チャイルドシート義務は何歳まで?退院や抱っこは免除される?

チャイルドシート義務は何歳まで?退院や抱っこは免除される?

ホプラス編集部

車にこどもを乗せるときにはチャイルドシートの装着が義務づけられています。でもチャイルドシートって何歳まで必要なの?退院したばかりの新生児にも必要?大人が抱っこして乗れば免除されるの?チャイルドシートが義務付けられているのは知っているけど、こんな時どうすればいいの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。意外と知らないチャイルドシートの疑問にお答えします!

チャイルドシートの装着義務は何歳まで?

チャイルドシートは何歳まで装着しなければならないのでしょうか?チャイルドシートは6歳未満の子供に対して装着が義務づけられています。なので6歳からはチャイルドシートではなくシートベルトを装着しましょう。

しかし、車の大人用のシートベルトは身長140cm以上の体型の安全を守るよう設計されているため、6歳以上でも身長が140cm以下であれば安全のためにチャイルドシートを装着しましょう!ただし、6歳未満だけど身長が140cm以上あるという場合はチャイルドシート未使用ではいけません!

かならず装着しましょう。

チャイルドシートは退院の日や抱っこしていれば免除される?

退院したばかりの新生児はとてもちっちゃいですよね!こんなちっちゃい赤ちゃんでもチャイルドシートは必要なんでしょうか?

お母さんが抱っこしていれば安全?答えは「新生児でもチャイルドシートは必ず必要」です。お母さんの抱っこでは事故のときに衝撃で体がすり抜けたりして危険です!チャイルドシートには新生児から使用できるものもあるので必ず装着しましょう。

ちっちゃい体でもちゃんとしっかり固定できます。ちなみに新生児用のチャイルドシートは後部座席に後ろ向きに固定して使います。エアバッグが装着されている助手席での使用はたいへん危険なので必ず後部座席に装着しましょう。

ジュニアシートの使用は何歳から?義務ではない?

子供を安全に車にのせるためのチャイルドシートですが、すこし大きくなったこども用のものをジュニアシートと呼んだりします。

ではジュニアシートは何歳から使用するのでしょうか?一般的なジュニアシートは3~4歳以降の対応となっています。赤ちゃんの時に使っていたチャイルドシートが窮屈になってきて、ハーネスがとまりにくくなってくるころですね。

チャイルドシートは身長が100cm以下に適応するように作られているものが多いので身長が100cmを超えたらジュニアシートに移行してもいいかもしれません。それにおおきくなってきたこどもは、体を5カ所も固定されるチャイルドシートを嫌がってきますよね。

ジュニアシートはチャイルドシートとはちがって、車の座席、背もたれのところやお尻の下にシートを置くかたちになります。ベルトはジュニアシート自体にはついておらず、車に備え付けられている3点式のシートベルトを使用します。大人用のシートベルトを使うための補助装置というかたちですね。こどもにも「安全のために車にのるときは必ずジュニアシートが必要」とわかりやすく説明し、こどもが自発的にシートをつけるように躾をしましょう。ちゃんと理由を理解すれば、こどもも納得しておとなしくシートをつけるようになりますよ。

チャイルドシートは体格や年齢を目安に使い分けることで安全性を発揮します。間違った使用法では事故の際に体を守れません。逆により衝撃をうけてしまうこともあります!

車に乗るときは常に、こどもの体とチャイルドシートが合っているかを確認するようにこころがけるようにしてくださいね。
大切な家族を守るチャイルドシート、きちんと理解して正しい装着をこころがけましょう。

0