CATEGORY

子供の健康

【助産師監修】熱性けいれんの正しい対処法3つ!受診の目安や予防法・てんかんとの違いも解説

熱性けいれんは、子どもを持つ親御さんや子どもに関わる仕事をされてる方は、一度は聞いたことがある病気でしょう。熱性けいれんと聞くと恐ろしい病気のような感じもしますが、きちんとした対応をすれば、基本的にけいれん自体が命にかかわることはありません。そこで今回は、熱性けいれんとその対応方法について詳しくお話しします。

赤ちゃんの「ずりばい」はハイハイとは違うの?4つの練習方法と5つの注意点とは

赤ちゃんのずりばいとは何か?聞いたことはあるけどどんなことなのか、気になることがたくさんありますよね。さらに気になるのが、ずりばいをし始めるのが早い遅い、できないとダウン症や発達障害なの?という心配も。ずりばいをするとき時の注意点や対策など、みんなが気になる疑問を併せて紹介していきます。

【医師監修】子どもの下痢をどうにかしたい!下痢の種類や症状・対処方法について

子供が体調を崩して、病院で説明するとき、下痢していると伝えることはありませんか? 実は、ひとくちに下痢といっても、下痢にも色々な種類があることはあまり知られていません。病院で下痢の特徴を伝えられると、病気をより早く見つけるヒントになるかもしれません。今回は下痢の種類と病気との関係に注目していきます。

子供も楽しめる里芋を使ったレシピとは?子育て中のママにおすすめ!

トロッとした食感がたまらない、時間をじっくりかけて炊いた里芋の煮っころがしは、昔懐かしいお袋の味です。しかし、人によっては里芋の皮で手がかぶれたり、火通り加減の具合がわからない、といった調理の仕方が難しいイメージをもたれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。けれども、里芋はコツを掴んだらとても使いやすい、栄養たっぷりの大変魅力的な食材です。里芋の栄養価や調理の仕方をはじめ、ぜひお子さんとご一緒に […]

【医師監修】りんご病の感染経路や症状は?治療方法やかかってしまった場合に注意するべきこと

ほっぺたが赤くなって完熟りんごのようになってしまうことが特徴のりんご病ですが、子供たちはいったいどこからこの病気をもらってくるのでしょうか。ここでは、よく知られているりんご病の症状だけではなく、りんご病の原因や感染経路についても説明していきます。

風疹(ふうしん)を予防して妊婦さんと赤ちゃんを感染から守る!予防接種で抗体をつけよう

風疹といえば子どもがかかる病気と認識している人も多いのではないでしょうか。しかし平成24年~平成25年の風疹大流行では患者の8割が大人でした。その内の3/4は20代~40代の男性です。大人の、それも成人男性には風疹の抗体がなかったのか、予防接種は受けていたのか見ていきましょう。また風疹といえば、お腹の赤ちゃんが感染すると障害を起こす可能性がある病気です。妊娠中の女性と生まれてくる赤ちゃんに風疹を感 […]

赤ちゃんがうんちをしない原因は?マッサージやオリゴ糖を使った月齢別の便秘解消法

実は便秘には具体的な定義がありません。ですが、“通常の排便習慣よりも排便がみられない期間が著しく長い状態“を差します。赤ちゃんの便秘にも個人差があり、数日排便がなくても機嫌が悪くならない子もいれば、1日出ないだけで暴れる子もいます。赤ちゃんはいきむ力が弱いので、ママが上手に排便を促していきたいものです。月齢別に原因や解消法を知り、赤ちゃんの慢性的な便秘を改善させてあげたいですね。

【医師監修】腹痛や嘔吐に発熱‥子どものインフルエンザの種類や症状、予防について

歴史的にはかなり古くから流行をしていたと言われていますが、未だに毎年流行するのがインフルエンザです。インフルエンザにはさまざまな種類があります。種類によって色々な症状も出てきます。ここでは色々なインフルエンザの種類や症状、治療法、予防方法を取り上げていきます。

赤ちゃん用体温計の選び方とおすすめ商品5選!

赤ちゃんを迎えると、心配なのが体調管理。特にお母さんからの免疫がなくなると言われている生後6か月頃からは風邪をひきやすくなり、頭を悩ませている方も多いはず。そんな時に必要になってくるのが体温計ですが、大人と同じ体温計を使ってもいいの?とお悩みの方も多いのでは。そんなお母さんのために、赤ちゃん用体温計の重要性、体温計の種類、正確さ、おすすめ体温計など、調べてみました。

【医師監修】B型肝炎とは?感染経路や検査方法を知って未然に予防しよう

血液感染や母子感染などによって感染するB型肝炎。B型肝炎は、ニュースでも大きな話題になったことがありますので、名前は有名なのではないでしょうか。B型肝炎にかかると、肝硬変や肝細胞癌などにつながり、肝不全で亡くなることもある恐ろしい病気です。感染経路や検査方法、予防方法を知って正しい対策を行うことが必要です。

