ライフスタイル

節約ママにおすすめ!1つ30円で人気のドーナツが買えるその理由とは

埼玉県川越市に、ピンクと白のボーダー柄のお店があります。その名も『30えんドーナツ』。お店の外観が可愛らしいだけではなく、ドーナツが30円で買えるなんて、値段も可愛すぎますよね。ドーナツって、普通の値段で買うと結構な金額になってしまいますよね。食べたいときは、ドーナツ屋さんが100円セールをするときに、子どもを連れてまとめて…というご家庭もあるのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、30円で買えるドーナツ!なぜそんなに安く買えるのか、その秘密をお話したいと思います。

2017年08月30日更新

MOMOKO (ホプラス編集部)

  • fb
  • line

30円でドーナツが買えるそのわけってなに?

埼玉県川越市には、『アイフーズ ドーナツ工場』というドーナツ工場があります。そのドーナツ工場では30円で買えるドーナツを作っています。また、作っている過程でどうしても“B級品”が出てしまうということを、お聞きしたことがあるのではないでしょうか。その“B級品”は、30円を下回る「18円」で購入することができるんです。
ただ、「18円」のドーナツは、単品で売られているわけではなく、ドーナツが少なくても14個でまとめてある大袋に入って売られています。1袋250円なので、約18円ということになります。
30円でドーナツが買えるのも驚きですが、さらに安く、1つ18円の単価でドーナツが買えるなんて、ますます驚きますよね。

ドーナツの種類は、プレーン、チョコ、いちご、いもの4種類です。いも味があるなんてと、珍しく感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。お店がある川越は、お芋の名産地なんです。おいもの味がしっかりついていて、ほんのり甘いのかなと、想像するだけでも美味しそうですよね。

ドーナツを実際に食べた人から「美味しい」の声が多数寄せられています

「30円とはいえ、ここのドーナツがすごくウマいのよ~」「ちょっと小腹が空いたときとか、子どもが保育園から帰って来たあとのおやつにピッタリ!」など、多くの方が、30円ドーナツの魅力について、SNSで呟いています。
『30えんドーナツ』で売っているドーナツは、子どもにピッタリのサイズで、子どもがいるママさんが多く買いに来ています。ただ、安くて美味しいとなると、人気の味は売り切れになってしまうことも。早めに買いに行くことをおすすめします!

cha-miさん(@cha.miffy)がシェアした投稿

@choco_love_mがシェアした投稿

休日は家族で『30えんドーナツ』を買いに行こう!

休日は家族で、ドライブがてら川越までお出かけなんてどうですか?
埼玉県まではちょっと遠いという方は、ネットでも購入できるので、ぜひご覧になってみてください。

  • 【公式サイト】アイフーズ

  • 関連するキーワード