントになります。

[4]エージェントから電話があったら聞くこと

ヘッドハンティングのエージェントから、あなた宛に電話やメールが届きます。突然のことでびっくりするでしょうが、本当に安心できる内容か見極めて観察する必要があります。

エージェントの扱う求人は、競合他社に知られたくない場合も多いため、求める企業名を明かしてくれるケースは稀です。そんなときに聞いておくと良い3つの内容をまとめました。

これからどんな仕事をするのか

まずヘッドハンティングされたら、転職先でどんな仕事につくのか具体的な業務内容を確認しましょう。

エージェントの中には、限られた少ない情報で、スカウト連絡してくる場合もあります。ヘッドハンティングされた側は、自分のすべて経歴を見て判断してくれていると勘違いすることもあるようです。
実際に、話が進むにつれて求めていた内容と違ったなどが無いよう、自分にできる仕事なのかしっかり考えてみましょう。

何が自分に求められているのか

ヘッドハンティングされる上で一番重要になる部分です。

ヘッドハンティングでの採用は、ある程度のポジションが用意されている場合が多いため、成果を強く求められるケースがほとんどです。

求められていることに対して、自分が応えられるか確認しておきたいポイントです。

自分を評価してくれたポイントは何か

企業が自分のどの部分を評価してくれて、スカウトしているのか確認しておくのもよいでしょう。
ヘッドハンティングされている立場なので、可能な限り気になる点は確認するようにしましょう。それぞれが納得のできる内容であれば、あとは転職を決断するだけです。

後悔しないように、自分が成長できるのか、今の生活が変化しても問題ないか考えましょう。

[5]人間力を高めておくことでヘッドハンティングされる人材になれる

ヘッドハンティングは、かつては経営層クラスの限られた人だけを対象とした、人材採用の方法でした。
しかし、企業が要望する人材の不足により、今までとは違った条件でスカウトとしてくるケースも増えております。突然、職場にスカウトの電話があったと驚かないほど、身近な存在になりつつもあります。最終的にヘッドハンティングのエージェントが選ぶ人材は人間力です。普段からふとした疑問や好奇心をもって今ある日常に目を向けることが、最終的にエージェントが選びたいと感じる人材とも言えます。

  • 関連するキーワード