おすすめの資格を知って仕事に役立てたい!ケース別で見るこれから取るべき資格28選をご紹介

資格を持っていると就職活動に有利なような気がするけど、どんな資格を持っていたらいいのだろうか。子どもが大きくなったら働きに出たいけど、何か資格を取っておきたい、などと考える人がいるのではないでしょうか。はたしてどんな資格を持っているといいのでしょうか。今回は、おすすめの資格をご紹介いたします。

資格取得の取り方について考えよう

目的に合った資格を取得しよう

「就職活動の時に資格を持っていたら有利になる」とよく聞きますよね。それは、建築士になりたい人が一級建築士の資格を取る、秘書の仕事をしたい人が秘書検定の資格を取るなど、就職しようとしている職種に役立つ資格を持っていると良いということです。目指す仕事に役立つ、持っていたら活躍してくれそうだという資格は取っておくと就職活動に有利に働くでしょう。

しかし、その仕事には全く関係がない資格だったらどうでしょう?会計事務所の面接を受けに行った時、履歴書にインテリアコーディネーターと書かれていたら、この資格があるのになぜうちを受けに来たのだろうと、あまりいい印象は持たれないのではないでしょうか。大きな企業でたくさんの部署がある会社へ行った場合に、やりたい仕事に関係無い資格のせいで興味が無い部署に配属になってしまう、という可能性もあります。資格を取得する時は自分が目指すもの、就きたい職種に役立つものを選びましょう。

先のことを見越した資格を取得する

例えば、女性が妊娠のために今の仕事を辞めることになった。子どもが生まれて保育園に入れたら仕事を始めようと思っている。という場合、子どもが生まれてからやりたい仕事、できそうな仕事に関連する資格を取ることをおすすめします。出産までの期間に勉強する時間がある場合は、通信教育で資格の勉強をするのもいいでしょう。

特にこだわりがなければ、その資格を持っていると需要が多い、もしもご主人の転勤などがあって引っ越しすることがあったとしても、職場は日本全国にあるなどの条件を考えて、どの資格がいいか考えてみたらどうでしょうか。

大学生の場合は大学4年間の中でいろいろなことに挑戦できます。時間がある分、資格も複数取得できるでしょうし、点数制の資格でしたらたくさん勉強して高い点数を目指すことができます。どのような職種を目指すかで挑戦する資格を考えてみましょう。

資格の取得に膨大な時間がかかるものは要注意

「資格を取っておきたいが何がいいのか」という場合に最初に考えるのは、「自分にとってその資格が必要なのか・役に立つのか」「将来的に持っていたほうがいい」というところでしょう。その他に気をつけなければいけないのは、取得にかかる時間です。どのくらいの時間がちょうどいいかは一人ひとり違いますが、難しい資格ほど勉強の時間がかかります。

また、合格率が2%などの難関の資格を挑戦するのは、今回はおすすめできません。難易度が高い資格はどうしてもその資格を持っていなければ仕事ができない、という人が取得する場合がほとんどです。まずは、自分ができる範囲で取れる資格にチャレンジすることをおすすめします。

資格を取得するための努力が評価されるのです

資格を持っているからって就職に有利になるはずがない、という人もいるかもしれません。しかし、資格を取得するためには合格するために勉強をします。難易度が高い資格であればなおさら、その努力は評価されるでしょう。

もしも面接官がその資格を持っている人だったとしたら、合格するためにどれだけ努力しなればならなかったかを知っています。その努力が評価されることがあるのです。そして、資格を取るために必死に勉強をしたということが、自分への自信にも繋がります。

資格を持っていることが就職活動に有利になるの?

資格を持っているということが有利になるのは、未経験であっても資格を取るために勉強をしていて、基本的なスキルを持っていると思われるからです。スキルがある人とそうでない人とでは、仕事を理解する速さの差が出るというところは採用する側には大きな利点となります。

そして、その資格を取得するということは興味がある。やってみたいと前向きな気持ちで取得している、というやる気を感じられるという点も評価されるのではないでしょうか。

全ての業界に対応できる!持っておきたい資格

TOEIC・TOEFL

どの業種に対してもおすすめの資格は、「TOEIC・TOEFL」です。日本において、英語の語学力試験はTOEICが有名ですが、世界的に有名なのはTOEFLです。いずれにせよ、英語力があると就職や転職に有利だということです。

最近では、中小企業でも海外との取引が増え、簡単な英会話だけでなく、ビジネス英語も必要となってきています。募集要項に語学力の要否を全面に出していなくても、「あれば嬉しい」という場合も多くあります。

内資系企業であればTOEICがおすすめで、外資系などグローバル企業に就職や転職を考えている場合には、TOEFLの受験もしたほうが良いでしょう。では、TOEIC・TOEFLがどのようなものが、簡単にご説明します。

