人気のマザーズリュックブランドは?マザーズリュック選びの5つのポイントと人気商品10選!

「たっぷり入って、多機能、オシャレもしたい」そんな欲張りママの期待に応えるマザーズリュックの人気ブランドを紹介します。先輩ママたちが選んだ、マザーズリュックの人気ランキングや、マザーズリュックの選び方もあわせてチェックしてみましょう!

買う前にチェック!マザーズリュックの人気ブランド

赤ちゃんが大きくなってくると、「一緒にお出かけしたい」「一緒に旅行したい」というママ・パパも多いのではないでしょうか?

赤ちゃんを連れてのお出かけになると、おむつやおしりふき、授乳セット、よだれかけなど、多くの赤ちゃん用品を持ち歩かないといけないため、今までのバッグでは小さいかもしれません。両手があけられる!たっぷりはいる!しかもおしゃれ!な、マザーズリュックで赤ちゃんと快適なお出かけができるように備えましょう。

マザーズリュックにはどんなブランドがあるのか、人気ブランド10選を紹介します。買う前にチェックしてみてください。友人や親戚の出産祝いに、マザーズリュックをプレゼントするのもよいですね。プレゼントにはぜひ人気ブランドのマザーズリュックを!

anello(アネロ)

■楽天参考価格 税込 3,942円
■サイズ [縦]約32cm×[横]約22cm×[マチ]約13cm×[持ち手]約30cm
ショルダーベルトサイズ [長さ]約43cm~約86cm
■素材 合成皮革

さまざまなシーンに合わせて使用できるよう、「こだわりすぎず、ちょっとしたポイントがあって、直感でほしいと感じてもらえる」をコンセプトにデザインされています。珍しいスクエアタイプのリュックが特徴的な「anello(アネロ)」。おしゃれママ達に大人気で、一度は見たことがあるのではないでしょうか?

リュックの開く口は、ダブルジッパーで、開けやすく、強めのしっかりとしたワイヤーが入っており、パカッと大きく開くので中身が一目でわかりやすく、出し入れがしやすく、おむつなどのサイズの大きなものもさっと取り出しやすくなっています。

マチも広いため、床などにバッグを置いた時も安定します。フロントポケット・サイドポケットもしっかりついているので、ペットボトルなどのドリンクをいれることもできます。背面ポケットもついているため、スマートフォンや携帯、お財布、定期などのママ・パパの大事な荷物もしまえて安心です。

定番の黒やネイビーから、カモフラ柄、レッドなどのカラー展開も多く、ママやパパの洋服に合わせて好みの色を選ぶことができます。随時新色も発売されているため、シーズンごとにチェックしてみると、「他の色も!」と欲しくなってしまうかもしれません。

デザイン・カラー共に、パパも使えるユニセックスなものも多いため、夫婦で使うことができます。

marimekko(マリメッコ)

■楽天参考価格 税込 19,980円
■サイズ 高さ:40cm×幅:32cm×マチ:12cm
■素材 綿100%

マザーズリュックのイメージがないかもしれませんが、大胆な花柄とポップな色合いが印象的なフィンランド発の「marimekko(マリメッコ)」にも、マザーズリュックにぴったりな大きめサイズのリュックがあります。また、肩にかけることのできる大きめのトートバッグもあります。

バッグの口は、紐をギュッと締めるタイプになっており、口を最大まで開くと、バッグの中全体が見える程、大きく開くようになります。また、マチは12cm〜あり、かさばりやすいおむつや授乳セット、スタイなどの赤ちゃん用品もしっかりと入ります。

赤ちゃんが小さいうちは、赤ちゃんのよだれでママの洋服も汚れてしまったり、動き回るため、地味な色の服になりがちなため、マリメッコのようなインパクトのある柄のバッグで、おしゃれにキメるのもかわいいですね。

Porter(ポーター)

■楽天参考価格 税込 28,080円
■サイズ 本体:約 W280×H400×D130(mm)
本体(巾着):約 W500×H500(mm)
リュックストラップ:長さ 約 410~900(mm)×幅 約 20~55(mm)
■素材 表地|ナイロンツイル(ポリエステル綿ボンディング加工)
裏地|ナイロンタフタ

