古着通販アプリって便利なの?デザイナーズブランドに特化したRAGTAGが今注目の理由

ホプラス編集部

これまでは店舗買取、販売だった古着も、最近では古着通販アプリを利用して買取を行ったり、購入できたりするようになりました。特に、今注目されているのが「RAGTAG」です。RAGTAGはデザイナーズブランドに特化していて、公式アプリでは常時20万点のストックを誇り、利用者も急増中です。本記事では、便利で使いやすいRAGTAGの魅力に迫ってみましょう。

古着通販アプリとは?

そもそも、RAGTAGのような古着通販アプリとは、中古のデザイナーズブランドや人気のファッションアイテムなどをアプリを通じて購入できるサービスのことをいいます。古着通販アプリの配信元の多くは、実店舗やネット上での古着買取サービスを行っていて、同様のサービスをアプリ上でできるように提供しています。

RAGTAG

►アプリの詳細を見る

古着通販アプリは便利?

古着通販アプリは便利?

以前は、古着の取り扱いショップなど、アプリの配信元は限定的でしたが、最近ではブランド買取ショップ以外にもさまざまな会社が古着通販アプリを配信しています。

それとともに、各アプリの利用者は軒並み増加の一途をたどっており、古着通販アプリの便利さがうかがえます。特に、若い世代では、新品の洋服を買うよりも古着を活用する人も多く、古着通販アプリを活用しているようです。

では、どのようなところが便利で使いやすいのでしょうか。各アプリについて口コミを交えつつ、詳しくご紹介しましょう。

メルカリ

メルカリ
出典:https://www.mercari.com/jp/

テレビCMなどでおなじみのメルカリは、株式会社メルカリが運営しており、古着通販アプリの中でも高い地位を占めています。手軽に使えることから、利用している年齢層も幅広く、10代~50代くらいの幅広い年齢層に好まれています。

メルカリ最大の特徴は、出品側が1つの業者ではなく、個人間同士のやり取りとなっていることです。そのため、値段設定についても交渉の余地があるため、お気に入りのブランドアイテムが安くで手に入れられるチャンスも頻繁にあります。口コミでも、人気の商品が思いのほか安く購入できたという報告をよく目にします。

ただし、個人的な出品であるため、商品の状態に虚偽があったり、ブランド品では偽物をつかまされるといったケースが散見されます。

支払い方法は、クレジットカード払い、コンビニ払い、携帯キャリア決済(d払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)、ATM支払い、ポイント使用やお得チケット使用、売上金やメルペイ残高使用、メルカリ月イチ払い、チャージ払い、Apple Pay払いと、多様なシステムを取り入れています。

コンビニ決済やATM、携帯キャリア決済では、100円の支払い手数料がかかるため注意しておきましょう。

RAGTAG

RAGTAG
出典:https://www.ragtag.jp/

人気のデザイナーズブランドをメインに取り扱うRAGTAGは、株式会社ティンパンアレイが運営しています。株式会社ティンパンアレイは、アパレル業界の大手、ワールドが2018年4月に買収した経緯があり、最近では、ブランドレンタルサービス「サスティナ」とのM&A(企業合併)も発表されています。

バッグアップが強い分、取り扱う商品の品質も良く、レディース、メンズの商品、およそ20万点を取り扱い、毎日2,000着以上の商品が新しくラインナップしています。取り扱っている商品がブランドものということもあり、利用者の年齢層は比較的高く20代後半から40代くらいがメインとなっています。

口コミでは、取り扱っている商品のラインナップをはじめ、品質の良さに評価が高く向けられています。

支払い方法は、クレジットカード、代金引換、NP後払い、Amazonペイメント、銀行振り込みが取り入れられています。代金引換手数料やNP後払い手数料、銀行振込手数料はかかってくるので注意しましょう。

RAGTAG

 AndroidiOS
サイズ9.6M33.5MB
要件Android 5.0以上iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応
レーティング3歳以上4+ 対象年齢
►RAGTAGをダウンロード

ジモティ

ジモティ
出典:https://jmty.jp/

株式会社ジモティーが運営するジモティは、地域密着型の掲示板として親しまれています。地元での譲り合いを念頭に置いていて、商品の掲載手数料は無料、出品手数料も無料ということで、年齢、世代を問わず、幅広いユーザーの心をつかんでいます。

また、他の古着通販アプリであれば、送料が高くつくところ、ジモティーは地元ユーザーでの取引を考えているため、大げさな梱包や配送も不要、顔を合わせて受け渡しをするケースも珍しくありません。

ジモティーの最大の特徴は、売買できる商品の豊富さにあるといえるでしょう。例えば、ブランド古着だけでなくゲームや家電製品、引っ越しで使わなくなった家具に至るまで様々な商品が掲示板に出されています。

口コミでは、地元ならではの便利さが評価されていて、若い世代の利用者も多くなっています。

ラクマ(旧フリル)

