浮気調査の費用はどれくらい?探偵や興信所に依頼する費用は調査パターンで相場が違う!

浮気調査 費用

Tomomi

「最近、夫の様子がおかしい…もしかして浮気してる?」と心配になったことはありますか?配偶者が浮気しているかどうか証拠をつかみたいと思ったとき、探偵や興信所などに調査依頼をしますよね。しかし、気になるのが「調査費用」です。あまりに高額だと、依頼したくでもできなくなってしまいます。今回は、浮気調査の費用相場や料金体系、調査費用を安く抑える方法などを詳しくご紹介します。

浮気調査費用の相場は?

浮気調査 費用

浮気調査1件の平均相場

浮気調査を依頼した場合、必要な平均金額は1件当たり40~60万円といわれています。しかし、この金額は調査を依頼した後、実際に調査を行って証拠が取れた場合の金額です。浮気調査を依頼したからといって、必ずしも証拠が取れるとは限りません。浮気調査にかかる費用は、多くの場合プランによって変動します。

浮気調査の平均調査期間

浮気調査の場合、浮気の証拠が取れるまでの平均期間は1週間~1ヶ月ほどとされています。

調査依頼の内容にもよりますが、浮気する日があらかじめ分かっていたら1日で済むこともありますし、裁判で使うために浮気の証拠が複数必要な場合には、長期間となることもあります。また、浮気に関し、何も情報がない場合は下見調査などの準備期間が必要となるので、調査期間も長くなります。

浮気調査にかかる料金の計算方法

浮気調査するうえでの、基本的な計算方法はこちらです。

「調査した調査員の人数」×「調査にかかった時間」×「調査員の時給」

これをもとに、見積もりを出してもらうことになります。出された見積もり金額があまりにも高い場合には、人数や時間などの内訳、単価などを確認しておいたほうが良いでしょう。

調査費用の内訳

実際に内訳を確認すると、「調査料金」「経費」「手数料」などの言葉が出てきます。ひとつひとつを詳しくみていきましょう。

  • 調査料金:契約時の着手金、調査員の人件費、調査の深夜早朝割増、危険手当など
  • 経費:浮気調査にかかる交通費、車両費、通信費、機材費、宿泊費など
  • 手数料:報告書の作成費など
  • 成功報酬:浮気調査が成功した際に払う費用

これらは浮気調査にかかる費用なので、契約前には見積書を確認し、不明な部分は明確にしておくことが大切です。

浮気調査のパターン

浮気調査 費用

浮気調査のプランは、各社で大きく「成功報酬プラン」「時間制プラン」「パックプラン」の3種類に分類することができます。プランの内容によっては、金額にも差が出てきますし、それぞれにメリット・デメリットがあります。浮気調査を依頼するに当たり、自分に最も適したプランを選ぶようにしてください。

成功報酬プラン

成功報酬プランは、浮気調査では最も基本となるプランで、調査を依頼したときに着手金を支払い、浮気の証拠が手に入るなど調査が成功したら、成功報酬を払うようになります。浮気調査の結果が出ない場合は料金を支払う必要はありませんが、なにをもって「調査の成功」とするかは、依頼者側と会社側ですり合わせてをしておく必要があります。

メリット・デメリット

メリットは、浮気調査に失敗した場合は成功報酬を払う必要がないということです。成功したときにだけ払うので、出費は着手金・諸経費のみで済みます。

デメリットはというと、調査に失敗しても着手金と諸経費は支払う必要があります。着手金も諸経費も、決して安い金額ではありません。

費用構成

成功報酬プランの場合、かかる費用は着手金、成功報酬、諸経費(実費、雑費)です。着手金は調査に必要な経費となりますので、成功するかどうかに関わらず支払います。

料金相場

料金相場は、35~60万円です。あくまでも相場であり、会社によって成功報酬額が違ったり、諸経費、着手金にも変動があったります。

時間制プラン

時間制プランとは、実際に調査した時間をもとに決定する料金体系のことです。あらかじめ最低調査時間が定められており、1時間当たりいくらという計算になります。この最低調査時間は会社ごとに異なり、3時間の場合もあれば、8時間という場合もあります。

他の料金体系に比べて分かりやすいので計算しやすく、調査時間は自由に変更でき、調査員も追加することができます。

メリット・デメリット

メリットは、短期間の調査依頼にはお得だということです。調査時間や調査員の人数に制限がないため、自由に依頼することができます。

しかし、調査員1名に対する時間単価が割高のため、調査員と調査時間が増えると総額で高い金額になることがあります。また、料金プランの料金はあくまで実際に調査した時間への費用なので、経費や書類作成費は別途請求となります。

費用構成

料金は、先ほど説明した基本的な計算方法である「調査した調査員の人数」×「調査にかかった時間」×「調査員の時給」で算出されます。

料金相場

時間制プランの料金相場は、20~30万円と他のプランに比べて安い料金設定となっています。

パックプラン

パックプランとは、別名「定額プラン」といわれるものです。携帯電話の定額料金プランと同じで、一定額以上の支払いが生じないようになっています。そのため、調査した時間や経費、書類作成費も全て含まれた金額となります。あらかじめ用意されているパックプランの中から、浮気調査の内容に適したプランを選びます。

