マンネリ化した夜の夫婦生活に必要な努力とは?「膣慣れ」を防いで出会った頃の二人に![PR]

マンネリ化した夜の夫婦生活に必要な努力とは?「膣慣れ」を防いで出会った頃の二人に!

結婚・出産を機に、夜の夫婦生活に刺激や快感がなくなってしまった……そう感じる方も多いのではないでしょうか?実はマンネリを感じてしまうのは、新鮮さが失われたことによる精神的な問題だけではありません。今回はそんな夜の夫婦生活における「慣れ」について考えていきます。

出会った頃の快感が薄れていく…

付き合い始めたころは本能のままに求められ、一回一回が特別で夢のような時間だったパートナーとのラブタイム。しかし肌を重ねる回数が増え、そして結婚や出産を経ると、だんだんと義務的でワンパターンに。以前はお互いがもっと楽しめていたのに、マンネリを感じてしまい、このままではセックスレスになってしまうかもしれません。

「そうなってはいけない…」と思っていても、自分では何か努力をすることもなく、ベッドではいつも彼任せ。

前戯や体位のバリエーションもなく、受け身ばかりの淡泊なセックスは、自分も気持ちよくないどころか、パートナーに飽きられてしまうことも。

さらに、パートナーの快感を薄れさせ、セックスレスに近づいてしまう原因の1つに「膣慣れ」があります。

セックスの回数を重ねるごとに、男性は次第に女性の膣の感覚に慣れてしまいます。この「膣慣れ」の原因は、女性の膣が相手の男性器にフィットしていくこと。肌を重ねれば重ねるほどセックスの相性が良くなると言われる一方で、男性の刺激が減少してしまうという問題があります。最初は気持ちよく感じていても、ワンパターンの快感の繰り返しだと、新鮮さが失われて「膣慣れ」を起こします。

この膣慣れによる男性の快感の減少は、浮気やセックスレスの原因となることも考えられるのです。

では、旦那さんに「膣慣れ」を起こさせず、お互いがいつまでも満足するラブタイムを続けるには、どうすればよいのでしょうか?セックスは“夫婦お互いの思いやりと協力によって成り立つ行為”といえます。旦那さんのため、また、自分のためにも、ラブタイムを充実させる努力を始めてみてはいかがでしょうか?

「膣慣れ」を防ぐ為に重要な「膣圧」

「膣慣れ」を起こさせないためには、膣や下腹部、骨盤の筋肉など膣の周りの筋肉を鍛えることにより、女性がしっかりとした「膣圧」を持つことが重要となってきます。

以下に自身の膣圧がどのぐらいなのかチェックする項目をご紹介します。8つの項目のうち、あなたはいくつ当てはまりますか?

  1. 出産を経験している
  2. くしゃみや咳で尿漏れをしたことがある
  3. 下半身の肉づきがよい
  4. 座りっぱなしなことが多い
  5. 運動が嫌い、ほとんど運動をしない
  6. お風呂からあがる際、膣からお湯が漏れることがある
  7. セックス中、彼や夫に「締めて」と言われたことがある
  8. 挿入時に摩擦が少なく、挿入されている感覚があまりない

上記8項目のうち、3つ以上当てはまる場合は、「膣圧」が低下している恐れがあります。

セクシャルヘルスケア専門のブランドのLCラブコスメが「パートナーの膣の締まり具合をどう思うか」について男性にアンケートを行ったところ、「締まっていると思う」と答えたのは47.6%。なんと男性の2人に1人が女性の「締まり」に対して不満をもったことがあるようです。
そして、コメントにはこんな本音が寄せられました。

「付き合いが長くなってきて、だんだん緩くなってきたと思います……でも口には出せません! 」(32歳/金融)

「締まりに不満があっても、彼女を傷つけたくないから言えないですよね。」(29歳/会社員)

「以前「締めて」と言ったら、僕のが小さいせいだとキレられました……」(35歳/国際貿易)

旦那さんも妻を思う優しさから口には出さないものの、内心では膣の締まり具合に不満を抱えているかもしれません。

「膣トレ」で「膣慣れ」を防ぐ!夫婦の幸せなラブタイム体験談

では具体的にどのようなことをすれば、「膣圧」が向上するのでしょうか?解決策の一つに膣のトレーニングがあります。

膣の周辺は、骨盤底筋という筋肉に囲まれています。つまり、膣周りの筋肉を鍛えるトレーニング、いわゆる「膣トレ」によって膣の締まりを取り戻し、「膣慣れ」を起こさせなくすることが可能なのです。

「膣トレ」を行ったことで、旦那さんとの幸せなラブタイムを取り戻した女性の実験談を紹介します。

凄く締め付けてきて、気持ち良かったと言われ驚きました!
ミントさん(32歳 / 主婦)

