妊娠・子育て

赤ちゃんや幼児の海水浴はいつから?海の家使える?

真夏の暑い日は海水浴へ行きた~い!!と思いますよね。海の写真を見るだけで涼めるぐらいです。赤ちゃんや幼児がいる家庭では、『家族みんなで一緒に行きたいけど、子供が小さくて。』『いつから海水浴デビューさせていいかわからない。』と疑問に思う事がありますよね。赤ちゃんや幼児はいつから海水浴可能なのか、海の家を利用する時の注意点なども含めて考えてみました。

赤ちゃんや幼児の海水浴はいつから?海の家使える?

2015年07月10日更新

ホプラス編集部

  • fb
  • line

赤ちゃんや幼児の海水浴はいつから?

私は子供が小さい頃から海に毎年行っている常連ですが、赤ちゃんの頃はあまり連れて行った記憶がありません。

赤ちゃんや幼児の頃は自宅で庭にプールを出して涼む程度遊ばせたり、お風呂をぬるま湯にして浸からせたりしていました。

海水浴デビューさせたのは1歳過ぎだったと思います!!

決まって何歳というのは無いと思いますが、6~7ヶ月頃ぐらいの子が遊んでいるのをよく目にしていた気がします。

赤ちゃんや幼児を海で遊ばせる時の注意点

赤ちゃんや幼児を海水浴させるには、いくつか注意点もありますので事前にチェックしておく事が必要です!

6~7ヵ月頃はお座りが出来る時期なので、海水浴デビューさせる人は多いと思いますが、遊んでいる時におもちゃを口にしたり、砂を食べたり目が離せません。

赤ちゃんや幼児は肌が弱いので海辺の強い紫外線や長時間遊ばせる事は非常に負担がかかりますので避けましょう!!

赤ちゃんや幼児の場合、衛生面を考慮し、しっかりと遊んだ後はシャワーを浴びてから帰宅が理想的。

遊ぶ時間帯は、10時~15時までの日差しの強い時間帯は避け、短時間で切り上げると◎

浜辺で遊ばせる時でも、帽子やパラソルは必須ですのでしっかりと用意してあげ、こまめに水分補給もしっかりと摂らせてあげる事も大切です。

ベビー用の日焼け止めなどを事前に軽く塗ってあげる事もおススメします!

2~3歳の幼児ちゃんは少しだけ海に入水する事もあるかと思いますが、事前に体温はしっかりと計りましょう!

熱があっても幼児は元気な事が多いですが、熱がある時は免疫力も低下しており、体が冷えると風邪をひいてしまう可能性もありますよ。

赤ちゃんや幼児がいても海の家は使える?

海の家は軽食だったり、飲み物だったりと休憩も出来る場所で幅広く利用されていますよね。

更衣室やシャワー、荷物を預ける事ができるなどの設備があるのも嬉しいですね。

基本的に赤ちゃんや幼児がいても海の家は利用出来ます。

幼児には、かき氷やジュースなどが人気!

飲食を行う際は手洗い(できればうがいも。)をしっかりと行いましょう。

アルコール除菌のお絞りで更に拭いてあげると安心ですので準備しておくと楽々安心です。

子供を海の家へ連れて行くときの注意点

私の行く海水浴は海の家は無いので行った事ないのですが。

人が少なく、比較的静かな場所に行っているからかも。

  • 『海の家』がある海水浴場はやはり人が多いので、混雑時は赤ちゃんや幼児は避けた方がいいかもしれませんね。
  • 不特定多数の人が利用する為、『赤ちゃんの泣き声』に対して理解が無い人もいる可能性がありますし、海の家といっても非常に暑いです!
  • また、大音量の音楽などもかかっている場合もあり、赤ちゃんを連れての長時間の利用はおススメ出来ない環境ですね。
  • 『海の家』が混雑している時などは幼児から目を離さない様にする事も大切です。人気の海水浴場では迷子になる子も多いそうなので。

 

赤ちゃんや幼児を連れて行く事は様々な心配も付き物ですが、メリットもたくさんありますよ。

赤ちゃんや幼児は『あせも』が真夏は出来やすいですよね?

昔から海水は『あせも』に良いとされています。(軽度の場合。)

民間治療ではありますが、私も子供が小さい頃、あせもが出来て『痒そうだな~』と思ったら海水浴へ連れて行っていました。

海水があせもに効果的なのか、海水+日光?潮風?

様々な説がありますが。

海はプールには無い、開放感や自然の気持ちよさがありますので、赤ちゃんや幼児でも注意事項を心得てきちんと事前の対応をしてあげれば、海水浴も心地よく、楽しく遊べると思いますよ。

  • 関連するキーワード