家族葬とはどんなのもの?知っておくべきマナーや香典、費用について

家族葬

Hiroko

近年、人が亡くなった時の葬儀やお墓の形態が変わってきています。葬儀は昔は近所や親類の人たちが大勢参列し、とり行われていました。しかし最近では芸能人でも亡くなったことを葬儀を済ませてから発表し、「葬儀は親族のみでとり行いました」などという場合があります。現在、このように葬儀を家族や身近な親族だけで執り行うという『密葬』や『家族葬』が注目されています。では、家族葬とはどんなものなのでしょうか。ここでは家族葬について取り上げてみたいと思います。

【1】家族葬とは

家族葬とはいったいどんな葬儀のことをいうのでしょうか。密葬との違いはどんなことなのでしょうか。

家族葬と密葬の違い

■家族葬とは
家族葬とは、家族や親族のみでとり行う葬儀のことです。規模は小さいものの、通夜や告別式は通常通りとり行います。家族葬といっても故人のごく親しい友人を呼ぶことはあります。
家族葬を選ぶ理由はそれぞれですが、高齢化に伴い会社を定年退職してから仕事関連の人とはだんだん付き合いがなくなっていき、亡くなった時に会社の関係の人を呼ぶこともなくなり家族や親戚のみでとり行なうケースが増えてきたのも、家族葬が多くなってきた要因のひとつでもあります。
家族葬の中には、お通夜を行わないというケースもあります。

また、遠方から来た親戚のために、告別式に続いて初七日の法要を行う場合も多くなってきています。家族葬は一般の葬儀と異なり、故人の好きな音楽を流しながら送り出したり、好きだったキャラクターを飾ったりなど、比較的自由に故人を送り出すことができます。
このように、家族で大切な人との思い出を語りながらお別れすることができる家族葬を選ぶ人達が増えてきています。

■密葬とは
密葬とは、故人の遺志や何らかの事情で亡くなったことを公にせず、ごく少人数で葬儀をとり行うことです。芸能人や大きな会社の社長などが亡くなった場合、密葬をとり行う場合が多くみられます。
理由としては、亡くなったことを公表すると多くの参列者が訪れることが予想され、準備に時間がかかるからです。そのような場合は、先に密葬で親しい者だけで葬儀をとり行い、後から亡くなったことを公開し、本葬をとり行います。他の理由としては、年末年始に亡くなった場合に家族だけで葬儀をとり行い、年が明けたら本葬を行うという場合があります。また、故人の亡くなった理由が自殺などであまり知られたくないような場合も密葬を行う場合があります。

密葬の場合、通常は通夜はありません。
そして、本葬ではご遺体ではなくご遺骨が安置されることになります。
密葬を済ませてからの本葬のことを「故人を偲ぶ会」や「お別れの会」などと呼ぶことが多いようです。

家族葬とはどこまでの親族を呼ぶの?

一般的には家族、親戚までです。親戚といってもお付き合いがある範囲までの親戚をお呼びするのが家族葬です。会ったことのないような遠い親戚までは呼びません。

家族葬の費用について

家族葬が多くなってきた背景には、葬儀にあまりお金をかけたくないということもあります。家族がそうする場合もありますが、亡くなる前に故人が家族に自分の葬儀は大きくなくていい、家族だけで送り出してくれたらそれでいい、自分の葬儀にお金をかけなくていい、との遺志も影響してきています。
家族葬の費用については葬儀場によって幅があります。 家族葬を執り行う場合、家族は派手な装飾や祭壇を避ける傾向にあります。また、参列者が少ない分、食事や返礼品などの費用が少なくて済みます。一般葬に比べてシンプルにしたいと考える方が多いため、一般葬よりも費用はだいぶ低くなります。
実際にどんな家族葬にしたいのか、詳細を葬儀社と相談して費用について聞いてみるのが一番です。

【2】家族葬の内容

一般葬と家族葬では、内容は違ってくるのでしょうか。服装などについて知っておいたほうがいいことを挙げます。

家族葬とはどんなのもの?知っておくべきマナーや香典、費用について

家族葬の流れ

家族葬とはいえ、葬儀のおおまかな内容は一般の葬儀とそう変わりません。お通夜、葬儀、出棺、火葬という流れです。しかし族葬は一般の葬儀とは違い、家族・親族で簡素に済ませたいという場合が多いため、お通夜は行わず、葬儀のみで出棺、火葬という場合もあります。中にはお通夜、葬儀も行わず火葬だけを行うケースもあります。

挨拶文を送る

家族葬をとり行う場合、近所や会社関係の方たちに家族葬をとり行う旨を通知でお知らせします。その通知には、故人の強い遺志で家族葬をとり行うことになった旨を伝えます。それを見たら家族・親族だけで葬儀をするので列席するのを辞退しようと思うはずです。また、通知の中に香典や弔電は辞退させていただきます。と記載しましょう。
また、ご近所への通知は町内会や自治会の会長さんに連絡をして、回覧板などで知らせていただきましょう。そこにも故人の遺志で家族葬を済ませたこと、香典を辞退することを明記していただきましょう。

服装はどうしたらいい?

