楽な仕事について考えてみよう!ワークスタイルに求める3つの条件と楽な職業ランキング

MOMOKO

就職前の学生さんや働いている社会人の方の中で、「楽な仕事に就きたい」と思っている人はいませんか?なぜ楽な仕事に就きたいのでしょうか。理由は人それぞれだと思いますが、一般的に楽だと思われている仕事はどんな職業なのでしょう。今回は、人が楽な仕事に求める条件や仕事内容について調べてみました。

楽な仕事って存在するの?

楽な仕事とは、サボれる仕事という意味ではありません。人の感じ方はさまざまです。人が思う「楽な仕事」と、自分が感じる「楽そうな仕事」。自分の性格や得意分野・不得意分野を見極め、人生において差し支えのない仕事があるとしたらそれが「楽な仕事」なのかもしれません。しかし、楽な仕事とはこの世の中に存在するのでしょうか。

楽な仕事に求める条件3選

楽な仕事に求める条件は、その人の性格やライフスタイル、ストレスの感じ方に深く関わってくるでしょう。「なぜ楽な仕事に就きたいのか」求める条件について具体的に見ていきましょう。

  • 人間関係が良好
  • 職場で人間関係に悩んでいる人は多いでしょう。退職理由の中でも1番にあげられることの多い人間関係の問題。自分の周りの人がみんな、息の合ういつも心地よい関係を築ける性格の持ち主ではありません。苦手な人や、合わない人とのコミュニケーションは大きなストレスを感じます。高圧的な態度を取る人やさまざまなハラスメントを受けている人。人と関わることが苦手な人にとっては、干渉されすぎることがストレスになります。それが原因となり、人間関係が楽、または良好な関係を築ける職場を求めるのではないでしょうか。

  • 体力的に楽である
  • 労働時間が長い、残業続きで休みがない、などオーバーワークが原因の場合、自分の時間が取れませんよね。疲れが取れるはずもなく、リフレッシュする事すらできません。プライベートをもっと充実させたいと思っている人が、自分のライフスタイルに合った労働時間や休暇の取れる、体力的に楽な仕事を求めるのではないでしょうか。

  • 精神的に辛くない
  • きついノルマがプレッシャーになり精神的にストレスを感じている人、クレーム対応ばかりで気苦労が絶えず仕事に行くのが辛いと感じている人は、心身ともに疲れてしまい、やる気を失います。そんな人が、精神的にゆとりが持てる楽な仕事を求めるのではないでしょうか。

楽そうな仕事と聞くと何の職業が思い浮かぶ?

楽そうと思われている職業や主な仕事内容を紹介します。

  • オフィスワーク
  • 無理せず働けそうなイメージという点から、楽そうな仕事と思われがちなオフィスワークです。仕事内容は、主に事務作業全般を言います。その中でも、一番多いのは一般事務です。パソコンでの入力作業がメインですが、電話対応や書類・伝票の整理などもあり、会社によってその仕事内容はさまざまなです。必要な資格はありませんが、資格があることによってキャリアアップにつながります。

  • 受付
  • 受付の仕事内容は、そのオフィスビルやデパートの顔としてお客様の対応や案内が主になります。楽そうに感じますが、他にも電話対応や送迎車の手配、予約管理、会議室のスケジュール管理、館内放送なども行い、業務内容は多くあります。言葉遣いやマナーなどヒューマンスキル全般を高く求められます。

  • タクシー運転手
  • 一般的に歩合制で1日15時間~20時間の労働時間です。時間は長いですが自由度の高い仕事です。自由度の高さから楽そうな仕事と思われてしまうのでしょうか。必要な資格は普通自動車免許と普通自動車二種免許ですが、道や土地を覚えるスキルやお客様を危険な目に合わせないための運転スキル、また満足してもらうための接客スキルも必要になります。

楽な仕事に就職・転職したい!

楽な仕事に就職や転職するために、その職種や仕事内容を理解しておく必要があります。また、その仕事が自分にあっているか、意外と知られていない職種もあるかもしれません。

楽な仕事ランキング!

