WEBディレクターは業界に欠かせない存在!向いている人の特徴と必要とされるスキルとは

私たちが、普段の生活で頼りにして使っているインターネット。そんなインターネットを、数多くのwebサイトを扱っている会社があります。この会社のことをwebマーケティング会社と呼んでいます。その中の職種に「webディレクター」があります。今回はそのwebサイトの制作や編集に携るwebディレクターの仕事内容や、目指す上で必要とされるスキルについて紹介します。

webディレクターとは

webマーケティングには欠かせない存在

ディレクターとは、「司令塔」「監督」という意味になります。主にコンテンツの制作や編集など、プロジェクトに関わるスタッフ達を引っ張っていく立場となります。プロジェクトを進めていくのに当たって、必要不可欠な司令塔がwebディレクターなのです。また、司令塔という立場ということもあり、適切な指示ができるマーケティング関連の知識が必要とされる職業でもあります。

webサイトを手がけるまとめ役

マーケティング業界に欠かせないwebディレクターは、ある仕事におけるプロジェクトの制作を進めていくにあたって、必要なまとめ役でもあります。仕事内容は、制作する際の企画の提案や編集などです。webライターは記事を担当し、webデザイナーはサイト作りや画像選定などを担当します。その中でwebデザイナーは、多岐に渡って幅広くプロジェクトをこなしていきます。組織の中立的な立ち位置で、制作に関わるスタッフ達をサポートしながら自分の仕事も同時にこなします。

クライアントとの橋渡しになる

webサイトを運営をしているwebマーケティング会社は、他社のリスティング広告などを扱うなどクライアント先との付き合いが多くあります。仕事上の付き合いの中でクライアントの意図が読めなかったり、考え方が理解できなかったりと、交渉が思うように進まないという問題が起きることもあります。

しかし、交渉力のある人や外部のクライアントが扱う事業に詳しい人がいれば、交渉が上手くいきやすく理想的なプロジェクトが完成します。webディレクターは、内部のスタッフ達とのコミュニケーション能力だけではなく、外部との円滑な橋渡しができるような存在であることが望ましいでしょう。

webディレクターの気になる仕事内容

コンテンツの編集・企画

あなたも一度は見たことがあるwebサイトの記事やタイトル、画像など、これらのコンテンツの編集や企画を行なったりするのが、マーケティング業界の仕事内容です。その中でもwebディレクターは、主に企画の提案や編集を行なっています。読み手に見やすくて分かりやすいコンテンツに編集していくことも仕事の一つです。

スケジュール管理

誰しも仕事をする上で、欠かせないのはスケジュール管理です。webディレクターは、自分だけのスケジュール表だけではなく、プロジェクト全般に関わるスケジュールを管理するのも仕事の一つです。特に、クライアント先からの案件を受け渡しする時の納期は必ず守らなければなりません。期日を逆算した上で、制作に関わるスタッフ達へ適切な指示をする必要があります。

また、案件は一つとは限らず、複数同時に進行することも考えられます。プロジェクトの優先順位を理解した上で、効率的な制作を行うためには、このスケジュール管理が欠かせないのです。

取材や撮影

これはwebディレクターだけではなく、制作に関わる人にも当てはまることですが、マーケティングにおいては取材や撮影のプロジェクトがあります。例えば、ある事業において輝かしい業績や実績を収めた人にインタビューをします。社内以外の異業種の人達との関わりも持つことから、他社を尊重する気持ちや円滑なコミュニケーション能力も求められるのです。中立的な立場において、自社とクライアントをどのようにコネクトさせていくのか、真剣に考えていきます。

webディレクターの年収はどのくらい?

会社や規模によって異なるため一概には言えませんが、厚生労働省が発表する賃金統計基本調査の結果を参考にしたサイト、平均年収.jpによると、女性webディレクターの年収は390万円となり、月額で24万円程となっています。この水準は全国の働く女性の平均年収を上回り、とてもやりがいのある職種と言えるでしょう。そしてスキルが高ければ高い程、仕事も出世もしやすい傾向があります。仕事への熱意が高い人は、その分の頑張りが給与に反映されることがあるため、収入を上げやすい職場環境となるでしょう。また、フリーランスとして働く人が多く、主婦の方でも在宅で収入を得ることができるとして人気が高いです。

webディレクターに向いている人の特徴とは

リーダーシップを発揮できる人

プロジェクトが進む中で、webマーケティングのまとめ役であるwebディレクターは、リーダーシップも求められます。webサイトに投稿する記事の編集や企画の提案と、一連のプロジェクトの流れをしっかり最後まで締められるかどうかもポイントです。また、制作に関わった人達全員と、目標を成し遂げるためのマネジメントスキルやコミュニケーション能力も必要とされます。

