保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選

Akiko

就職・結婚・妊娠・出産など人生の節目を迎える時期に保険加入について迷うことはありませんか?将来の不安を少しでも軽減させるために保険に入ることを考えているなら今が動き出すチャンスです。女性にとってどんな保険を選ぶことがベストなのかわからない、数多くある保険商品の違いを見極めるのは難しいという方のために無料相談もできる保険サイトを紹介します。保険の基礎知識とともにまずは正しく知ることから始めましょう。

女性に必要な保険とは?

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選

女性が自分自身にかける保険としてどのような保障内容が必要なのでしょうか?

守るべき家族がいて自分の収入が一家の家計に大きな影響を及ぼす場合には死亡保障や収入維持のための保険が必要になるかもしれません。

しかし一般的に女性が必要とする保険はどの年代においても医療保険がベースになります。

大きな怪我や病気をして入院や手術が必要になった場合に保障される、妊娠・出産などの大きなライフイベントに安心して向き合える、さらに女性特有の病気になった際に通常以上に細やかなケアを必要とすることがあります。

そのような場合に手厚く保障される保険は通称「女性保険」とよばれています。女性の一生を通じて寄り添うように支えてくれるこの「女性保険」こそが多くの女性に必要な保険といえるのです。

医療保険と女性保険の違い

では「女性保険」とよばれる保険は通常の医療保険と何が違うのでしょうか?実は女性保険と医療保険はまったく別の保険ではありません。

また「がん保険」とも内容が重なる部分が多い保険商品なのです。わかりやすく捉えると医療保険にプラスして女性特有の疾病を手厚く保障する保険ということです。

保険会社によっては女性保険というかたちで提案せずに医療保険に女性疾病特約というオプションをつけてすすめることもあります。

では通常の医療保険では女性特有の病気に対して保障されないのでしょうか?もちろん医療保険でも女性特有の病気に対してきちんと保障されます。

しかし、女性保険ではより手厚い保障が受けられるということなのです。女性特有の病気というと乳がん、卵巣がん、子宮がんなどが挙げられますがこれらの病気で入院した際には医療保険でも保障されます。

しかし女性保険では入院給付金が日額5,000円加算されるなど保障内容が手厚くなっているのです。デリケートな治療を必要とする際に個室に入院する、設備の整った部屋で休養するなどの恩恵が受けられることが魅力の一つです。

また女性特有の病気ということは女性がかかりやすい病気ということでもあります。保険商品にもよりますが、このなかには妊娠・出産の際の起こりやすい重度のつわりによる入院、早産、帝王切開などのトラブルも含まれている場合があります。

女性が安心して人生設計を立てることができる保険といえるものが「女性保険」なのです。

そもそも女性保険は必要か

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選

公的保険についての基礎知識

日本では国民すべてが公的な医療保険に入るように義務づけられています。年齢、働き方によって加入する制度は異なりますが主なものに5種類あります。

まずは市区長村が運営する「国民健康保険」です。主に自営業の人が加入します。次は「全国健康保険協会(協会けんぽ)」とよばれるもので、中小企業に勤める人のためのものです。

大企業に勤める会社員は「組合健保」、そして公務員には「共済組合」があります。さらに、75歳以上の高齢者は、「後期高齢者医療制度」に加入することになります。

それぞれの制度によって医療費の自己負担額や手当の有無が異なりますが、国民誰もが公的な医療保険に加入することで保険制度の恩恵を受ける権利があるのです。

また、公的な保険制度として「高額療養費制度」というものがあります。この制度では健康保険適用の治療を受けた場合に医療費がたくさんかかったとしても1ヵ月あたりの自己負担額が決まっているというものです。

病院で支払った医療費が一定額を超えた場合には超えた分の金額が支給されます。この「高額療養費制度」のおかげで年収や加入する公的保険制度により差異がありますが、過度に自己負担額を心配する必要はないのです。

