転職に有利な資格を職種別で見てみよう!取得して仕事の経験値をカバー!

MOMOKO

希望する業界への転職には、どのような資格を取得することがベストなのでしょうか。今では資格の種類も多く、自分に合う資格が分からないという方もいるかもしれません。今回は、転職前の資格取得の考え方、そして職種別でおすすめの資格をご紹介していきます。

資格を持っていると転職がスムーズになるの?

転職時の書類審査や面接では、熱意や志望動機に加え、経験値を問われることがほとんどでしょう。資格はスキルレベルを表すものですが、所持していると転職時に有利なのでしょうか。

資格は仕事の経験値をカバーできる

技術職や専門職以外の仕事を希望する場合、募集要項に資格が必須と記載されることはあまりありませんし、ひとつも資格を所持していない人は多くいるでしょう。ただ、資格を所持していると転職が有利に働く場合があります。

資格は、自己PRになることは明らかですし、これまでの経験値が浅ければ資格がそれをカバーできます。また、職務経歴を伝える際に、うまく伝わらなくても資格がスキルの証明になる可能性もあります。これから、資格取得を目指す方は仕事に結びつく資格を選ぶといいでしょう。

資格が必要な仕事もある

資格必須の条件が付く仕事があります。例えば経理なら、日商簿記2級を必要としたり、製薬業界なら医療情報担当者(MR)の資格が必須となることもあります。その他、資格を所持する必要のある職種を以下にご紹介します。

資格が必要な職種

法律・会計関連・公認会計士・行政書士・司法書士・税理士・弁護士など

危険がともなう職種

警察官・危険物取扱者・消防士・パイロットなど

医療・介護系

医師・介護福祉士・看護師・管理栄養士・作業療法士・保健師・放射線技師・臨床検査技師・薬剤師など

建設系

監理技術者・建築士・施工管理技士・電気工事士・電気主任技術者など

その他

気象予報士・学芸員・図書館司書・美容師・トリマー・フードコーディネーター・調理師・初生ひな鑑別師など

税理士は税金に関してのプロフェッショナル!国家資格受験のための必須条件と向いている人の特徴とは

転職に有利な資格取得を目指す前に

どのような資格を取ったらいいか、それ以前に希望する職種は何なのか、情報収集はできていますか?資格は何でもいいから取っておこうという気持ちでは、時間の無駄遣いになりかねませんから、本当に転職に有利な資格取得を目指すべく、職種と資格について調べておきましょう。

本当に転職に資格が必要か検討する

就きたい仕事と直結しない資格を所持していても、履歴書で評価を得ることはほとんどないでしょう。珍しがられるか、どうしてうちで働きたいのか、本当は資格に合った仕事に就きたいのではないかと、逆に突っ込まれてしまうかもしれません。

また、何でもやってみるタイプと判断されて、希望しない営業職に回されてしまうことも考えられます。資格取得を目指すなら、職種を決めて、仕事に結びつく資格の受験を検討しましょう。また、履歴書に資格を記載する際は、アピールできる要素のあるものに限って記載した方がいいでしょう。

転職エージェントを利用しよう

自分のスキルや経験値を客観的に見るためにも、転職エージェントの力を借りて判断を仰ぐのも得策です。今の実績にプラスして、どのような資格を取るといいかアドバイスをもらうと、1人で判断するよりも心強いのではないでしょうか。もちろん、転職エージェントの方に、マッチする仕事を紹介してもらえるメリットもあります。

転職に有利な資格だからと取得に夢中になりすぎない

転職に有利な資格を見つけたからと言って、転職活動を長引かせるほどの勉強に必死になりすぎないよう注意しましょう。実際には資格よりも実績を欲する企業が多いものです。専門職でない限り、環境を変えずに経験を積むか、経験の詰める企業へ転職する方が早いかもしれません。時間をうまく使える人は仕事でも評価されるでしょう。

職種で見る・転職に有利な資格

携わりたい分野のスキルと、勉強への意欲をアピールすることができる資格を職種別で見ていきましょう。

事務職の転職に有利な資格

企業の縁の下の力持ち。事務職がなければ他部署が回らないと言っていいほど大事なポジションです。女性に人気の職種ですから、転職時にアピールポイントとして資格を取得しておくと周囲と差がつけられるかもしれません。

日商簿記

会計士や税理士を目指す人は取得する資格です。経理募集には日商簿記を所持していた方が断然有利。また、一般事務の転職にも有利に働くことがありますから、念の為に取得を目指すということでも無駄にはならないでしょう。

社会保険労務士

社会保険や労働規約にまつわる手続きなどを担うポジションです。企業では雇用や労働に関する業務ができ、独立することもできます。社会保険労務士の資格がなければできない業務も多いため、人気の資格となっています。