日本の老舗メーカー「吉田カバン」のブランド、「Porter(ポーター)」もマザーズリュックに最適です。さすが品質第一主義を掲げているメーカーですから、ベーシックなデザインながらも、軽い上に、たくさん入る大容量設計ですし、一針入魂の粋を感じるしっかりとした縫製で、長く使用することができます。

フロントポケットやサイドポケット、インナーポケットなども、日本人ならではの気遣いが感じられる作りになっており、赤ちゃん用の飲み物やハンカチをいれたり、チャック付きポケットには、ママ・パパの貴重品をいれることもできます。

老若男女からの人気がある「Porter(ポーター)」ですから、ユニセックスなデザインも多く、ママ・パパ兼用することも。ママとパパのいろいろなコーディーネートにも合わせやすく、おすすめです。

ecosusi(エコスシ)

■amazon参考価格 4,850円
■サイズ ヨコ30cm×マチ19cm×たて39cm
■素材 ポリエステル生地

新生児のママにとって必要な、赤ちゃん用品一式が収納可能なマザーズバッグのブランドです。

バッグの表面は衝撃吸収素材が使用されているため、やわらかい使用感になっています。また、ポケットも多数ついているため、携帯や財布などのさっと取り出したいママの持ち物から、おしゃぶりやウェットティッシュなどの、赤ちゃんのための細々とした用品もきれいに収納することができます。
 
「Ecosusiマザーズバッグ軽量5点セット」には、おむつ替えシートもついているため、おむつ交換台が汚いようなときにも助かるアイテムです。初めてのママバッグ、初めての赤ちゃんで何を買うか迷っている人にはおすすめです。

Pottery Barn(ポッタリーバーン)

■楽天参考価格 税込 12,800円
■サイズ 【タテ】約38.0cmx【ヨコ】約36.0cmx【マチ/底】約16.0cm
【手持ち】約55.0cm
■素材 内側/ナイロン、外側/コットン

ニューヨークのインテリアブランドの「Pottery Barn(ポッタリーバーン)」は、トレンドやおしゃれに敏感なママたちの間で話題になっているマザーズバッグです。バッグにイニシャルをいれられることが特徴的で、ママやパパ、赤ちゃんのイニシャルをいれることができます。

リネン素材と革によって作られているため、とっても丈夫で、使いやすいと評判です。

公式サイトから購入することができますが、英語での案内になるため、不安な人は、amazonや楽天などの通販サイトで購入するのがよいでしょう。
 

ecoloco(エコロコ)

■楽天参考価格 税込 4,212円
■サイズ Lサイズ:高さ35.5cm、幅(底)41cm、マチ13cm、重さ690g
Mサイズ:高さ25.5cm、幅(底)33.5cm、マチ13cm、重さ520g
■素材 表地:綿100%、裏地:ポリエステル100%、付属:牛革

オリジナルのナチュラルな風合いが心地よい、「ecoloco(エコロコ)」にも、マザーズバッグに最適なリュックがあります。通称H字型バッグといわれているリュックは、エコロコの人気商品で、カラーも6色から選ぶことができます。

マチがあってたっぷりと入るだけでなく、メインの荷物をいれるところ、フロントポケットなど、どのポケットも間口が広くて出し入れがしやすいため、赤ちゃん用品をいれるのにもぴったりです。

さらに、背中のベルトがあることで、バッグを背負った時に安定するためめ、方からずれにくくフィット感があります。赤ちゃんをだっこしたり、しゃがんだりと、動きが増えても安心です。

Ebance(エバンス)

■楽天参考価格 税込 3,923円
■サイズ 【本体】:(縦)約36.5cm・(横)約29.0cm・(マチ)約12.0cm
【ベルトサイズ 】: 長さ (最短)約59.0cm-(最長)約112.0cm・(幅) 約4.0cm
■素材 ヴィンテージソフト合皮

「Ebance(エバンス)」のリュックは、エコロコと同様に両肩のストラップをつなぎ、安定させてくれる背中のベルトがあるH型が特徴です。色は7色展開で、ヴィンテージなフェイクレザー。

ママもパパも持てるユニセックスなデザインな上に、背中のベルトのおかげでうごきまわってもバッグがずれにくいため、子供が大きくなってからも重宝できるバッグといえます。背面ポケットもついており、貴重品もばっちりいれることができます。

Legato Largo(レガートラルゴ)