問題解決能力が高い人

プロジェクトを進めていく中で、突然のアクシデントが起こることを想定しておかなければなりません。クライアントから任されている案件が納期まで間に合わなくなりそうだったり、コンテンツに対する魅力的な言葉が思いつかなかったりなど、ピンチになる場面もあるでしょう。ピンチの時にこそ、冷静に問題解決に向けた提案ができる能力も必要です。逆境に強くなるということ、何かあった際の責任を担うということなど、さまざまな覚悟も必要とされます。

アンテナを張れる人

webサイトに訪れてくれるお客さんにとって、価値ある情報をお届けするためには、常に新しい情報へアンテナを張る必要があります。手がけるwebサイトのカテゴリーに沿った新しい情報や、知識を理解した上で制作に取り組むことは、お客さんが知りたい情報をお届けすることに繋がります。求められているものを知ることによって、より多くのお客さんがwebサイトに訪れてくれるきっかけや収益をもたらすことができるのです。

webディレクターを目指すにはどうすればいいの?

未経験でも可能なの?

web業界の司令塔という立ち位置であることから、知識が必要とされます。しかし、未経験の人でも仕事に携ることができます。会社によっては、経験者だけではなく未経験者を大歓迎してくれるところがありますので、応募の際は意気込みや熱意を面接官に伝えることができれば採用に繋がりやすくなるでしょう。また、webディレクターになる上でスキル以外の観点で求められるものは、職場のスタッフ達との円滑な人間関係やコミュニケーション能力になります。人間性をアピールできるかどうかも、採用の鍵を握るポイントです。

資格は必要?

会社によっては、特定の資格を持っていた方が採用されやすいこともありますが、資格がなくても仕事はできます。特別な学歴も不要で、多種多様なwebディレクターがwebマーケティング業界を牽引しているのが現状です。しかし、パソコンのスキルがあった方が望ましいでしょう。webディレクターになってから活かせる資格は、「webリテラシー」や「webディレクション」などです。知識を積んでからの方が良いと思う人は、資格の取得に挑戦することをおすすめします。

転職するには?

もし、これまでにマーケティング関連で実績を残しているのであれば、採用に有利になる可能性があります。履歴書や面接でしっかりアピールするようにしましょう。人とのコミュニケーション能力も大事にされますので、未経験者であっても十分に採用へと繋がる可能性があるでしょう。

webディレクターの求人

最近のwebマーケティング業界では、webディレクターが必要とされている場面が増え、年間を通して常に求人を出しているところが多いです。特にwebマーケティング業界は、女性が多く活躍している職場ということもあり、スキルさえあれば男性よりも採用してもらいやすくなる可能性があります。

スタッフ同士での円滑なやり取りが求められるwebディレクターは、コミュニケーション能力が高く、気配りができる女性が必要とされる業界なのです。しかし、マーケティングコンテンツを扱っていなかったり、得意とするジャンルのwebサイトを扱っていなかったりすることも考えられますので、しっかり募集要項を確認し応募するようにしましょう。

webディレクターに必要なスキルとは?

マネジメントができるスキル

マネジメントとは、管理能力のことを指します。マーケティング業界では、定められた人員や予算、時間などを管理することになります。プロジェクトの企画では、目標を成し遂げるために予定の逆算をしながら物事を進めていかなければなりません。企画を考えるときは、実現可能な範囲を知っておくと制作に関わるスタッフ達に負担をかけず、円滑なプロジェクトを進めることができます。

自分から提案することができるスキル

制作の進行にあたりまとめ役であるwebディレクターが指示待ちでは、プロジェクトが完成しません。案件を提案できなければ会社の利益にも関わり、チームワークが崩れることにも繋がります。企画の制作を進めている段階で、自分の提案や意見があった際は積極的に発言をしたり、説明したりする姿勢も大切なのです。

うまく説明をするスキル

複数の案件が同時に進む中で仕事の効率化を求めることも大事ですが、制作に関わる人に対して上手く状況説明できるスキルも重要です。案件の受け渡しの際に食い違いが起きてしまえば、そのプロジェクトが完了しないまま終わってしまうケースが考えられます。プロジェクトの遂行を遅らせないためにも、適切で分かりやすい説明ができる人は、webディレクターに向いているでしょう。

やりがいを見つけられるwebディレクターの仕事

マーケティング業界に必要な司令塔を任されるのが、webディレクターの仕事です。職場内における中立的な立ち位置で、スタッフのサポートや業務進行を任せられることから、総合力が必要とされます。特に未経験でwebディレクターを目指す人は、求められることを理解した上で面接を受けるいいでしょう。企画を組立て完成させることができるポジションであるため、達成感を味わえる魅力があります。採用後は、しっかり責任を持ち仕事をするように心掛けましょう。

1+