「コストコ」が子育てママにおすすめのワケとは?大容量でコスパが良いおすすめのベビー・キッズ用品15選

Hiroko

コストコで買い物をしたことがありますか? コストコは子供がいるお宅には嬉しいところなのです。それは何故なのか、コストコの紹介をはじめ、キッズ、ベビーにオススメ商品をご案内します。

コストコとは

コストコとは正式名称を『コストコホールセール』という会員制の倉庫型の大型スーパーです。世界中にある倉庫型店舗は品揃え豊かで、ファンが多くいます。

コストコはどんなところ?

コストコに行ったことがある方は、初めて行ったときにどんなところに驚いたでしょうか。私はまず、広くて天井がとても高い倉庫の中で買い物をするという点でした。天井の上のほうまで棚があり、商品が積まれています。

コストコは大量の商品を仕入れ、コンテナのまま店舗に陳列することで、管理費などのコストを抑えています。だから、商品を安く販売することができるのです。置いてあるものは海外製のものもたくさんあり、ひとつひとつのものが大容量で販売されています。初めて訪れる人はその商品の大量販売に驚くでしょう。

コストコはどんなところ?

コストコの始まりは、アメリカのカリフォルニア州のサンディエゴの飛行機格納庫を改造した店舗でした。名前は「プライスクラブ」という名前でした。その後、会員制の大型倉庫店として、1983年にワシントン州シアトルで「コストコ」がオープンしました。日本で初めてコストコができたのは、福岡県でした。今では、2017年8月オープンの浜松市の店舗を含めると、全国に26店舗あります。

会員になるにはどんな手続きが必要

コストコのHPより、インターネットでも申し込みができます。一般家庭では、個人会員になって買い物が可能です。カード1枚につき、3名まで入店できます。また、会員と同住所の1人に追加で家族カードの発行が可能です。同世帯でカードが2枚持てますので、2枚あると6人まで入店できます。(18歳未満の子供は何名でも入店可能)

一緒に入店する際は、お友達同士でも入店できますので、お友達同士で買い物へ行ってシェアする人も多くいらっしゃいます。

どんなものを取り扱っているの?

コストコでは、家電製品から家具、日用雑貨、カー用品、文房具、生鮮食品、青果、惣菜、肉魚、キッズ、ベビー用品などなど、さまざまな商品を取り扱っています。しかも、それぞれがたくさん入っていて大容量。しかし、一個あたりの価格が安いのです。それは上記で紹介したように、無駄な管理費などのコストを抑えているからです。

コストコは家族連れには嬉しい店舗です。食品は冷凍保存ができるので、安くておいしい食品をまとめ買いすることができます。食品はもちろんですが、ここでおすすめしたいのは、キッズとベビー用品です。

前述しましたが、コストコは商品が大容量に入っています。赤ちゃんがいるおうちでは、毎日使うおむつやミルクなどをまとめ買いできれば「なくなりそう」という不安は解消されますし、安く買えれば嬉しいですよね。

また、キッズ向けの商品も豊富です。外国製の色とりどりの商品は見ているだけでも楽しいものです。文房具やおもちゃ、服などおすすめの商品がたくさんありますので、抜粋していくつか紹介します。

コストコでオススメの赤ちゃん用品

コストコには、赤ちゃんがいるご家庭に嬉しい商品がたくさん置いてあります。ベビーカーや抱っこ紐、アメリカの家庭の大きな庭に置いてありそうな遊具やビニールプールなどです。

赤ちゃんがいるご家庭は、買い物へ行くのも一苦労だと思います。その点コストコは食品も大容量。その分値段も高く感じますが、実は一個一個の値段で計算すると安いのです。たくさんの量の食材を買って冷凍保存しておけばしばらく買い物へ行かずに済みますし、その分赤ちゃんと過ごす時間ができます。

では、数あるベビー用品の中でも、特におすすめの商品を紹介します。

カークランドのおしりふき


ベビーワイプという名のおしり拭きは、赤ちゃんがいるママたちから絶大な人気を博している商品のひとつです。箱売りなのですが、開けると中に個別のビニールパック入りのおしり拭きが入っています。そして、嬉しいのが、乾燥防止のためにしっかりしたプラスチックの蓋がひとつひとつのパッケージ全部についている点です。