■楽天参考価格 税込 5,292円
■サイズ 本体:約横28×高さ40×奥行17cm
ショルダーベルト:約45~90cm
■素材 ポリエステル、合皮、ダイバー素材

大人気の「Legato Largo(レガートラルゴ)」。入荷・発売するとすぐに売り切れてしまうというほどの人気リュック。微光沢ナイロンが基本の素材で、10個のポケットは合皮でできています。素材の切り替えや、シンプルなデザインがオシャレで、人気マザーズリュックなのも納得です。

カジュアルなファッションにも合わせることができますし、合皮を使ったポケットも印象的なのキレイ目のファッションでもOK。

10個のポケットは、内側に5つ、フロント・サイドに4つ、背面に1つ、あります。水筒やペットポトルをいれることもできますし、小さな赤ちゃん用品を分けていれたり、ママのアイテムなどをいれるのにも便利です。

内側の背面ポケットは小さいアイテムにも適しているため、ママのリップクリームなどの「どこにいれたかわからない」アイテムを収納しやすいのもうれしいですね。

HARVEST HILLS(ハーベストヒルズ)

■amazon参考価格 12,960円
■収納可能サイズ B4サイズ収納可
■素材 メイン素材: ナイロン
表地: ナイロン

京都発のバッグブランド「HARVEST HILLS(ハーベストヒルズ)」は、女性を輝かせる製品を提案するという想いのもと、女性にとって使いやすいバッグを発売してきました。マザーズリュック・マザーズバッグの専門店として非常に有名です。
 
デザインが可愛すぎることもなく、機能性も高いため、ママだけでなく、パパと兼用して使うこともできます。

内ポケットは全部で6つあり、保冷シート付きのドリンクホルダーから、メッシュインナーポケットまで。ポケットの中身がとびださないように、マジックテープでおさえることが出来るなど、女性目線で使いやすく考えられています。

軽量に設計されているため、まだまだ赤ちゃんを抱っこするママでも、肩への負担を減らすことができます。

Thea Thea(ティアティア)

■楽天参考価格 税込 21,060円
■サイズ (約)高さ約40cm×横幅約30cm×マチ約14cm
■素材 表地:高品質ナイロン(はっ水加工)
裏地:ポリエステル、テリレン(消臭加工、はっ水加工)

ファッションも子育ても楽しむというおしゃれなママが多いロサンゼルスのママ達に大人気のブランド「Thea Thea(ティアティア)」。ティアティアの中でも、日本のママ達に大人気なのが、「SOHO 2wayマザーズリュックサック3点セット」。

ブラック、ネイビー、ホワイトの3色展開で、賢そうな女子が持つバランスのとれたデザインで、大人リッチな印象です。いつの時代にでも、どんなファッションにでも馴染むシンプル・クールさが愛されています。スマートな見た目とは程遠く、おむつやおしりふき、スタイや、飲み物などたっぷりと収納することができます。

専用付属品には、専用ポーチと、ふんわりおむつ替えシートがついています。付属のポーチは、内側がネットで仕切られているため、なにをいれたかわかりやすくなっており、使い勝手もよく嬉しいアイテムです。

2Wayになっており、リュックとしてももちろん、トートにもなるため、その日のファッションにあわせて変えることもできます。

 

この記事もオススメ!

マザーズバックの使い方のおすすめや持っているべき常備セット。使いやすいマザーズバックの種類などをご紹介します!自分に合ったマザーズバックを見つけて子供とのお出かけも快適に過ごしましょう! マザーズバックって本当に必要? ママ[…]

マザーズバッグ
 

【5つのポイント】マザーズリュックの選び方

初めてのマザーズリュック選び、何を気をつけて選べば良いのか、分からないことがいっぱいですよね。そんなママ・パパが、自分たちに最適なマザーズリュックを選べるように、マザーズリュックの選び方5つのポイントを紹介します。

ママ・パパどっちが使うの?兼用?

