【ロングヘアアレンジ】仕事がデキる女性に見える!簡単だけどお洒落で大人っぽいアレンジ集

Kaede

オフィスで浮かない髪型にしたいけど、朝は忙しくて凝ったアレンジをするには時間がないし、だからと言ってあまりに適当だと女子力が疑われてしまう。そもそもオフィスってどんな髪型が適しているのかもよくわからない。そんなあなたに、忙しい朝でも簡単にできて、さらにオフィスでも浮かないロングヘアヘアアレンジのやり方を紹介していきます。

オフィスでも浮かない!ロングヘアアレンジの際に知っておきたいマナー

オフィスではさまざまな年代のさまざまな考えを持った人が働いています。そのため、あまりにもオフィスで浮いてしまうヘアアレンジは人から反感を買ってしまったり、不快感を与えてしまうことも。そうなってしまえば、オフィスでの居心地が悪くなってしまうのはあなたです。そうならないために、オフィスでのヘアアレンジの際のマナーを知っておきましょう。

人の第一印象は見た目!オフィスで身だしなみを気を付ける理由

メラビアンの法則というものを知っていますか?メラビアンの法則とは、人が話している時、内容そのものは7%ほどしか伝わっていなくて、声の抑揚であったりテンポなどの音の情報も含めた見た目などの印象が実は9割も占めているといったものです。実は、その中でもヘアスタイルの印象は7割を占めていると言われています。

そのため、人間関係を築いていかなければならない社会人にとって、ヘアスタイルというのは非常に重要なものだと言えるのです。ヘアスタイル一つで、『仕事ができそうな印象』になったり、『相談しやすそうなおおらかな印象』になったり、そうでありたい自分に合わせたヘアスタイルがオフィスでのあなたの位置づけを変えるきっかけになるのです。

プライベートとは違う!オフィスでのロングヘアアレンジのマナー

オフィスで好印象を持たれるヘアスタイルは、プライベートで好印象を持たれるヘアスタイルとは違います。プライベートでは、自分には真似ができないかわいいヘアスタイルをしていたり、おしゃれでつい目を奪われてしまうようなヘアスタイルをしている人に好印象を抱く傾向にあります。ファッションモデルの人に憧れを抱いた経験、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

しかし、オフィスでは仕事をする上でのマナーを重視したヘアスタイルが印象を決める上で最も重要になってきます。いくらおしゃれであっても、仕事上のモラルにかけるヘアスタイルは悪印象を与えてしまうことになるのです。そこで、オフィスでのロングヘアアレンジのマナーをしっかりと心得ておきましょう。オフィスでのロングヘアアレンジのマナーは次のようなものになります。

  • 清潔感のあるヘアスタイルにする
  • ボサボサのヘアスタイルで、伸びた髪の毛が口に入るのを払いながら仕事をしている人はいませんか?いくら仕事を頑張っていても、このように清潔感のない髪の毛では『身だしなみに手を抜く人だから、仕事にも手を抜きそう』という印象を与えてしまいかねません。それに、同じオフィスで働く人もいい気持ちはしないでしょう。きちんと手入れしているのか不安になってしまうようなヘアスタイルではなく、ある程度清潔感があるようなヘアスタイルを心がけなくてはいけません。

  • 仕事がしやすいヘアスタイルにする
  • 動くたびに邪魔になるヘアスタイルでは、仕事に集中することができません。ロングヘアの場合、どこかに引っ掛けてしまったり、何かに入ってしまったりと様々なトラブルにつながりかねないので多少なりとも気にしながら業務を行うことになってしまいます。
    また、いくらおしゃれでも「それって仕事の邪魔にならない?」と思わるようなヘアスタイルは「仕事のやる気あるの?」と勘違いされてしまうので気を付けなければなりません。視界を遮らないヘアスタイルにするのはもちろん、どんな動きをしても邪魔にならないような髪型を心がけましょう。

  • 落ち着いたヘアスタイルを心がける
  • オフィスでは仕事仲間だけではなく、ほかの会社からの来客などもあります。そのため、あまりにも悪目立ちをするような髪型だと、会社自体の印象が悪くなってしまうこともあります。どのような人に見られても恥ずかしくない、社会人らしい節度のある落ち着いた髪型を心がけましょう。

