「仕事を辞めたい…」と本気で悩んだ時に見るべき理由別の対処法!

Kaede

会社員の98.2%が会社を辞めたいと思ったことがある。誰でも一度は会社を辞めていと思ってことがあるのではないでしょうか?転職することは昔に比べると当たり前のことになってきましたが、それでも転職にはリスクが伴います。今回は仕事を辞めたい悩んだ時に最善の選択をするために方法を紹介します。

記事の目次

9割強の人が一度は会社を辞めたいと思ったことがある

会社を辞めたいと思う瞬間は?

誰でも一度は会社を辞めたいと思った瞬間があるのではないでしょうか?あなたは今までどんな瞬間に会社を辞めたいと思いましたか?
typeメンバーズパークが行った「こんな会社辞めてやる!」と思った瞬間のアンケート調査では、以下のような結果がわかりました。

「社会人になってから会社を辞めたいと思ったことがありますか?」という質問に対して、98.2%の方が「はい」と回答しました。会社に勤めている人の10人中9人は一度は会社を辞めたいと思うような経験をしています。もう少し詳しく見ていくと、会社を辞めたいと思った理由は、以下の結果になりました。

1位 人間関係が上手くいかなかった(32.7%)
2位 待遇が不満だった(19.0%)
3位 突発的にショックなことがあった(13.1%)
4位 社風が合わなかった(8.9%)
5位 仕事の内容が合わなかった(6.5%)
6位 他にやりたいことができた(5.4%)
7位 その他(14.3%)

6位の「他にやりたいことができた」以外はネガティヴな理由です。また、会社をこれらの理由で辞めたいと思った人の56.7%の人が実際に会社を辞め、転職をしています。しかし、その反対に会社を辞めずに我慢して働き続けるという選択をした人もいます。
会社を辞めたいと思うような経験はどんな人でも起こり得ます。このような経験をした時に、ベストな選択をするためにはどのように行動したら良いか一緒に考えていきましょう。

会社を辞めたいと思った時にまず最初に考える事

会社を辞めたいと思った瞬間は、感情的になっていて冷静な判断ができない状態にある可能性が高いです。そのため、一晩もしくは、数日時間を置いてから仕事を辞めるべきか、それとも会社に残るべきか考えましょう。

会社を辞めたい本当の理由は?

まず本当に会社を辞めたい理由が何か具体的にしましょう。たまたま今起こった出来事が理由で会社を辞めたいと思ったのでしょうか?もしかしたら、それは単なるきっかけにすぎず本当は別に理由があるかもしれません。なんとなく会社に行きたくない、仕事を辞めたいと思っている状態で会社に行く生活は、あなたにストレスを与えるだけで、何も解決しません。
そこでまずは、会社を辞めたいと思う理由を書き出していき、本当に会社を辞めたい理由を見つけ出しましょう。

どのくらい辞めたいのか冷静に分析する

会社を辞めたいと思う理由を書き出した後は、一つ一つの理由に対してどのくらい会社を辞めたいと思っているのか点数をつけてましょう。10段階評価をして、どのくらい会社を辞めたいのか自分で点数化して目に見える状態にします。そうすることで客観的に自分の状態を把握することができます

辞めないですむ方法はないのか?

会社を辞めたいと思った理由に点数をつけたら、各項目に仕事を辞める以外に解決策があるか分析していきましょう。

例えば、残業がや休日出勤が多くてプライベートの時間が取れないことが会社を辞めたい理由の一つだったとします。この時に、どのような状態になれば会社を辞めたいと思わない状況になるかを具体的に考えます。例として、残業は週7時間まで、終電までには帰る、もしくは残業はしても休日出勤はしないなど、具体的に考えていきましょう。
次に今の職場でもその状況になるのは可能か、それとも不可能か考えていきます。このように仕事を辞めたいと思う理由を分析することで、会社を辞める必要が本当にあるのかを冷静に見極めることができます。

仕事を辞めれない理由は?

仕事を辞めようと思っても、実際に行動に移せない人もいます。会社を辞めようと思っても、お金のことだったり、次の就職先が見つからないのではという理由から、転職を諦めてしまうのです。
この時にただ頭の中で考えているだけだと、本当に辞めれらない理由なのか、解決策がないのか、と客観的に考えることが難しいでしょう。なので、まずは仕事辞めれない理由を書き出していきましょう。そしてそれらの問題はすぐに解決できるものか、それとも時間があれば解決できるものかシミュレーションしましょう。

