転職にベストな時期はいつ?採用されやすいタイミングを知って後悔しない就職活動を!

Hiroko

転職を考えている人はいつ転職をするべきなのでしょうか。もしも時期を考えるとしたら良い時期はあるのでしょうか。転職しやすい時期についてよく知って、有利な転職ができるようにしましょう。

転職は準備が大切!知っておきたい4つのこと

会社を辞める時にはいつまでに伝えるべき?

転職を考えて現職を辞めることを決めた場合、いつまでに職場に伝えるべきなのでしょうか。民法では辞める2週間前に伝えればいいことになっていますが、会社の規定では1ヶ月前に伝えるように書かれていることが多いようです。辞めるときには会社の規定を確認することが大切です。
仕事を辞めるということは、会社にとって人員が減ることです。今までやっていた仕事の引き継ぎが必要ですし、代わりに人を採用する場合があるかもしれません。それらのことを考えて、早めに伝えることが大事です。

転職活動には時間がかかることを念頭に置く

転職を考え始めたら、転職にかかる時間を考えてスケジュールを立てることが必要です。かかる時間は個人差がありますが、転職を考え始めて内定を獲得するまでに3ヶ月から半年かかります。この期間を考えて、転職する時期をいつからにしたらいいのか、しっかりスケジュールを立てることが重要になってきます。

転職先が決まってから現職を辞めるべし

原則的には転職は仕事をしながらするのがベストです。理由として以下のことが挙げられます。

  • 仕事をしていない期間がないほうが転職に有利である
  • 仕事をしながらの転職なので、収入面の心配がない
  • 社会保険や厚生年金などの手続きがスムーズになる

しかし、仕事をしながらの転職活動にはデメリットもあります。それは転職にかける時間を確保できるかどうかです。仕事をしながら転職をするには書類を作成する時間や面接に行く時間が必要です。仕事が休みの日にできることをするのは当たり前ですが、通勤時間中や出社前、退社後の時間も使いましょう。
休日には応募書類の作成にあてます。応募するのは数社になる場合が多いので、応募する会社に合わせた履歴書や職務経歴書をまとめて作っておきましょう。面接が平日になる場合は有給休暇を取得しましょう。出社前や退社してからできることは、資格の勉強や面接対策、新聞を読むなどの時間にあてましょう。通勤時間では、スマホやタブレットを活用して応募した会社の情報収集にあてられますね。

万が一のことを考えて生活費を貯金しておく

収入面や無職の時期を作らないために、仕事をしながら転職活動をするのが理想です。しかし、現職が忙しく転職をするための時間が取れない、面接のための有給休暇がなかなか取れないという場合は、思い切って退職してから転職に専念することになるでしょう。
前の項でも触れましたが、転職のためには時間がかかります。最低でも3ヶ月は見たほうがいいでしょう。その期間は収入が得られないうということになるので、生活費を貯めてから退職するようにしましょう。転職活動を始めてもすぐに決まるとは限りません。仕事をしていない時期が長引く可能性もあるので、その理由も採用担当者にしっかり説明できるようにしておきましょう。

転職を考える時期はどんなとき?

やりたい仕事が他にある

人が転職を考えるのはどんなときでしょうか。以前からやりたいことがあったが諦めて他の仕事に就いたという場合や、今の仕事をしているときにやりたいことが見つかった、というケースがあるでしょう。やりたいことを実現するために、転職するという場合があります。

転職先の仕事に関する資格を取った

資格を持っていさえすれば転職に有利になるとは限りません。しかし、資格がなければできない仕事があります。もしも、その資格を取得したらそれは大きな武器となります。資格を取る目的も色々だと思いますが、収入アップのためであったり子育てをしながらできる仕事をするためだったりという場合もありますね。

収入に満足していない

今の仕事で得られる収入に満足していないという理由で、もっと収入が増えるように転職をする人もいます。中にはダブルワークを始める人もいますが、自分の時間が確保できませんし体力も使います。また、ダブルワークが禁止という会社もありますので、転職をして一つの仕事でより多くの収入が得られるようにするほうがいいのでしょう。

結婚や出産などの転機

男性が結婚の際に転職を考える場合は、収入を増やすための他に仕事が忙しすぎる、生活のリズムが配偶者と合わないなどの理由があるでしょう。仕事の時間が夕方から朝までで昼間は寝ているような仕事だと、配偶者と過ごす時間が取れません。家族が増えることを考えての転職もあるでしょう。
女性の場合、結婚の際に転職を考えるケースだと、家庭との両立を考えて無理のない時間で仕事ができる職場への転職が挙げられます。朝早く会社へ行き、毎日のように残業している仕事だと、家庭との両立は難しいでしょう。子育てをすることを考えたら短時間勤務の仕事に転職するという人もいます。このように人生の節目で仕事を変える場合もあります。

転職をする時期はいつがおすすめ?

