妊娠・子育て

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?持ち物もチェック!

赤ちゃんを連れてのテーマパーク、早く行ってみたいけど、なにかと不安もつきものですよね。でも、ディズニーランド・ディズニーシーなら赤ちゃん連れでも安心なサービスやアトラクションが充実しているからテーマパークデビューにもおすすめなんです。気をつけておくところや持ち物などをしっかり予習して、ママも赤ちゃんも思いっきり楽しみましょう。

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?持ち物もチェック!

2015年06月02日更新

  • fb
  • line

赤ちゃんと一緒にディズニーに行けるのはいつから?

1歳の誕生日の記念にディズニーデビューしたという方や、上の子と一緒に1歳前に連れていったという方など、意外とみなさん、赤ちゃんのうちから連れて行っているようです。1、2歳になるとどんどん動きまわるので、抱っこひもやベビーカーにおりこうに乗っていてくれる赤ちゃんのうちがママも動きやすいという意見も多いです。

赤ちゃんとディズニーに行くときの注意点

赤ちゃんの様子を常に気にかけて、決して無理はしないことが大切です。あまり長時間連れて回ると赤ちゃんが疲れてしまい、帰ってから夜泣きをしたり、リズムが狂ったりしてしまう可能性もあります。そこで、遊ぶエリアを絞ったり、乗りたいアトラクションを決めておくなどの事前準備をしておきましょう。

ディズニーのホームページですべてのアトラクション情報が見られるので、そこに「対象:赤ちゃんと一緒」という記載があればOK。「意外とこれも赤ちゃんと乗れるんだ!」というのが見つかるかもしれません。ぜひチェックを!いずれにしても、大人にとっては少し物足りないぐらいで切り上げるのが赤ちゃんにはベストです。

赤ちゃん連れの強い味方!ベビーセンターってどんな場所?

赤ちゃん連れで常に心配なのはおむつとミルクですよね。そんなときはワールドバザールにあるベビーセンターに行きましょう。おむつの交換や授乳はもちろん、ミルク用のお湯や電子レンジなどを無料で利用できるほか、粉ミルクや紙おむつ、ベビーフード、ベビーカー用レインカバーなども販売されています。

ちなみに、おむつ交換だけならパーク内のすべての女性用トイレと、一部の男性用トイレで行うことができます。また、園内でベビーカーをレンタルすることもできます。

赤ちゃんと一緒に楽しむならココがおすすめ!

赤ちゃん連れなら、小さなお子さん連れに人気のファンタジーランドやトゥーンタウンがおすすめです。特に、トゥーンタウンはキャラクターとの遭遇率も高く、タウン内を歩くだけでも素敵な写真がたくさん撮れそう。

エリア内をゆっくり走るジョリートロリーなどのアトラクションもおすすめです。かわいい動物たちがいっぱいのトゥーンパークは、地面がふわふわなので転んでも大丈夫。安心してハイハイの赤ちゃんを遊ばせることもできます。

赤ちゃんとディズニーに行くときに必携の持ち物

当日、何が起こっても対処できるよう、普段のマザーズバッグの中身よりもちょっと多めが鉄則です。最低限持っていきたいものをリストアップしました。

  • おむつ
  • ミルクや離乳食
  • 急な気温の変化にも対応できるようなバスタオルや上着、着替え
  • 日よけになるもの、帽子、日焼け止め、保冷材(夏の場合)
  • 赤ちゃんを寝かせられる少し厚めのレジャーシート
  • 抱っこひも
  • ベビーカー
  • 母子手帳
  • 健康保険証
  • 発熱に対応できる子ども用の冷却シート

荷物が多いので、抱っこひもとベビーカーを両方持っていくべきか迷うところですが、ぜひ持って行きましょう。ベビーカーは赤ちゃんが寝てしまった時に寝かせられますし、荷物置きにもなります。ずっと抱っこだと、ママやパパがしんどくなってしまいますよ。おむつやベビーフードなども、いざというときはベビーセンターで購入できますが、最低限は持っていったほうが安心ですね。

しっかり予習&持ち物準備をバッチリして、赤ちゃんとの楽しい思い出をたくさんつくりましょう。あなたと赤ちゃんにとって、最高のディズニーデビューになることを祈っています。

  • 関連するキーワード