仕事を辞めたい時の3つの解決策

仕事を辞めたいと思った時に、できる解決策を紹介します。

  • 会社を辞め、転職する
  • 会社を辞めて新しい仕事に転職するのも一つの方法です。ただし、新しい職場へ転職したからといって必ず仕事を辞めたいと思った問題が解決するとは限りません。特に人間関係が原因で会社を辞めた場合、また同じような環境になり、人間関係で悩むこともありえます。新しい職場で別の理由で会社を辞めたいと思う可能性もあります。

  • 社内で異動を申し出る
  • 部署を移動することで解決できるケースもあります。例えば、残業の多い部署から比較的残業が少ない部署へ異動を申し出ることで解決することも可能です。また、営業の仕事が合わずストレスを感じ仕事を辞めたいと思っているなら、思い切って違う職種へ転換することで仕事を辞めずに解決します。

  • 辞めずに働き続ける
  • 待遇や収入に不満がある場合、今すぐ辞めるのは得策ではないこともあります。今の仕事を続けながら資格取得など転職の準備をしてから辞めた方がいいケースもあります。一時的に感情的になっているだけで、深刻な状況でないのかもしれません。辞めずに働き続けるのも一つの解決策と言えます。

人間関係が原因で会社を辞めたいと思った時は?

人間関係の問題は転職で改善するとは限らない

会社を辞めたいと思う理由の上位に常にランキングするのが「人間関係の悩み」です。人間関係の悩みは転職して新しい職場にいったとしても、そこで新しい人間関係が生まれるため同じ理由で悩んでしまい、また辞めたいと思うケースもあります。
そのため、人間関係で会社を辞めたいと思った場合は、原因を見極めて解決しておく必要があります。例えば社内の人間関係が悪くなった原因が自分にあるのなら、その原因を解決しなければ新しい職場でも同じよに悩むでしょう。人間関係が理由で辞めたいと思った時に、その原因が自分にないか省みる必要があります。

会社を辞めると決める前にできる3つの解決策

  • 身近な人に相談してみる
  • 人間関係が理由で辞めたいと思った場合、まずは信頼できる同僚や上司に相談してみましょう。もしかしたら話をするでだけでスッキリして、会社を辞めたいと思う気持ちがなくなるかもしれません。また、相談相手はあなたと同じ悩みを昔は持っていて、解決した経験を持っているかもしれません。人間関係の悩みはどうしても感情的になってしまうため、冷静になるためにもまずは身近な人に相談してみましょう。

  • 自分の相手に対する意識を変える
  • 特定の相手に対してストレスを感じているなら、その相手に対する意識を変えてみましょう。厳しすぎる上司に対してストレスを感じているなら、上司の立場になって考えてみましょう。そうすることで、相手にストレスを感じることが少なくなっていく可能性があります。

  • セクハラやパワハラに該当するなら人事部などに相談する
  • 明らかにセクハラやパワハラに該当するケースなら、きちんとして手続きをして人事部などしかるべき部署に相談しましょう。もしかしたら社内に同じように悩んで相談している人もいるかもしれません。また、第三者が介入することで改善されるケースもあります。

どうしても会社を辞めた方がいいケース

  • セクハラやパワハラが改善されない
  • 人間関係が理由での転職は、転職したところで解決できないケースもあるとお伝えしました。しかし、セクハラやパワハラで人事部などしかるべき部署に相談しても何も解決しない場合は退職を考えましょう。我慢しすぎることで状況が悪化してしまうことも考えられます。また、そのままにしておくと心に大きな傷を残してしまいます。

  • 精神的に追いつめられている
  • 職場の人間関係で精神的に追い詰められている状態なら、仕事を辞めましょう。夜眠れないようになったり、体に何かしら異変が現れる状況ならば、心も体も我慢の限界に達しています。トラウマになってしまう前に、自分を守るためにも早めに行動しましょう。

給与や待遇に対する不満で辞めたいと思った時は?

具体的に何が不満なのかを明確にする

給与や待遇に不満を感じて仕事を辞めたいなら、まずは何に対して不満なのか明確にします。給与が少なくて不満なのか?給与は満足しているけど、ほとんど休みが取れないことに対して不満なのか、給与や待遇と一口でいっても人によって不満に感じるところは異なります。具体的に不満に感じている点を、まずは自分自身でしっかりと把握しましょう。

転職すれば改善されるのかシミュレーションする

不満に感じる部分がはっきりしたら、今の自分のスキルや経験で転職した場合、その不満が解消することができるのか具体的に考えます。

  • 転職サイトなどで求人情報をみる
  • 実際に転職活動をするつもりで、求人サイトを見てみましょう。自分の理想の条件にあう求人はどのようなものがあるのか事前にリサーチしてみましょう。

  • 転職エージェントなどに登録して自分の市場価値を知る
  • 客観的に自分の市場価値を知りましょう。転職エージェントに登録すれば、自分の市場価値がどのくらいあるのか知ることができます。また、今のスキルや経験で本当に自分の希望の給与や待遇を手に入れることができるのかわかります。この時に今は難しくても、どのくらい経験を積んだり、もしくは資格を取得したりすることで将来的に実現可能か合わせて確認しましょう。

  • 仕事を続けながらキャリアアップのために勉強を始める
  • 希望する給与や待遇の会社への転職が難しくても、諦める必要はありません。キャリアアップのために、会社に勤めながら資格取得などの目標を決めて準備をはじめましょう。

仕事内容が合わないと思って辞めたいと思った時は?

