【6月24日公開】向井理さんが企画・主演で話題、家族愛を描いた『いつまた、君と~何日君再来~』

Kaede

向井理さんが企画・制作、主演を務める「いつまた、君と~何日君再来~」をご存知でしょうか?この映画は向井さんの実母である朋子さんが亡き夫に綴った手記を元に作られた作品です。夫婦・家族の愛がたくさんつまったこの映画、是非公開したらご覧になってみてはいかがでしょうか?

「いつまた、君と~何日君再来~」とは?

「いつまた、君と~何日君再来~」は、戦後の混乱期を懸命に生き抜いた一組の夫婦の50年を描いた映画です。

この映画は俳優・向井理さんが映画化を熱望し、企画・制作から公開に至るまで7年という長い歳月をかけて作った作品です。

原作である『何日君再来』は、向井さんの祖母・朋子さんが亡き夫への思いを綴った手記を、当時大学生だった向井さんが親戚と共に自費出版し、90歳を迎えた朋子さんにプレゼントしたものです。

向井さんはこの思い出の『何日君再来』を映画化した経緯について

「祖母が書いていた手記は、『こういう人たちがいたから、今の自分がいるんだ』と考えるきっかけになったので、俳優という仕事をさせていただくなかで、いつか実現してみたいと思っていました。戦後は苦労した人も多く、困難な時代を乗り越えて今の時代があるので、自分の家族や親戚や先祖のことを少しでも振り返って思い出すきっかけになっていただけたらいいなと思います」
(引用:映画.com


と、作品に込めた熱い思いを語っています。

映画のあらすじは?

「いつまた、君と~何日君再来~」の予告動画

気になるその内容は、

主人公・芦村朋子が、慣れないパソコンで地道に綴っていた手記……。それは、今は亡き夫・吾郎と過ごした50年の思い出でした。朋子は娘に自分と夫の歩んできた道を知ってもらおう手記をしたためていたのですが、突然病で倒れたことにより、代わりに孫の向井理がその手記を打ち直し、1冊の本にまとめることを決意します。
そこで理は、祖父と祖母が過ごした時間を初めて知ることに。戦時中から戦後、さらにその後の激動の時代を懸命に生き抜いた祖父と祖母のたくましい姿、さらに二人の子供、そして孫の自分へと繋がる愛と絆の物語が綴られていたのです。
南京へ行くことになった夫・吾郎についていき、1946年中国・上海から日本へ戻ってきた朋子たち夫婦は、朋子の地元に戻ってくるも不器用な吾郎は朋子の家族から受付られず「嫁さんの畑を当てにするような婿に見下される覚えはない!」と言われてしまう始末。
そんな理の祖父にあたる吾郎は真面目で誠実な男で、家族の大黒柱として家族を守ろうと必死でした。また、それを献身的に支える朋子は、職もあり食べるものもある自分の実家を出て家族4人で暮らそうと話しを持ちかけます。
中国、そして日本各地を移り住み、貧しくも明るく暮らす家族に可愛らしい女の子が誕生。それが理の母でした。親から子へ子から孫へ受け継がれていく愛の物語です。
(引用:ciatr


というお話で、強くて温かい夫婦・家族愛が描かれた力強い作品になっています。

6月24日!ついに公開

向井さんが企画・制作から主演を務めるとだけあって注目されていた「いつまた、君と~何日君再来~」が2017年6月24日(土)ついに公開されます!主演は、向井理さん(祖父:吾郎さん役)と尾野真千子さん(祖母・朋子さん役)のダブル主演。

この映画のメガホンをとった深川栄洋監督は「“人生は美しい”と感じてもらえるような映画になっています」と自信たっぷりにコメントしています。
また、脚本を務めた山本むつみさんも「揺るがない愛情で結ばれたふたりが紡ぎ出す、愛に包まれた物語が、沢山の人の胸に優しい思いを届けてくれることを願っています」とコメントを寄せています。
(引用:映画.com

向井さんをはじめ、様々な人の思いが詰まったこの映画。劇場に足を運んで、強くて温かい家族の愛を感じませんか?

0