マザーズリュックの選び方の1つ目のポイントは、ママとパパどちらが使うのかということです。

最近では「イクメン」という言葉もよく聞くように、パパも積極的に育児に参加しているため、パパがリュックを背負って子供とお出かけすることも多いため、マザーズリュックはパパママ兼用にしたいという声も多く聞きます。

予算に余裕がある場合や、兼用タイプとかわいいママ用の2つの購入を考えている場合は、パパ・ママ兼用リュックと、ママだけリュックでもいいですね。

ママだけが使うことを想定したバッグであれば、かわいい柄がついていたり、レッドやピンク、イエローなどの色でも大丈夫です。また、女性だけが使う想定のマザーズリュックは、肩のストラップが短いこともあり、パパが使う際には、小さいことがあるため注意が必要です。

パパ・ママ兼用のユニセックスなマザーズリュックであれば、もともと肩ストラップの調節も長く設計されています。また、色も黒やネイビー、グレーなどの、2人が使える色を選ぶ必要があります。

【容量】必要なもの全部はいる?

マザーズリュック選びのポイント2つ目は、お出かけする場所・時間に合わせて必要なものがしっかりはいるかどうかです。

小さいお子様だと、おむつや、飲み物、着替え、スタイ、ハンカチ、おもちゃなど、必要なものがたくさんある上に、それぞれの必要な量は子供によって違います。

よく汗をかく子もいれば、たくさんジュースを飲む子、おもちゃが何種類も必要な子、よくうんちやおしっこをするからオムツ替え頻度が多い子、などなど、その子によって、必要な物や量が違ってきます。公園に行く時や、少し遠出をする時など、頻度が多いパターンを想定して、どれだけのものをいれるか考えて検討しましょう。

各マザーズリュックの公式サイトなどでは、容量を具体的な赤ちゃん用品と比較しながら紹介してくれていることもあるので、参考にしましょう。

【軽量】ママ・パパの負担を少なく!

ポイント3つ目は、バッグ自体の軽量さです。ただでさえ子供の荷物でバッグはとても重くなってしまうため、バッグ自体は軽いものを選ぶようにしましょう。合皮やキャンバス地のリュックは重くなりやすいため、比較的軽いポリエステルやナイロン素材のものを選ぶのがおすすめです。

また、肩のストラップが細いよりも太めのほうが、肩への負担が分散されて重さを感じづらく疲れにくくなります。肩にクッションが入っているものだと尚、負担が軽減されます。店舗で購入する人は、実際に背負ってみて自分の体へのフィット感や重さを確かめてみると検討材料になります。

【収納・機能性】分けやすさ!取り出しやすさ!

マザーズリュックを選ぶポイント4つ目は、収納力の高さ機能性です。

見た目が大きいバッグでも、マチが広くないと実際の収納力が低く、思ったより荷物が入らないこともあります。マチが広く、しっかりとはいるか確認しましょう。マチが広いと、床や椅子などに置いた時も安定しやすく、バッグの中身も確認しやすくなります。

また、メインの収納スペースだけでなく、内側のポケットや、フロントポケット、サイドポケットもあるか確認しましょう。サイドにドリンクホルダーがあると、さっと飲み物を取り出せたり、子供のよだれや濡れた手などをハンカチをさっと取り出せて便利だったりします。

その他にも、内側のポケットにウェットティッシュをいれておくと飲食店や外で汚れた時などにも取り出しやすい、このアイテムはここに入れると使いやすそう・取り出しやすそうなど、自分なりにカスタマイズして、分けて入れられると便利です。大容量なだけでなく、小さいアイテムを分けていれられるのも重要なポイントです。

【外側ポケット】財布や携帯、ママ・パパアイテムも出し入れしやすく

最後のポイントが、外側ポケットにママやパパの貴重品をいれられるかどうかです。外側ポケットがファスナータイプであれば、携帯をいれることもできます。背面ポケットがあれば、お財布を入れても安心です。

赤ちゃんを抱っこしたり、片手に何か持ちながら作業する場面も多い中、片手で携帯や財布・定期などのママ・パパアイテムが手軽に取り出せるかも重視してみるとよいでしょう。
 

この記事もオススメ!

赤ちゃんとのお出かけの必需品の1つがおむつポーチです。いつも持ち歩くものなので、収納に便利で機能性もよく、何より可愛いデザインのものを選びたいですよね。デザインにも機能性にも優れ、かつおしゃれママを演出してくれるおむつポーチをご紹介します。[…]

おむつポーチ

人気のマザーズリュックで子育てを楽しもう!

以上のことを踏まえて「おしゃれがしたい」「多機能バッグがいい」「もちろん大容量」など、欲張りなママ・パパにぴったりのマザーズリュックで子育てライフを楽しみましょう!

0