子どもの絵が動きだす?!次世代おもちゃ「おえかきアーティスト」に新作ソフトが登場

子どもの絵が動きだす?!次世代おもちゃ「おえかきアーティスト」に新作ソフトが登場

Ayano

「日本おもちゃ大賞2016」エデュケーショナル・トイ部門大賞も受賞歴のある、”おえかきアーティスト”というおもちゃ。おえかきアーティストは、液晶パネルに描いた絵が動き出すなど、大変ユニークな仕掛けとなっています。7月上旬、このおえかきアーティスト専用ソフトに新しく「お仕事体験 」や「英単語」なども学べる新モードが登場します!

おえかきアーティストとは?


おえかきアーティストは、液晶画面が内臓されている本体にタッチペンが付属されています。本体には専用microSDカードのソフトを差し込み、さまざまなモードで遊ぶことが出来ます。
2016年7月に発売し、子どもたちに大人気のおもちゃとなっています。
本体価格:20,000円(税抜)

おえかきアーティストで遊ぶことのできる10種類のモード

▼わくわくまなび教室

第一弾のソフト「わくわくまなび教室」では、下記のモードで遊ぶことが来ます。

  1. 動く絵モード
  2. パラパラアニメモード
  3. パラパラ写真モード
  4. カメラモード
  5. ぬりえモード
  6. マンガ作成モード
  7. メッセージアニメモード
  8. せんなぞりモード
  9. もじなぞりモード
  10. おえかきモード

動く絵モードでは、自分の描いた絵が動き出したり、ペンでなぞって動かしたりすることができます。カメラも搭載されているため、撮った写真に落書きしたり、模写モードで絵にしたりすることも可能。また、50音から好きな文字を選び、なぞって練習することもできます。
お絵かきして遊ぶだけでなく、文字を書く練習もできるなど、遊び感覚でさまざまな事を学ぶことができますよ。

▼おえかきアーティストの商品紹介動画

おえかきアーティストの商品レビュー

価格が高く、買うのをためらっているパパやママも多いようでしたが、実際に購入するとその機能の充実さに驚いているようです!また、お絵かきがあまり好きではない子どもも、おえかきアーティストでは夢中で遊んでいる様子がレビューに多々記載がありました。
スマホやタブレットのアプリでも遊ばせることが出来ますが、すぐに動画やゲームで遊んでしまいます。それよりもおえかきアーティストで遊ばせるほうが子どもにとっても良いことだと考えているママパパが多いようですね。

▼口コミ1
値段がかなり高いので、子供が気に入らなかったらどうしよう、でもおえかきは好きだし…と不安の中購入しました。子どもはとっても気に入ってくれて毎朝幼稚園行く前、帰ってからずっとおえかきしています。自分の書いた物が動いたり、内蔵されたカメラに撮った写真を上からお絵かきしたり、本当に楽しいみたいです。(20代のママ)

▼口コミ2
息子の5歳の誕生日に買いました。下に2歳と1歳の妹弟がいるので、少々奮発して長く使えるものをと思い、この商品をプレゼントにしました。息子は絵を描くのがあまり好きではなく、書いても同じ色で書くことが多く、保育園では先生の助言もあるのか?それなりに上手に色々描いているのですが家ではお絵かきを進んですることもなく、色んな色をたくさん使って描くこともしませんでした。そんな息子に少しでも絵を描く楽しさ、色を使う楽しさを教えるためにとてもよいと思っていましたが、色がかなりたくさんあるだけでなく(微妙な色の違いもあり、本当に多種多様な色があります、そして筆の種類も豊富なのでその色の表現はすごく多くなります)、【絵を動かせる】【カメラで撮った画像に落書きできる】機能がとても大うけで朝早起きして登園するまでたくさん遊んでいました。タブレットでもお絵かきアプリはありますが、タブレットだとYouTubeやゲームアプリなどで遊んでしまい、受動的なものを選んでしまってダラダラと見続けて目にも良くなく、タブレットはいつも隠していました。これだとカメラ(画質はかなり悪いですが子供には気にならないようですのでOK)もついているし、音が出たり、自分の描いた絵が動かせられるのが本当に面白いようです。ひらがなや運筆の練習があるのもとてもいいです。安くない買い物ですが、すぐ飽きるような玩具より知育にもなりかつタブレットは与えたくない方にはかなりオススメです。(30代のパパ)
引用:楽天レビュー

新ソフトが7月上旬に登場!

そして今回、おえかきアーティストに新作ソフトが登場します!今までよりもさらに遊べる幅が増えています。

おえかきアーティスト専用ソフト「わくわくおしごとタウン」

▼わくわくおしごとタウン

メーカー希望小売価格:3,980円

わくわくおしごとタウンに加わったモードは下記の全6種類。

  1. おえかきレストラン
  2. おそうじチャレンジ
  3. えいたんごゲーム
  4. おしごとぬりえ
  5. おえかき
  6. うごく絵


おえかきレストランではコックになりきって料理を描いていくというもの。子どもの創造をフルに活かせる内容です。また、コンビニ店員のお仕事をしながら英単語を覚えることのできるえいたんごゲームや、ぬりえをしながら18種類ものお仕事が学べるおしごとぬりえという楽しくお仕事体験ができるモードもあります。
おえかきやうごく絵には、第一弾でのモードをさらにバリエーション豊かに遊べるよう、スタンプや背景が追加されています。

参考文献:PR TIMES

おえかきアーティストで楽しく学ぼう!

さまざまなモードで楽しむことができる、おえかきアーティスト。お絵かきは、子どもの創造力を無限に引き出せる遊びです。また、幼児から小学生まで、みんなが楽しめますよね。今回おえかきアーティストに追加されたソフトでは、絵を描いたり、文字の練習をしたりするだけでなく、新たにお仕事体験や英語学習といった、子どもたちにとって必要不可欠なことを遊びながら楽しむことが出来ます。ぜひ試してみてくださいね。

0