  • TOEIC
  • TOEICは、英語の聞く力と読む力を測るテストであり、990点満点での採点となります。合格・不合格ではありません。資格として履歴書に書けるのは新入社員なら450点以上、中途採用なら500点以上が目安となります。採用時に評価されるといわれるのは600~800点以上です。

  • TOEFL
  • 世界130ヶ国、9000ヶ所以上の大学で開催されている試験で、世界一メジャーな試験とも言えます。TOEFLには、紙で受験する「PBT」とインターネットで受験する「IBT」がありますが、一般的なのはIBTです。
    試験時間は4時間で、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングで各30点、120点満点の構成となっています。

ちなみに、TOEICで500点前後の場合には、TOEFLで50~55点、英検2級のレベルです。外資系企業への就職、転職を考えている場合には、80点以上を目安にすると良いでしょう。

おすすめの教材・スクール

TOEIC・TOEFLの点数を上げるために、おすすめの教材やスクールをご紹介します。

スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)

 

スタディサプリ出典:スタディサプリ ENGLISH

 

スタディサプリ ENGLISHは、スマホがあれば単語・演習問題に取り組め、解説までしてくれるというアプリです。重たい参考書や辞書を持ち歩く必要がなく、移動中や外出先でもすぐに取り組むことが可能ですよ。

 

カリスマ講師による講義が200本、TOEICの問題集が10回分以上あり、トレーニング用のコンテンツも多く含まれています。一番の魅力は、スタディサプリ第一人者である関正生講師による解説で、丸暗記ではない一生使える英語を学ぶことができます。

 

また、ダラダラ勉強するのではなく、きっちり学習時間をアプリで管理してくれるため、勉強時間が見える化し、モチベーション維持にも効果があります。続けることができるかどうか不安な人は、ぜひ「1週間無料トライアル」から学習してみてください。

 

    ベーシックプラン

  • 通常価格:2,480円/月
  • 学習内容:アプリのみの利用(講義・例題・演習・解説・トレーニング)
  •  

    パーソナルコーチプラン

  • 通常価格:68,000円(3ヶ月プログラム)
  • 学習内容:アプリに加えテキストや個別学習アドバイス、音声面談やチャット相談を実施

 

 

RIZAP イングリッシュ

 

ライザップイングリッシュ出典:RIZAP イングリッシュ

 

「結果にコミットする」というフレーズでお馴染みのRIZAPの、ENGLISHコースです。完全マンツーマン指導であり、専属トレーナーによる担当制です。個人カウンセリングを行い、目標達成に向けて一人ひとりに最適なカリキュラムを提案します。

 

また、会話の中でも自然に英語が出てくるように、高速レスポンスに特化したトレーニングを週2回、1回50分行います。講義のない日には、オンラインで課題の管理やサポートを行ってくれるので、モチベーションの維持にもつながりますよ。

 

    TOEICスコアアップコース

  • 入会金:50,000円(税別)
  • 受講料:2ヶ月の場合32万8,000円(全16回)、3ヶ月の場合45万円(全24回)、4ヶ月の場合57万2,800円(全32回)
  • 学習内容:TOEICの学習を通し、リーディング力とリスニング力を強化。ビジネス英語の能力向上。TOEICの解法テクニック

 

TOEIC・TOEFLの受験について

    TOEIC

  • 受験料:5,725円(税込)/インターネット割引制度を利用で5,092円(税込)
  • 受験日程:年10回(1月、3月、4月、5月、6月、7月、9月、10月、11月、12月)
  • 受験会場:全国80都市で開催

 

    TOEFL

  • 受験料:235ドル(テスト7日前までに申し込んだ場合)
    ※支払いはドルのみ、日本円で2万5千円前後
  • 受験日程:月に2~3回実施 
  • 受験会場:全国で開催

それぞれ、詳しくはホームページで確認してくださいね。

簿記3級

「将来経理の仕事をしたいけど、何も知識がない…」という人におすすめなのが、「簿記3級」です。簿記3級は、企業経理における基礎スキルや確定申告の書類作成スキルが身につく資格で、合格率は50%弱と、比較的取りやすい資格となっています。年間30万以上が受験し、簿記の「入門資格」とも言えます。

簿記3級を取得するには、2~3ヶ月、50~100時間ほど勉強時間を確保する必要があると言われていますが、これは他の資格と比べて短期間となります。数学や数字が苦手でも問題ありませんよ。

おすすめの教材・スクール

 

Accountant’s library(アカウンタンツライブラリー)

 

アカウンタンツライブラリー出典:アカウンタンツライブラリー

 

アカウンタンツライブラリーは、経理や財務に特化した教育・情報サービスを提供するサイトです。講師陣には、実際に現場で活躍している会計士や税理士が在籍し、実務を経ているからこその経験や知識を、余すことなく伝えてくれます。

 