今の仕事内容の何が合わないのか?具体的にする

今の仕事が合わないという理由で会社を辞めたいと思った時は、仕事内容のどの点に対して合わないと感じているのか具体的にしましょう。仕事に対して面白くない、やる気が出ないと感じているから辞めたいとを思っているのでしょうか?それとも自分のやりたい仕事でない仕事ばかり振られるからか、毎日仕事が単純作業で自分に合わないからなど理由は人によって異なります。仕事が合わない理由がはっきりすれば、もしかしたら会社を辞めずに配属先を変更してもらうことで解決できるかもしれません。

自分のやりたい仕事は何か?自己分析する

今の仕事が合わない、もしくはやりたくない仕事なら、あなたのやりたい仕事とはどのようなことなのでしょうか?どの仕事に就くことができれば、毎日仕事を面白いと思い、モチベーションを保つことができるのでしょうか?今の仕事が合わないと思って仕事を辞めるのであれば、転職に向けて自己分析し、自分のやりたい仕事は何かを明確にしましょう。

自分のやりたい仕事をするために会社を辞める覚悟はあるか確認する

最後は自分のやりたい仕事をするために、今の仕事を辞める覚悟があるのか、自分に聞いてみましょう。仮に今よりも年収が下がり、残業続きで忙しくなったり、給与面や待遇が今の会社よりも悪くなってしまうとしても、本当にその仕事をやりたいと思いますか?
転職することは、悪いことではありません。しかし、自分のやりたい仕事ではないという理由で次々転職を繰り返していると、着実にキャリアを積み上げていくことができません。そのため、年齢を重ねるごとに不利になるでしょう。このように無駄に転職を繰り返すことにならないために、本当にやりたい仕事なのか、覚悟があるのか確認しましょう。

社風が合わないので辞めたいと思った時は

どんな時に社風が合わないと感じるのか?

社風が合わないと感じる時はどんな時でしょうか?社風とは、一言で言うとその会社の文化や雰囲気のことです。例えば、上司や先輩に相談しやすく、フランクな雰囲気の会社もあれば、反対に体育会系の会社もあります。特に転職の場合は転職前の会社では当たり前だったことが、転職すると当たり前でなかったりと社風の違いを感じます転職先の社風が合っていなければ、ストレスを感じ辞めたい思うこともあるでしょう。

どんな社風なら合うのかを明確にする

もし社風が合わず仕事を辞めたいと考えるなら、どのような社風なら合うのか、もしくはストレスを感じてしまうのはどんな社風かはっきりさせましょう。そうすることで転職活動に生かすことができます。

社風の合わない会社で働き続けるデメリット

  • 仕事に行くことがストレスになる
  • 社風が合わないということは価値観の違う人たちと常に仕事をすることです。そのため、自分の意見が理解してもらえなかったりと、ストレスを感じることも多いでしょう。また、就業時間が過ぎても上司より早く帰れない社風がある場合、自分の仕事が終わっても帰ることができず、ストレスを感じる人もいます。

  • 評価されづらい
  • 社風が合わないということは、上司からのあなたの評価に影響を与えます。会社の評価は売上や納期などの数字だけでなく、上司からの評価によって総合的に決まります。社風に合っていなければ上司からの印象が悪くなる傾向が高いため、いくら数字で結果を出していても評価されづらい可能性があります。

働き続けても適応できないなら転職を考えよう

働き続けることで徐々に社風が合う可能性があれば別ですが、どうしても合わないのなら転職を考えましょう。知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまい、その結果、あなたの本来持っている能力や才能を発揮できず成果を残せないのなら、あなたにとっても会社にとっても不幸です。

あなたにとっての最善の決断をしよう

社会人なら一度は会社を辞めたいと思った経験を持っています。仕事を辞めたいと思った時に、辞めて転職するのも、我慢して働き続けることも選ぶのはあなたの自由です。だからこそ一時的な感情で誤った選択をしないためにも、客観的に自己分析し、その上であなたにとっての最善の決断をしましょう。

0