【2019年度版】子どもから大人気のキックボード!その選び方と人気でおすすめの商品10選

キックボード

Kaede

子どもたちから大人気のキックボード。キックボードって危なくないかしら?どんなタイプを選べばよいのかしら?といった不安や疑問を解決し、公道での安全な乗り方やルール、遊び方を学んでいきましょう。キックボードの種類、お子さんの成長に合わせた選び方をご紹介していきます。バランス感覚、運動神経も養われ風を受け爽快感抜群の楽しい外遊びを楽しみましょう。

記事の目次

キックボードはどんな乗り物?キックスケーターとの違いとは

子どもたちに人気のキックボード。正式には「キックスケーター」といい、よく耳にする「キックボード」や、「キックスクーター」は商品名のことです。キックボードは、前後に車輪がありハンドルが付いている為、自転車のルーツと言われ特性上自転車に最も近い乗り物なのです。使い方はとてもシンプルで、片足をボードに乗せもう一方の片足で地面を蹴りバランスを取りながら前へ進みます。その乗りやすさからも人気があり、また、バランス感覚や運動神経の発達も期待できると言われています。

キックボードの選び方

ブレーキの有無

3、4輪の幼児用のキックボードにはブレーキの付いていないものもあります。2、3歳のお子さんの場合ブレーキを扱うことが少し難しかったり、それほど運動量が多くなくスピードを出さずヨチヨチ遊ぶことも多いかもしれません。また、小学生になったら買い換えを考えている場合はファーストキックボードとしてブレーキなしでもよいかもしれません。

お子さんが成長し運動量も増えてきている場合にはブレーキ付きのキックボードを選んだほうが安心です。2輪のキックボードの場合後輪の上についているカバーを足で踏んで使用するものが一般的です。購入前にブレーキの有無や場所を確認しておきましょう。

体で風を受ける爽快感から思ったよりもスピードが出て危険な場面も考えられますので、お子さんの成長に合わせブレーキ付きのキックボードを選び、慣れるまではブレーキの使い方を練習してから遊びましょう。

【2017年度版】子どもから大人気のキックボード!その選び方とおすすめ人気の商品10選!

ブレーキの種類と使い方

キックボードのブレーキには数種類のタイプがあり、ホイールの動きを止めることでブレーキがかかります。

  • 前輪だけについているもの
  • ハンドル部分の手元で操作。前輪だけの場合かけ方によっては体が前方へなげ出されて危険な場合もあります。スピードの出しすぎに気をつけましょう。

  • 後輪だけについているもの
  • 地面を蹴りだす後ろ足で操作します。

  • 前輪と後輪についているもの
  • 前輪はハンドル部分の手元で後輪は後ろ足で操作します。

折りたたみできるかどうか

出かける際に交通機関を利用したり、と言った持ち運びが前提であれば、折りたたみはとても便利ですしコンパクトに収納できるといったメリットがあります。その反面、折りたたむ部分へ指を挟みけがをしてしまう危険もあります。折りたたむ際は十分気をつけましょう。

重さ

キックボードの車体の重さは、子ども用で約2kg、大人まで乗れる2輪のキックボードで約4~5kgのものが多いです。小さいお子さんの場合は親がまた、小学生であれば子ども自身が持ち運べるキックボードの重さが良いでしょう。車体の素材もアルミ製のものは比較的軽量です。

キックボードは各メーカーや機種によって構造も重さも異なりますので、購入する前に持ち運べる重さかどうか確認しましょう。

ハンドルの仕様

  • 高さ調節できるかどうか
  • キックボードを選ぶ上でとても大切なのがハンドルの高さ。高さが合っていないとハンドルにブレーキが付いている仕様ではうまくブレーキがかけられません。高さ調節できるかどうかを確認し、もし高さ調節ができない仕様のものは、ハンドルの舵が取りやすいよう身長に合わせたものを選びましょう。体に合ったサイズを選ばないと、楽しく遊べないだけでなく、けがをする危険にもつながってしまいます

曲がることができるかどうか

3輪や4輪の幼児用キックボードでは曲がることのできないものも見られます。まっすぐには進みますが、無理に曲がろうとすると転倒してしまう可能性もあります。ただ、とっさの出来事にまだ対応できない2、3歳ごろの幼児には、まっすぐ進むだけのキックボードはかえってバランスがとりやすく、転びにくいという特徴があります。その為キックボードデビューには向いています。

ホイールの大きさ

ホイールの大きさは4インチ(約10cm)5インチ(約13cm)とさまざまですが、子ども用は小回りがきく4インチが多いようです。ホイールが大きくなるほど走行性や、安定性が増し段差でもスムーズに乗り上げることができスピードも出ます。ただし、ホイールが大きくなると重量も増します。総合的に考えてキックボードを選びましょう。

キックボードっていつ頃から乗れるの?