ウェットシートなので、蓋をしっかりしないと中身が乾燥して使えなくなってしまいます。市販されているだいたいのおしり拭きは、蓋は少し粘着が強いシールのような蓋です。何度も使っていると粘着が弱くなってしまうため、乾燥しないように、別売りでプラスチックの蓋を買って使っている人が多くいます。

大判で水分もたっぷりなのも嬉しいポイントです。ベビーワイプの良さを実感するときは、赤ちゃんがウンチをしたときです。厚みも大きさもあるので、お尻をしっかり拭いてあげることができます。使った人は大概リピーターになるという人気アイテムです。

また、赤ちゃんのおしり拭きとしてだけではなく、大人の汗ふきとして使ってもいいですし、お手拭きとして使用しても重宝します。家族みんなで使うことができるのも、おすすめポイントです。

ビブスター


使い捨てのビブスター(よだれかけ)も人気商品のひとつです。3種類の柄から選べます。嬉しいポイントは、ビブスの前の部分にポケットがついていることと、首の部分はマジックテープになっているところです。ポケットには食べこぼしたものが入るようになっていて、服を汚さないように予防できますし、出先では床を汚しにくいので助かります。

首のマジックテープもちょうどいい大きさで調整できて、何度もつけたり外したりできます。粘着テープだと1回外したらそれっきりになってしまいます。裏面はつるつるした素材で簡単には水を通さないようになっていて、3層になっているので少し厚みがあります。

コストコのビブスターは外食には欠かせないアイテムです。いつもバックに何枚か入れておけば安心です。

セタフィル モイスチャランジングクリーム


アメリカの皮膚科医が勧めるという保湿クリームです。大きな容器に入っていますので、家族皆で使えます。全身に使えるので、お風呂上りなどに体に塗って肌を保湿しましょう。塗った感触はベタベタせず、塗ってからすぐに服を着てもくっつく感じはありません。少しの量で肌にすぐ馴染むのが嬉しいポイントです。低刺激なので赤ちゃんにも使えます。乾燥から肌を守ってくれるので大助かり。

気を付けたいポイントは、成分の中にアーモンド油が使用されているので、ナッツのアレルギーがある方は使用しないほうがいいでしょう。また、肌につけるものなので、心配なことがありましたら皮膚科医に相談してから使用しましょう。

オムツ


コストコで扱っているおむつは、箱に何袋かが入って売っています。

コストコでおむつを買うという人は、

  • まとめ買いができるから。
  • ドラックストアなどでは、お1人様何点までという購入制限があるが、コストコではそれがない。

という理由が多く聞かれます。おむつは毎日使うものです。安くて大量に購入できるのがおすすめのポイントです。

粉ミルク


コストコではミルクもおすすめです。大容量で販売しているので、買いだめするのにとても適しているのです。コストコでまとめ買いしておけば、重いミルクを何度も買いに行かなくてすみます。

コストコでミルクを買った人のブログを見ると、「かなり安く買えた」と書かれていますし、やはり「まとめ買いができるところがいい」と言っている人が多くいます。

おもちゃ


■価格:2,980円(税込、送料無料)(2019/4/6時点)

赤ちゃん用のおもちゃでおすすめなのが、マットに寝転んで遊べるプレイジムというおもちゃです。カラフルで赤ちゃんの興味を引くデザインです。

お座りができない時期の赤ちゃんは仰向けになってぶら下がっているおもちゃを眺めたり、手を伸ばして触って遊びます。お座りができるようになったら、ぶら下がったおもちゃやマットについているおもちゃで遊べます。つかまり立ちができるようになったら、ジムにつかまってたっちができます。

長い期間使用できるのに、とてもリーズナブルで3,000円以下で購入ができます。おすすめのおもちゃナンバーワンです。

カーターズの子供服


コストコの子供服は1枚1,000円以下で購入できます。カラフルな色で可愛いデザインなので子育て中のママたちから大人気です。カーターズの子供服はベビー服もあり、男の子用のものも充実しているのが嬉しいポイントです。上下揃えても2,000円しないので、1日に何度も着替える夏などは嬉しい!

