30代の転職成功へのカギは?失敗する人・成功する人の特徴とは

MOMOKO

30代になると、将来やキャリアの不安から転職を考えることがあります。転職をすることでその不安は取り除かれるのでしょうか。また、30代の転職はうまくいくのでしょうか。転職を成功させるためには、何が必要なのか?未経験の仕事につくためには?今回は、社会人経験のある30代が転職に有利になる方法をお話いたします。

30代の転職事情とは

30代で未経験の職業に挑戦しても大丈夫?

どの年代でも、未経験者よりも即戦力につながる経験者が求められることには変わりはありませんが、未経験であっても、ヒューマンスキルが強みになる場合もあります。30代は社会人経験もあります。面接の際は、その経験から得た対応力やコミュニケーション能力、自分の意見を適切に伝えることのできる会話術を持ち合わせていることをアピールしましょう。

30代・独身女性の転職

転職を希望する30代の独身女性の多くは、給料の面や雇用形態など、将来の不安から転職を考えることが多いのではないでしょうか。しかし、そのような不安からの転職活動は失敗してしまう可能性があります。独身女性の転職は収入アップを望む傾向にありますが、将来的なものが不透明なままでの転職は、企業側からも不安要素として採用しづらいとされています。

30代の女性であれば、独身者よりも育児などが落ち着いた既婚者を採用する企業が多くみられます。独身者の転職を成功させるには、焦りは禁物です。差別化を測れる難易度の高い資格を取得することが最短の近道です。

年収がダウンしてしまうって本当?

職種や仕事内容、経験や転職理由により異なりますが、在職の30代は昇給や昇進もあり、給料も比較的上がっている傾向にあります。そのため、転職先ではヘッドハンティングなど余程のことがない限り年収が上がることは少ないでしょう。

未経験の仕事の転職を成功させるには?

即戦力になる経験を持ち合わせていないため、今までの経験やキャリアをどう活かせるか、未経験の仕事に就くための努力やそのために実践している取り組みのことなど、企業側にしっかりと具体的に伝えることが成功につながることでしょう。

30代の転職の失敗する人と成功する人の特徴

年齢的に転職に失敗してしまうと、今後のキャリアに傷がついてしまう可能性があります。そのために転職活動に役立つ失敗する人の特徴と、成功する人の特徴を参考にしましょう。

失敗する人の特徴

転職を成功させることは大切ですが、失敗してから初めて学ぶことがたくさんあります。では、転職に失敗してしまう人の特徴はどのようなものがあるのでしょうか。

  • 条件にこだわりすぎる
  • 仕事内容や年収、雇用形態や待遇、通勤距離など、自分自身の過大評価から転職の条件にこだわり過ぎてしまうことで、面接に受からないケースがあります。これが転職への失敗につながってしまいます。転職に必要なのは謙虚な姿勢であり、条件にこだわり過ぎないことが転職成功へとつながるのではないでしょうか。

  • 転職先が見つかる前に会社をやめてしまう
  • 30代の転職活動は長期化する恐れがあります。そのため、経済的な不安要素が出てしまわないように、在職中から転職活動をすることをおすすめします。経済的不安があると、転職活動で思わぬ落とし穴にハマってしまうことがあるので注意が必要です。

  • 転職理由が曖昧
  • 30代の転職は有効という情報から、「転職した方がいいのではないか?」「友人も転職したし私もしたい」など、気持ちだけが焦っている転職理由が曖昧な転職活動は失敗します。面接での受け答えでは、明確な転職理由を聞かれることがほとんどです。そのため、曖昧な理由では、転職後にもさまざまな不満が出てくることにつながります。自分がどうなりたいかを明確に、周りに流されず行動することが将来的な安心につながります。

  • 前の会社と比較してしまう
  • 転職し働き始めると「前の会社はこうだった」など、仕事において比較してしまう場面があります。しかし、企業や現場によって、同じ内容でも仕事の仕方や、流れはさまざまであり、転職先ではそのルールに従い仕事をする必要があります。比較し過ぎてしまうと周りから浮いてしまうため、仕事でも本来の力を発揮することができません。自ら働きづらい環境を作ってしまわないように気をつけましょう。

成功する人の特徴2つ

転職に失敗する人の特徴を踏まえた上で、転職に成功する人にはどのような意識や特徴があるのでしょうか。

  • 転職に向けて自己分析をする
  • 転職を成功させるためには、まず自分を知る必要があります。転職で活かせるキャリアやスキルを確認する作業は、転職前にしなければいけないことの1つです。そして、転職を希望する企業にとって、自分はどのような貢献ができるのか、自分の転職市場価値を知りましょう。また、転職理由においてもきちんと分析し、本当に転職することで解決するのか。時間を無駄に使うことが無いように、しっかりと自己分析し、転職活動をすることをおすすめします。