妊娠・出産も保険金給付対象になるのか

公的な健康保険では出産一時金として「出産した子供1人につき基本額として42万円が支給される制度」があります。

健康保険に加入していることと妊娠4か月(85日)以上で出産していることが条件になります。加入している制度や自治体によっては付加給付金を受け取れる場合もあります。

この他にも自分が加入している健康保険制度によりさまざまな手当が給付されることがあるため事前に調べておくことが必要です。

また、正常な妊娠・分娩ではなく帝王切開などが必要になった場合には、保険適応の治療という扱いになり分娩費用、入院費用は自己負担額のみを支払うことになります。

民間の女性保険の場合には商品によって妊娠・分娩に対しての保障内容に差が見られます。

正常分娩の場合には保険金支給対象外、帝王切開などトラブルのあるお産の場合には保険金支給対象内というところが一般的ですが、正常分娩の際にもお祝い金として一定額が支給されるなどのサービスを行う商品もあります。

妊娠・出産を控えた女性が女性保険を選ぶ際には入念にチェックしましょう。妊娠は判明してからでは加入できない女性保険もあるので妊娠・出産の保障を望む方は早めに加入する必要があります。

帝王切開になると高額な医療費がかかるのか

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選

予定帝王切開、緊急帝王切開ともに通常の普通分娩とは異なり分娩費用は高額になります。入院期間も長くなるため入院費も上ります。

しかし、何らかのトラブルがあり帝王切開になった場合には保険適応の治療の範囲になるため公的な保険制度が適用されます。

さらに費用が高額になった場合には高額療養費制度が適用されるため実際に支払う自己負担額は心配するほどではないといわれています。

民間の女性保険では帝王切開の際に手厚く保障される商品が揃っています。公的な保険制度と合わせて黒字になり、心強かったという声も多数届いています。

高額療養費制度があっても女性保険は必要なのか

では公的保険制度と高額療養費制度があれば医療保険や女性保険は必要ないのでしょうか。この答は必要ある人とない人がいるといえます。

理由は望む保障内容は人それぞれだからです。たとえば帝王切開での出産後は普通分娩にくらべて回復に時間がかかります。

ベッドから起き上がることもつらく、ゆっくりと個室で休養した方が早く回復して赤ちゃんのお世話がしやすくなることもあるのです。

個室や設備の整った部屋などの差額ベッド代は公的な保険では保障してくれません。公的な保険に加えて女性保険などに加入していることで自己負担額を気にせずに希望に沿った治療を選ぶことができるのです。

女性保険はまず保険期間を選ぼう

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選

さまざまな商品ラインナップがある女性保険。選び方のポイントは保険期間に注目すること。定期型か終身型があります。

次に終身型の保険商品は貯蓄型か掛け捨て型かをチェックすることが大切です。

終身型のメリット&デメリット

終身型のメリットは一度加入すると生涯保障を受けられることです。しかし保険内容の見直しが難しく保険料も高くなりがちな点がデメリットです。

妊娠、出産を迎える時期だけ、子どもが成人するまでの間だけなど期間限定で加入を希望する場合には向かないタイプです。終身型保険の場合には保険の払い込み期間をチェックすることも重要になります。

重度の疾病など一定の条件下で保険料免除の特約が有効になり保障は生涯続くという商品もあるため事前によく調べてみましょう。

定期型のメリット&デメリット

定期型はある一定の期間に限って保障が続くタイプの保険です。満期を迎えると更新するために内容を選び直したり、更新料を払ったりする必要があります。

毎月の保険料が安くてもトータルで終身型よりも高額になる場合もあるため注意が必要です。

このためメインの保険として選ぶ場合には終身型、サブとしてある期間、目的をもって加入するには定期型がいいとといわれています。保険に入る目的をしっかり考えて選ぶことが大切です。

貯蓄型のメリット&デメリット

終身型の保険には貯蓄型と掛け捨て型があります。貯蓄型は保険を解約したときや満期に払い戻し金がもらえますが、掛け捨て型にはありません。しかし、その分毎月の保険料は掛け捨て型に比べて高額になりやすくなります。

また、そもそも医療保険、女性保険には貯蓄型商品は少なく、貯蓄性を優先して選ぶことで本来の医療保障の内容が希望にそぐわないものになる恐れもあります。

掛け捨て型のメリット&デメリット

女性保険は一般的に掛け捨て型の商品が中心です。解約時の払戻金はありませんが毎月の保険料は抑えられる傾向にあります。貯蓄型と掛け捨て型のメリットを合わせたようなお祝い金制度がある商品も増えています。

