TAG

夫婦関係

「自慢の妻」だと思う夫は全体の6割!夫に愛される妻の特徴と幻滅した6つの瞬間とは?

旦那さんが会社の同僚や友人に自慢し、そして周囲の人たちが羨ましがるような自慢の奥様、そんな奥様でありたいものです。ではそんな奥様像とはいったいどのようなものなのでしょうか?今回は旦那様の声を基に旦那様の理想の奥様像、そしてそんな奥様はどんな時に自分は旦那様にとって自慢の妻であることであることを自覚するのでしょうか?

夫婦別姓のメリット・デメリットについて知りたい!子どもに与える影響、戸籍などの手続きについて

現在の民法のもとでは、結婚した際、男性、もしくは女性が必ず名字を改めて同じ名字を名乗らなくてはいけません。しかし近年では、女性の社会進出に伴い仕事をする女性が増えたため、名字が変わることで様々な問題が生じる場合が増えています。この流れにより「夫婦別姓」を求める声が多くなってきています。今回はそんな夫婦別姓の現状や問題などについて詳しく解説します。

単身赴任が離婚の理由になるかもしれない!?浮気をしやすい女性の行動12選・注意すべきポイント3つ

夫婦の離婚原因は様々ですが、その中でも単身赴任から離婚に繋がるケースが意外と多いようです。家族の為に必死で働く夫、家で寂しく待つ妻、最初は乗り越えようと一生懸命ですが、うまくいかなくなってしまうこともあります。ここでは単身赴任から離婚に繋がるケースや原因などを詳しく見ていきます。最悪の事態を回避するためにもぜひ参考にしてみてください。

妊娠中に夫が浮気をするのはどうして?その理由と防ぐための5つの対策

愛する人との子どもをお腹に宿し、幸せいっぱいの中で、もし夫が浮気をしてしまったら、あなたは許せますか?子どものために我慢して結婚生活を続けられますか?そんなことは考えたくはありませんが、夫の浮気で多いのは妻の妊娠中だという話を耳にします。自分の妊娠中に夫に浮気されないためにも、どうしてその時期に夫が浮気に走ってしまうのか、その原因と夫が浮気をしないような対策を知って未然に浮気を防ぎましょう。

子どもに支払われる養育費の相場とは?離婚時に知っておきたい5つのこと

養育費とは、子どもを育てるために支払われるお金のことです。養育費には20歳までの教育費や生活費などが含まれています。では、この養育費には相場などはあるのでしょうか。また、場合によって養育費が免除されるケースなどはあるのでしょうか。今回は、養育費についてご紹介します。

【夫あるある】ガマンの限界に挑戦中? 夫のイライラする行動パターン

「やさしくして」なんて贅沢は言いません、私の願いは平和に過ごしたい、ただそれだけなんです…。なのにいつもいつも、気持ちを逆なでしてくれる自分勝手なダンナの行動。イライラ、ムカムカ…なんでこんなに腹が立つのかってイヤになっちゃうぐらい。それならいっそのこと、イライラする原因を吊るし上げてしまいましょう。ということで、よくある「夫のイライラする行動パターン」をピックアップ。「わかる!わかる!」という声 […]

夫は育児をサポートしてくれる?育児疲れでイライラをぶつけたことはある?出産後の夫婦関係について子育てママに調査!

先月に株式会社キッズラインが行った調査、「夫婦の危機が産後に訪れた割合は?」。子育てママ約120名に出産後の夫婦関係について質問が問われました。出産後、夫婦にはどんな変化があるのか気になるところ。早速みていきましょう!

北海道比布市の「ご当地婚姻届」が可愛いと話題に!他地域でも可愛いデザインがいっぱい

6月1日、結婚情報誌『ゼクシー』が北海道の比布町とコラボした「ご当地婚姻届」を発表しました。今までも31都道府県40種類のご当地婚姻届けが発表されています。どれも可愛くて見てるだけで楽しいので、結婚予定の人はもちろん、結婚予定のない人も必見です!

小林麻央さんのがんが顎に転移。市川海老蔵さんは頑張る妻の姿に「日々学ばされています」

市川海老蔵さんの妻であり、フリ―アナウンサーの小林麻央さんが2014年10月、乳がんであることが発覚しました。そんな麻央さんは現在、闘病生活をしていてその闘病生活を綴っているブログ『KOKORO』を読んだことがある方も多いのではないでしょうか?そのブログの中で26日に限定公開された記事がメディアやTwitterで注目されています。

産後クライシスとは?離婚を防ぐ原因と解決法

妊娠出産は女性にとって人生の一大イベント!こどもが産まれることで、旦那さんとの絆もより一層深まる…。そんな風に考えている女性も多いですよね。しかし、大好きな人の子供を産んだはずなのに、その旦那さんを嫌いになってしまう“産後クライシス”がここ数年で大きな話題を呼んでいます。離婚に繋がるケースもあり深刻な問題です。今思えばあの時のイライラやモヤモヤは産後クライシスだったのかも?そこで今回は、時には、離 […]