インスタグラマーになるにはどの方法が一番いい?気になる収入事情や審査について

すっかりお馴染みとなった人気SNS、Instagram。綺麗で印象的な写真がたくさんアップされています。その中でも注目を集めているユーザーはインスタグラマーと呼ばれており、中には一般の方でも芸能人のように人気を集めていることがあります。趣味で投稿している方もいますが、職業としてインスタグラマーをしている方もいます。この記事では、近年の新しい働き方・インスタグラマーを紹介します。

インスタグラマーになるには?気になる収入事情や審査についてご紹介

2018年06月07日更新

職業カタログ

MOMOKO (ホプラス編集部)

  • fb
  • line

[1]注目が集まる職業、インスタグラマーとは?

インスタグラマーになるには?気になる収入事情や審査についてご紹介

インスタグラマーの定義

インスタグラマーは、Instagramのユーザーの中でも特にフォロワーや閲覧数、閲覧者からの反応を示す「いいね」の数が多く、影響力の強いユーザーのことを指します。普通のユーザーのフォロワー数は大体数人〜数百人程度であることがほとんどですが、インスタグラマー達には数千人〜数万人、特に人気の方には数十万人以上のフォロワーがいます。ファッション、風景、アート、ペットなど、さまざまなジャンルにそれぞれ人気を集めるインスタグラマー達がおり、その影響力に注目した企業からの依頼を、以下のようにこなすことで収入を得ています。

  • 写真投稿による広告収入

企業の商品やサービスを写真でアップし宣伝するという、最もシンプルな仕事です。商品の魅力やサービスの効果が、閲覧者によく伝わるよう工夫して投稿します。

  • メディアでの企業PR

企業が企画した旅行の感想や化粧品、アプリのモニタリングなど、企業から依頼された商品やサービスを記事にしたり、モデルなど芸能関係のお仕事をしたりと、インスタグラムで培った影響力を、インスタグラム以外のメディアでも発揮します。

  • 企業のインスタグラムの運営代行

企業のインスタグラムのアカウントがユーザーに広まるよう、自身のセンスによって、好感度が高く興味を惹くような投稿をします。

インスタグラマーの収入が気になる!

では、そのような仕事をすることで一体どのくらいの収入があるのでしょうか?

気になる報酬相場ですが、1投稿あたり1フォロワー平均2.3円が支払われるとのこと。あくまでも平均なので、基本的には1フォロワー1円程度のようです。フォロワーが50,000人いた場合、投稿を5回することで25万円の収入があることになります。また、いいねがつくごとに報酬が発生したり、宣伝となる投稿をする代わりに商品やサービスを無料で企業に提供してもらえることもあります。

加えて、内容にもよりますが、モニタリングによる記事の執筆は約10万円、旅行の感想の執筆は30万円以上の報酬があるそうです。そして、企業のインスタグラムアカウントの運営代行はひと月50,000円ほどで、どれも人気と信頼のあるインスタグラマーほど高額になっていきます。

特に人気のあるや、始めたばかりの方と差はあれど、平均月収は5万円〜27万円程度です。トップインスタグラマーには、なんと2,000万円の収入がある方もいるそうです。

[2]インスタグラマーの魅力

インスタグラマーになるには?気になる収入事情や審査についてご紹介

そんなインスタグラマーですが、職業としてはどんな利点があるのか見ていきましょう。

自分のペースで仕事ができる

インスタグラマーはカメラやスマートフォン、PCがあればどこでもできてしまう仕事なので、場所の拘束がなく、好きなときに作業を進めることができます。企業から出される「いつまでにどれくらい投稿をしてほしい」などの条件さえクリアできていれば、とても自由で自分の時間やペースを保てる仕事と言えます。

共通の「好きなもの」がある人たちと交流できる

インスタグラマーのフォロワーはみんな、そのインスタグラマー自身やインスタグラマーがアップする写真に興味を持ってくれています。いわばファンの人達です。インスタグラムをしている人の多くは、自分の好きなものや、感動したことを写真にしてアップしています。インスタグラマーは、そういった自分の「好き」から生まれたものに惹かれ、支持してくれている人達と仕事をして交流を深めていくことが可能です。投稿に寄せられるいいねやコメントも、単に収入のベースとなるだけでなく、自分と共通した好みや感受性のある人からの共感や憧れの意思表示でもあり、生活の励みになります。

自己表現を評価してらえる

ただ自分の好きなものを投稿しているだけではありません。インスタグラマーは何がどのように素敵かが閲覧者に伝わるよう、自分のセンスによってライフスタイルを切り取ったり、飾り立てたりしています。物を写真に撮るならその配置や明るさ、色味にも気を配ります。フォロワーは、そういったインスタグラマー自身の世界観が表れた写真を見に集まっており、企業側も自分たちのニーズとインスタグラマーの個性をすり合わせて依頼をしているため、自分のセンスを存分に発揮することのできる仕事と言えるでしょう。

[3]インスタグラマーになるにはどうすればいい?

インスタグラマーになるには?気になる収入事情や審査についてご紹介

それでは、インスタグラマーになりたい人はどうしたらいいのでしょうか?

一般人でもなれる?インスタグラマーとして事務所に所属する

インスタグラマーを雇用している事務所は決して少なくありません。検索するだけでもいくつもでてきて迷ってしまうほどです。インスタグラム上で人気のユーザーにはダイレクトメッセージなどで直接仕事の依頼の声がかかることもありますが、怪しい勧誘も多くあります。一般人であれば、自分発信で事務所に登録するほうが確実で安全です。

インスタグラマーの募集と種類

インスタグラマーは大きく分けて、以下2種類の募集のどちらかで事務所に登録をします。

  • スポンサー付き

フォロワーが30,000人以上いるなど、特に信頼と人気のあるインスタグラマーに多い。事務所と長期の独占契約を結びスポンサーをつけてもらうことで、月々数十万〜数千万のスポンサー料を収入とします。

  • スポット案件

フォロワーが10,000人〜30,000人程度のインスタグラマーに多い。事務所にきている企業からの依頼を単発でそれぞれこなします。

仕事の依頼はどこからくるの?