4輪キックボード

対象年齢3歳~6歳未満となっているものが多いです。安定感があり転倒しづらいのですが、ハンドル操作できない直進タイプも多いため曲がりづらいです。

  • 安定感がある
  • 3歳ころから

3輪キックボード

4輪のキックボードに比べ種類も多く、ハンドルを取りかえれたりサドルを取り外したりとお子さんの成長に合わせて長く使えるキックボードもあります。

  • 安定感がある
  • 2歳~12歳ごろまでが多い
  • 耐荷重30kg~60kg
  • 4輪より種類が多い

2輪キックボード

一般的によく見かけるキックボードのタイプ。3歳~というものもありますが、多くの場合6歳以上という商品が多く、大人も一緒に楽しむことのできるタイプです。体のバランスをコントロールしながら乗りこなす為、スピードも出て難易度も上がります。生産国や仕様も様々で、お子さんの年齢だけでなく体格も含め安全性を重視することが大切です。また、耐荷重などメーカーによってもまちまちなので確認しましょう。

  • 6歳~大人まで乗れるものもある
  • 耐荷重90kgまでのものもある
  • 大人も一緒に楽しめる

キックボードの上手な乗り方・ポイント

キックボードを安全に乗る為には、お子さんの体の大きさに合わせ確認してあげることが大切です。

ハンドルの高さ

キックボードをまたいだ状態で、少し肘が曲がる高さに合わせましょう。

姿勢

胸を張ってまっすぐ前を見て走りましょう(下を見ない)。この時、前かがみにならないようにします。初めて乗る子どもたちは少し怖さを感じるかもしれませんが、しっかり前を向いた姿勢を取って乗っていきましょう。

ハンドルの向き

前と後ろが逆になってしまうこともあり転倒の原因になりやすいです。走り出す前にハンドルの向きを確認しましょう。

蹴りだし方

デッキに乗せている軸足に対して、左右どちら側にも足を出して蹴る練習をします。蹴り足で地面を蹴って進むというより、キックボードに乗っている足を前に押し出すように進むとうまく進めます。

キックボード知っておきたいルール

キックボードは手軽に乗れるので楽しい遊び道具ですが、乗り方や乗る場所を選び、危険がないよう注意しなければいけません。乗り方によっては大けがにつながる恐れもあります。小さいお子さんがキックボードを乗るときは大人は目を離さず、また小学生のお子さんにはしっかりと安全についてお話をし、ルールを守るよう約束していきましょう。

【2017年度版】子どもから大人気のキックボード!その選び方とおすすめ人気の商品10選!

消費者庁からの注意喚起

キックスケーター走行中の子どもの事故に注意!という注意喚起が出ています。キックボードを乗る際には十分注意しましょう。

注意
  • 取り扱い説明書を確認正しい乗り方を練習させましょう。
  • 道路の走行は大変危険です。周囲や路面の状況を確認し、安全な場所で使用させましょう。
  • 傾斜のある場所は、予期せぬスピードが出るため転倒する危険性が高まります。側溝やマンホールなどの凹凸や障害物のある場所では、バランスを崩し、転倒するおそれがあります。路面の状況も確認し、安全な場所で使用させましょう。
  • ヘルメット、を必ず着用させましょう。頭を打つと、命に関わる大けがにつながるおそれがあります。 万が一転倒した場合も、ヘルメットの正しい着用により頭部への衝撃を軽減すること ができます。
  • 万が一頭を打ったときは、症状によってはすぐに救急車を呼びましょう。
参考元:消費者庁 キックスケーター走行中の子どもの事故に注意!-頭を強く打つと命に関わる大けがを負うことも-

キックボードの公道でのルール

ルール

交通量の多い場所ではキックボードを使用するのはやめましょう(道路交通法違反)、キックボードは各メーカーや機種毎によって構造が異なる為、公道で使用可能かどうか取扱説明書をよく読み、メーカーや販売店に確認しておきましょう。

