妊娠・子育て

自由研究(小学3年生)はどんなテーマや工作、社会学習がおススメ?

小学校3年生から、授業科目として社会や理科が加わりますね。1~2年生の時から生活科として、それに近いものに触れてはいたものの、初めて取り組む社会の宿題や理科の自由研究に親子共々お困りの家庭も多いのでは?今回は、そんな3年生におススメの自由研究テーマ、工作、社会学習について紹介します。

自由研究(小学3年生)はどんなテーマや工作、社会学習がおススメ?

2015年07月29日更新

ホプラス編集部

  • fb
  • line

「小学3年生の自由研究でおススメのテーマは何?」

1~2年生の頃は自由研究と言っても、アサガオの観察日も絵日記程度だったかと思います。

しかし、3年生くらいになると、基礎学力も向上し、知る力、調べる力もついてきているので、自由研究ではそういった要素を含めた課題の取り組み方になってくるかと思います。

同じ観察日記に取り組むとしても、ただアサガオの成長を記録するだけでなく、どれくらいの種類があるか、どんな色のアサガオがあるのか?など、図鑑で調べてみると良いですね。

また、ひまわりの観察記録に加えて種の採取(1つのひまわりから何個の種がとれたか?)まで広げて調べてみても面白いかも。

まだまだ、自分の世界から少し外の世界に目を向けていく練習の段階ですから、テーマはどんなものでもOKだと思いますよ。

子どもが気になったものなら、なんでも自由研究になっちゃいますよね!

例えば、

  • 公園に生えている草花の名前とは?
  • 万歩計をつけて、ある場所からある場所までの歩数を計測!
  • 家庭で出るゴミはどんなものが多い?
  • 好きな動物の生態とは?
  • 町の中で働く車を見つけよう
  • 花火の種類とは?
  • 家の中で磁石がくっつく場所ってどこ?
  • 町の中にある標識、マークを探そう!

のように、何でもOK。

こんなこと、調べてみたい!

と思うことを何でも良いので調べてみるところから始めてみましょう。

「小学3年生の自由研究でおススメの工作を紹介」

【紙すきセット】

紙すきセット 手作りはがき ケナフパルプ 牛乳パック

牛乳パックを使って、ハガキを作ることができる商品です。

リサイクル意識も高まって良いのではないでしょうか?

庭や公園にある草花を押し花にしてハガキのワンポイントにすることもできますので、いくつかのパターンで作ってみても楽しそうです。

【ガラスモザイクタイル シート】

ガラスモザイクタイル シート販売 15角

タイルシートってご存知でしょうか?

最近人気のDIYで、壁や家具や小物などのちょっとしたアレンジに使うアイテムです。

これを、100均などで売っているシンプルな写真立てや鏡に貼っていけば、オリジナル工作ができますよ。

同じく100均でもタイルシートが売っているお店もありますのでちょっと覗いてみてください。

また、同じ原理で、シンプルな写真立てに海岸で拾ってきた貝殻などを張り付けて工作しても楽しそうですね!

【カラーモール】

カラーモール ミックス 100本入り

どこの100均でも、このカラーモールは販売されていると思います。

このカラーモールは中に針金が入っているので自由自在に形が作りやすい点が◎

これを使って、ミニかごを編んでも良いですし、女の子なら草花を、男の子ならバッタやカブトムシなどの昆虫を作ってみては?

図鑑などを参考にしながら粘土をする感覚で自分なりに立体的に再現してみましょう!

とってもカラフルなので、かわいい作品が仕上がると思いますよ。

「小学3年生の自由研究でおススメの社会科に関する学習は?」

3年生というと、まずは自分の町を通じて社会を知っていくという学年ですので、町の中にあるものに目を向けるテーマがおススメです。

例えば、自分の住んでいる町にある商店について調べてみたり、公共機関について調べてみるなどどうですか?

  • 私の町のお店屋さん
  • 町のみんなが利用できる場所
  • 災害時の避難場所
  • 病院には何科があるかな?
  • 水はどこからきてるの?

など、どんなことでもまとめてみると面白いと思います。

そこから、また学年が上がるにつれて、パンやさんのお仕事って?図書館の利用法とは?災害ってどんな時?など、少しずつ視野を広げて学んでいくわけなんですね。

まだまだ3年生ですから、その第一歩を踏み出したところです。

まずは、楽しんで自分の住んでいる町に目を向けてもらいましょう。

【こうすればできる!「自由研究」の選び方&まとめ方がわかる本(1・2・3年生)】

こうすればできる!「自由研究」の選び方&まとめ方がわかる本

世の中の親子がかなり頭を悩まされていることがわかりますね。

できれば、子ども発信で“知りたい”“調べてみたい”が出てくるのを待ちたいところですが、どうしてもきっかけが必要なら本を参考に取り組んでみるのもアリかも!?

まだまだ夏休みは始まったばかり。子どもと近所をお散歩しながら一緒にテーマ探しをする時間が持てると良いですね。

  • 関連するキーワード