講座内容は、経理や財務の知識だけでなく、エクセルや会計ソフトの使い方までと幅広いため、現在すでに経理や財務を扱っている人のスキルアップにも役立ちますよ。資格取得まででなく、取得後の就職にまで使えるコンテンツも豊富にあるのがメリットです。

 

また、経理や財務に特化した転職支援サービスもあり、希望者にはエージェントがつき、最適なキャリアプランを無料でサポートしてくれます。

 

無料講座
無料講座は、会員登録を行うだけで無料で利用できる講座です。視聴できる講座は入門編など限られてきますが、視聴制限もないので、何度でも繰り返して視聴することができます。

 

単品講座
単品講座は、登録されている講座の中から、1講座ごとに購入するものです。気になる単元のみを、しっかり勉強したい場合におすすめです。ただし単品の場合は、1講座18,000円(税込)と少し割高となっています。

 

プレミアムプラン
プレミアムプランがもっともおすすめで、定額制のお得なプランで、アカウンタンツライブラリーにある100以上の講座を全て見ることができます。日商簿記3級はもちろんのこと、2級や消費税、法人税など経理実務に役立つ講座が視聴し放題です。しかも、キャンペーン期間中、登録月は無料で利用できるので、一度試してみたいという人にはおすすめです。

 

 

資格スクール 大栄

 

大栄出典:資格スクール 大栄

 

大栄の簿記資格講座は、3級から1級まで段階を踏んで学習していくことができます。簿記3級の場合、基礎から学ぶ「本科」を終えた後、試験対策の「答案練習会」「模擬試験」「直前ゼミ」と実力をつけていきます。

 

レッスンは、個別学習スタイルのオンデマンド講座と講義スタイルがあります。講義スタイルの場合は、定期的に通うことで学習リズムや習慣を身につけ、教室にいる受講生同士の交流も可能です。

 

    ForYou合格コース

  • 受講料:44,064円(税込)/全33回

 

簿記3級の受験について

  • 受験料:2,800円
  • 受験日程:2月、6月、1月の年3回
  • 受験会場:全国にある商工会議所で実施

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、税金や投資、教育、不動産、住宅ローン、老後、相続、そして節約に関することまで、ありとあらゆるお金についての知識を持つエキスパートのことです。

ファイナンシャルプランナーは、生活に密着した分野を扱うため、家庭を守る主婦にもおすすめの資格です。もちろん、ビジネスでも活用できる場面は多く、銀行や保険会社、証券会社といった金融業界、不動産業界にもアピールできます。

ファイナンシャルプランナーの資格は、1~3級まであり、3級の合格率は70%と、比較的取得しやすいと言えますが、1級は難易度も高く、実務経験が必要となります。しかし、1級取得者は起業できるほどの知識を持っているといわれており、社内でのキャリアアップはもちろんのこと、転職にも有利な資格ですよ。

おすすめの教材・スクール

 

資格スクエア

 

資格スクエア出典:資格スクエア

 

資格スクエアとは、通学タイプの予備校ではなく、通信講座でもない、「オンライン学習サービス」を運営しているスクールです。講義が全てオンラインとなっているため、通勤中の電車の中や待ち時間など、スマートフォンがあれば「いつでもどこでも」学習することができます。講義は見放題なので、不明点を何度も見直して学ぶことができますよ。

 

また、講義を長く聞く時間がない人向けに、1.1倍速から3.0倍速まで、0.1倍単位で速度を変更でき、21段階で調節が可能です。自身にとって、一番聞きやすいテンポで講義を聞くことができますよ。さらに、より理解できるようにと講師が作成した「オリジナルレジュメ」を閲覧・ダウンロードすることができ、理解度をアップさせてくれるのも魅力です。

 

    ファイナンシャルプランナー3級

  • 受講料:9,720円(8ヶ月)
  •  

    ファイナンシャルプランナー2級

  • 受講料:37,800円(8ヶ月)

 

 

ECCビジネススクール”]

 

ECC出典:ECCビジネススクール

 

「ECC」と聞くと英語のイメージが強いですが、ECCビジネススクールでは、ビジネスに必要なノウハウを教えてくれます。その中のひとつにファイナンシャルプランナーの通信講座があり、平均2倍の合格率を誇ります。

 

ECCビジネススクールでは、2級FP検定からスタートします。基礎となるFP3級の内容はWebの無料講座で受けることができるので、実質、3級は無料で勉強することができます。3級・2級の2つの資格が、1つ分の受講料で取得できるのは嬉しいですよね。

 

また、勉強を進めていくうちに分からない部分が出てきても、専任の担当者が電話やメール、FAXで質問内容に対応してくれるので、疑問がそのままにならずモチベーションが下がる心配もありません。

 

    ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)講座+試験直前対策講座+予想模試コース

  • 受講料:77,600円(税込・テキスト代込み)
  •  
    ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)コース

