手に職をつけたい40代女性におすすめの仕事と資格!今からでもチャレンジできる職業とは?

Kaede

誰しも一度は「手に職をつけたい」と考えたことがあるのではないでしょうか。結婚や出産にともない大きなライフスタイルの変化を避けて通れない女性は、尚のことそういった思いを抱くことが多いはずです。しかし、“手に職をつける”とは具体的にはどのようなことを言うのでしょうか。手に職をつけたい女性におすすめの仕事と一緒にご紹介していきます。

女性が注目する『手に職をつける』とはどんなこと?

「手に職をつけておくと安心だよね」ちまたではよくそんな言葉を耳にします。しかし、『手に職をつける』といってもとらえ方は人それぞれです。では、一般的に『手に職をつける』とはどのようなことを言うのでしょうか?また、手に職をつけるとなぜ安心だと言われているのでしょうか。手に職をつけるメリットを考えてみましょう。

『手に職をつける』とは?

『手に職つける』とは、主に“専門的な職務能力(技術、知識、資格など)を習得し、その専門的な職務能力を持った人しかできないような仕事に就くことができる”という意味合いで使われる傾向にあります。
そういった、いわゆる『手に職がある人』は企業側からしたら希少価値が高く有益な存在であるため、優遇されやすいと言われています。では、手に職をつけることによって具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

手に職をつけるメリット

  • 自分の保有する能力をアピールできる
  • 手に職をつけるメリットとして、就職や転職の際に自分の能力のアピールポイントが明確にできるという点があります。『手に職がある』ということは、企業側からしたら即戦力になりうる存在として判断されるため、採用の可能性がグッと高まるのです。資格を習得しているならなおさら信用性があり、履歴書に記入することで面接する側の目にも留まりやすくなるので、よりアピールしやすいのもメリットの一つです。

  • 高収入が得られ、雇用の安定に有利
  • 先ほども述べたように、手に職がある人は希少価値が高く、企業側からしたら“なくてはならない存在”“辞めてしまったら困る存在”であるため、給料面においても優遇される傾向にあります。
    資格を習得している場合は、採用当初から『資格手当』がつくケースも多く、高い収入が得られるメリットがあります。また、手に職のある人材は希少価値が高い分、技術職の公募を積極的に行っている企業が多く、雇用の面においても安定性が見込めます。

  • 独立、開業できる

独立や開業を考えている場合、自分に技術や知識など何もないのでは稼ぐこと自体、ままなりません。人を雇うにしても、技術や知識といったものは最低限必要となってきます。ものによっては、資格がなければできない職種もあります。
しかし手に職さえあれば、そんな時スムーズに動き出すことができます。雇われて働くことが肌に合わない人であったり、いずれ何か大きなことを成し遂げたいと思っている人は、手に職をつけておけばできることの幅が広がるというメリットがあるのです。

30代以降の女性が考える!手に職をつけたい2つの理由

近年、30代以降の子育て世代の女性達の間で、手に職をつけたいと考える人が増えている傾向にあります。そう考える背景にはどのような理由が隠されているのでしょうか。

  • 働きやすい
  • 近年、結婚後も働き続けたいという女性が増加傾向にあります。しかし、結婚後も女性が働き続けるとなると家庭との両立や出産、子育てなど、ライフスタイルを変えなくてはならないような問題がどうしてもついて回ります。保育園のお迎えのために労働時間を制限されてしまったり、子どもが熱を出すたびに休まなければいけなくなってしまったり、務めている会社によっては転職を考えなければならない状況に追い込まれてしまうこともあります。

    そういった際に手に職があると、その時のライフスタイルに合った仕事に転職しやすかったり、在宅での仕事が可能になったりとさまざまなメリットがあるのです。そういったライフスタイルに合わせられる働きやすさが、女性が手に職をつけたいと思う理由の一つなのでしょう。

  • 仕事復帰がしやすい

もう一つは、子育てがひと段落した女性が社会復帰を考える場合です。子育てがひと段落すると社会復帰したいと考える女性は多くいます。しかし、子育ての期間というブランクを経て、一から新しい仕事を覚えていくのはなかなかの勇気がいります。

そんな時、手に職があれば以前と同じ職種に就くことが可能ですし、身についている職務能力の問題であって、ブランクのせいで採用されにくいという事態を防ぐことができます。つまり、手に職がない人より手に職がある人の方が社会復帰がしやすいというメリットがあるのです。

目的別!手に職をつけたい女性におすすめの仕事12選

では、これらのことを踏まえて、手に職をつけたいと考える女性には、どのような仕事がおすすめなのでしょうか。目的別に見ていきたいと思います。

手に職をつけたい~女性が憧れる仕事~

まずは、「こんな仕事に就いてみたい!」と女性が手に職をつけることに憧れる仕事をご紹介します。

  • アロマセラピスト
  • アロマセラピストとは、天然の植物から抽出したエッセンシャルオイルを用いて施術し、その香りによるヒーリング効果で心や体のさまざまな不調を改善に導く仕事です。
    アロマセラピストになるために国家資格は必要ありませんが、人の心や体に関わってくる重要な仕事であるため多くの専門的知識が必要になってきます。まったく何も知らない状態で施術を行うわけにはいきませんので、『アロマセラピスト』『アロマテラピーアドバイザー』『アロマテラピーインストラクター』などの民間資格を取るのがベストでしょう。

