受付は笑顔でお客様をお迎えする企業の顔!正社員として働くために有利な資格と仕事内容について

Kaede

受付の仕事は女性の憧れの仕事の一つです。企業や店舗の顔としてお客様をお迎えします。そのため常に緊張感を強いられる仕事ですが、女性として外見も内面も磨き高めることができます。仕事をしながら女性として美しく輝くことができる受付の仕事について魅力やなり方の紹介をします。

受付の仕事や役割について知りたい!

受付の役割とは

受付業務の人は来社したお客様をお出迎えします。お客様が最初に接するのは受付のため、企業の第一印象を決める重要な役割を担っています。

受付の業務とは

受付の業務は来客への対応と案内業務です。企業の規模や職種によって対応する業務が変わりますが、受付業務と合わせて電話応対や応接室の予約管理、送迎車の手配などを行うこともあります。また、企業によっては事務作業と受付の業務を合わせて行う受付事務という職種もあるため、受付の仕事でも事務作業も業務の範囲に入るケースがあります。

病院や美容サロンはお客様の予約や会計業務、デパートやショールームは施設案内、スポーツジムなどの施設は入会申し込みの手続きの対応など勤務先によって、業務内容が変わります。

一日の仕事の流れはどんな感じなの?

企業の受付の仕事に就いた場合、どのような一日を過ごすのかみていきましょう。受付の部署がある企業は、従業員が数百から数千人規模の大企業が多いです。大手企業の場合は、通常8時前後に出勤をします。出勤後、1日のスケジュールを確認します。イベントがある場合はイレギュラーな対応が必要なため、どのような対応をするか確認します。

8時30分頃から朝礼を行います。朝礼後は受付に向かい、お客様をお出迎えする準備を整えます。日にもよりますが、9時過ぎくらいから午前中のお客様がいらっしゃいます。受付に誰もいなくならないように、12時くらいから交代で休憩に入ります。少しお客様が少なくなってきた午後からは、事務作業を行います。来訪者の記録をとる仕事は、受付の大切な仕事です。

また、各部署から会議室の予約の連絡が入れば会議室の予約をします。受付の終了時間が近づいてきたら、明日に備えて受付周りを整えていきます。受付業務の場合は、残業することがほとんどないため就業時間の18時には退社します。

仕事の魅力や大変なこととは

受付の仕事の魅力はどんな時に感じる?

  • 外見が磨かれる
  • 大企業であればあるほど、1日に多くのお客様が来社されます。つまり、いつも誰かに見られている状況で仕事をしなければいけません。そのため、お客様対応の時はもちろんのこと、お客様が少なくなり事務作業をしている時でも、常に見られている緊張感から姿勢や立ち振る舞いなどを意識するようになります。それにより自然と外見が磨かれていきます。

  • 多くのお客様と出会うことで接客スキルを高めることができる
  • 企業の印象を左右する仕事です。ビジネスマネーや笑顔、的確な対応が常に求められます。大企業になればなるほど訪問するお客様の期待値が高いため、自然と接客スキルを磨いていくことができます。

  • 今までの人生経験を生かすことができる
  • 受付業務をしていると思いがけない事態に遭遇することもあります。常に企業の顔として臨機応変な対応が求められるため、今までの人生経験が生かされます。

受付の仕事の大変なことはどんな時に感じる?

  • 常に笑顔でいなければならない
  • 受付の仕事は、企業に来社されるいろいろなお客様をお出迎えすることです。企業の第一印象は受付の対応で決まると言っても過言ではありません。心理学的にみて第一印象は10秒で決まると言われています。

    受付での挨拶が暗ければ、お客様に対してマイナスイメージを与えてしまいます。受付担当者は、常にお客様に企業に対してプラスの印象を持っていただくために、どんな時でも明るい笑顔での対応が求められます。

  • お客様に合わせて臨機応変な対応が必要
  • 定期的に来社されるお客様に対しては、お客様が名乗る前に「○○様、お待ちしておりました。応接室にご案内します」といった対応が求められます。また、事前にアポイントをとっていないお客様に対してご希望に添えない時は、お客さまが不快な気分にならないような丁寧な対応が必要です。

    このように常に同じような対応ではなく、お客様に合わせた臨機応変な対応が求められます。

  • 忙しい時期は休みなくお客様対応しなければいけない
  • 一度にたくさんのお客様がいらっしゃることもあります。そのような時は休みなく対応しなければいけません。お待たせしているお客様に対して配慮をしながら、的確に受付の業務を行う必要があるため、いつも以上に神経を使います。

受付の仕事になる方法が知りたい!

受付になるには資格が必要?