  • 受講料:59,800円(税込・テキスト代込み)

 

ファイナンシャルプランナーの受験について

  • 受験料:3級6,000円(税抜)、2級8,700円(税抜)、1級20,000円(税抜)
  • 受験日程:<3級・2級>1月、5月9月の年3回、<1級>9月の年1回
  • 受験会場:<3級・2級>全国47都道府県で実施、<1級>全国14都道府県で実施

普通運転免許証

早めに取っておきたい資格のひとつが、普通運転免許です。一昔前だと、大学在学中に取得するのが当たり前とされていましたが、最近では取得するための教習費の高さ、公共交通機関の発達、乗用車の保有率の低さなどから、運転免許がなくても不便なく生活できるようになりました。

しかし、営業職として就職する場合、普通自動車免許が必要となることが多くあります。また、全国転勤のある会社だと、地方に転勤となった場合、自動車免許がないと困ることが多いでしょう。

仕事をしながら免許を取ることは、教習所に通ったり勉強したりと、想像以上に大変ですよ。もし時間があるのなら、早めに取っておくことをおすすめします。

免許の取得方法は2つ!

教習所に通う
運転免許を取得するための教習所は、全国各地にあります。合宿に行かない場合は、家から一番近い教習所に通うという人が多いでしょう。

卒業までに必要な費用は、全国平均でMTの場合には30万円ほど、AT限定の場合には29万円ほどです。しかし、これは最短で免許を取得した場合であり、仮免受験や本免受験にかかる県証紙代は含まれていません。仕事終わりに通うとと、夜間料金やナイター料金で1教習につき500円程度必要となる場合もありますよ。

    教習所に通う場合の費用

  • 普通車MT:30万円~
  • 普通車AT:29万円前後

また、取得までの期間ですが、毎日教習所に通った場合、20日前後で取得することができます。しかしこれは、予約がスムーズに取れ、試験に落ちないことが前提となるので、早くても1ヶ月程度と考えておいた方が良いでしょう。

合宿に参加する
教習費を安く抑え、また短期間で免許を取りたい場合におすすめなのが、「合宿免許」です。

合宿は、決められたスケジュールの中から効率よく学ぶことができるので、運転技術も早く身に付きますよ。また、合宿先は自由に選ぶことができ、旅行感覚で楽しむことができます。温泉地の近くなら、教習後に合宿先でできた友人と一緒にのんびり温泉につかることもできますね。

合宿先によって費用は変わりますが、通う場合と比べて約10万円も安く免許を取得することができます。しかも合宿免許の費用には、教習費はもちろんのこと、自宅から教習所までの往復交通費や宿泊食事代も含まれていることが多いので、断然お得ですね。

    合宿で免許を取る場合の費用(往復交通費・宿泊食事代込み)

  • 普通車MT:20万円~
  • 普通車AT:20万円前後

おすすめの教材・スクール

短期間で免許取得するには、自己学習がとても大切ですよ。

おすすめ教材

 

合宿免許ドリーム

 

合宿免許ドリーム出典:合宿免許ドリーム

 

合宿免許ドリーム」には、全国58ヶ所もの教習所が登録されています。最短で、普通車ATなら14日間、普通車MTなら16日間で免許を取得することができますよ。

 

日経TEST

日経TESTとは、経済の知識と、得た知識を仕事に生かす力の2つを統合した「ビジネスの基礎力」を測るテストです。馴染みのない資格かもしれませんが、この資格を取得するには、経済や金融、技術、消費、産業、国際情勢など、幅広い経済知識が必要です。

そのため、就職の面接時に役に立つビジネス知識として、取っておいて損はないと言えるでしょう。なお、1000点満点の試験で、合否はありません。テストの点数が採用に直接結びつくとまでは言えませんが、ビジネスを客観的に見て把握する力がある人は、どの企業であれ欲しい人材なのでおすすめです。

転職活動や就職活動に余裕がある場合は、ぜひ勉強してみてください。

おすすめ教材

・日経TEST公式テキスト&問題集 2018-19年版(1500円+税)
https://www.nikkeibook.com/item-detail/40955
・日経TEST公式ワークブック(1836円)
https://shop.nikkeibp.co.jp/front/commodity/0000/B05400/

日経TESTの平均と目標点数

日経TESTは1000点満点で、平均点が500点になるように作られています。初めて受験する人は500点前後を目指し、ビジネスに必要な知識をつけたい人や、ビジネスリーダーとしての資質を有する人なら、600~700点を目指すことをおすすめします。

日経TESTの受験について

  • 受験料:5,400円(税込)
  • 受験日程:年に1回
  • 受験会場:全国14都市(札幌・盛岡・仙台・東京・横浜・新潟・金沢・名古屋・京都・大阪・広島・高松・福岡・熊本)で実施

【事務系】女性に人気の資格が多数!