楽な仕事に就きたい人に一般的に思われている楽な仕事をランキングにしてまとめてみました。主な仕事内容を参考に自分にとって楽な仕事なのか見極める参考にしてください。

【第1位】事務職

一般事務は残業が少なく定時で帰れることも多いため、体力的なストレスが少ない仕事の1つです。未経験でも受け入れてくれる会社が多いので、比較的就職や転職のしやすい職業でしょう。収入面では平均より低いですが、資格や経験年数によって収入は増加傾向にあります。

【第2位】ビルメンテナンス

ビルの監視室での業務が多く、ボイラー・電気の管理、定期点検が主な業務となります。24時間体制の業務なので休憩時間が多く、毎日出勤しないので月の休みが多いです。その分、収入の面では平均よりも低いです。収入重視の人には向いていないかもしれませんが、精神的な面でのストレスは少ないようです。

【第3位】施設警備員

ガードマンと言われている警備員が施設警備員です。主に危険を回避するための警備と監視をする立ち仕事です。年齢層も幅広く、採用条件も厳しくないので比較的就きやすい仕事です。収入の面では平均より低い傾向にありますが、立っているのが苦痛と感じない人には精神的にも肉体的にも楽なのではないでしょうか。

【第4位】大学職員・学校事務

学校運営をサポートする仕事です。経理事務や総務全般、学校生活や進路・研究などのサポートなど、仕事内容は多岐に渡ります。残業も少なく、比較的高めな収入で安定もしているため、定着率の高い仕事です。プライベートな時間を作りやすいことから、体力的にも精神的にもストレスの少ない仕事でしょう。

【第5位】薬剤師

国家資格を必要とする仕事ですが、資格取得後は働く場所も多く、年収も高いためとても魅力的な仕事です。主な仕事内容は薬の調合や薬の説明です。働く場所によって労働時間などは変わってきますが、精神的にストレスの少ない仕事ではないでしょうか。

楽な仕事に就いても給料が高い!?

比較的給料の低さが目立つ楽な仕事ですが、平均より給料は少ないが労働時間にしては多い。ということもあります。また、資格取得によっては平均よりも高い給料がもらえることもあります。しかし、資格取得までの時間や費用を考えるとどうでしょうか。楽な仕事に就くために費やす資格取得の時間と考えればいいのかもしれませんね。

楽な仕事に就ける4つの資格

楽な仕事に就きやすい、持っていると就職や転職に有利な資格を紹介します。

日商簿記検定2級取得で転職・就職を有利にしよう

簿記検定の中で一般的とされているのは日商簿記検定です。簿記2級を持っていると就職や転職に有利です。事務職でも専門の経理職ができるので、収入の面でもプラスになります。

TOEICで英語力をアピールしよう

履歴書にはTOEIC500点を取得すると記載できますが、750点以上を目指すと就職や転職にとても有利です。英語を活かすことができれば、職の幅も広がり楽な仕事に繋がるのではないでしょうか。海外に行くことでストレスを感じず楽に働けるようになるかもしれません。

MOS取得でパソコン業務を円滑に進められる

会社で使用度の多いWord、Excel、PowerPointなどMicrosoft Office製品の基本はもちろん、上級までの機能をマスターしたことを証明できる資格です。これらのソフトの扱いがスムーズに行えることによって、仕事の作業時間短縮にも繋がります。またMOS資格は国際的なパソコン資格なので幅広い就職や転職に役立つ資格の1つです。

医療事務は女性人気の資格!

資格取得が比較的簡単で年齢制限もなく人気の資格です。医療事務の仕事に資格は必要ありませんが、取得していると就職や転職に有利です。また、就職先が幅広くあり、働き方も選べるのがメリットです。

楽な仕事だと見込んで就職・転職するのはやめましょう

「楽な仕事だと見込み就職・転職をしたものの、思っていた仕事内容と違った」「仕事内容は楽だけど、人間関係が上手くいかない」「精神的ストレスや肉体的ストレスを感じるようになった」などなど、会社のことをよく調べずに動いてしまうと「楽じゃない」と感じるかもしれません。しかし、どんな職場においてもバランスが大事なのではないでしょうか。

仕事するにあたって、少なからずストレスはあります。そのストレスが許容範囲内なら「楽」と感じ、許容範囲外になると「苦痛」と感じる。時にはそのバランスを上手く保つように自分自身が動くことで「楽な仕事」が成立するのかもしれません。楽な仕事だと思って入社したら違ったからまた転職、では次の仕事も決まりにくいです。しっかりと自分の意志を持ち、求人情報をよく読んで活動しましょう。

0