ラクマ(旧フリル)
出典:https://fril.jp/

もともとは女性向けのフリーマーケットアプリとして立ち上がったラクマは、フリルとして、2012年7月にサービスを開始しました。当時はメルカリが始まる前で、日本では初めてとなるフリマアプリとして注目を集めました。2015年には女性以外に男性の利用も解禁されましたが、ユーザー層は女性がメインとなっていました。

その後、2014年には楽天株式会社がラクマをリリースし、2016年にフリルを買収し、運営しています。

通販業界大手の楽天が運営するとあって、ラクマのお客様満足度は92%と、サービスへの高い満足度を誇っています。その理由としては、支払いの仲介をラクマが行うこと、紛失補償制度や偽造品購入に対する補償(ラクマあんしん補償)が取り入れられていることなどが挙げられます。

ラクマでの支払い方法は、コンビニ払い、郵便局払い、ATM払い、クレジットカード払い、楽天ペイ、d払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Paidy、ラクマポイント、売上金払いと、多様な支払い方法が準備されています。特に、楽天ペイを利用できるとあって、楽天ユーザーにも人気のアプリです。

ブランディア

ブランディア
出典:https://brandear.jp/

ブランドの中古買取売買を専門にするブランディアが提供する公式アプリです。アプリ内では、人気や流行りのブランド品をオークション形式で購入することができます。また、売れ残りの商品に至っては、毎日値下げが行われているので、他のブランドアプリに比べると、比較的安く購入できるようです。

また、母体となるブランディアはブランド中古買取売買を行っているため、購入した商品は購入後2か月後以内であれば下取りできるサービスも実施しています。

このように効率よくブランド品を売買できるため、20代~40代をメインとする女性に特に人気が集まっています。これまでに200万人の利用実績があることも、若い世代が安心して利用できる理由のひとつではないでしょうか。

Shoppies(ショッピーズ)

Shoppies(ショッピーズ)
出典:https://shoppies.jp/

株式会社スターダストコミュニケーションズが運営するショッピーズは、若い世代の女の子に特に人気のフリマアプリです。アパレル単品だけでなく、古着コーデセットも販売されていて、10代から20代の若い世代に特に注目されています。

コーディネートが掲載されているので、着回しの参考にしたり、そのコーデから似たような商品を購入したりできるなど、おしゃれな女子にとってもとても使いやすくなっています。

支払い方法は、コンビニ払い、ATM払い、ネットバンキング、クレジットカード、nanacoギフト、売上金やポイント、ショピGと呼ばれるポイントでの支払いに対応しています。

フリマjp

フリマjp
出典:https://furimajp.com/

日本エンタープライズが運営するフリマjpは、ブランド品に特化したフリマアプリです。利用料や年会費、購入時の手数料など基本的な利用料が無料ということもあり、ユーザーが増加中の人気アプリです。

フリマアプリを利用する際に気になるのが、商品未着にもかかわらずお金が戻ってこないというケースではないでしょうか。フリマjpではお金についてフリマjpが仲介するため、安心して取引を完了することができます。ブランド品を扱っているということもあり、年齢層は20代から40代くらいがメインとなっています。

支払い方法は、コンビニ払い、クレジットカード払い、ATM払い、d払い、auかんたん決済、LINE Payと、様々ですが、クレジットカード決済以外の支払いでは支払い手数料が100円かかるので注意しましょう。

CASH(キャッシュ)

CASH(キャッシュ)
出典:https://cash.jp/

写真を撮るだけで即時入金が行われる買取サービスということで一躍ニュースになったCASHは、株式会社BANKが運営しています。

こちらは、商品を買う通販というよりも、商品の買取を依頼するアプリです。アプリを起動して商品の撮影をして画像をアップロードするだけで、その場で買取査定金額が表示されます。そのうえで、2週間以内に商品を送るか、返金するかを選びます。

そのまま買取を依頼するなら、即現金が入金されるという画期的なアプリで、10代から50代と幅広い層で利用されています。

安くて安心な古着アプリを活用しましょう

古着を買取業者に持ち込むとなると、量がかさばるし重さも重くて大変でした。ですが、古着通販アプリを使うと、写真をアップロードするだけで、査定をしてもらえたり、買取手を見つけることもできます。販売する側であれば、オークションタイプのアプリを利用すれば、より高値で売り切ることができるでしょう。

また、購入する側であれば、RAGTAGやブランディアといったブランド買取ショップを運営している会社のアプリを使うのがおすすめです。個人間で使えるフリマアプリは、安く購入できる反面、偽物が混ざっている可能性も否定できません。

その点、RAGTAGのようなブランド買取業者が運営しているアプリは、商品チェックの上出品されているので、偽物をつかまされることがなく、安心して利用できますよ。

►RAGTAGをダウンロード
0