服装は家族葬であっても喪服を着るのが普通です。

■男性
男性の場合は、黒いスーツ、白いワイシャツ、黒いネクタイ、黒い靴下、黒い靴。スーツは光沢がないもの。

■女性
黒の喪服でワンピース、スーツ、アンサンブルなど。ストッキングは黒、黒い靴でつま先が見えるサンダルなどは駄目です。黒いバック。派手なアクセサリーはつけてはいけません。女性の場合は真珠のネックレスならつけても大丈夫です。

男女ともに毛皮や革製品のコートなどは殺生をイメージするので着用はしないようにしましょう。

■子供
制服がある場合は制服を着用させましょう。ない場合は白いブラウスかシャツ、黒か紺、グレーなどのズボンかスカート、黒い靴。女の子は黒、紺、グレーのワンピースでもいいです。靴は黒いものを持っていなかった場合は紺やグレー、派手な装飾がついていなければ白でも大丈夫です。

供花はどうしたらいい?

葬儀には呼ばれていないが、家族葬をとり行うことを知った場合、供花を送りたいと考える人もいるでしょう。しかし、原則として家族葬にはお返しが必要になるものは送らないほうがいいのです。なので、供花を贈るということは家族にお返しの気遣いをさせてしまうことになるのでやめておきましょう。
家族葬をとり行う側は、供花を辞退しているにも関わらずいただいたら、返すのは失礼になりますので受け取りましょう。祭壇に飾る供花をいただいたら香典返しをしましょう。

お返しはどうしたらいい?

返礼品は故人の好きだったものなどを用意しておきましょう。お茶が好きな人だったらお茶の詰め合わせ、甘いものが好きだった人の場合はお茶菓子を。もしかしたら葬儀をしていることを耳にした方がお焼香させて欲しいといらっしゃるかもしれません。その際はせっかく来ていただいたのですからお断りせず、お焼香をあげていただきましょう。その際に返礼品をお渡ししてください。もしもの場合のために返礼品は多めに用意しておきましょう。

【3】家族葬の香典はどうしたらいい?

家族葬の香典についてご紹介いたします。

香典を包むとき

家族葬の場合にお香典はいくらくらい包んだらいいのでしょうか。故人が自分から見てどの続柄にあたるかによりますが、サイトを参考にご紹介いたします。

■葬儀の時のお香典マナー
まず、お香典の場合は死や苦を連想させる4万円、9万円は避けるのが一般的です。また、3万5千円などという数字ではなく3万円、5万円などというキリのいい金額を包みます。そしてお札の選び方として、新札は「亡くなることを予測して用意していたと思われる」としてよくないとされています。新札ではないお札を入れましょう。だからといってヨレヨレの汚いお札では失礼になってしまいます。どうしても新札しかなかった場合は、二つ折りにして折り目をつけて入れます。お札の方向は特に気にしなくてもよいのですが、二枚以上入れる場合は同じ向きにして入れましょう。

■家族葬の香典はいくら包む?
お香典は家族葬だからいくら、というのではなく故人と自分の間柄で包む金額の相場が変わってきます。地域によってもしきたりなどがあり、明確な金額はありません。お香典の相場に関するサイトは多くあります。参考にしてみるのもいいと思います。

参考:すぐに役立つ冠婚葬祭マナー【香典】通夜・葬儀の香典(超便利!冠婚葬祭マナー)
参考:香典の金額・相場2(便利・わかりやすい冠婚葬祭マナー&ビジネス知識)

■家族葬の香典の熨斗(のし)の書き方
お香典の熨斗(のし)の書き方は宗教によっても変わってきます。

仏教の場合の通夜・葬儀…「御霊前」「御香料」
キリスト教の場合…「御花料」
神教の場合…「御玉串料」「御榊料」

「御仏前」と書いてある熨斗(のし)袋は四十九日法要以降で使います。ただし、浄土真宗ではお通夜の際にも「御仏前」のお香典袋を使います。家族葬で親族として参列するのでしたら、故人の宗教について知ることはできるでしょうが、友人や会社関係の場合は一般的な熨斗(のし)袋でお渡ししても失礼には当たりません。

