赤ちゃんチャイルドシートの暑さ対策!カンガルーで快適!

赤ちゃんチャイルドシートの暑さ対策!カンガルーで快適!

ホプラス編集部

暑い日に、赤ちゃんをチャイルドシートにのせてお出かけ。赤ちゃんを下ろしたら背中が汗でびっちょり…。ママならよくある経験だと思います。夏場のチャイルドシートは暑さとムレで赤ちゃんにとって最悪の状態になります。赤ちゃんの安全のためには必要なものだとはわかっているけど、こんな状態になるチャイルドシートにのせるのもかわいそうですよね。そこで、チャイルドシートの暑さ対策をご紹介したいと思います!

チャイルドシート使用時の暑さ対策はどうする?

車のエアコンをきかせていても、赤ちゃんはとっても暑がりで汗っかき。しっかりと暑さ対策をしておかないと、脱水症になったりあせもができたりしてしまいます。そこで、暑さ対策におすすめのグッズをご紹介します。

チャイルドシート用の日除けカバー

車のフロントガラスに日除けカバーをかけている車をよく見ますよね。あれって、結構馬鹿になりません。そこで、チャイルドシートにも日除けカバーをかけておいてあげましょう。車にのるときにチャイルドシートがものすごく暑くて、とてもじゃないけど赤ちゃんを乗せられない…なんて時もあります。それを防ぐのにとても便利です。

▼チャイルドシート用の日除けカバー

車用カーテン

エアコンをきかせていても、日光がガンガンと照りつけていると意味がありません。かんたんに取り付けることができるし、カーフィルムよりも安いのがうれしいですね。赤ちゃんの日焼け防止にもなります。

チャイルドシート 日よけ 車用カーテン

汗取りパッド

チャイルドシートにくっついている背中はとても汗をかきます。汗取りパッドを入れておいて、汗で濡れたらさっと引き抜いてさっと新しい汗取りパッドを入れてあげることで、背中をすっきりさらさらに保つことができます。あせも対策としても有効です。

ガーゼとパイルのリバーシブル 汗取りパッド

カンガルー保冷剤が大活躍!!

さらに、一番暑さ対策でオススメなのが、保冷剤。冷たい保冷剤が赤ちゃんの体をしっかりクーリングしてくれるので、赤ちゃんも快適に過ごせます。

カンガルー保冷剤

もはや定番アイテムとしていろいろないお店で見かけるカンガルー保冷剤です。専用カバーシートに保冷剤を入れて、あとはチャイルドシートに取り付けるだけの簡単便利アイテム。やわらかタイプの保冷剤なので、背中や頭がゴツゴツしないのも嬉しいポイント。かたい保冷剤だと、赤ちゃんの肌に型がついたり、痛がったりして嫌がるんですよね。冷蔵庫で繰り返し冷やして使えるし、冬場には温めて保温剤としても使えるのでとっても経済的です。専用カバーにも工夫がされていて、冷えすぎないし、なかから結露が染み出てくることもありません。ンガルーのかわいいイラストがある布は、お肌にやさしい綿で、赤ちゃんのことをしっかりと考えて作られているのがわかります。チャイルドシートだけでなく、ベビーカーにもセットできるので、夏に大活躍のアイテムです。

▼カンガルーの保冷・保温やわらかシート ベビーカー&チャイルドシート用

車内の温度調節もしっかり行って!!

暑さ対策の便利アイテムをご紹介しましたが、車内の温度調節もしっかりしないと意味がありません。

  • 車を停めるときは日陰に止めるようにしましょう。
    それだけで、車内の温度の上昇がゆるやかになります。
  • 日陰に止められない時は、日除けカバー(サンシェード)やカーテンなどを利用して、少しでも車内の温度が上がらないようにしましょう。
  • 車にのるときは、すぐに赤ちゃんをチャイルドシートにのせずに、ドアを開けて車内の熱気を追い出しましょう。すべてのドアを開けて、一箇所のドアを何回か開け閉めするだけでも、空気が動いて車内にこもっていた熱気が外へと出ていきます。
  • エアコンを一番強い風でつけて、最初に出てくる熱風も追い出しておきましょう。運転中も、運転席と後部座席ではエアコンの効きが全く違います。上手に後部座席に冷気を送れるように、送風口の向きを工夫してあげてくださいね。

夏休みなどで車で出かけることが多い時期こそ、しっかりと暑さ対策して、赤ちゃんを快適に過ごさせてあげたですよね。

0