メンタルヘルス・マネジメント

企業の労務管理というポジションから、社員のストレスチェックなどを行います。過労やパワハラ、人間関係、待遇への不満など仕事のストレスは仕事の効率を下げたり、企業評価に関わりますから、メンタルヘルス・マネジメントの活躍は期待がかかっています。

貿易実務

国ごとに違う法律や関税についてなど、貿易についての知識が求められる試験です国家資格の通関士と違って民間資格ですが、貿易事務などの求人では貿易実務の取得者が応募条件になっていることが多いでしょう。。

医療事務

病院の治療費をまとめ、患者や国に請求する仕事です。無資格でも就業でき、未経験歓迎の求人もあることから人気の職業であるため、資格を所持していると転職に有利に働くでしょう。年齢制限もあまりなく、育児後の再就職にも有利な資格と言えます。

秘書検定

一般常識から仕事をする上でのマナーなどを学ぶことができます。企業の経営者らの秘書を目指す方に限らず、どのような業界、職種でも社会人としてのマナーが理解できているという証明になりますから、希望する職務内容問わず、転職に役立つでしょう。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフト社が認める資格で、Word、Excel、Power Point、Accessなど、仕事で使えるPCスキルを身につけることができます。事務職でなくても、さまざまな仕事で役立つはずです。パソコン操作をレベルアップしたい方にもおすすめです。

通関士

貿易にまつわる国家資格です。仕事は通関に関する書類作成、手続き代行など。航空会社、物流会社、海外製品を扱う企業が欲する人材で、営業所ごとに有資格者の配置が義務付けられているので、安定が見込めます。

事務の仕事に就く時に役立つ資格はどんなもの?取得しておきたい資格を紹介します!事務の仕事に就く時に役立つ資格とは?取得しておきたい資格を紹介します!

営業職の転職に有利な資格

営業職は何を売るか、誰に売るかで業務内容や必要とされる知識が変わるものですが、資格を所持していることで、お金に関する知識や法律、コミュニケーション力アップなど、独学で勉強しているという証明ができますから、資格を所持していると転職時に役立つことでしょう。

中小企業診断士

国家資格として認められた、経営コンサルタントの資格です。企業と金融機関を繋ぐポジションで、経営について指導するといったこともできるようになります。履歴書でも目を引くはずですから、昇進や転職に有利な資格です。

TOEIC

商社や外資系に限らず、社内の公用語を英語とする企業が増えています。そこで国際コミュニケーション英語能力テスト、TOEICを所持していると転職に役立つことでしょう。確実に500点以上を目指して頑張りましょう。

ファイナンシャル・プランナー(FP)

各家庭の資金計画を、家族構成や仕事、収入と支出の動き、保険などのデータをベースに考えることができます。営業職などで、扱う商品が高額な内容である場合には、ファイナンシャル・プランナーの資格を有していると仕事に生きてくるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格は難易度が高い!?取得方法や独学での学び方など徹底解説

宅地建物取引士

不動産会社の運営に必要で、不動産を購入する一般の方へ、法律の知識を持って商品を提案できる人気の資格です。営業職では、資格なしで転職できることも多いのですが、資格手当のある企業もありますから、資格取得をおすすめします。

宅建宅建の難易度はどのくらい?合格の近道を知って夢に近づこう!

行政書士

企業や自営業の方たちと官公署とを繋ぐ役職です。法律のプロとして書類作成業務や契約書代理作成業務などを行います。転職時には有利に働く資格となりますし、独立にもおすすめの資格です。業務内容は幅広く、育児などと両立が叶う職業でしょう。

行政書士は街の法律家!なるために必要な国家試験や難易度・大学とは?

販売士

商品を販売するために必要な知識が身に付く資格です。マネジメントやマーケティングについても学べるので、販売士を目指す方だけでなく、サービス業や営業職、管理職など、いろいろな職種に活かせる資格と言えるでしょう。

エンジニア職の転職に有利な資格

エンジニア職は、資格をあまり要しませんが、最近では入社時に資格を取得していると資格手当が付く企業が増えています。

基本情報技術者

IT業界で役立つ資格です。コンピュータのシステムについて、またその開発や運用、ネットワーク技術、セキュリティなど、情報処理に関する勉強ができます。プログラマを目指す方は取得しておきたい内容で、転職に有利な資格と言えます。

情報処理安全確保支援士(情報処理スペシャリスト)

IT業界だけでなく、PCと向き合う職種に就きたいなら、情報処理安全確保支援士もおすすめします。サイバーセキュリティ対策のプロとして、情報処理安全確保支援士のニーズは拡大する一方です。業界問わず時代を象徴した資格です。

TOEIC

IT業界でも海外の優秀な人材を採用したり、メールやチャットなどで海外の方と会話する機会が増えています。TOEICは世界共通ですから企業の注目も高く、求人欄でも○点以上という条件を見かけることでしょう。営業職や管理職なら600点以上を目指したいところです。