メリット・デメリット

メリットは、決められた一定額以上の費用が発生しないことです。金銭に関しての不安がなくなるというのは大きいですよね。また、長期間の調査にも対応してくれ、調査員の時間単価も安く設定されている場合が多いです。

デメリットは、調査途中でのキャンセルが難しいということです。会社によっては、調査途中でもキャンセルに対応してくれるところもありますが、全て込みのパックプランなので、返金に関してトラブルとなる場合もあります。また、パックプランは長期間の調査に向いており、短期間だと割高になる可能性もあります。

費用構成

基本的には、パック料金の中に全て含まれていますが、諸経費や延長料金が別途発生する可能性がありますので、詳しく確認しておきましょう。

料金相場

料金相場は、30~100万円と幅広いですが、パック内容によって変動します。

浮気調査の費用の選び方

浮気調査 費用 

浮気調査をプラン体系で依頼するとき、依頼者が配偶者の浮気に対してどの程度把握しているかがポイントです。浮気調査のプランを決める際は、以下を参考にしてみてください。

浮気について詳しく把握している

浮気をする可能性の高い日時や場所、浮気相手の連絡先や住所など、事前情報が多い場合には「時間制プラン」がおすすめです。短時間での調査で結果を得られることが多く、調査時間も短時間で済むため、料金を安く抑えることができます

浮気について情報が少ない

浮気に関して日時や相手の詳細などの事前情報が少ない場合は、浮気の証拠を掴むまで時間が必要となります。そのため、短期間での成功は難しいことから、「パックプラン」を利用することで、費用の心配がなく調査を行うことができます。

見落としがちな浮気調査に関する費用

浮気調査 費用

浮気調査の費用に関して詳しくみてきましたが、もうひとつ重要な料金があります。見落としさないよう、契約前に確認しておきましょう。

追加料金

最初の見積もり以外に、費用にかかった追加料金として請求される場合もあります。追加料金の項目には、「調査人数の増加」「調査期間の増加」「必要経費の後通知」があります。浮気調査において、追加料金が必要な場合もありますが、その場合には事前に電話などで教えてくれるので、勝手に請求するということはありません。

ただし、悪徳な会社に依頼すると、どんどん追加料金が膨れ上がる場合があるので注意しましょう。

キャンセル料金

キャンセル料金とは、浮気調査の契約後にキャンセルした場合に発生する料金です。契約をした後のキャンセルは、必ずキャンセル料が発生するものと考えておきましょう。しかし、調査開始前と調査開始後ではキャンセル費用も変わってくるので、契約時に事前に確認するようにしましょう。

調査開始前のキャンセル料

浮気調査を行う前であれば、調査料金の10~30%が一般的なキャンセル料金です。しかし、会社によって割合も変わってくるので、契約前に確認してください。

調査開始後のキャンセル料

浮気調査を開始した後は、調査した日数の日割り計算と諸経費をキャンセル料とする会社が多いです。とはいえ、諸経費が全額か、何%かなど会社によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

浮気調査費用を抑えるためにできること

浮気調査 費用

浮気調査の目的を明確にしておこう

浮気調査を行い、どのような「成果」が欲しいのか、目的を明確にしておきましょう。

浮気をしているという事実が知りたいなら、ラブホテルでの出入り写真で済みますが、離婚・慰謝料請求まで考えているのなら、いずれ裁判となった場合には裁判で証拠と認められる写真が必要となり、必要な機材なども変わってきます。

浮気調査を行う目的を明確にしておくことで、必要な「成果」を適正な金額で手に入れることができます。

調査日を絞り込もう

ピンポイントで浮気する日が分かれば、調査費用を下げることができます。いつ浮気するか分からない状態より、浮気する日や曜日が分かっていれば、その日に調査すれば良く、成功率も上がります。イベント日や誕生日などは要チェックです。

自分自身も調査に協力しよう

浮気調査には、依頼者自身の協力も欠かせません。スーツのポケットや財布に入っているレシート、クレジットカードの利用明細もチェックしておきましょう。また、可能ならスマホの中身もチェックし、相手の名前、連絡先、LINEの履歴を見ることで、会う頻度や会う場所など、あらゆる情報を手に入れることができます。

浮気調査費用は会社によって幅がある!数社の見積もりを取ろう

浮気調査の費用は、想像していたよりも高額に感じたかもしれません。ご紹介した料金はあくまで平均的なものであり、細かい数字は会社によって異なります。料金体系やパック内容もさまざまなので、浮気調査を依頼する際には、数社見積もりを取るようにしましょう。

そして、見積書に記載されていない追加料金やキャンセル料に関しても、事前に確認しておきましょう。浮気調査は精神的にも辛いものですが、そのうえ費用の心配となると、さらに大きな負荷がかかります。調査費用の心配をせずに浮気調査を行うためにも、かかる費用に納得したうえで契約するようにしてくださいね。

0