【インスタで話題】イクメン・愛妻家として人気のアンガールズ山根さん

Kaede

最近よく耳にする「イクメン」という言葉。芸能界でもいろいろな方がイクメンとして取り上げられていますが、お笑いコンビ・アンガールズの山根さんが相当なイクメン・愛妻家ぶりを発揮しているのをご存知でしょうか?

SNSで「イクメン」と話題

「キモカワ」というキャッチフレーズや「ジャンガジャンガ」のネタでお馴染みの、お笑いコンビアンガールズ。そのボケ担当の山根良顕さんがやっている、instagramやアメーバブログが「イクメン」「家族思い」と子育て中のママをはじめ、多くの女性から注目を集めています。

アンガールズの山根さん

山根さんといえば、バラエティー番組を見ていても相方の田中さんよりゆるーっとしていて大人しく、特に子どもが好きなイメージもない方です。

そんな山根さんですが、2013年に今の奥さんと結婚し、2015年5月に第一子となる女の子が生まれ一児のパパになりました。

その時のアメーバブログにはこう書かれています。

ご報告です。

5月12日12時17分に娘が2808グラムで誕生いたしました

本当に奥さんも頑張ってくれて、娘も頑張って出てきてくれました!
幸せを運んでくれて、ありがとう!
今までの事の中で一番の幸せです.

これで益々一家の大黒柱として頑張らないといけないという気持ちになりました。

細長い大黒柱として、すぐ折れない様に何の仕事でも頑張りますので、これからもよろしくお願いします!

イクメンの賞も取れるくらい頑張ります!

旦那さんがこんな風に思ってくれていたら、奥さんも生まれてきたお子さんも嬉しいでしょうね。

また、山根さんはこのアメーバブログだけでなくinstagram(@ungirls_yamane)もやっているのですが、それが特に注目されています。

家族愛で溢れているinstagram

お子さんが生まれてから山根さんはinstagramをこまめに更新しています。その自己紹介には、こう書かれています。

子供の成長記録してます。見たい人はどうぞ!娘が大きくなった時に読んでもらおうと思いながら書くことにしました!奥さんと協力して頑張って行きます!


お子さんのために更新しているなんて、なんとも素敵なパパとママですよね。

山根さんは自身のinstagramに、日々の子どもの成長から奥さんとの日常まで様々な写真を投稿しています。更にその写真と一緒に家族愛でいっぱいのコメントもしていて、見ているだけで幸せな気分になれます。そんな幸せいっぱいのinstagramを一部ご紹介します。

娘さんへの溺愛ぶり

二重だー!たまになるみたい!奥さんから送られてきた! 一重もかわいいけど二重もかわいいね♡ 結局何でもかわいいんだよね! 本当にコメント見てたり、街を見ていると子供って多いんだなぁって思っちゃいます。 今までは気づかなかっただけなんだよね! そして世の中のお母さん本当にスゲェなって感じちゃいます! そしてユッキーナも改めてすごいなと感じております!ベッキーさんもコメントくれて優しいな。ベッキーさんの子供もかわいいだろうね!もちろんみなさんのコメントも優しすぎる。 芸能界もベビーラッシュだという記事を見ました!みんな元気に育てば良いなぁと素直に感じるよ!競争とかもあるかもしれないけど、優しい気持ちで素直な子なら良いよね!なんか優しい気持ちになりすぎて芸人として大丈夫かな?と感じております。 #photooftheday #instagood #baby

ungirls yamane アンガールズ山根さん(@ungirls_yamane)がシェアした投稿 –

奥さんへの愛も溢れています!

もちろん娘さんだけではありません。妊娠中の奥さんを気遣ったコメントや、いつも家事や育児を頑張ってくれている奥さんに感謝の気持ちを伝えているコメントも多く見られます。

微笑ましい家族写真

マタニティーフォトや、誕生日・クリスマスなどのイベント、お出かけした時の写真など、とても仲良さそうな家族写真もたくさん投稿しています。

思い出が増えてくね! 嬉しいよ!家族でいるのって!

ungirls yamane アンガールズ山根さん(@ungirls_yamane)がシェアした投稿 –

ネットでもイクメンパパと反響大!

山根さんのイクメン・愛妻家ぶりにネットでは「アンガールズの山根すごく良いパパ!」「インスタを見て山根が好きになった」などの声が多く寄せられています。

これからの山根さんに注目!

世間的にあまりイクメンとして知られていないアンガールズの山根さんですが、写真やコメントからお子さんや奥さんに対する愛が伝わってきますよね。そして何よりも山根さん自身がとても幸せそうです!これからもパパとして、お笑い芸人として、頑張ってもらいたいですね。

0