参考:すぐに役立つ冠婚葬祭マナー【香典】通夜・葬儀の香典
参考:すぐに役立つ冠婚葬祭マナー【香典】法事・法要の香典

参列者以外の人に香典を渡されたら

一般的に家族葬はお香典やお花を辞退する傾向にあります。葬儀をとり行うことを聞いてお香典を包んで来てくださる方がもしいらしたら、受け取っても問題はありませんが、どうしても辞退される場合は、辞退の旨が記された会葬礼状をお渡しし、ご足労いただいたお礼に返礼品をお渡ししましょう。

家族葬に弔電を送ってもいいのか

家族葬をとり行うことを聞いて、弔電を送りたいと考える人もいることでしょう。では、家族葬の場に弔電を送ってもいいのでしょうか。マナーとして、家族葬の場合はお香典や供花を送ることを遠慮します。それは遺族の方が香典や供花のお返しをしなければならないため、余計な気遣いをさせてしまうからです。それでは弔電はどうでしょうか?弔電の場合は送ってもよいとされています。弔電のお返しは挨拶状で済ませることができるからです。家族葬の場合は香典や供花は遠慮して、弔電は送ってもよいというのが一般的な考え方です。

家族葬とはどんなのもの?知っておくべきマナーや香典、費用について

【4】家族葬の案内について

葬儀を家族葬にしようと決めた場合、どのように周りへ知らせたらよいのでしょうか。

家族間の連絡方法

家族間の連絡方法は電話でいいでしょう。改めて家族、親戚の間でハガキでお知らせを出すなどはしません。もし、どうしてもお呼びしたい故人の友人などにも、お電話で家族葬にする旨と理由を伝えて来ていただくという形でいいでしょう。

お世話になった方や会社への挨拶状について

家族葬で葬儀を終えててから、故人の友人や仕事関連の方へはご報告の案内を差し上げます。案内の中に家族葬で葬儀を済ませたことを記載します。

自宅にお焼香に行きたい場合

家族葬で葬儀を済ませたとのお知らせをもらった人から自宅にお焼香に伺いたい、との連絡がくることがあります。故人とお別れしたいとの思いを断るのも失礼にあたりますので、来ていただいてもよいでしょう。その際にお香典を渡されることもあるでしょう。その時は辞退する旨を伝えましょう。
お焼香に行きたいと思った方は、相手側の都合もあるでしょうから事前に連絡をしてから伺いましょう。連絡をした際に、お香典は辞退する旨を伝えられたら香典を持っていくのはやめましょう。

香典をご辞退されているが何か送りたい場合

家族葬の場合はお香典を辞退されている場合がほとんどです。多くの家族葬の場合、葬儀を終えてから知人や会社関係の方へ挨拶状で葬儀を家族葬で終えた旨を伝える内容となっています。しかし、お世話になった方なので何か弔慰を示したいという場合、弔電の他にお花を贈るのもいいでしょう。生花では水の手入れなどの手間をとらせてしまうことがあるので、最近ではプリザーブドフラワーもおすすめです。長持ちして香りがよいので、葬儀が終わってからのご自宅に贈るのもいいでしょう。

【5】一周忌も家族だけでとり行う場合が多い

故人が亡くなった時に家族葬で葬儀をとり行なった場合、一周忌も家族のみでとり行う場合が多いようです。一周忌に家族や親しい親族で集まり、ゆっくり食事をしながら故人の思い出を語り合うという時間を持つのもいいものです。

【6】エンディングノートを残しましょう

家族葬について色々ご紹介しましたが、いかがでしょうか。自分の時は家族葬にしてほしいと思っていた方、この記事を読んで家族葬にしてもらいたいと思った方もいることでしょう。ひとつおすすめしたいのはエンディングノートを残しておくことです。自分の葬儀についてどんな風にしてほしいか、誰を呼んで欲しいか、誰に連絡をしてほしいか残された家族が分かるようにしておくのです。故人の友人などは故人にしか分からないこともあるので、家族葬を行う挨拶状を誰に出してほしいかなどを書き留めておくといいでしょう。
葬儀は大切な人との別れの儀式です。家族葬をとり行う場合は故人の好きなものを置いて好きな音楽で送り出してあげるのもいいのではないでしょうか。

参考:家族葬費用のガイドブック
参考:家族葬ナビ

0