カーターズにはパジャマや下着もあるので、チェックしてみてください。

プレスンシール


3本入りで、1本40メートルくらいの密着シールです。シールというか、ラップのような使い方をするものです。食品を2枚のシールで挟んで、手でまわりの空気を抜きながら密封させて真空状態にして保存します。空気に触れず、密封保存できるので、冷凍したときに霜がつかず食品をおいしく保ちます。コストコで買った大量の食品を冷凍保存するときに使用するといいですね。

子供がいる家庭では、飲みかけの飲み物にラップのように蓋をしておくと、コップにシールが密着するので、コップを倒してしまったときにも安心です。また、赤ちゃんがいるお宅では、使用済みのオムツを包むという使い方をする人もいます。密封できるので、匂いが漏れることがありません。プレスンシールで使用済みのオムツを包み、ビニール袋に入れて家に持ち帰るととてもいいと評判です。

ジョイントプレイマット


ひとつのマットの中にアルファベット、星、三角などの形がパズルになっている、36枚入りのジョイントマットです。アルファベットの部分ははめ込み式で、パズルのようにして遊べます。マットの中の色が何色かあるので、組み替えて遊ぶことができます。赤ちゃんが、想像力を働かせて遊ぶことができます。また、サイコロのように組み立てることもできます。

マットを全部繋げると、183センチ四方のカーペットが出来上がります。厚みが1センチほどあるので、赤ちゃんがお座りやつかまり立ちの時に敷いてあげると事故防止にもなります。充分な広さがあるので、お友達が遊びに来ても安心して遊ばせることができます。

コストコでオススメのキッズ用品

次に、コストコでオススメのキッズ用品を紹介します。子供向けの商品もいっぱいあり、大人も見ているだけで楽しく、ワクワクします。

MRS.GROSSMAN’Sのステッカー


可愛らしい柄のシールがロールになっていて、1,000枚ほど入っています。子供の目が輝くこと間違いなし。子供同士のシール交換や、お手紙を書くときに使ったり。親から子供へご褒美シールとして使ったり、お弁当のおにぎりを包んだラップに貼ったりするのもいいですね。保存方法はアイデア次第で色々あるので、参考にしてみてください。

色画用紙CONSTRUCTION PAPER「Project Pack」


とにかく量がすごいのです。12色入っていて全部で648枚入り。それが2,000円以下で購入できます。お絵かきや工作に大活躍です。色が豊富なので、子供の創作意欲を刺激してくれます。これほど大量に入っていてこの値段なら大満足間違いなしです。

クラフトハサミ12本セット


切り口が12本全部違うクラフトハサミです。スタンドも一緒に入っているので、パッケージから出してそのまま立てておくことができます。刃先が金属製になっていますので、お子さんが使うときは充分注意してあげてください。

子供の工作の時に活躍するのはもちろん、お子さんのアルバムを作るときにも大活躍です。これだけ入っていて1,000円以下で購入できるのです。オススメの商品です。

パッド付きディズニー絵本


ディズニーの見開きの絵本が数冊(8冊ほど)とパッドがついてきます。パッドとは、選んだ絵本に合わせて音声で朗読してくれるものです。パッドで絵本の種類を選び、その絵本を開いて朗読に合わせてページをめくる。という使い方です。慣れてきたら子ども自身でパッドを操作して読みたい絵本を選ぶことができます。

音声は場面によっては効果音が流れてきて盛り上げてくれます。朗読はパッドに任せて子供と一緒に絵本を語り合いながら楽しむことができます。

ディズニーキッズソックス6足セット


ディズニーのくるぶし丈の靴下が6足入っていて、900円弱で購入ができます。1足あたり、150円以下という安さです。靴下は意外と汚してしまうので、たくさんあると嬉しいアイテムです。公園で遊んだ時に汚したり、玄関で靴を履かず歩いてしまったり。コストコのディズニーキッズソックスは6枚、柄が全部違うのも嬉しいポイントです。

幼稚園に行くときなどに、自分で好きな柄を選んで自分で靴下を履くという意欲もかきたてる可愛い靴下です。

ELMER’S 3Dペイントペン


ラメが入ったキラキラしたカラフルなペンです。書いた文字が立体的に浮き出ます。紙、布、プラスチックにも書けるので、お絵かきはもちろん、Tシャツにも書くことができるのでオリジナルの服が作れます。幼稚園に持っていく持ち物に自分用のマークをつけたりしても子供に喜ばれそうですね。

コストコではお食事も安くておすすめ!

コストコではお食事も安くておすすめ!