応用情報技術者

プログラマやシステムエンジニアなどの経験者が取得を目指す、高度IT人材としての資格です。基本情報技術者を取得した方が次に目指す資格でもあります。高度な応用力と論理的回答が求められ、スキルアップのための転職に有利な資格となるでしょう。

ITエンジニアは女性にも向いている?6種類の具体的な仕事内容や適正とは システムエンジニアは今一番必要とされる人材!年収や必要な資格、将来性を知っておこう

技術職の転職に有利な資格

技術職では、各分野に資格があると考えていいでしょう。特定の技術職を目指して転職をされる方は、その職業の知識と技能を身につけておく必要があります。

危険物取扱者

ガソリンスタンドや化学工場、石油メーカー、タンクローリーなどの施設に必ず設置しなければならない役職です。危険物の内容によって甲種、乙種、丙種の3つに分けられ、ガソリンなどの危険物の取扱いと点検ができるようになります。

施工管理技術者

建築業界の国家資格です。管工事施工管理技士、建設機械施工技士、建築施工管理技士、造園施工管理技士、電気工事施工管理技士、土木施工管理技士と種類があります。設計から施工までを監督する立場であれば欲しい資格と言えます。資格手当の付く企業もあるでしょう。

建築士

建造物の設計図を作成する仕事です。試験は、建築学の他に物理や数学の知識を要する難しい内容ですが、人手不足の建築業界では、転職に有利に働く資格となることでしょう。設計事務所だけでなく、リフォーム会社などでもニーズは高まっています。

建築士の仕事内容や必要な資格とは?一級・二級ごとの試験内容や難易度・受験資格まで徹底解説

環境計量士

経済産業省による国家資格です。環境に関するさまざまな計測を行います。大気の有害物質、工場排水や煙、騒音、振動など、調査の範囲は多様です。環境ビジネスが盛り上がる今では、工場や工事現場、店舗など、活躍の場も広がっています。

インテリアコーディネーター

建築の知識を身に付け、インテリアや間取りを提案できる仕事です。不動産会社や設計事務所、家具関連の仕事に就きたい方におすすめです。インテリアコーディネーターの求人は人気があるため、即戦力として採用してもらえるよう資格を取得しておきましょう。

インテリアコーディネーターは理想の暮らしを提案していく仕事!持っておくと優位な資格について

育児と両立しやすい?女性の転職に有利な資格

結婚や出産、子育てなど、女性ならではのライフスタイルに合わせやすい職業を選ぶなら、以下の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

医療事務

病院での医療費計算や会計業務、受付が主な仕事です。医療関係の事務として活躍の場は日本中にあると言っても過言ではありません。パートや時短など勤務形態が選べたり、再就職もしやすいことが特徴です。

医療事務の資格の種類を未経験から上級者まで難易度別に紹介!おすすめのスクール6選と勉強方法も

調剤薬局事務

薬局での会計などの仕事ができます。働き方が選びやすく、育児や介護と両立しやすいでしょう。2006年の医療法改正で、調剤薬局と病院の働きが分けられたことで、薬局が病院近くに数店舗あるといった風景も日常的。調剤薬局事務の需要は高まっています。

介護事務

主な仕事は介護報酬請求業務とケアマネジャーのサポートです。デスクワークがメインで、育児などと両立したい方にはおすすめの仕事。高齢化社会の一途を辿る中、社会貢献度も高く、未経験でも目指しやすい注目の資格です。

介護事務の仕事内容や転職時に有利になる資格!今後も求人が増えるその背景と将来性

保育士

保育園やベビーシッターなど働く場所はさまざま。子どもの笑顔と成長を肌身で感じることができる仕事です。保育士の需要は高く、住宅補助やシフトに縛られない働き方など待遇も改善されつつあります。育児経験も大いに活かせる職業です。

保育士資格は何歳になっても取得できる?気になる合格率と取得する方法を徹底解説

進路未定でも資格を持っておきたいという方におすすめの資格

とりあえず何か資格を取りたいという方は、上記で紹介したマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)、日商簿記、中小企業診断士、TOEICなど、職種を問わず役に立ち、独学の意欲を認められるような資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。その他、IT関連の基礎知識や経営の基礎が身に付けられるITパスポート試験、応募条件に多い普通自動車運転免許の取得もおすすめです。面接で不用意に問われる心配もないでしょう。

転職を成功させるためにも自分の価値を高めよう

資格を取得することが、絶対に転職に有利になるとは言い切れないものの、希望職種に合う資格を所持していれば、実績に不足を感じたりする場合に転職に有利に働くでしょう。転職活動では、即戦力かどうかが求められます。履歴書の資格欄が埋まっているよりも、まず職歴と実績に目が行くのが人事担当者です。転職を成功させるためには、今在籍している会社で実績を上げたり、人脈を作ることも大切です。自分の価値を高める経験も見逃さないようにしていきましょう。

資格難民になっている人が増加している!?転職・就職を成功させるために資格をうまく利用しよう
0