秘書検定

女性に人気の高い資格といえば、秘書検定ですよね。女性の資格として、まず思い浮かぶのが「秘書検定」という人も多いのではないでしょうか。秘書検定は、文部科学省が後援している公的な資格であり、受験者数も多いことから、認知度の高い資格でもあります。秘書検定を持っていることで、事務職への志望アピールにも役立ちますよ。

また、秘書検定は、秘書を目指す人だけでなく、ビジネスシーンで幅広く使える知識やビジネスマナーを網羅した内容となっているので、事務系全般に使える資格です。3級・2級・準1級・1級と4段階あり、3級は合格率77%と比較的簡単に取ることができます。履歴書に資格として書くなら、3級ではなく、2級は取得しておくことをおすすめします。

おすすめの教材・スクール

 

オンスク.JP

 

オンスク出典:オンスク.JP

 

オンスク.JPとは、「いつでもどこでも学習できる」オンラインの学習サービスです。オンスクでは、低料金ですべての資格講座を受けることができ、自分が取得したい資格と関連する資格の学習も、一緒に行うことができます。

 

スマートフォンとパソコンのどちらでも受講することができ、ちょっとしたすきま時間に学習することができますよ。「オンラインで実際に勉強できるかどうか不安」「自分に合っているか分からない」という人には、無料登録で本講義1回と問題演習初級編を体験利用することができるので、活用してみてくださいね。

 

秘書検定は講義回数全35回、トータル6時間の内容となっており、項目ごとに合格のコツを分かりやすく解説してくれます。

 

    無料プラン
    無料登録で体験することができます。利用期限はなく、有料プランへ自動で移行することもありません。

  • 閲覧可能な講義動画:入門講義、オリエンテーション、本講義第1回
  • 閲覧可能な問題演習:初級編すべて
  •  

    有料プラン
    初期費用や入会金無料で利用できる有料プランです。全ての講座が受け放題のプランと、秘書検定の2級・3級のみを受講できるプランがあり、資格取得の目的、受講スタイルに合う方を選んでください。

  • 受け放題の月額プラン:980円(ウケホーダイ-ライト)/1,480円(ウケホーダイ-スタンダード)/(期間なし)
  • 資格別プラン:3,980円~/科目(3ヶ月間~)

 

 

早稲田ワーキングスクール”]

 

早稲田ワーキングスクール出典:早稲田ワーキングスクール

 

早稲田ワーキングスクールは「秘書検定対策の専門スクール」です。もともと、秘書検定1級の面接対策としてスタートしたスクールであり、現在では、1級の筆記試験と面接試験、準1級、2級と講座が開講されています。

 

通信講座もありますが、ここでは、実際の講義セミナーに関してご紹介します。

 

セミナーを開催しているのは、東京を中心に、大阪、福岡、名古屋などの主要都市です。申し込み時には、住んでいる場所の近くにセミナー会場があるかどうか、また日程が合うかどうかも確認してくださいね。

 

各講座の料金

  • 2・3級筆記講座:40,000円(税込)/全5回
  • 一般知識特別講座(2級・3級):4,500円(税込)/1日完結
  • 準1級面接講座:21,000円(税込)/1日完結
  • 準1級筆記講座:45,000円(税込)
  • 1級面接講座:26,000円(税込)/1日完結
  • 1級筆記講座:50,000円(税込)

 

秘書検定の受験について

  • 受験料:<3級>2,800円/<2級>4,100円/<2・3級>6,900円
  • 受験日程:2月、6月、11月の年3回
  • 受験会場:全国各地にて実施

文書情報管理士

「文書情報管理士」は、聞き慣れない資格かもしれません。文書情報管理士は民間資格であり、「公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)」が認定する資格です。

CBT方式(Computer Based Testing)を採用しており、試験期間中であれば、自分のスケジュールに合わせて受験することができます。資格は2級、1級、上級の3つの級があり、合格率は2級が約82%、1級で約78%、上級で約40%と、比較的取得しやすい資格となっています。

内容は、オフィスで扱う文書類や伝票、図面などの紙文書のスキャナ保存、マイクロフィルムを活用した技術、またそれに関する法律や規格といった知識を検定するものです。独学でも十分に合格することができますよ。

おすすめの教材・スクール

【講座に参加する】

文書情報管理士検定試験について


公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)では2日間連続で受験対策セミナーを行っています。受験に対する必要な知識を得たい方や、理解を深めたい方におすすめです。しかし、東京と大阪のみでの開催となっているので、参加が難しい方も多いでしょう。そんな場合は参考書を使った独学がおすすめです。

【独学で学ぶ】

文書情報管理士検定試験について


文書情報管理士は、独学でも十分に合格できる資格です。JIIMAより受験用の参考書も販売されているので、ぜひチェックしてみてください。また、過去の検定で実際に出題された問題より抜粋した模擬試験がWEBで公開されているので、ぜひ活用してくださいね。