  • 譲れない条件を明確にする
  • 転職するにあたり、どうしても譲れない条件を決めておくことは大切です。条件に優先順位をつけることで、転職先の枠も増え、自分にとって何が大切なのかが見えてくることにもつながります。

30代の転職に役立つ資格6つ

資格を取得することで、転職の幅は大きく広がります。では、転職に役立つ資格とはどのようなものがあるのでしょうか。

どこの会社でも必要とされる【行政書士】

行政書士とは、官公署提出書類や契約書の代理作成など、数千種類の書類を扱える法律のプロです。業務内容は、書類作成・書類提出手続き代理業務・契約書等代理作成業務・相談業務と主に4つの業務を行なっています。

国家資格の行政書士を取得していることで、法律の知識があることの証明ができるため、転職にとても有利に働きます。受験資格に制限はなく、誰でも受験することが可能です。しかし、難易度の高い資格になるため、独学というよりも専門のスクールや通信教育などで勉強し、受験することで、合格率が上がるでしょう。

英語は転職成功への最短の近道【TOEIC】

転職で役立つスキルとして、TOEICは750点を目標にしましょう。TOEICの平均スコアは578点なので、履歴書に記入できる500点では平均点とさほど変わりません。平均点より高いスコアの750点を取ることで、英語力はもちろん、努力家としての印象も与えることができ、好印象です。

経営コンサルタントを目指すなら【中小企業診断士】

経営戦略や人事、財務などコンサルティングをする上で必要な幅広い知識があることを証明する資格です。中小企業診断士は国家資格であり、幅広い範囲の知識が必要な難易度の高い資格になります。中小企業診断士は、コンサルタント業以外にも役立つ知識を持つため、多くの業界で有利になる資格です。年齢や学歴に制限はありませんが、合格率が低く難易度の高い資格となります。

経理も目指せる事務系転職に有利な【簿記2級】

簿記2級を取得することで、簿記に関する知識があることの証明になります。2級を取得していることを最低条件としている企業もあります。未経験でも資格を取得していることで、「努力家」という印象をあたえることができます。そして「やる気」へのアピールにつながります。そのためにも、簿記2級は取得しておくべき資格と言えます。

金融系転職に有利な【ファイナンシャルプランナー(FP)】

さまざまなお金の知識を持ち合わせているファイナンシャルプランナーは、銀行や証券会社などの転職に有利です。また、お金について学習していることは、経済の動きを理解していることの証明にもなるので、社会人としての信頼度も上がるでしょう。

将来性がかなり高い【福祉系】

福祉系の資格を目指すなら、最初に介護職員初任者研修を取得することをおすすめします。介護職員初任者研修を取得し、実務経験を積むことでさらに上の「介護福祉士」「社会福祉士」「ケアマネージャー」へとキャリアアップすることができます。少子高齢化が進むなか、人材不足にも悩まされている福祉系資格は、将来性の高い資格と言えるでしょう。

30代の転職には転職サービスを利用するのがベスト!

転職には転職サービスの活用は必要不可欠です。転職を成功させるためにも上手に活用することをおすすめします。では、転職サービスはどのような種類があるのでしょうか。活用方法や注意点などをご紹介します。

転職エージェントに登録する

転職エージェントとは、面談時に転職先の希望を伝えることで、それに合った企業を紹介してくれるサービスです。また、企業との面接日程や給料の交渉まで、転職に関する全てをエージェントが行なってくれるため、転職を決めたらまず最初に登録したい転職サービスでしょう。また、転職エージェントによって得意とする職種や、エージェントとの相性もあるので、1社に決めず自分にあったエージェントを探すことをおすすめします。

転職サイトを活用する

転職サイトは頻繁に情報の入れ替えもあり、求人状況が一目でわかるため、利用している人が多いのではないでしょうか。しかし、転職サイトは掲載料も安いことから、ブラック企業の求人がある場合もあります。掲載情報だけにとらわれず、その会社について調べることをおすすめします。

30代の転職成功は経験が強い味方になる

30代の転職は、経験によって有利にも不利にもなる年代です。経験を味方につけ、学ぶ姿勢を忘れない。自分で気持ちを表現することができる30代と、向上心もなくダラダラと日々を過ごしている30代とでは、転職する際に全く違った結果が出るでしょう。特別な資格がなくても、企業に選ばれる人材には、自分をプロデュースする力があります。自分を過大評価せず謙虚な姿勢を保ち、社会人経験で得たスキルをプラスにする「アピール力」を身につけることが、転職成功へとつながるのではないでしょうか。

0