カタツムリの飼い方!卵や土が必要で自由研究にも最適!

ホプラス編集部

カタツムリって梅雨時になると紫陽花にくっついているイメージですが、実は冬眠している季節以外は地味~に生息していることお気づきですか?子どものうちは男女問わず、虫や両生類など犬猫などの身近なペット以外にも興味津々ですよね?実はこのカタツムリ、とっても飼いやすく観察しているとユニークな生態をしています。そんなカタツムリは観察日記を書くと面白いことウケ合いで、子どもさんの自由研究に最適なんですよ。今回は、カタツムリのエサには卵の殻!飼育ケースには土!なんて、具体的な飼育方法について紹介します。

カタツムリの飼う為に必要な物!!

まず、カタツムリを飼うために用意するものから紹介します。

飼育ケース

まずは、カタツムリのおうちを準備しましょう。家に昆虫を飼っていた飼育ケースや水槽などが余っている場合は、それでOKです。それらがない場合は、大きめの瓶を用意すると良いですね。このような透明ケースを用意すると良いでしょう。カタツムリは側面も移動可能ですので、ケース全体を移動する様子が観察できてGOODです。また、カタツムリのエサは生野菜などになるので、コバエが寄ってきやすいです。その点、こちらのケースならコバエ防止スポンジを取り付けできて良いですね。

▼コバエ防止飼育ケース

霧吹き

カタツムリはじとじと湿気の多い場所を好みます。しかし、水で浸水するようなほどはNG。カタツムリのおうちに敷く土は、いつもしっとり湿っているように、霧吹きで水分量を調整しましょう。

▼ザ・霧吹き ブルー

飼育ケースには土を敷くようにします。この土は市販品の腐葉土(昆虫用)が良いでしょう。カタツムリは産卵をするのですが、この土が産卵場所になりますのでなるべく用意してあげましょう。

▼フジコン 幼虫腐葉マット 4.8L

エサ皿

こちらは、カタツムリのエサを置くお皿です。どうしても野菜や果物をあげることになると食べ残しが腐敗してしまいますので、取り替え時にエサ皿に乗せている方が、手間がかからず便利です。こちらは昆虫用のエサ皿などを使っても良いですし、家に余っている手ごろな大きさのプラスチック皿を使ってもよいですね。

小枝、葉っぱ、石

こちらはカタツムリの気分転換、遊び場所になりますので、土の上に乗せておいてあげましょう。公園や庭など、そこらへんで拾ってきたもので十分です。

カタツムリの餌には卵の殻やキッチンペーパーが良いの?

カタツムリのエサですが、種類によって若干違いがあるものの、植物性のものなら大抵の種が食べます。ですので、家庭でエサを用意するなら、ニンジンやキャベツや小松菜など、冷蔵庫に余っている野菜をあげればOK。面白いことに、カタツムリは食べたものそのままの色のうんちをするんですよ。キャベツや小松菜を食べたら緑色。ニンジンならオレンジ色という具合です。ですから、子どもさんの自由研究にもってこい!なのは、このあたり。毎日食べさせたものと、うんちを観察記録にするだけで、とってお面白い記事が書けそうですね。また、カタツムリは自身の殻を維持するために、カルシウムをたくさん必要とします。よく、雨上がりなどにカタツムリがコンクリート塀にくっついている様子を見かけますよね?あれは、コンクリートに含まれるカルシウムを摂取しているんですって!わりと雑食で、私たちが食品と認識しているもの以外からも栄養素を補給する、たくましい生物なんですよ。あんな小さい体でビックリですね。このカルシウム。飼い始めてから、どのように補ってあげるか?なのですが…。これは、卵の殻をエサとして与えることで補うことができるんです!卵の殻にカルシウムが含まれていることは言われてみれば納得ですね。こちらの殻ですが、家庭の食事に使用して殻をポイする前にちょっと拝借でOK。小さく砕いてからエサ皿に乗せても良いですし、わりと大きいままあげてもカタツムリは自分の歯で上手に食べてくれますよ。あと、カタツムリは紙を食べます!!!何て雑食なんでしょうか~。でも、これにはきちんと理由があるんです。それは、やっぱりカルシウム!なんと紙の原料には炭酸カルシウムが使われているそうなんですよ。この炭酸カルシウムが含まれている紙は、ちょっと上質紙などであって、キッチンペーパーには含まれている商品と含まれていないものがあるようです。カタツムリは乾燥が大敵なので、飼育する際に土の上にキッチンペーパーを水で湿らせて敷いておく人もいるのですが、キッチンペーパーを食べていないようなら、それ以外の上質紙か卵の殻を食べさせてあげましょう。また、手軽に市販品でカルシウム補給するならこちらがおススメ

▼自然派宣言手洗いボレー粉

こちらは、鳥のエサコーナーで販売されています。小鳥さんのカルシウム補給するエサなのですが、こちらをエサとして与えてもカルシウム補給可能です。

カタツムリを飼う為に土を入れていこう!!

カタツムリを2日3日飼ってみるだけで、また逃がしてあげるなら、コーヒーやトマトソースの空き瓶にキッチンペーパーを濡らして土の代わりに入れて飼育という方法もアリですが、長く飼うつもりなら土は必ず用意してあげましょう。カタツムリは5~8月頃に産卵し30日くらいで孵化するんですが、産卵場所として土が必要になります。小さいカタツムリが生まれる過程はお子さんが見ていても、とても愛らしく喜んでくれると思いますよ!また、湿気を常にキープしておく意味でも、ケースにカタツムリをそのまま入れるだけでは、どんどん乾いてしまいますのでご注意を。

≪その他≫

カタツムリには性別がないそうです。雄雌どちらの役割も備えていて2匹以上を同じ飼育ケースで飼っていると自然と増えていくそうですよ。また、寿命も種によりますが。私たちがよく目にするものだと、冬眠をまたいで3年や長いものでは8~15年も生きるんですって。大きいものほど寿命が長いようです。なかなか面白い生態をしているカタツムリ。子どもさんの要望があれば、一度飼ってみてはいかがでしょうか?

3+