登録した事務所が提携を結んでいる企業から、インスタグラムで紹介してほしい具体的な商品やサービスが事務所に届きます。事務所はそれぞれの案件に合ったインスタグラマーを探し仕事を分配します。大手の事務所ですと、有名な飲食系企業、電機メーカー、電気通信事業などと提携しており、一つひとつの仕事に安心して取り組む事ができます。

インスタグラマーとして活躍するのは難しい?副業としては?

上手に商品やサービスを紹介しなくてはいけないとはいえ、自分の好きなものや興味のあることに準じて写真を投稿するとお金が入ってくるなんて・・・。夢のようなお仕事に聞こえますが、やはり簡単に就ける職業ではありません。

  • 募集・登録には審査がある

インスタグラマーとして事務所に登録するには審査があり、その内容は下記の通りです。

  1. フォロワー数10,000人以上いること・日本人フォロワーの比率が8割以上であること
  2. 企業側の提示したハッシュタグを使った投稿をチェックされる
  3. ハッシュタグテストに合格する
  4.  

4点以外にも、なかなか厳しい条件をクリアしなくてはいけません。しかし、厳正だからこそ安定した仕事の依頼が保証されているとも言えます。

また、インスタグラマーになれたとしても、たくさん仕事が来たり、初めからフォロワーやいいね!ひとつの単価が高いとは限りません。まずは、副業として始めてみるといいかもしれません。

求められているのはセンスとフォロワー数!

インスタグラマーとして成功する上では、とにかくフォロワー数が必要なことはわかりました。でも、どうすればフォロワーが増えるのでしょうか?

インスタグラマーになるには?気になる収入事情や審査についてご紹介

  • こだわりやアイデアのある素敵な写真を撮ろう

まずは投稿している写真自体が魅力的でなくては、なかなか閲覧者は増えません。色彩や構図の美しさや見やすさを基本に、他に例を見ない自分だけのアイデアやこだわりがあると強みになります。必要があれば、加工アプリなどでさらに写真の魅力を増やしてもいいでしょう。いずれも色味や雰囲気を揃えて、投稿した写真を一覧できるホーム画面に統一感がある事が大切です。

また、写真のジャンルが一貫していることも重要です。例えば猫を投稿し続けていて、せっかく猫好きのフォロワーが増えたとしても、猫が写っていない、関係のない写真の投稿が続くと、フォローを外してしまう人もいます。ペット、グルメ、ファッション、旅行など、初めにジャンルを設定し、それに乗っ取った投稿を続けるといいでしょう。

  • ハッシュタグを利用しよう

自分の投稿している写真に関連するハッシュタグをつけると、そのジャンルに興味のある人の目につきやすくなります。どんな人たちに見てもらいたいのか、どんな人たちが自分の投稿に興味がありそうなのかをよく考え、効果的にハッシュタグを使いましょう。あまりつけすぎるとうっとうしいと感じる人もいるため注意が必要です。

  • 他の人の投稿にいいねをしよう

素敵だなと感じた投稿には、積極的にいいねをしていきましょう。いいねがついたという通知から、自分の投稿を見にきてくれる可能性があります。いいねをする相手も、自分と同じようなジャンルの人や、自分と嗜好が似ている人だと興味を持ってくれやすいです。自分と似たユーザーに自動的にいいねをしてくれる、フォロワーアップサービスを展開している事務所もあるようなので、活用するのも手段のひとつです。

[4]人気のインスタグラマーを知ろう!

実際に活躍しているインスタグラマーとその投稿はどんなものなのでしょうか?カリスマ的な人気のあるインスタグラマー達を少しだけ紹介します。

MEGBABYさん

megbaby👶🏽🍭さん(@_megbaby_)がシェアした投稿

このインスタグラマーの詳細を見る

ミステリアスな美貌を持った女性で、インスタアイドルと呼ばれています。メイクやファッションなどの流行をいち早く取り入れ発信しており、若い女性の憧れの的です。

USUKEさん

Usukeさん(@screamer29)がシェアした投稿

このインスタグラマーの詳細を見る

中性的な美しさで人気の男性インスタグラマーで、「ネオイケメン」として話題です。真っ白な肌、大きな目、華奢な体は「二次元」と評されるほどで、テレビなどのメディアにも多く取り上げられています。

MOYAさん

MOYAさん(@moyamoya2121)がシェアした投稿

このインスタグラマーの詳細を見る

プロトラベラーの肩書きを持ち、旅行、ファッション、ライフスタイルなどさまざまな分野の華やかな投稿をしています。彼女がアップする美しい写真は、どれも被写体の美しさが映えるよう念入りに加工や工夫がされており、フォロワーの心を掴んでいます。

[5]インスタグラマーは自分の「好き」で生活を飾ることのできる仕事

最近は良くも悪くも「インスタ映え」という言葉がひとり歩きしています。この記事を見ている方の中にも、もしかしたらInstagramやインスタグラマー自体に苦手意識がある方もいるかもしれません。しかし、マナーや優先するべきものを守れば、Instagramは自分や自分の周囲の素敵なものをたくさんの人に共有し、発展させていくことのできる可能性を秘めたSNSです。インスタグラマーは、自分のライフスタイルを大切にしたり、生活の中にある好きなものにますます目を向けることのできる、とてもポジティブな職業です。もし、あなたも興味があれば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

  • 関連するキーワード