面接の自己紹介で他の応募者と差をつける!好印象を与えるコツと新卒・転職者向けの例文

Kaede

どの会社に就職する際も面接は避けては通れない道です。面接は緊張しすぎても、しなさすぎてもよくありません。適度な緊張感を持ちましょう。また、面接では自己紹介が一番大事だともいわれています。それは一体なぜなのでしょうか。今回は面接の自己紹介についてご紹介します。

自己紹介の基本を知って落ち着いて面接に臨もう

新卒入社でも中途採用でも面接はつきものです。とはいえ、緊張するから苦手という人は多いのではないでしょうか。面接では色々なことが聞かれますが、自己紹介も必ずと言っていいほど聞かれる内容です。では、どのような内容を話せば立派な自己紹介ができるのでしょうか。

面接での自己アピールと自己紹介の違い

面接でよく聞かれることに自己アピールや自己紹介があります。二つともよく似た言葉ですが、厳密にいうと違います。自己アピールはあなたの強みを答えるものです。魅力や長所などが当てはまります。
一方、自己紹介はあなたが誰であるのかを答えるものです。名前やこれまでの経歴が当てはまります。こう見ると自己紹介は自己アピールよりもハードルが低そうに見えますが、ビジネスなのでそれなりの答えは用意しておく必要があります。

面接時の自己紹介が重要な理由とは

面接をする際は必ず履歴書を持っていきます。その時、絶対といっていいほど自己紹介や自己アピールを書いています。読めばわかるのにどうして同じことを質問するの?と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。
これは、緊張を解きほぐすためと応募者のことをよく知るためです。面接はあなた一人が受けるわけではないので、採用担当者は全て目を通しているとは限りません。なので面接時に自己紹介させるのです。

  • 自分の印象が左右される
  • 「自己紹介してください」と言われた時のために、予め答えを用意しておく人は少なくありません。自己紹介だし適当でいいや、と思うかもしれませんが面接時の自己紹介で印象は大きく異なります。
    自己紹介で好印象が与えられたら、その後の志望動機なども好意的に見てもらえる可能性が高まります。なので、自己紹介はしっかりと答えられるように考えておきましょう。

  • 初対面の人に自分の良さをアピールできる
  • 自己紹介は緊張するから答えたくないと思うかもしれません。しかし、自己紹介をさせてもらえるということは面接時に自分のいい点をアピールできるということでもあります。なので、自己紹介させてもらえるチャンスが来たら自分のいいところを売り込みましょう。

    面接の一連の流れ

    会社や働き方によっても異なりますが、大体面接の流れは決まっています。まずは自己紹介から始まることが多いです。自分の名前やこれまでの経歴などを話しましょう。前職を退職していたのなら、その理由も聞かれる可能性が高いです。もしかすると人間関係などネガティブなことが原因かもしれませんが、面接の場でそのようなことをいうのは不適切だとされています。この仕事がしたくて応募したというように、できるだけポジティブになるように答えましょう。
    どの面接でも相手に質問されたことに答えられれば問題ありません。とはいえ、事前に何を話そうか考えていなければ口ごもってしまいます。なので、模範解答を擁しておくと安心できるでしょう。

    面接の自己紹介で言うこと

    自己紹介というと自分の名前や趣味、年齢などを思い浮かべる人が多いと思います。確かにプライベートでのやり取りではそれで問題ありませんが、面接では不十分です。
    できるだけ好意的に見てもらえるような魅力のある自己紹介を言う必要があるからです。自己紹介では、自分の名前や年齢、出身校、これまで取り組んできたことなどに加えて、会社に応募した理由意気込みなどが話せればOKです。受かればどこでもいいです、という印象を与えるのだけは避けましょう。

    採用担当者に好印象を与える!面接で自己紹介する時のポイント

    どれだけ条件のいい会社でも面接に受からなければ意味がありません。なので、面接までたどり着けたのなら採用担当者に好印象を与えられるような自己紹介を考えましょう。これから面接を受ける予定がある人はぜひ、参考にしてみてください。

    面接の自己紹介は1分以内で短く簡潔に答えられるようにする

    面接の自己紹介はとても大事な場面です。しかし、自己紹介は長くても1分程度と簡潔に答えられるようにしましょう。なぜなら、あまりにも長いと質問に対する適切な回答ができない人だと思われてしまうからです。
    短いと思うかもしれませんが1分もあれば大抵のことが話せます。まれに自己紹介の時間を指定されることがありますので、相手の質問をよく聞いて答えるようにしましょう。

    自己紹介の始まりと終わりに挨拶を入れる

    面接の自己紹介で差をつけたいのなら自己紹介前に挨拶をしてみてはいかがでしょうか。採用担当者は人事も担当しているとはいえ、別の業務も行っています。なので、自分のために時間を割いてくれたことに対してお礼をしてみましょう。また、面接終了時にも挨拶を行ってみてください。挨拶をしっかりするだけで人の印象は大きく変わるものですよ。