受付の仕事は、学歴や資格は関係ありません。学校卒業後は受付業務の募集している会社の採用試験を受験し、採用後、受付の仕事をすることができます。新卒の場合は、総務部や管理部などに配属後、本人の希望や適性などを考慮して受付の業務に配置されることもあります。

  • 正社員で働く、それとも派遣で働く
  • 専門の受付の部署がある企業は大手企業が多いです。正社員の求人数はさほど多くありません。結婚や出産などで退社して人員の補充目的で求人を出すため、受付もしくは秘書などの経験者を募集することが多いです。また、企業によっては正社員ではなく、派遣社員で募集するケースもあります。

    大企業の受付業務は人気が高く、全くの未経験だと採用される確率が低いです。もし、企業の受付で将来働きたいと思うなら転職サイトをこまめに確認したり、英語などの語学力、または秘書検定など採用に有利になるような資格を取得しておくなど、いつ求人が出ても大丈夫なように準備をしておきましょう。

どうしても受付業務の仕事へ転職したいと思うなら、正社員の求人だけでなく事前に派遣会社に登録して求人を探しておくといいでしょう。正社員として働きたいのであれば、受付事務やショールームなど、比較的未経験でも応募可能な仕事からキャリアを積んでいくのがいいでしょう。

活躍できる場所は一体どこ?

  • 一般企業
  • 一般企業で受付の部署を置いている会社は、誰でも名前を知っているような大企業が多いです。正社員として採用されれば、給与や福利厚生が充実しています。また、土日祝日が休みのため受付の中でも特に人気です。企業の受付の部署は女性が活躍しているため、結婚や出産などの理由で離職する人が比較的多いです。

    そのため一度退職した後は、これらの経験をいかしてキャリアアップや、派遣社員など働き方を変える人もいます。

  • 百貨店
  • 百貨店を含め、商業施設の受付はインフォメーションスタッフと呼ばれます。これらの施設には、一般企業のお客様と比べると幅広い年代の方がいらっしゃいます。フロア案内や問い合わせが主な業務内容です。

    また、警備室と連携して迷子や遺失物などのトラブルに対応します。駅ビルなど交通機関と隣接している施設であれば、地方や海外からの観光客やビジネス客に対して乗り換えや道順に関する問い合わせなどの対応も求められます。

  • 美容サロン
  • 美容室や総合美容サロンで、来客案内や予約案内、電話対応から会計業務を行います。美容師などの施術者が受付業務をするところが多いのですが、規模の大きなサロンになると、美容師などの施術者負担を軽くするために受付の専門スタッフをおくサロンもあります。

    給与は一般企業には劣りますが、正社員で採用されるケースが多いため、賞与や昇給制度があります。ただし、このような美容サロンは営業時間が長く、土日祝日は仕事です。

  • 自動車、住宅ショールーム
  • 大手自動車メーカーや住宅メーカーのショールームに勤務します。来客対応、電話応対、アンケート集計作業、清掃等が主な業務です。大手企業が多いため給与や待遇面も比較的充実していて、残業も少ないです。パソコンによる入力作業も行います。

    しかし、それよりもどんなお客様に対しても、明るく丁寧な対応ができる高い接客スキルが求められます。未経験でも採用されやすいため、未経験から受付業務に転職したい場合はショールームなどで経験を積んでいくのもいいでしょう。

  • クリニック
  • 外来受付や会計、カルテ管理やデータ入力等を行う仕事です。主に医療系の中でも美容整形外科や脱毛クリニックなど、美容関係に特化したクリニックには専任の受付スタッフを置いています。この場合、医療事務の業務だけでなく、カウンセリングや受付手続きなども合わせておこないます。

    総合病院等での医療事務や外来受付の仕事をしたいと思うなら、医療事務の知識は必須です。そのため、ある程度の勉強が必要になります。

受付の求人の探し方が知りたい!

  • ハローワークや求人誌で探す
  • 受付の仕事に転職したいと思ったら、ハローワークや求人誌で探すのも一つの手段です。ただし、求人件数が少なく基本的には地元の中小企業が多いため、他の媒体と合わせて利用するといいでしょう。

  • 受付業務専門転職サイトなどで探す
  • 受付業務専門転職サイトなら一般企業の受付の求人だけでなく、美容サロン受付、クリニック受付など色々なタイプの受付の仕事を探すことができます。また、それぞれのメリットやデメリットも比較検討しやすいです。どのような業種で受付の仕事が求められているのか知るためにも見ておくといいでしょう。

  • 転職エージェンシーなどに登録する
  • 大手の転職エージェントは、独自のルートで大手企業の求人を持っていることも多いため、転職活動をするなら事前に登録しておくといいでしょう。転職エージェントに登録しておくと無料でキャリアカウンセラーによるカウンセリングのサポートも受けることができます。

    そのため、キャリアの棚卸しや、より優位に転職活動を進めるために必要なスキルや資格を確認することが可能です。チャンスがあればいつでも応募できるよう、準備のために利用するのもいいでしょう。

受付の仕事の向いてる人の特徴とは

人と関わることが好きな人

受付の仕事は一般企業でも百貨店などの商業施設でも、毎日多くの人と出会います。仕事中は常に不特定多数の人と接することになるため、人と関わることが好きな人でないければ続かないでしょう。