乗り方

いつでも止まれるスピードで、安全に乗ることが第一ですが、曲がり角や交差点では必ず止まることです。

お子さんとの約束と安全

お子さんが安全に楽しくキックボードで遊べるために家族でルールを決めたり話し合うことも大切です。

  • キックボードを乗る際には運動靴をはく
  • キックボードの取扱説明書をよく読む
  • ヘルメット、プロテクターを着ける
  • 乗り方、転び方を練習する
  • いつも遊んでる場所がキックボードに向いているか確認する
  • 駐車場では遊ばない
  • 坂道では乗らない
  • 自転車と一緒に走らない
  • 公園など禁止されていないか確認する
  • 見えにくい曲がり角や交差点では必ず一旦止まること

安全に乗るために

プロテクター(肘あて、膝あて)、ヘルメット

初めて乗る時は、なかなかバランスが取れず転倒してしまうこともあると思います。キックボードで遊ぶ時には、ヘルメットやプロテクターがあると安心です。必ず身につけましょう。

受身の取り方はとにかく丸くなり続ける!

キックボードで遊んでいる時に転倒してしまう可能性は否めませんが、転倒してしまった時の転び方で大きなけがにつながりにくいのも事実です。いざとなるとできないかもしれませんが、もし転んでしまった時どうやって転ぶのか、キックボードに乗る前に話し合いをしてから練習していきましょう。

  • 姿勢を低くし右足(左足)をつくと同時に右手(左手)を自分の方へ引き込みながら地面に着きます。
  • 丸くなって手の平、肘、肩の順に地面へ
  • 背中全体で回っていく。顎はひいておきましょう。
  • 回っている最中も遠心力で体が開きがちですが、なるべく丸くなっておきます。
  • 進行方向と反対側を向いているほうが望ましいです。

キックボードおすすめ10選!

4輪

ミッキーマウス イージースケーター

【メーカー希望小売価格】7538円
【対象年齢】3歳~6歳
【耐荷重】30kg

初心者でも簡単に乗れる4輪使用!電池不要で前輪が光ります。4輪で安定し、安全走行を実現。折りたたみ式でワンタッチ2秒組み立てが可能です。アルミ製なので丈夫で軽量。全面デッキ滑り止め付き。ハンドルは3段階の高さ調節可能です。

商品サイトはコチラ


3輪
 

キッズスクーター ソフィア

【メーカー希望小売価格】7560円
【対象年齢】3歳~6歳
【耐荷重】30kg

ソフィアのドレスをイメージさせるパープルを基調にした女の子らしいカラーリング。リボン型タイヤカバーの中央にはジュエルが付いていてかわいらしさと安全性を兼ね備えています。キラキラのソフィアのシール付きの大きなハンドルカバー。ティアラ付きの前輪フェンダーで世界観を演出。前かごには500mlのペットボトルが入るドリンクホルダー付き。ドリンクホルダーは使わないときは収納可能です。ステップにはソフィアの大きなイラストが入っています。

商品サイトはコチラ


ミニ・マイクロ・キックスリー・スタンダード


【メーカー希望小売価格】15800円
【対象年齢】1.5歳~6歳
【耐荷重】35kg

バランス感覚と運動神経の向上を促進、スイスの医療専門家の協力を得て開発した商品です。軽量かつ持ち運びが可能なデッキ、サドル、ハンドル2タイプのセット。前輪2つ、後輪1つ。3段階に進化するキックボードです。

  1. 歩けるようになった頃1.5歳ころからはサドル付きのキックボードとして。3輪で倒れにくく低めのO型ハンドルで小さいお子さんもしっかりつかめます。
  2. 慣れてきたらサドルを外し、小さめのキックボードとして。
  3. O型ハンドルをT型ハンドルに変えミニマイクロに変身。4~5年長い期間成長に合わせてお使いいただけます。

マイクロスタンダードモデルはT-BARの調整ができませんので調整をご希望の方はマイクロデラックス(調整可)をお選びください。

商品サイトはコチラ


Landwalker キッズ スクーター


【メーカー希望小売価格】5200円
【対象年齢】2歳~15歳
【耐荷重】40kg

ハンドルの高さ4段階調整できます。コンパクトで便利な折りたたみタイプです。場所をとらないコンパクト設計で室内などのスペースの狭い場所への収納もでき持ち運びも、らくらくです。ステップ部分はファイバーグラス素材を使用。デッキ面は安心の滑り止め加工を施しています。前輪2個使用の為横倒れしにくい仕様です。ホイールは走るとキラキラ光り夕方でも目立つので視界に入りやすく安心です。