    面接の自己紹介では具体的な実績の数字を入れて分かりやすく

    前職や学生時代に取り組んだことを話す際、できるだけ数字を入れて話してみてください。例えば、前職の職場でリーダーだったのなら具体的な数字を織り交ぜながら業績を話すと、相手にイメージが伝わりやすくなります。とても印象付けることができますので、これから面接の自己紹介を考えている人はぜひ、数字を適度に盛り込んでみてください。

    自己紹介を丸暗記しない

    事前に何を話そうか考える人は多いと思います。ある程度、何を話すかまとめておくのはいいのですが、完璧に丸暗記してしまうのはNGです。相手にも丸暗記してしまっていることがはっきり伝わってしまいますし、自分の魅力を伝えられないからです。なるべく自分の言葉で伝えられるようにイメトレを行っておきましょう。

    面接の自己紹介で好印象を与えるには明るく大きな声で話す

    自己紹介で大切なのは笑顔です。どれだけ立派な経歴を持っていても、笑顔がないと暗いと思われて採用を見送られることにも繋がってしまいます。緊張していても口角を上げて笑顔を作ってみてください。笑顔を作るだけでも相手に好印象を与えることはできますよ。

    自己紹介と併せて自己PRを一緒に話す

    自己紹介を話す時、できれば自己PRも一緒に話してみてください。短い時間の中で行う面接ですから、一緒に答えられれば相手に好印象を与えることができます。
    ただし、会社によっては自己紹介の後に自己PRを聞かれることもあります。その時に全部話してしまっていたら何も答えることができませんし、採用担当者から見ても質問にきちんと答えられていないなと思われてしまいます。なので、完全な自己PRを話すのではなく、あくまでも自己紹介+αとなるような答え方を目指しましょう。

    これはNG!面接時の自己紹介の失敗回答例

    面接に慣れていないうちはどうしても失敗してしまうこともあります。少しでも希望の会社から採用されるためにも、先輩方の失敗と同じことを繰り返さないようにしましょう。

    基本的な質問に答えられない

    ある程度聞かれる質問には答えられるものの、ふとした質問に答えられないということもあります。ある人は、会社の社長の名前を聞かれて答えられませんでした。不運なことにその時の採用担当者が社長本人だったため、余計に気まずい雰囲気になってしまったそうです。

    面接で余計なことを言ってしまった

    一通り面接が進み、最後に気が緩んでしまうことがあります。例えば、質問があるかという答えに対し、思い浮かばなかったために思わず給料のことを聞いてしまったという先輩も。また、つい他の競合社に応募していることや前職の悪口を言ってしまったなどのミスもありました。

    自己紹介でマニュアル通りに答えすぎる

    面接についてネットで検索すると非常にたくさんの記事が書かれています。情報がたくさんありますから、ある程度の模範解答や知識を蓄えることができるでしょう。しかし、マニュアル通りすぎる回答をしてしまうと自分の意見ではないと思われてしまいます。
    ある人は、マニュアル通りの回答をした後に採用担当者からあなたの言葉が聞きたいと言われてしまったそうです。できるだけ自分の考えを加え、自分の言葉で話せるようにしておきましょう。

    面接で他の応募者と差をつける!パターン別の自己紹介例

    面接を受けるのはあなただけではありません。場合によっては何百人と闘う必要もありますし、あなたよりも魅力的な経歴を持っている人もいます。そんな場合でも臆せず戦うための自己紹介例をご紹介します!

    転職者向けの面接自己紹介

    転職する際はどれだけ自分が魅力的な人材なのかアピールする必要があります。ですから、いかに前職で自分が活躍したのかアピールしましょう。この時、未経験の職種であっても共通することを話せるようにしましょう。
    例えば、前職や事務職で営業職に転職する際、お客様とかかわりを持ちたい、事務職で培ったきめ細かいサービスができるというようなことを答えられるといいでしょう。決して自分には経験がないから…と後ろ向きな気持ちでいると、ご縁が遠くなってしまいますよ。

    新卒者向けの面接自己紹介

    新卒は転職と違ってスタートダッシュは同じです。だからこそ面接で他の応募者と差をつけなければなりません。自分の氏名や大学名、学科などを話した後、大学で何をしてきたか答えましょう。この時、人を引っ張っていくようなことをしていたり、活躍できていたことを話せたりすると魅力的な自己紹介が話せますよ。

    アルバイト向けの面接自己紹介

    最後にアルバイトの自己紹介です。正社員ではないにしろ、基本的なマナーがあるのは事実です。アルバイトの面接とはいえ志望動機をお金のため、家から近いから、というような内容で話すのはNGです。どうしてそのお店で働きたかったのか話せるようにしましょう。また、アルバイトの面接の際は基本的なマナーにも注意してください。挨拶はしっかりと行う、笑顔で話すということが大切です。

    コツを知って面接の自己紹介を乗り切ろう

    面接の自己紹介はとても緊張すると思います。しかし、何度も練習すれば自信もついてきますし、やって良かったなと思えるはずです。希望職に就くためにもぜひ面接の自己紹介を乗り切ってください。

    0