礼儀正しく、好感度の高い振る舞いができる人

受付の仕事は企業の規模に関わらず、その企業や店舗の顔になる存在です。そのため、お客様に対して不快な気持ちにさせない、好感度の高い対応が必須です。最低限のビジネスマナーはもちろんのこと、礼儀正しい言葉使いや丁寧な対応が求められます。大手企業になればなるほど、キャビンアテンダントのような高いホスピタリティーも必要になってくるでしょう。

視野が広く、柔軟に対応できる

丁寧な対応はもちろんのこと、迅速な対応も求められます。特に忙しい時期は、受付にたくさんのお客様がいらっしゃるため、なるべくお待たせせずに対応しなければいけません。また、お客さまの来社時間の変更やアポイントメントなしの訪問、飛び込みで営業に来る方などさまざまなお客様がいます。状況を的確に判断し、状況に合わせて柔軟に対応する力が求められます。

年収や待遇とキャリアパスはどうなの?

年収や待遇について

受付の仕事の年収は勤務先にもよりますが、300万円~400万円程度です。もともと残業が多くない仕事のため、残業代で稼ぐのは難しいでしょう。高い給料よりも自分のプライベートの時間を大切にしたい、もしくは受付という仕事が好きな人ならオススメですが、稼ぎたいと思っている人にとってはあまりオススメとは言えません。また派遣社員で勤務する場合は時給1,200円スタートが相場です。

大手企業などの受付であれば基本的に土日祝日が休みですが、百貨店などの商業施設や、美容サロンはシフト制で働きます。もし収入をあげたいと思うのなら、受付としての経験やスキルを磨いて大手企業に転職したり、語学力を磨いて実力主義の外資系企業に転職することでキャリアアップを狙うことも可能です。

受付の仕事のために持っておきたいスキル

  • ビジネスマナーのスキル
  • 企業や店舗の顔になるため、最低限のビジネスマナーは必須です。ビジネスマネーに反した対応をしてしまった場合、お客様に非常識な会社だと思われてしまうこともあります。そのため、ビジネスマナー=社会常識のため正しいビジネスマナーを身につけておく必要があります。

  • wordやExcelなどの事務のスキル
  • 会議室や応接室の管理、社員のスケジュールなどを社内専用のSNSで共有する企業も増えています。またスケジュールの確認や来客数の集計も受付の仕事です。高度なwordやExcelのスキルまでは必要ありませんが、入力などの基本操作ができるようにしておくといいでしょう。

  • 日本語以外の語学
  • 受付にいらっしゃるお客様は、全て日本人とは限りません。特に大手企業や百貨店などの商業施設には、外国のお客様がいらっしゃることもあります。この時に、英語はもちろんのこと中国語など外国語を話すことができれば、仕事の幅が広がります。転職時も、語学力が高ければ外資系企業でも勤務できる可能性があるため、それだけ受付の仕事ができるチャンスが広がります。

持っておくと優位な資格3つ!

  • 秘書検定2級以上
  • 秘書検定では、秘書に必要なビジネスマナーなどが身に付いていなければ資格取得ができません。そのため、秘書検定2級以上の資格を持っているいうことは、正しいビジネスマナーの知識があることの証明になります。また、準1級や1級では面接の試験があるため、より高いレベルのビジネスマナーや接遇のスキルがあると判断され、転職の時などに優位です。

  • TOEICや英検などの英語に関する資格
  • 外国人のお客様が多い職場や外資系企業にチャレンジする時に、語学力を客観的に証明することができるます。

  • 医療事務
  • 総合病院や歯科医院などの受付で仕事をしたいと思うなら、医療事務や歯科医療事務のスキル、民間資格を持っておきましょう。会計業務まで対応ができるため業務の幅が広がり、転職時に優位です。

受付の仕事で身につけることができるスキル

受付の仕事を通じて、高い接遇スキルを身につけることが可能です。毎日いろいろな人と接するため、自然とビジネスマナーや好感度の高い言葉遣い、立ち振る舞いを身につけていくことができます。このようなスキルは他の業界や職種でも歓迎されるため、受付の仕事から他の業種へ転職する人も多いです。

受付の経験を活かして他の業種へ転職できる?

受付の仕事と同じくらい、ビジネスマナーや高いコミュニケーション能力が求められる仕事には、秘書やホテルのコンシェルジュなどが挙げられます。また、受付のキャリアが長ければ企業や専門学校などでビジネスマナーなどの研修講師として活躍することもできます。

受付の仕事は、企業の第一印象を作る重要な仕事

受付の仕事企業や店舗の第一印象を決める大事な仕事です。そのため、どのお客様に対しても常に不快感を与えずに好感度の高い対応が求められます。勤務中は、常にお客様の視線があるため緊張を強いられます。

しかしその分、外見的にも内面的にも自分自身を磨いていくことができる仕事です。人と接することが好きで、内面だけでなく、同時に高いビジネスマナーや美しい立ち振る舞いを身につけたいと思うなら、挑戦してみてはいかがでしょうか?

0