  • ネイリスト
  • ネイリストとは、爪に関するさまざまな専門技術を駆使して爪の手入れをしていく仕事です。ネイルにデザインを施す『ネイルアート』が多くの女性がこの仕事に憧れるきっかけになっています。しかしネイリストの仕事はもちろんそれだけではなく、『ネイルケア』や『カラーリング』、『リペアー』など、様々な技術が必要になってきます。
    ネイリストになるための国家資格はありません。未経験でもアルバイトやアシスタントから始めることが可能です。しかし、施術をするにあたっては、ネイルに関する様々な知識が必要になりますので、いち早く施術を任されたい場合は専門学校などで学ぶことが近道だと言えます。

  • フラワーデザイナー

フラワーデザイナーとはホテルやレストラン、結婚式場やイベント会場などで花々を美しく装飾する仕事です。女性ならではのセンスと感性を生かせる仕事として、女性の間での人気が高まりつつあります。フラワーデザイナーになるための国家資格ありません。
しかし、センスだけでできる仕事というわけではなく、花の種類はもちろんのこと、育成や成長に関するさまざまな知識も必要となってきます。そのため、スクールなどに基本的な知識や技術を身につけることが一般的のようです。フラワーデザイナーの関連資格としては『フラワー装飾技能士』という国家資格、日本フラワーデザイナー協会の『フラワーデザイナー資格検定』などがあります。

手に職をつけたい~女性が働きやすい仕事~

次に、子育て真っただ中の女性や、子育てがひと段落した女性が手に職をつけたいと思う仕事をご紹介していきます。

  • 医療事務
  • 医療事務とは、クリニックや病院などで医療に関わる事務であったり、経理業務を行う仕事を言います。一般的な事務とは違い、医療に関する専門的な知識がなければ務まらない仕事であるため『医療事務』として区別されます。医療事務になるために必要な資格があるわけではなく、未経験から仕事をすることもできます。

    しかし、知識や資格があった方が就職の幅はグッと広がります。特に医療事務は専門的な知識があることを証明する資格を持っている場合、よい待遇で働けることも多いようです。医療事務に関連する主な民間資格としては『医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)』や『診療報酬請求事務能力認定試験』などがあります。
    医療事務は、子育て世代、または子育てにひと段落がついた世代の方が多く働いています。その背景には勤務時間に融通が利く点や幅広い勤務形態によりその時々のライフスタイルに合わせて仕事がしやすい傾向にあるからのようです。また、病院によっては、託児施設を設けている所があり、育児をしながらでも安心して働くことができます。

  • 歯科助手
  • 歯科助手とは、歯科医院での事務仕事を全般的に請け負う仕事です。受付や患者さんの案内、会計や電話対応、後片付けなども行います。しかし、国家資格を持った歯科医師や歯科衛生士のように、患者さんの口の中に手を入れる行為は行えません。歯科助手の仕事は特別な学歴や資格は必要なく、未経験可の求人も多い傾向にあります。

    しかし、現場では専門的な用語が飛び交うことも多く、スムーズに仕事をこなしたいのであれば、あらかじめある程度の知識を持っておくことをおすすめします。日本歯科医師会などが行う講習や講義を修了すれば知識も得られる上に、資格認定を受けることができるのでおすすめです。
    女性が働きやすい背景には歯科医院が増加傾向にあり、働き口が多い点や再就職がしやすいところ。歯科医院は休日が決まっているところが多く、安定した休みが取れるといったことなどがあります。また、予約制の歯科医院が多いため、残業が少なく、それでいて時給が高いことなどが上げられます。

  • ライター
  • ライターとは、取材をしたりさまざまな資料を収集して、雑誌やフリーペーパー、Wabなどに掲載される記事を書く仕事です。ライターになるための決まった方法は特に存在しません。資格や学歴なども関係なく、文章を書くことが好きで、なおかつ文章をまとめる力がある人であればすぐにでも始められる仕事です。最近では、主婦による在宅ライターも一般的になってきています。
    自宅で仕事ができる在宅ライターは、子供の急な発熱などにも対処しやすく、職場に迷惑をかけてしまう気まずさもありません。スケジュール管理さえしっかりしていれば好きな日の好きな時間帯に働くことができるので、子育てとの両立がしやすい仕事だと言えるでしょう。

  • Webデザイナー
  • Webデザイナーとは、クライアントから依頼内容に沿ったWebサイトのデザインを制作する仕事です。Webデザイナーは一般的にWeb制作会社に入社し、経験を積むことが一般的とされています。資格は特に必要ありませんが『ウェブデザイン技能検定』を習得しておくと就職に有利に働くことがあります。