<参考書>
・文書情報マネジメント概論(3000円+税)
・デジタル時代のマイクロフィルム入門(2,381円+税)
・Document Management 標準化ガイドブック2017(2,000円+税)
・効率とコンプライアンスを高める e-文書法 電子化早わかり(2,500円+税)

<模擬試験>

文書情報管理士 模擬試験

文書情報管理士の受験について

  • 受験料:全級10,800円(税込)/学生割引7,020円(税込)
  • 受験日程:年2回実施(7月下旬~8月下旬/12月下旬~翌1月上旬)
  • 受験会場:全国200ヶ所で実施

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とは、Word、Excel、PowerPointといった、マイクロソフトオフィス製品のスキルを証明する資格です。国家資格ではなく、マイクロソフト社が公認する世界基準のパソコン資格となります。

面接などで「WordやExcelが使えます」と伝えても、実際にどの程度なのか、面接官には分かりません。そんなとき、目に見えないスキルを客観的に証明してくれる資格が「MOS」です。

試験内容は実技試験のみとなっており、勉強することで、実務能力も自然と身に付きます。しかも日本だけでなく、世界に通じる国際資格というのも大きなメリットです。試験には、スペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)があり、最初からエキスパートレベルを受講することもできます。

おすすめの教材・スクール

 

ハロー!パソコン教室

 

ハロー!パソコン教室出典:ハロー!パソコン教室

 

パソコンが苦手、操作もうまくできないという人には、パソコン教室で行っているMOS講座がおすすめです。この教室独自の「オリジナル学習法」により、これまで多くの合格者を生み出しています。ハロー!パソコン教室の生徒の合格率は97.3%で、MOSベストパートナー賞も受賞しています。

 

また、仕事の都合でなかなか受講できない場合にも、夜間や土日祝に開校している教室が多く、振替制度もあります。学習方法は個別となっていますが、受講中に分からないことは気軽に質問できますよ。

 

    MOS講座

  • 受講料:1レッスン1,500円(60分)/無料体験レッスン受付中

 

【対策講座実施校で学ぶ】
独学で学ぶのに不安がある方は、対策講座で学ぶことをおすすめします。全国の会場のうち、数ヶ所で対策講座を実施しているので、近くに会場がある場合はぜひ問い合わせてみてください。
対策実施校を探す→https://mos.odyssey-com.co.jp/study/school.html

【対策教材で学ぼう】
パソコンに慣れていて、テキストと問題集で学ぶことができるなら、独学で挑戦してみましょう。テキストを見ながらパソコンを操作し、何度も繰り返すことで自然と身についていきますよ。おすすめの参考書をご紹介しますので、自身が目指すレベルに必要なものを購入してください。

<おすすめ参考書>
・よくわかるマスター MOS Word 2016 対策テキスト&問題集(2,160円)
https://aoten.jp/store/detail.html?no=a2000i_f17031702
・よくわかるマスター MOS Excel 2016 対策テキスト&問題集(2,160円)
https://aoten.jp/store/detail.html?no=a2000i_f17031701
・よくわかるマスター MOS PowerPoint 2016 対策テキスト&問題集(2,376円)
https://aoten.jp/store/detail.html?no=a2200i_f170727
・よくわかるマスター MOS Access 2016 対策テキスト&問題集(3,024円)
https://aoten.jp/store/detail.html?no=a2800i_f171117
・よくわかるマスター MOS Word 2016 Expert 対策テキスト&問題集(3,240円)
https://aoten.jp/store/detail.html?no=a3000i_f170911
・よくわかるマスター MOS Excel 2016 Expert 対策テキスト&問題集(3,240円)
https://aoten.jp/store/detail.html?no=a3000i_f171018

マイクロソフトオフィススペシャリストの受験について

  • 受験料:<スペシャリスト>Word・Excel・PowerPoint・Access・Outlook 各10,584円/学生価格8,424円
    <エキスパート>Word・Excel 各12,744円/学生割引10,584円
  • 受験日程:毎月1~2回実施
  • 受験会場:全国の試験会場より選択
  • 日商PC検定2級・3級

    日商PC検定とは、日本商工会議所が実施するパソコン検定の資格です。パソコンの資格というと、先ほどご紹介した「MOS」が有名ですが、日商PCT検定はその次に有名な資格といっても良いでしょう。

    MOSはWordやExcelの基本操作を重要視しますが、日商PC検定はビジネス向けの文書作成、データ活用といった知識や実技が必要となってきます。日商PC検定は、自営業や日本商工会議所の関連企業、事務職の人など受験者も多く、日商簿記と合わせて受験する人もいます。

    Wordでの社内文書作成、挨拶文の書き方、表・グラフの挿入、Excelではグラフ作成やExcelを使った計算方法、売上・原価・売掛金などのビジネス用語を学ぶ必要があります。