  • 幅広い年齢層に対応できる髪型を
  • 会社にはさまざまな年代の人が働いています。また、会社を訪れる来客の年齢層もさまざまです。そのため、オフィスでのヘアスタイルはそういった幅広い年齢層に対応できるものでなければなりません。どの年代でも不快感を与えない、常識のある髪型を心がけましょう。

  • ヘアアクセサリーは控えめに
  • 大きなピンク色のリボンであったり、ジャラジャラと色々なものがついたヘアアクセサリーはオフィスには適しません。好みは十人十色ですが、会社は仕事をしに来ているのであって、ファッションを見せびらかす場所ではありません。場合によっては、仕事とプライベートの区別がつかない人間なのだと思われてしまいます。
    そのようなことにならないためにも、オフィスにヘアアクセサリーをしていく場合は、控えめでシンプルな物を選びましょう。

  • 整髪料はきつすぎない香りを選ぶ
  • 普段働いているとわかるように、オフィスの中の空気は意外とこもりがちです。そのため、きつすぎる整髪料の香りはすぐにオフィス内に充満します。その香りが好きな人ならまだ良いのですが、苦手な人の場合、酷い時には気持ち悪くなってしまうこともあります。
    最近では、スメルハラスメントという言葉もよく耳にするようになり、社会問題の一つになりつつあります。オフィスにつけていく整髪料を選ぶ場合は、故意的に行っていることではないにしろ、人を不快にさせてしまう可能性があることをよく理解し、きつすぎない香りを選ぶことが大切です。

あなたの髪型見られています!職場でのマナー違反のヘアスタイルに対する声

サンケイリビング新聞社が『職場の人のヘアスタイルで“それはナイ!”と思うことがある?』という調査を行ったところ、“ある”と答えた人が86%にもなることがわかりました。

このことからもわかるように、マナー違反のヘアスタイルというのはしっかりと目に入ってくるということがわかります。マナー違反のヘアスタイルに対する声にはこのようなものがあります。

  • 派手なミュージシャンのような髪型をしてきた新人がいて、注意したいが「セクハラになるかも…」と誰も注意できない。
  • 「お風呂上りか?」というくらい雑な髪型をしてくる人がいる。
  • ロングのパーマ髪に前髪だけピンでとめているけど、髪の毛がバサーっとなって汚く見える。
  • 出典:サンケイリビング新聞社


このように、「みんな忙しそうに仕事しているからどうせヘアスタイルなんて見られていない」という考えは大きな間違いです。最低限のマナーは守り、気持ちの良いオフィスにしましょう。

忙しい朝でも簡単!オフィスで浮かないおすすめロングヘアアレンジ

[1]において、オフィスでのヘアスタイルは、きちんとマナーを考えることが大切だということが分かりました。では、これらのマナーを踏まえた上で、オフィスのおすすめロングヘアアレンジをご紹介していきます。忙しい朝でも簡単にできるのもばかりをピックアップしてます。ぜひ試してみてください。

位置で印象が変わる簡単ロングヘアアレンジ「ポニーテール」

オフィスのロングヘアアレンジの中でも最も簡単にできる代表的なヘアアレンジが、こちらのポニーテールです。カッチリと固めすぎずに手ぐしでまとめ、トップの部分にボリューム感を出すだけでかたい印象になりすぎません。ヘアアクセサリーでワンポイントを付けるとぐっとおしゃれな印象になります。それだけではなく、結ぶ高さによっても印象を変えられるところがおすすめです。落ち着いた大人っぽい印象にしたいのなら低めのポニーテールに。やる気のある快活な印象を与えたいのなら高めのポニーテールがおすすめです。

ボリュームスッキリ簡単ロングヘアアレンジ「ハーフアップ」

ハーフアップもポニーテールに続き簡単にできるヘアアレンジの一つです。ロングヘアの魅力も残しつつ、顔周りをスッキリさせることができるのでオフィスに適した髪型です。画像のようにロープ編みをしたり、少しねじりながらまとめることで、単に結んだだけの時よりぐっとおしゃれな印象になります。