商品サイトはコチラ


Ferrari フェラーリ キックボード


【メーカー希望小売価格】4380円
【対象年齢】3歳から
【耐荷重】30kg

フェラーリブランドの子ども向けキックボード。 前輪を2輪に交換できるので、3輪になることで安定性が上がり小さいお子様や不慣れなお子様に合った調整が可能です。ハンドルの高さも3段階に調節可能。アルミ素材使用でラクラク持ち運べる軽量タイプ。ハンドルの操作ではなく、左右の体重移動によりカーブする設計でバランス感覚も遊びながら身につきます。ブレーキは後輪部分に搭載。

商品サイトはコチラ


Hewflit キックスケーター


【セール価格】3999円
【対象年齢】2歳~5歳
【耐荷重】35kg

子どもでも持ち運びが楽な軽量タイプ。ハンドルを傾けて曲がる直観操作になっています。安定感は抜群で、回るとキレイにピカピカと光るホイールを使用しています。そして、クッション性が良いタイヤとなっています。前輪が2つで、後輪が1つの3輪構造によって横倒れしにくいようになっていて安全性でも安心できます。

商品サイトはコチラ


RANGS バランススクーター


【メーカー希望小売価格】6156円
【対象年齢】3歳~
【耐荷重】20kg

キックボードデビューにおすすめのバランススクーター。プラズマーの原理と同じように両足を乗せたら、慣性、遠心力、摩擦、重力のバランスで進みます。ポリウレタン製の大型ウィールが前に2つ後ろに1つついてバランスがとりやすいです。デッキは低い作りで安定感がありながら走行性も良くスムーズです。左右の体重移動でカーブする設計でバランス感覚を身につけるトレーニングに。後輪にはフットブレーキ搭載。少しづつ慣れてきたらスピード調整やブレーキを使った停止にも挑戦できます。

商品サイトはコチラ


2輪

RANGS キッズスクーター


【メーカー希望小売価格】4104円
【対象年齢】6歳~
【耐荷重】50kg

デッキサイズは小さいお子さんに合わせ短めで折りたたみもでき重量2.3kgと軽量なので持ち運びもらくらく。小回りが利き3輪のキックボードでは少し物足りなくなってきたお子さんへ小さめの2輪キックボードとしておすすめです。ハンドルの高さは成長に合わせて3段階に調整が可能です。折りたたむ時のクイックロックはインナーロック仕様でスムーズにたためることができます。

商品サイトはコチラ


HALO キックボード キックスケーター


【メーカー希望小売価格】6980円
【対象年齢】6歳~
【耐荷重】100kg

アウトドア大国カナダからキックボードブランドハロが2016年日本初上陸。6歳のお子さんから大人まで親子で使えます。折りたたみ式で持ち運び便利。フットブレーキを採用。ハンドルの高さもお子さんの成長に合わせ三段階調節ができます。

ウィールは日常使用に最適な「ABEC-5」を採用し、強度・滑りともにバランスのとれた走行ができます。

商品サイトはコチラ


JDBUG キックボード



           
【メーカー希望小売価格】4960円
【対象年齢】6歳~
【耐荷重】90kg 

簡単折りたたみレバー採用で軽い力で赤いレバーを引き下げるだけで折りたたみ可能のスタンダードキックスクーター。軽量で持ち運びも楽々です。幅広デッキで大人も安定してのろことができます。後輪ブレーキ採用。

商品サイトはコチラ



                                       

キックボード、 ルールを守って安全に楽しく外遊び

気軽に乗れるキックボードですが、まずははけがをさせない、しないを心がけて下さい。自転車デビューをする時、当たり前のように交通ルールを教えるのと同様に、キックボードを乗る前に親子で安全な乗り方、公道でのルールを確認し子どもたちが、安全に楽しめる工夫をしていきましょう。年齢や体格に合ったキックボード選びをすることで、子どもたちのバランス感覚や運動神経も発達していくことができる楽しい外遊び用のおもちゃです。安全に乗るための家族のルールを決めて楽しいキックボードライフを送りましょう。

0