コストコでおすすめなのは、お買い物だけではありません。コストコの中にあるフードコートには、安くておいしいものがたくさんあってオススメです。お買い物をした後にゆっくりお食事してもいいですし、食事の時間は混雑しますので、時間をずらしてお食事するのもオススメです。

フードコートでお食事するには

コストコのフードコートで食事をするときには、会員カードを提示する必要はありません。レジに並ぶときにはカートを押しながら並ぶことができませんので、カートはレジとフードコートの間に並べます。食事をする人はみなさんそのようにしています。会計後の商品が心配な人は同伴の人に見ていてもらうといいでしょう。

レジにメニューは置いていないため、大きな看板を見て注文をします。並びながら、または並ぶ前に決めておきましょう。会計は現金のみの取り扱いです。

早速食事をしてみよう

メニューはどんなものがあるの?

メニューは季節により変わりますが、定番なのはホットドッグ、ピザ、プルコギベイクなどです。ホットドッグは180円で飲み物(ドリンクバーで飲み放題)がついてくるすごくお得なメニューです。

大人気のホットドッグを注文したら

ホットドッグを注文すると、ホイルに包んであるホットドッグと、空の紙コップを渡されます。(紙コップの中にホットドッグを入れて渡されることが多い)ホットドックにはケチャップなどはかかっていませんので、セルフコーナーでケチャップやマスタード、玉ねぎのみじん切りなどをかけます。飲み物はドリンクバーで好きな飲み物を入れましょう。

焼きたてのピザもおすすめ

ピザも紙皿からはみ出るくらいの大きさで人気のメニューです。ピザはホールで持ち帰りもできますので、家に持ち帰り焼きたてを食べることができます。コストコ内で、冷蔵のピザも販売していますが、とても大きいので焼くのが大変です。すぐに食べたい、自分で焼くのが大変だという方はフードコートで焼きたてのピザを買うことをオススメします。

コストコで上手に買い物をするための秘訣

コストコで上手に買い物をするための秘訣

コストコへ行ったことがないという方に、コストコで上手にお買い物をするコツをお伝えします。特に、子連れの場合に困ることがありますよね。

買い物中、オススメはベビーカーより抱っこ紐!

コストコに置いてあるカートには子供を乗せられるカートがあります。カート自体が大きいので子供は二人まで乗せられますが、背もたれが低く、一人でお座りできるようになったばかりの赤ちゃんには不安定です。腰が安定して、自分で手すりをしっかり持っていられる年齢になるまでは、赤ちゃん連れの方には抱っこひもをおすすめします。

ただ、コストコバッグをお持ちの方は、会計前の商品をバックに入れてもいいそうです。バックに入るくらいの量しか買わない方はベビーカーを押しながらでも買い物できますね。

ママさんの声

他の方も言っていますが、コストコバッグに会計前の商品を入れても大丈夫ですよ♪
なまものや、冷凍食品など傷んでしまうので、バッグに入れてください‼と店員さんに勧められて実践しています。
コストコバッグに収まる位の買い物ならベビーカーでも、大丈夫そうですよね。(混雑時は避けてくださいね)
ただ、あまりにも重い物ばかりだとベビーカーがひっくり返るかもなので、重量にも気を付けた方がよろしいかと思います。
出典:コストコ通

おむつ替え・授乳スペース

赤ちゃん連れの方が気になるのは、おむつ替え、授乳スペースがあるかという点だと思います。だいたいのコストコはおむつ替えスペースは多目的トイレ内にあります。しかし、授乳室は専用の部屋はないところが多いようです。多目的トイレ内に椅子が置いてある店もありますが、トイレの臭いが気になって授乳はできなかったとの意見もあります。

ただ、店員さんに声をかけると部屋を貸してくれる店舗もあるそうなので、授乳したいときはお店の方に相談することをおすすめします。

帰るときはレシートが必要

買い物をして、帰る時に気を付けたいことが「買い物をしたレシートは捨てない」ことです。帰りに出口でレシートをチェックされます。店員さんにレシートを渡して、ペンでチェックしてもらってから出てください。

家族でコストコに行ってみよう!

コストコはキッズ、ベビーのためのものが種類豊富でとても助かります。何度か行けば買い物のコツもわかってきますし、賢く買い物ができること間違いなし。ぜひ、コストコで楽しいお買い物を!

0