転職をするときは繁忙期を避ける

転職をするにはいい時期というものがあるのでしょうか。まず、控えたほうがいいのは「繁忙期」です。自分が今働いている会社の繁忙期を避けるとのはもちろん、これから応募する会社の繁忙期も避けるほうが望ましいです。
自分の会社では繁忙期に人が抜けるのは申し訳ないからです。辞めるときは、仕事を他の人に引き継ぐ必要がありますが、繁忙期の真っ只中で引き継ぎをするということは難しいでしょう。そして、応募先の会社の繁忙期も避けたほうがいいでしょう。仕事を教えてもらう時に、繁忙期で教育まで手が回らない場合があるからです。

求人募集が多い時期は3月と10月

公益社団法人 全国求人情報協会の調べによると、中途採用の求人広告件数について求人数が多いのは、2月10月だということが分かりました。何年か分のデータを見てみると、中途採用の求人数が増えるのは、2~3月と9~11月です。この時期に求人が増える理由は、

  • 1年または半年ごとの事業計画に基づいた求人が増える
  • 企業の年度末に退職した人の代わりの増員のため
  • 新卒の社員と一緒に研修を行うため

というものが考えられます。この時期の求人は全てが魅力的なものとは限りませんが、求人が増えるということは企業側が早く人を欲しがっていることとなります。自分が望んでいる業種の求人も増えるかもしれません。チャンスと捉えて積極的に活動しましょう。

参考サイト:公益社団法人 全国求人情報協会

転職を希望する時期はボーナス後と年度末が多い

総務省の労働力調査によると、転職を希望する人が多くなる時期は月によって大きな変動はありません。少し増えるのが9~10月2~3月ということが分かります。9~10月は夏のボーナスをもらってから、2~3月は4月の入社に合わせた時期を考えてのことだと思われます。

参考サイト:総務省「労働力調査」

後悔しないために!転職をする時に気をつけるべき3つのこと

自身の年齢を考慮する

転職をするときには自分の年齢を考えることが大切です。業種によっては年齢の幅がだいたい決まっているという場合があります。中途採用の場合は社会人としてのマナーがついていることは必須で、同じ業種への転職の場合は即戦力になる人が採用される可能性が大きいでしょう。

転職前に資格を取るなどスキルを磨いておく

転職をする先の業種によっては資格を持っていることで優遇される場合があります。応募する前に必要な資格は何か、資格が必要でなくても持ってたら仕事がやりやすい、役に立つ資格があるかもしれません。資格を取るということは、その仕事に関する勉強をすることになります。転職してからもその勉強が役立つことがあるかもしれません。転職する前に色々な勉強をしておくことは自分のスキルアップにも繋がりますので、やっておくこといいでしょう。

転職者が増える時期を避ける

転職希望者が増えるということはライバルが増えるということです。そのため、転職活動が大変なものになる可能性があります。その時期にこだわらなければ、時期をずらすのもいいかもしれません。
しかし、あまり気にしすぎず自分がいいと思った時期に活動してもいいでしょう。また、希望する業種によっては繁忙期の時期が違いますので、その時期のリサーチも忘れないようにしましょう。

後悔しないように転職の時期を見極めよう

転職を考え始めたら、どのようにスケジュールを立てるかをしっかり計画します。自分がどうして転職したいかによって、就職活動の内容も変わってくるでしょう。転職に最適な時期はいつがいいのか、はっきりした時期は実はありません。しかし、求人が増える時期や転職者が増える時期をどう捉えて動くかはタイミングよく転職できる鍵を握っているかもしれません。計画的に準備をして、悔いのないようにがんばってください。

0