資格難民になっている人が増加している!?転職・就職を成功させるために資格をうまく利用しよう

資格難民という言葉を聞いたことがありますか?資格を取得することで就職や転職に役立つと言われていますが、資格を取得しても活用することができず、仕事につけない人もいるのです。では、なぜ資格があるのに働くことができないのでしょうか?資格難民になる理由や資格難民にならないための方法について解説します。

資格難民とはどういう意味?

資格難民とは資格を取得しているが、有効に活用できていない人のことを指します。スキルアップや将来のために取得した資格をなぜ活用して働くことができないのでしょうか。転職をする際に資格を取得するため、元々勤めていた職場をやめてしまった人も少なくありません。資格を取得することで、すぐに転職ができると思ったことが原因と考えられます。

資格は就職・転職に有利に働く?

資格を取得する理由

資格を取得しようと思ったきっかけは人それぞれだと思います。では、主にどのようなことで資格を取得しようと考えたのでしょうか。考えられる理由を2つ挙げてお話いたします。

  • 長く続けられる仕事に就きたいから
  • 結婚や子育てなど将来について考えたり、今の仕事に不安を抱いたときに資格を取得しようと考える人は多いのではないでしょうか。資格を取得することで長く続けられる仕事が見つかるのであれば、取得したいと思いますよね。

  • 違う職種で働いてみたいから
  • 違う職種に興味はあるけど採用をもらえるか自信がないという場合、資格取得を目指すのではないでしょうか。今まで携わったことがない業種について勉強することで、就職や転職ができると考え資格の取得を目指す人が多いです。

資格難民になってしまう理由

スムーズに転職することを考えて資格を取得をしているのに、なぜ就職や転職ができないのでしょうか。その原因についてお話いたします。

  • 未経験の募集が少ない
  • 資格があっても、未経験可能の募集が少ない場合が多いです。実務経験がないため、資格を活用することができないのです。そこで、実務経験を重ねようと実際に働きたいと考えても募集が少ないため経験することもできません。このような場合、資格難民となってしまうのです。

  • 条件に合う募集が少ない
  • 資格を取得してから求人を探します。しかし、なかなか条件に合うものが見つからない場合もあります。資格を取得したからといって好条件で働けるとは限りません。経験や実績を積み重ねていくことで、給料や待遇が求める条件に合ってくるのです。条件を求め過ぎることで資格難民になってしまう人も少なくありません。

  • 人気の仕事で競争率が高い
  • 人気の資格はその資格に関する仕事自体が人気であることが多いです。そのため、就職や転職する際に採用される確率が減ってしまいます。採用する側も、資格はあるけど経験がないという人よりも、少しでも実務経験がある人を選ぶでしょう。人気の資格というのは、実際に取得してみてもその仕事の倍率が高い場合があるため、未経験であると採用されるのは難しいと言えます。そのため、頑張って取得しても資格難民となってしまうのです。

資格難民にならないためにはどうすればいい?

就業までサポートしてもらえるスクールや講座を選ぶ

資格を取得するためには勉強をしなくてはいけません。資格取得のためにはさまざまな方法があります。その中には就業までをサポートしてくれる講座やスクールがあります。資格取得しても働くことができなければ、資格難民になってしまう可能性があります。資料請求やスクールに問い合わせなどをして、資格取得後のサポートについて確認することをおすすめします。スクールや講座によって、就職実績も違うため、実績の高いスクールを選ぶといいでしょう。

仕事を続けながら資格を取得する

資格を取得するために仕事を辞めてしまう人もいますが、取得後すぐに働くことができるとは限りません。経済的にも不安が付きまといます。仕事を続けながら資格を取得することで、経済的にも安心ができ資格難民になることは少ないでしょう。また、取得後も転職活動を焦らずにすることができるでしょう。

職のマーケット市場をよく知ること

資格を活かし働くためには、市場を選ぶことも必要です。資格取得者と市場のバランスを見極めることで資格難民になることは少ないでしょう。AIに移行している業種や資格取得者に対して募集が少ない業種、未経験者の募集が少ない業種などは、資格を取得しても資格難民になってしまいます。医療や介護系は高齢化により市場が拡大しているため、資格を生かして就職や転職がしやすいと言えます。

資格に頼りすぎない

資格に頼り過ぎないことも資格難民にならない方法の一つです。資格を過信せず、自分自身の数あるヒューマンスキルのうちの一つと考える方がいいでしょう。

今の仕事に活かせる資格にも目を向けよう

資格を取得しても転職先が見つからない場合、今の仕事を続ける必要がある人もいるでしょう。今の仕事に生かせる資格を取得し、働き続けることも視野に入れ資格を取得するといいでしょう。

TOEICで英語スキルをアップ

国際化を考えると英語力はこれからも求められるでしょう。TOEICを取得することで海外と仕事ができるチャンスが巡ってくるかもしれません。
TOEICとは、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が主催する社会人向けの英語資格です。TOEICの高得点であれば英語力が高い証明になるので高得点を目指しましょう。

TOEIC 公式ホームページはこちら

経理に役立つ簿記2級

経理系事務職であれば簿記2級を取得することをおすすめします。取得することで、今の仕事のスキルアップにつながるでしょう。簿記は小さな企業から大きな企業まで、企業の規模を問わず必要不可欠です。業種においても簿記が必要とされるため、活躍の場が幅広いのも特徴の一つです。

簿記には2級と3級がありますが、企業が求めるのは2級です。そのため、2級を取得することで活躍のチャンスが一段と上がるでしょう。

事務作業の効率化に役立つMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフト社が提供する、ソフトの操作を自在に利用できることを証明する資格です。事務作業をする上で事務効率を上げることや、パソコン操作のレベルアップをしたい人におすすめの資格です。今まで作成した資料よりも一段と見やすい資料を作ることも可能です。社内や社外で使う資料をわかりやすく作成できることで、キャリアアップに繋がることもあるでしょう。また、MOSは国際的にも認知度のある資格なので幅広い職種に役立つ資格といえます。

MOS 公式ホームページはこちら

介護職のステップアップにケアマネージャーを取得する

介護職の実務経験が5年以上ある場合、ケアマネージャーを取得することをおすすめします。ケアマネジャーは、介護職の資格の中でも資格取得が難しく、キャリアを積まなければ受験をすることができません。今後、高齢化になっていく中でケアマネージャーの資格を持っていることは将来的にも有利と言えます。

ビジネスマナーが身につく秘書検定

秘書検定とは、冠婚葬祭や電話対応、ビジネス文書の作成、マナーやお客様を案内する手順、来客対応など、ビジネスの場だけではなく日常生活でも役立つ資格です。資格を取得しておくことで、急な来客なども自信を持って対応することができるでしょう。秘書になるために取得だけではなく、自分自身のスキルアップとして取得することもおすすめします。ビジネスマナーがしっかりできることで、今働いている会社での評価も上がることでしょう。

資格難民にならないためには資格取得をゴールにしないこと!

資格難民にならないためには、資格を取得しようと思ったきっかけや目標をしっかり持つことが大切です。資格は自信をつける一つの手段でもあります。資格取得のために勉強していると、取得することが目標になってしまいがちです。しかし、ゴールは取得することではなく、取得した資格を生かし働くことです。

また、資格があれば仕事に就くことができるわけでもありません。資格は自分に自信をつけつために一つの手段なのです。目標を見失わずに、市場の情報を調べ行動することで資格難民にならないのではないでしょうか。

0