一定期間経過するとお祝い金とし一時金を受け取ることができる制度ですが、このために毎月払い込む保険料が上る場合もあるのでよく見極めることが重要です。

保障内容のチェックポイント

必要な入院給付金

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選

入院費用の平均は高額療養費制度を利用するとおよそ3000円といわれています。差額ベッド代などが5000円から6000円かかるとすると一日10000円給付があれば十分だといえます。入院給付金は5000から10000円という場合が多いはずです。

入院給付金の対象になる病気や怪我の内容、手術を受けた際の金額、日帰り手術の場合には給付の対象になるのか、一度の入院で最長何日まで支給対象になるのかをチェックする必要があります。

商品によっては疾病が指定されているもの、手術の回数が指定されているものがあります。入院一時金、手術給付金が充実している商品を選ぶと安心できます。

女性特有疾病の範囲とその他特定疾病について

女性保険は女性に特有の病気になった際に手厚く保障してくれる保険です。しかし女性特有の病気として定められている疾病は各保険会社の商品によって異なります。

乳房、卵巣、子宮などに関わる病気は女性がもっとも心配する範囲のため必ずチェックしておきたいポイントです。乳がん治療の場合、乳房再建費用までを保障してくれるのかどうかなどもチェックポイントの一つです。

また、甲状腺の病気や鉄性欠乏貧血、尿管結石、関節リウマチなどは女性特有の病気ではありませんが、女性がかかりやすい病気です。

これらの疾病を手厚く保障する女性保険もあります。すべてをカバーすることは難しいため自分が特に心配な病気を中心に保障内容を十分に検討することが大切です。

先進医療保障の有無

高度な医療技術を用いた治療法のうち、公的医療保険の対象にはなっていないもののその安全性、有効性について一定の基準を満たしたものが「先進医療」とよばれるものです。

厚生労働大臣が定めるものでその数、内容は医療の進歩とともに見直され、新しい技術が加えられます。有効性や安全性が十分だと判断されると公的医療保険の対象に切り替えられることもあります。

現在ではがんの治療法、遺伝子診断などを始め100種類以上もの先進医療があります。

先進医療は公的医療保険の対象ではないために全額自己負担になります。ただ一般的な自由診療の治療とは異なり先進医療は保険診療と併用することが可能です。

たとえば先進医療を受けた場合の診察や検査、入院などは公的保険診療の対象になり先進医療代のみが自己負担となるのです。

この先進医療代が保障されるかどうかは女性保険の商品によって異なるため加入前にはチェックしておきたい重要な項目です。

死亡保障の有無

死亡時にまとまった金額を受け取れる死亡保障がある保険なのかどうか、または特約としてつけることができるかどうかを確認する必要があります。

一般的には女性保険は死亡保障を目的とした保険ではありません。このため充実した保障はないものだと考えた方がよさそうです。

自分の収入によって一家の家計を支えている、または大きな影響を及ぼすという場合には死亡保障を目的とした保険に加入することを検討してみましょう。

妊娠時に加入できるかどうか

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選

帝王切開や吸引分娩などの異常分娩は女性保険の対象になる場合がほとんどですが、保険商品によってカバーされる範囲が異なるため事前に調べておくことが大切です。

また妊娠が判明している場合や子宮、卵巣、卵管などに関する疾病があると一定期間保障対象外という保険も多いため注意が必要です。

妊娠・出産に関するトラブルを想定して女性保険への加入を考えているならば早めに加入するようにしましょう。

加入前に調べておきたい保険の重複、保険料のムダ払い

重複した保険に入っている人は意外と多い!?

女性保険に限らず新しく保険に加入する場合には現在入っているすべての保険の保障内容をチェックして重複する部分はないか、保険料が必要以上に高額になっていないかを十分に確認する必要があります。