おくれ毛が色っぽいロングヘアアレンジ「お団子ヘア」

襟足をスッキリさせ、動きやすさをアップさせたいのならお団子ヘアがおすすめです。緩めのお団子ヘアなら幼い印象が抑えられ、おくれ毛を残すことで女性らしい色っぽさも演出できます。ピアスやイヤリングを際立たせる髪型でもあります。こちらもポニーテールの時同様、高さによって印象が変わります。高い位置にお団子をつくれば少し幼い印象に。低い位置にお団子を作ればぐっと大人っぽい印象になります。

簡単なのにおしゃれ!応用も利くロングヘアアレンジ「くるりんぱヘア」

ただ結ぶだけのポニーテールやハーフアップにひと手間加えるだけで、簡単なのに手抜き感がなくなる今注目のヘアスタイルです。くるりんぱを組み合わせて使うことで色々なヘアスタイルができ、応用のバリエーション豊かなヘアスタイルです。オフィスでさっと髪の毛をまとめる時も鏡いらずでできるくらい簡単なヘアアレンジ方法なので、覚えておいて損はありません。

女子力を高く見せるならこれ!王道ロングヘアアレンジ「編み込みヘア」

女性らしいヘアスタイルの王道である編み込みヘアは、編み目がふんわりとしてフェミニンな印象になる表編み込みと、編み目がくっきりと見えてクールな印象に見える裏編み込みの2通りがあります。一見難しそうですが、やり方を覚えてしまえば意外と簡単。しかも、手が込んだヘアスタイルに見えるので、女子力が高い印象を与えることができます。また、仕事中はなかなかヘアスタイルを直している時間がないので崩れてくるヘアスタイルはさけたいもの。ところが、この編み込みヘアは髪の毛をしっかりとまとめてくれるので、ピンなどを使わなくても崩れにくいのが嬉しい特徴の一つです。

ロングヘアアレンジにピッタリ!仕事でも付けられるヘアアクセサリー

どうしても朝時間がなくて、簡単なヘアスタイルになってしまうことってありますよね。そんな時でもおしゃれなヘアアクセサリーを使えばカバーすることができます。
しかし、[1]でも紹介したように、オフィスでのヘアアレンジのマナーとして派手すぎるヘアアクセサリーはさけたいもの。そこでここからは、オフィスでのロングヘアアレンジにピッタリのヘアアクセサリーを紹介していきます。

ロングヘアアレンジには王道の「ヘアゴム」

最もポピュラーなヘアアクセサリーがヘアゴムです。こちらのヘアゴムは小さめのリボンが上品で、主張しすぎず悪目立ちをしないので、オフィスでのヘアアレンジに最適です。リボンは幼いイメージになりやすい傾向がありますが、素材や柄、大きさによっては大人の女性でも付けられるので、そこを注意して選びましょう。

ロングヘアアレンジだからこそきまる!「ヘアクリップ」

ドライフラワーが散りばめられているヘアクリップは上品で落ち着いた印象を与えてくれます。髪を束ねてさっと止めるだけなので、時間がなく凝ったヘアスタイルができない朝でも簡単に髪の毛をまとめることができます。さまざまなヘアアレンジに応用することができ、一つあるととても便利なヘアアクセサリーです。色合いのバリエーションも豊かなので、普段よくする服装に合わせて選ぶことができます。

ショートからロングまで誰でも簡単に可愛くなれる「バレッタ」

簡単にいつものヘアスタイルのワンポイントとして使えるのがバレッタです。とくにパールのバレッタは、悪目立ちせずにおしゃれな女性らしい雰囲気を演出できるので、オフィスでのヘアアレンジに最適です。だからといって上品すぎないので、プライベートとも兼用できるところが嬉しい特徴の一つです。

ボリュームのあるロングヘアアレンジにぴったり「シュシュ」

簡単に女性らしさが演出できるのがこのシュシュです。このシュシュはネイビーの大人っぽい色合いがオフィスでのヘアアレンジに最適です。手を抜きがちに見えてしまうポニーテールなどもゴージャスな印象に見せることができます。

簡単ロングヘアアレンジで女子力も仕事のモチベーションもアップ!

簡単でおしゃれなロングヘアアレンジだけでも、この通りたくさんの種類あります。毎日代り映えのないヘアアレンジではなく、バリエーション豊かなヘアアレンジで女子力もモチベーションも上げてみてはいかがでしょうか。

0