    おすすめの教材・スクール

     

    AVIVA(アビバ)

     

    アビバ出典:アビバ

     

    アビバでは、日商PC検定対策講座として、レベルに応じたExcel、Word、PowerPoint講座があります。質の高い指導、豊富な実績が特徴です。「Wordは理解できるけど、ExcelやPowerPointがうまく使いこなせない」という人は、必要な講座だけ選んで受けるのも良いですね。

     

    各コース

    • データ活用3級(Excel):全11回(90分/回)、2ヶ月~
    • データ活用2級(Excel):全11回(90分/回)、2ヶ月~
    • 文書作成3級(Word):全11回(90分/回)、2ヶ月~
    • 文書作成2級(Word):全11回(90分/回)、2ヶ月~
    • プレゼン資料作成 3級対策(PowerPoint):全6回(90分/回)、1ヶ月~
    • プレゼン資料作成 2級対策(PowerPoint):全6回(90分/回)、1ヶ月~

     

    【独学で勉強する】
    パソコンを使える人なら、テキストを買って独学で勉強しても合格することができます。テキストは繰り返し何度も勉強してください。一通りテキストを勉強した後は、テキストに収録されている確認問題、模擬問題を最低3回は行うようにしましょう。不明点なくスムーズに解けるようになるまで行ってくださいね。

    <おすすめ参考書>
    独学で勉強するのにおすすめの参考書は、FOM出版から出ているテキストです。日商PC検定の公式テキストとなっているので、ぜひ活用してください。また、テキストは知識科目用と、データ活用知識、実技科目の解説をした2種類が必要です。

    ・日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 3級 知識科目 公式問題集(1,296円)
    https://www.fom.fujitsu.com/goods/nisshopc/fpt1530.html
    ・日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 2級 知識科目 公式問題集(1,296円)
    https://www.fom.fujitsu.com/goods/nisshopc/fpt1531.html

    日商PC検定について

    • 受験料:<3級>7,200円(税込)、<2級>7,200円(税込)、<1級>10,290円(税込)
    • 受験日程:<2級・3級>商工会議所やパソコン教室でも受験が可能、<1級>年2回
    • 受験会場:全国の日本商工会議所

    【法律・経理系】持っていれば重宝されること間違いなし!

    行政書士

    士業の中でも、比較的取りやすいのが行政書士です。行政書士の主な仕事は「書類作成」ですが、官公署に提出する書類、内容証明書の作成、遺産分割協議書の作成といった書類作成や、書類を提出する代理業務といった数多くの仕事があります。業務の範囲が広く、適応力も必要です。

    行政書士の資格は一般企業でも重宝されますし、行政書士事務所への就職、独立開業することもできるなど、転職先の幅も広がります。行政書士の合格率は10%前後と、決して簡単に取得はできる資格ではありませんが、ぜひ挑戦してみてください。

    おすすめ教材・スクール

    アガルートアカデミー

     

    アガルートアカデミー出典:アガルートアカデミー

     

    行政書士試験の合格率が65%という、実績のあるアガルートアカデミーです。通信講座であり、講義の動画は最大3倍まで倍速再生が可能で、いつでもどこでもすきま時間で勉強することができます。

     

    アガルートアカデミーオリジナルテキストは、行政書士試験を知り尽くした講師陣によるもので、講義と一緒に進めていくことができます。行政書士の資格を取得後も行政書士としてスムーズに業務ができたり、開業できるよう実務講座や開業講座も充実していますよ。

     

      初心者(学習未経験者向け)コース
      行政書士の勉強を始めてスタートさせる人が、1年で合格するための講座です。

    • 入門総合講義/入門総合カリキュラム:15万8,000円~
    •  

      中上級者(学習経験者向け)コース
      行政書士の学習経験があり、そこから合格レベルまで引き上げる講座です。

    • 演習総合講義/演習総合カリキュラム:18万8,000円~

     

     

    伊藤塾

     

    伊藤塾出典:伊藤塾

     

    資格講座で有名なもののひとつに「伊藤塾」があります。受験生にとっておなじみの参考書も伊藤塾の講座を元にしたものが多く、分かりやすいテキストで学習を進めることができます。業界トップレベルの講師陣を揃え、法律が全く無知の方も「分かりやすさ」に定評のある講義で合格まで近づけますよ。

     

    学習スタイルは通信受講と通学受講がの2つがあるので、自身のスタイルに合うものを選んでください。伊藤塾行政書士OBOGの会「秋桜会」もあるので、合格後は情報交換をしたり、多くの人と交流したりと、ぜひ活用してくださいね。

     