商品によってさまざまな特徴がありどれも魅力的に見える女性保険ですが、タイプの異なる商品に複数加入する場合にはムダがないかをしっかり見極めましょう。

特約をつけることで一つの商品でまかなえる場合もあります。請求手続きが二重になる、診断書を複数準備しなくてはならないなどの手間がかかることもあります。

無料保険相談を受けた方がいい理由

初めて保険に加入する場合はもちろん、すでに入っている保険に追加して新たに女性保険を検討している場合にもできれば専門家に一度相談してみることをおすすめします。

さまざまな保険会社の豊富な商品を取り扱う保険のプロは自分では気づかない盲点を突いた有意義な提案をしてくれるはずです。

保険相談に訪れる人は保険加入を本気で考えているため保険相談を行うことで自然と契約を結ぶことができるといわれています。

このため検討が必要な方には無理強いをすることなく有効なアドバイスをしてくれるはずです。不安な場合にはいくつかの会社で相談を受け比較・検討しましょう。

おすすめの保険相談サイト

保険ゲート

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選
出典:保険GATE

「保険ゲート」には全国で150以上の選抜された保険のプロが在籍しています。保険のプロであるファイナンシャルプランナーのなかでも最新の保険の知識と保険見直しの実績ノウハウがあることが大きな特徴です。

保険の見直しをしていくなか現在加入している商品が最適な場合には新規加入商品を勧誘することはないというお客さま本位のカウンセリングに定評があります。

公式サイトはコチラ

保険ニュース

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選
出典:保険ニュース

地域密着型のファイナンシャルプランナーによるていねいな相談が好評の「保険ニュース」。

保険見直しの無料相談後に「保険料が大幅に安くなった」、「不安を取り除いてくれる自分にぴったりの保険に出会えた」という嬉しい声が数多く届いています。

医療保険、生命保険、子供保険など多種多様な商品から一人一人に最適な保険プランを提案してくれます。

公式サイトはコチラ

保険ガーデン

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選
出典:保険ガーデン

お金のプロであるファイナンシャルプランナーが効率的な貯蓄方法とともに一人一人にぴったりの保険を提案してくれます。

女性保険に興味があるけれども子どもの学資保険や貯蓄についても併せて考えたいという方は、思い切ってすべてを相談してライフプランを一緒に考えてもらってはいかがでしょうか?プロのアドバイスで家計が大きく改善されることもあります。

公式サイトはコチラ

保険見直しラボ

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選
出典:保険見直しラボ

保険を見直すことで家計を節約して子どもの教育資金や習い事費用に充てたい、住宅ローンを返済したいという切実な声に応えてくれる「保険見直しラボ」。

本当に必要な保険、家計にとって適正な保険料を提案してくれます。信頼できるベテランコンサルタントのていねいな面談には定評があります。

公式サイトはコチラ

保険コネクト

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選
出典:保険コネクト

日本全国各地に保険のプロが在籍している日本最大級の保険見直し代理店「保険コネクト」。お住まいの地域の近くに相談店舗を見つけやすい安心感があります。

老後の生活に対して不安を抱く女性にもわかりやすく適切なアドバイスをしてくれると評判。年代や家族構成によって異なるライフプランに沿った保険選びが可能です。

無料相談では保険やお金に関しての初歩的な内容からていねいに説明してくれるため気軽に申し込みができます。

公式サイトはコチラ

自分保険

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選
出典:じぶんの保険

結婚や出産など大きなライフイベントの前に検討しておきたい保険の加入や見直し。

「自分保険」に在籍するベテランファイナンシャルプランナーは中立的な立場から保険各社の商品を比較して、お客さまのライフスタイルに最適な保険を提案してくれます。

面倒な加入手続きの代行や加入後のアフターフォローまで無料で行ってくれる心強いパートナーになるはずです。

公式サイトはコチラ

保険FP

保険加入に迷う女性必見!無料相談もできる保険サイト7選
出典:ほけんのFP

保険加入や見直しを家計全般からトータルで考えてアドバイスしてくれる「保険FP」。年間で10万円以上も保険料が節約できたという喜びの声を聞くことが多い代理店です。

在籍するファイナンシャルプランナーは「保険FP」が定める経験年数と相談数をクリアしたベテランばかりです。複数社の保険商品を比較してベストな商品を提案してくれます。

担当者の変更も気軽に行えるので安心して無料相談の申し込みができます。

公式サイトはコチラ

保険加入は比較・検討を重ねて自分にぴったりなものを選ぼう!

保険加入の前には自分のライフプランに合う最適な商品を比較・検討して賢く選ぶことが大切です。

保険についての基本的な理解ができたら専門家のアドバイスも積極的に取り入れましょう。無料保険相談などを利用してムダや失敗のない保険選びをしてください。

ガン保険ガン保険、家族で早めに入っておくべき?保険の種類と基礎知識について解説
0