    Webデザイナーの仕事が女性にとって働きやすい仕事である理由として、女性の割合が多い仕事であることが言えます。そのためWebデザイナーを雇う企業は、出産や育児休暇といった女性に嬉しい福利厚生がしっかりと設定されている会社が多く、女性が優遇される傾向にあるのです。そしてもう一つの理由は、出産後の子育て期間中は在宅での作業を許す会社があることです。自宅で仕事ができるというのは、子育て世代の女性からしたら最大のメリットと言えるかもしれません。

手に職をつけたい~技術を生かしたい仕事~

次に、特別な技術を生かしてた仕事をしたい方におすすめの仕事をご紹介します。

  • 美容師
  • 美容師とは、髪の毛のカットやカラー、パーマやシャンプー、ブローやセットなど、髪の毛に関するさまざまな施術を行う仕事です。美容師になるには必ず『美容師免許』習得のための国家試験に合格する必要があります。厚生労働省が指定する美容学校に進学し、修了することで受験資格が得られます。技術を磨けば磨くほど、その技術を仕事に生かすことができるので働きながら学ぶ楽しさがある仕事です。

  • 調理師

調理師とは、レストランやホテルや料亭、学校や病院などで料理を作る仕事です。特に資格がなくても料理の世界で働くことができますが、『調理師』を名乗ることができるのは調理の国家試験に合格し、『調理師免許』を習得した人だけです。
調理師免許を習得する方法には、調理師学校に入学して1年以上調理について学び、無受験で習得する方法と、飲食店などで2年以上の実務経験をつんで、調理師試験に合格する方法があります。多くの人に安全でおいしい料理を提供するためにも経験と技術が必要な仕事です。

手に職をつけたい~やりがいがある仕事~

最後に、手に職をつけたい人におすすめのやりがいのある仕事をご紹介します。

  • 保育士
  • 保育士は、保育園や幼稚園などの児童福祉施設で保育を行う仕事です。ただ身の回りのお世話をするだけではなく、子どもたちの心や体の発達を促し、社会に適応する力を養う手助けをする仕事でもあります。
    保育士になるには、国家資格を習得する必要があります。保育士の国家資格は、短大や4年制大学の保育士過程を修了するか、2年間の実務経験の後、保育士の国家試験に合格して習得する方法があります。子どもが家族以外で初めて接する大人が保育士であることも多く、子供の成長にとってとても重要な役割であることに間違いありません。保育士の仕事は、子どもという未来ある一人の人間の成長に携われる、とてもやりがいのある仕事であると言えるでしょう。

  • 介護福祉士
  • 介護福祉士は、お年寄りや体の不自由な方を介護という形でサポートする仕事です。身体介護だけではなく、利用者の方やそのご家族の相談を聞いたりといったメンタルケア、家事などの身の回りのお世話をする生活支援も介護福祉士の仕事の一環です。
    介護福祉士になるには国家資格を習得する必要があります。国家試験の受験資格を得るためにはさまざまな方法がありますが、3年以上介護等の業務に従事して実務者研修を修了して得る方法、もしくは指定養成施設を卒業して得る方法が主流と言われています。高齢化社会と言われる中で、たくさんのお年寄りの方々に必要とされる重要な存在が介護福祉士です。

  • 看護師

看護師は、病院やクリニックなどの医療機関で医師などのサポートを行ったり、患者さんの診療の介助やケアなどを行う仕事です。
看護師になるには国家資格が必要です。看護師の国家試験の受験資格を得るには、高校を卒業後に4年生の看護大学に通う方法や、看護師学校や短期大学に3年間通う方法などが主流と言われています。専門的な知識や技術を用いてさまざまな患者さんと向き合い、時には命と向き合う重要な役割を担った仕事です。

手に職をつけたい女性が取っておくとおすすめの資格

[2]では、『手に職』と言われるさまざまな仕事を見ていきました。しかし、どれもセンスが問われるものであったり、専門的なものであったりと憧れる気持ちや、やる気がなければ難しいと思う方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、とりあえず習得しておきたいおすすめの資格を紹介します。

簿記

簿記とは、帳簿記入に必要な技能のことを言います。個人商店であっても大企業であっても、お金の流れがあるところではその流れをつかむために帳簿記入が欠かせません。しかし、記録や計算、整理をするためには帳簿記入のルールに従わなければなりません。そういったルールも簿記に含まれます。
簿記の資格を習得している人材は業種を問わず求人があります。履歴書に簿記3級と書かれているだけで企業側は「この人は経理の基礎が分かっている人」と判断し、転職活動や育児がひと段落した後の再就職の際にも有利に働きます。

MOS

MOSとは、正式名称がマイクロソフトオフィススペシャリストといって、エクセルやワードなどのスキルを証明できる資格です。この資格を習得しておけば、就職・転職・再就職などの場合にワードやエクセルを使いこなせる人材として有利に働きます。

手に職をつける女性は目的とやりたい気持ちが大切

このように、『手に職』と言われるさまざまな仕事や資格がありますが、どれをとって学ぶことが必要になってきます。そのため、目的ややりたい気持ちなしでは始まりません。手に職があっても、それを仕事に生かすことができなければ宝の持ち腐れになってしまいます。したがって、手に職をつけたいと考えている方は、まずは、興味のある分野を探すことから初めてみてはいかがでしょうか。

1+