数ヶ月程前から、旦那さんがイクのに時間が掛かっていて、もしかしたら私に原因があるのではと、悩んでいました。自分でも旦那さんが中に入ってきた時に、緩くなっているような感じがしていたからです。それから、旦那さんがイケない時があり思い切って尋ねてみると、最近急に締まりが悪くなった感じだと、申し訳なさそうに言いました。気にしなくていいから…と、優しい言葉をかけてくれましたが、私はやっぱりショックで。悩んで悩んで、『膣トレ専用グッズ』を購入することに決めました。
お風呂場で一緒に購入したローションを塗った後、入れてみました。初めは怖くて1つしか入れられませんでしたが、数十分ほど中で締めたり力を抜いたりを繰り返していました。毎日行い数ヶ月。自分では実感があるかは分からないまま、旦那さんと夜にシた時に、彼が以前のようにとても早くイってしまいました。どうしたの?って聞いてみたら、凄く締め付けてきて、気持ち良かったと言われ驚きました。どうして急にと追及され、恥ずかしくて答えられずにいると、何かを察してくれたのか、抱き締めながら、ありがとうと言ってくれたのが、本当に嬉しくて。これからも膣トレは続けたいと思います。

「気持ちよかったよ!」と言ってもらえてすごく嬉しかったです
ちはるさん(26歳 / 専業主婦)

2人目を出産してから、旦那とエッチしても、中折れしてしまったり旦那がイケないことがほとんどでした。 旦那からも前と変わったと指摘され、藁にもすがる思いで、『膣トレ専用グッズ』を購入しました。私の使用方法としては毎日お風呂でのシャワータイムの時に10分、15分くらい挿入して、ボールが落ちないように締め続けるというものです。 私の場合、何度挑戦してもボールが二つ入らなかったので、いつも一つだけ入れています。
これを続けて数日経った時に旦那とエッチしてみたのですが、無事旦那もイクことが出来、どうだった?と聞いたら、「気持ちよかったよ!」と言ってもらえてすごく嬉しかったです。 これからも毎日続けて、もっともっと旦那を感じさせてやりたいです!本当に買って良かったです!

女性は、膣のコントロールの仕方を知ることにより男性の快感をより、自在に引き出すことができるようになります。さらに、パートナーの快感向上だけではなく、自分自身の気持ちよさも変わってきます。「膣トレ」を続けると、女性も男性のものをしっかりと感じることができ、今までと違ったオーガズムを2人が同時に得られるという一石二鳥のトレーニングです。

初めてでも安心!正しい「膣トレ」の方法は?

ストレッチや筋トレによってトレーニングすることも可能ですが、より効果的に膣と膣周辺の筋肉を鍛えて、膣の動きをコントロールすることができるようになるために『膣トレ専用グッズ』を使用してのトレーニングをお勧めします。

体験談に登場した『膣トレ専用グッズ』とは、セクシャルヘルスケアの専門ブランドであるLCラブコスメから販売されている「LCインナーボール」。膣とその周辺の筋肉をトレーニングするための「膣トレ」専用アイテムです。

トレーニングの方法は簡単。ひょうたん型をした「LCインナーボール」を膣に挿入したら、下腹部に力を入れるように締め付けて、落ちないようにキープするだけ。1日10分~15分ほどのトレーニングで、キュッと引き締まる感覚を手に入れることができます。

LCインナーボール」は、日本人の女性に合わせたサイズで作られているため無理なく続けることができ、医療用器具にも使われるエラストマー素材を使っているため初めての方にも安心して使用することができます。

さらに「LCジャムウデリケートパック」併用をすれば、デリケートゾーンを清潔に保ち、肌の引き締めもサポートしてくれます。「LCジャムウ・デリケートパック」は、ツボクサエキス、ラベンダー花エキス、レモングラスエキスなどの自然のハーブを配合したジェルで、3分パックするだけで膣の中のお肌をキュッと引き締めてくれます。デリケートゾーンの臭いの元やおりものもすっきり洗い流してくれるので、気になるニオイケアも同時にできるのが嬉しいですね。

「膣トレ」でいつまでも夫婦が満足し続けるラブタイムを

結婚後や出産後にはどうしても出会った頃のような新鮮な快感を得ることが難しくなります。それは「飽きる」という精神的な変化だけでなく、膣の締まり具合など肉体的な変化による場合もあります。

妊娠、出産、育児と忙しい日々。だからと言って、この快感が少なくなり、マンネリ化したセックスから目を背けてしまうと、将来のセックスレスなど二人の仲にも悪い影響を及ぼしてしまうことも。

そんな状況を打開するためにも、まずは「膣トレ」や膣内のケアを始めて、パートナーの「膣慣れ」を起こさず、「ねえ、もう1回してもいい?」と言われるような、出会った頃の刺激的なラブタイムを取り戻してみませんか?

★ブランド紹介

LCラブコスメは女性だけで運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランドです。なかなか人に相談できないデリケートな性の問題や女性特有の悩みなどを解決することができるアイテムを多く取り扱っています。また、産後のボディイケアの悩みや育児に奮闘するママさんをサポートするアイテムもあります。
さらに、妊娠中や出産後に役に立つ情報やコラムやアンケートなども掲載しています。是非「ラブコスメ」で検索してみてください。共感する自身の悩みや、その解決方法、役に立つ情報がきっと見つかるでしょう。

0