子どもだけじゃない!大人や妊婦も気を付けたいおたふく風邪の症状や感染経路、治療、予防方法について

子どもの病気というイメージが強いおたふく風邪。実際患者の多くが子どもです。しかし、子どもだけでなく大人もおたふく風邪にかかります。そして大人がかかったときは重症になるケースがあるので要注意です。では一体どうしておたふく風邪にかかるのか、子どもと大人ではどう違うのか、予防接種は受けた方が良いのか、などの疑問を解いていきましょう。

【医師監修】18トリソミー(エドワーズ症候群)とは?原因や症状・治療法について

18トリソミー(エドワーズ症候群)と呼ばれる、染色体異常による先天性疾患をご存知でしょうか?ダウン症に次いで発症率の高い染色体異常とされています。18トリソミー(エドワーズ症候群)に関して、染色体異常になってしまう原因や診断方法、18トリソミー(エドワーズ症候群)による症状、予防や治療法などあるのかをご紹介します。

【医師監修】赤ちゃんのアレルギー検査はいつから可能?子どものアレルギーの原因や種類、検査方法、費用について

子育てをしていく上で一番気になるのは子どもの健康。急な湿疹や発作などが起こるとパニックになってしまうこともあるでしょう。環境の変化や食べ物の摂取後の症状はアレルギー反応かもしれません。病院で検査をしてもらい原因がわかれば今後の子育てに活かすことができます。ここではアレルギー検査に関する情報をご紹介します。

【医師監修】新生児に多く見られる口唇口蓋裂とは?治療方法や術後の様子、遺伝との関係性について

先天性異常の一つである、口唇口蓋裂。先天性であるがために、遺伝性があるのか大変気になるところです。また、生まれてきてからどのように対応したらいいのか、口唇口蓋裂の治療法、その後の生活がどうなるのか、日常生活をきちんと送れるようになるのかなど心配なことは多いと思います。ここでは、口唇口蓋裂に関する情報をご紹介します。

【医師監修】頭皮・耳・顔がカサカサに!赤ちゃんに起こる脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎を起こすと、もちもちしたあかちゃんのきれいな肌がカサカサになってしまいます。 特に顔や耳の後ろにできることが多いので、目に付きやすいです。 見ていて痛々しく感じてしまうことでしょう。 ここでは、子供におきる脂漏性皮膚炎と、その対処法についてご説明いたします。

【医師監修】子どもの手足口病、保育園はいつからOK?症状や5つの予防方法

夏になると流行る手足口病。子どもの頃感染したことがある、という方も多いのではないでしょうか。お子さまが感染してしまったら、どうすればいいのでしょうか。今回は手足口病の基本症状、予防方法や保育園に行けるタイミングなど気になる情報丸分かり!お子さまだけでなく、ママさんが出来る予防法もご紹介します。

【医師監修】幼児がかかりやすい急性胃腸炎の原因とは?ロタウイルス感染症の特徴と対策を知ろう!

おなかが痛い、下痢がとまらない、子供のそんな症状が続いていると、大変心配になります。もしかしたらそれは、子供が急性胃腸炎にかかってしまっているからかもしれません。 急性胃腸炎の原因のひとつロタウイルス感染症の特徴と対策についてお伝えいたします。

【医師監修】子供の髄膜炎、処置が遅れると後遺症のリスクあり!症状や原因・予防法について

髄膜炎は生命にかかわる恐ろしい病気です。 早く処置をしてもらわないと、生命を取り留めても長く後遺症と戦わなければならなくなります。そのために、髄膜炎の症状や対処法をご紹介します。 ただし、髄膜炎の兆候があったら自分だけで対処しようとはせず、迷わず病院へ行くようにしましょう。

【医師監修】子育てママ必見、夏の感染症「ヘルパンギーナ」に要注意! 原因や症状・早期発見法について

ヘルパンギーナとは夏にひく風邪の一種で、小さい子供に多く見られる症状です。ウイルス性の疾患で年齢が低くなればなるほどかかりやすくなります。今回は、ヘルパンギーナの原因や症状、治療や予防方法などを中心に見ていきます。正しい知識を学んで、適切な対応をしましょう。

【医師監修】集団生活の多い赤ちゃんや子どもは感染しやすい!水疱瘡(水痘)の症状と予防の心得

赤い発疹が体いっぱいに広がる水疱瘡。 かゆさのあまりつい引っ掻いてしまうと、引っ掻いた傷が化膿してとびひになったり、痕に残ってしまったり、悪循環になりがちです。 特に、保育園や幼稚園で集団生活をしている子供たちの中には、数日間感染に気がつかないで通ってしまうこともあり、結果、徐々に流行してしまうことがあります。 ここでは水疱瘡の予防や治療についてご紹介します。