【父の日】親子で作る愛情いっぱい手料理を!作って楽しい・見て可愛い父の日特別レシピ

【父の日】親子で作る愛情いっぱい手料理を!作って楽しい・見て可愛い父の日特別レシピ

Kaede

6月18日は「父の日」です。今年は何をするかもう決めていますか?もう決めたという方も、まだという方も必見の“父の日に関するお父さんの本音アンケート”と子どもと一緒にできる父の日特別レシピをご紹介します!

6月18日は“父の日”

今週末の18日、日曜日は父の日ですね。毎日、家族のために仕事を頑張ってくれているお父さん。
そんなお父さんに感謝の気持ちを込めて、家族みんなで何か気持ちのこもったプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

この記事では、父の日に関するお父さんの本音アンケートと併せて、簡単・子どもとできる、お父さんが喜ぶ料理を紹介します。もうプレゼントを用意しているという方、まだ用意していないし、何をするかも決めていないという方も必見です!

父の日に関するお父さんの本音アンケート

エスビー食品株式会社は、6~18歳の子どもを持つお父さん500人を対象に「父の日のプレゼントに対する本音」に関する5つのアンケートを行いました。

  • 父の日にプレゼントをもらったことがないお父さんは4割超え
  • 「あなたはお子様(現在6歳~18歳)から、父の日のプレゼントを貰ったことがありますか(単一回答)」という質問をしたところ、「ある(57.8%)」「ない(42.2%)」と、貰ったことがないお父さんが40%を超える結果となりました。


  • 父の日のプレゼントは「モノ」より「コト」
  • 『お子様(現在6歳~18歳)から父の日のプレゼントをされるとして、以下の観点で考えた時、「モノ」と「コト」どちらがあてはまると感じますか。(単一回答)」と質問したところ、「実用的なのは」という項目以外、「モノ」より「コト」を支持する結果となりました。


  • 父の日は「手書きの手紙をもらう」が1番!“手作り料理で食卓を囲む”ことに対しても支持が集まる
  • 「父の日に、あなたがお子様(現在6歳~18歳)からしてほしいと思うことは何ですか。(複数回答)」と息子を持つお父さん、娘を持つお父さんそれぞれに質問したところ、「手書きの手紙をもらう」が最も多くなりました。また、「一緒に食事をする」「一緒に料理を作る」「手料理をつくってもらう」のような“手作り料理で食卓を囲む”ことに対して、支持が集まりました。


  • 子どもの手料理を食べたことがないお父さんは半数超え、8割強のお父さんが子どもの手料理を食べたい
  • 「あなたはお子様(現在6歳~18歳)の手料理を食べたことはありますか。(単一回答)」と息子を持つお父さん、娘を持つお父さんそれぞれに質問したところ、食べたことがないお父さんが半数を超える結果となりました。
    また、「あなたは将来、お子様(現在6歳~18歳)の手料理を食べてみたいと思いますか。(単一回答)」と質問したところ、80%強のお父さんが食べたいと回答。食べたい気持ちはあるが機会がないというギャップが調査を通じて鮮明になりました。特に、息子の手料理に関しては、45ポイント以上の開きがあり、息子に対しても手料理を期待しているお父さんの意外な心境がうかがえる結果となりました。


  • 食べてみたい子どもの手料理1位は「カレーライス」
  • 前問の「あなたは将来、お子様(現在6歳~18歳)の手料理を食べてみたいと思いますか。(単一回答)」という問いに対して、「食べたい」と回答した方に絞って、「あなたが将来食べてみたいと思う、お子様(現在6歳~18歳)の手料理をお答えください。(複数回答)」と息子を持つお父さん、娘を持つお父さんそれぞれに質問したところ、「カレーライス」が最も多くなりました。特に、息子を持つお父さんからは、過半数を超える回答となり、「カレーライス」が圧倒的に支持されていることが分かりました。

    お父さんが喜ぶ!父の日特別レシピ

    アンケート結果で分かったように、子どもの手作り料理を食べたいというお父さんはたくさんます。今年の父の日は是非お子さんと一緒に料理してみてはいかがでしょうか。きっとお父さんは喜んでくれると思いますよ。
    https://hoplus.jp/wp-admin/media-upload.php?post_id=5700&type=image&TB_iframe=1
    それでは、作って楽しい・見て楽しい栄養満点の父の日特別レシピを紹介します!

    辛口のカレールーや枝豆を使って、大人の味付けに!

    ≪材料(4人分)≫

    米…2合          水…700g
    お湯…大さじ3       カレールー(辛口)…90g
    サフラン…ひとつまみ   ニンジン...80g
    ワイン(白)…大さじ2   はんぺん(練り)…160g
    バター…20g えだまめ…32g
    豚肉(バラ)…200g   たまねぎ…1個
    ゆで卵…1個 のり…適量

    ≪作り方≫
    1…米にお湯で色だししたサフラン、ワイン、バターを加え、2合弱(分量外)の水を加えて、炊飯する。
    2…鍋に豚肉、スライスしたたまねぎを入れ炒め、水を加えて15分ほど煮込み、カレールーを加えて味を調える。
    3…にんじんは星型に抜いてゆで、はんペんは花型に抜き半分に切っておく。
    4…お皿に(1)を長方形に盛り付け、まわりに(2)をまわし入れ、(3)、えだまめ、1/4に切ったゆで卵を
    トッピングする。
    5…仕上げにお好みの形に切り抜いたのりをトッピングする。


    パイ生地を顔型に!野菜たっぷりで食べごたえ抜群・ミートパイ

    ≪材料(1個(4人分))≫

    ズッキーニ…1本 こしょう…少々

    パプリカ(赤)…1/3個 ミートソース…1缶
    パプリカ(黄)…1/3個 冷凍パイシート…2枚
    たまねぎ…1/2個 卵…適量
    塩…少々 オリーブスライス…2枚

    ≪作り方≫
    1…ズッキーニ、パプリカは小さめの乱切りに、たまねぎは1cm角に切る。
    2…油(分量外)を熱したフライパンで(1)を炒め、塩、こしょうで味をととのえ、ミートソースを加えて
    混ぜ合わせ、冷ましておく。
    3…冷凍パイシートを麺棒でのばし、15cmの丸型に切り、(2)をのせる。
    4…(3)の上にもう一枚のパイシートをのせて丸く切り、端をフォークで止める。余った生地でひげや髪の毛を 作る。
    5…(4)に溶いた卵を塗り、オリーブスライスをのせる。
    6…200℃のオーブンで25分ほど焼く。

    まだ小さいお子さんには飾り付けや型抜きをやってもらったり、小学校中学年以上の子は一緒に1から作るなど、お子さんの年齢に合わせてやってもらう範囲を分けるといいですね。また、くれぐれも火の元や包丁には気を付けてくださいね。

    参考サイト:PRTIMES

    手作りのもので愛情いっぱい!

    いかがでしたか?料理はお子さんと一緒に楽しみながらできて、その日すぐに準備できるのでいいですね。お父さんにとっても、わが子と奥さんが一生懸命作ってくれた料理はとても嬉しいはずです。また、普段は中々言えない感謝の気持ちを手紙に書いて一緒に渡すのもいいですね。今年の父の日は、是非、愛情のこもった料理や手紙でお父さんに感謝の気持ちを伝えてみてください。

    0