      行政書士の各コース

    • 行政書士合格講座 本科生:<通信>24万8,000円/<通学>26万8,000円(183時間+答練24回・模試2回)
    • 基礎力完成マスター〈科目別受講〉:<通信>18万円/<通学>19万5,000円(150時間)
    • 行政書士合格講座 本科生 + 合格ナビゲーションクラス:<通信>29万8,000円/<通学>31万8,000円(183時間+答練24回・模試2回・合格ナビゲーションクラス10回)

      合格ナビゲーションクラスとは
      講師と受講生(7~20人程度)が対話の中で進めていく、コミュニケーション型の講義です。講義の復習が効率よく行え、法的思考力を養うことができます。

     

    行政書士の受験について

    • 受験料:7,000円
    • 受験日程:毎年11月の第2日曜日
    • 受験会場:全国にある会場で実施

    社会保険労務士

    社会保険労務士とは、労働と社会保険諸法令に関する法律を扱う国家資格者のことです。人事・社会保険・労務管理のエキスパートでもあり、社会保険の加入手続き、労働保険料の計算、就業規則の作成、労働契約の作成といった業務を通し、就労者への義務や権利をサポートします。

    一度資格を取得すると、長く安定して働くことができるのも魅力です。社会保険労務士の合格率は5~10%程度ですが、試験には明確な合格ラインが設定されているので、全ての項目に対し合格ラインを超えるよう勉強することが大切です。社会保険労務士は、女性に人気の高い国家資格であり、独学でも勉強することは可能です。

    おすすめ教材・スクール

     

    資格の学校TAC

     

    TAC出典:資格の学校TAC

     

    資格の勉強に使用する参考書を多く販売している、「資格の学校TAC」です。全国に校舎を展開しており、東京には9校、大阪には2校あります。TACの魅力は、優秀な講師陣はもちろんのこと、法律関係を学ぶ初心者にとっても分かりやすいオリジナル教材を使って学ぶことができます。

     

    仕事の都合で教室講座を受けることができない場合には、Web通信講座、音声DL通信講座、DVD講座といった、自分が勉強しやすい環境に合わせて学ぶことができるのも嬉しいですね。

     

      各コース(Web通信講座/教室通学講座)

    • 速修本科生:<通信>15万2,000円/<通学>15万2,000円(12月~3月開講)
      短期集中で合格を狙うコースです。通常の「総合本科生」のカリキュラムを圧縮し、効率よく勉強を進めていきます。
    •  

    • 総合本科生:<通信>17万円/<通学>17万円(9月~1月開講)
      社会保険労務士の基礎講義から実力テスト、模擬試験と効率よく学習を進めていくことができる講座です。合格に必要な基礎力・答案作成力が自然と身に付きます。

     

     

    クレアール

     

    クレアール出典:クレアール

     

    Web通信講座「クレアール」は、超効率的な学習法である「非常識合格法」「Vラーニングシステム」「マルチデバイス対応」を採用し、時短学習できるようになっています。

     

    クレアールの特徴は「セーフティコース」があることで、万が一試験に合格できなかった場合、翌年の受験に向けての学習にも対応してくれるというものです。何らかの事情で翌年の受験に切り替える場合にも使えるので、おすすめですよ。2年間の学費に比べるとリーズナブルな値段となっているので、検討してみてはいかがでしょうか。

     

      初学者対象パックコース
      社会保険労務士の学習が初めてで、基礎学習が終わっていない方

    • 一発ストレート合格パーフェクトコース:19万2,000円(191時間)
    • 一発ストレート合格セーフティコース:24万2,000円(399時間)
    •  

      学習経験者対象中級パックコース
      基本的な社労士の講義を受講したことがあり、択一試験が30~40点の実力がある方

    • 中級パーフェクトコース:20万5,000円(228時間)
    • 中級セーフティコース:24万5,000円(356時間)
    •  

      受験経験者対象上級パックコース
      択一試験で40点以上の実力があり、知識の整理をしたい方

    • 上級パーフェクトコース:15万8,000円(158時間)
    • 上級パーフェクトセーフティコース:18万8,000円(211時間)

     

    社会保険労務士の受験について

    • 受験料:9,000円
    • 受験日程:例年8月の第4日曜日(月1回)

    http://www.sharosi-siken.or.jp/

    簿記2級

    先ほどご紹介した簿記3級の次が、簿記2級です。簿記2級は「会社の経営管理に役立つ」レベルであり、経理での採用に有利でしょう。簿記のレベルでいうと、3級は経理アシスタントのレベルであり、2級は「財務諸表が読める」など経理で即戦力となり得ます。

    簿記2級は合格率が25%前後であり、高いときは50%弱、低いときは10%ほどとかなり差があります。簿記を学ぶ場合は、3級と一緒に2級も学習し、一緒に受験を目指すことをおすすめします。

    おすすめの教材・スクール

    LEC東京リーガルマインド

     

    LEC出典:LEC

     

    資格取得や通信教育でお馴染みの、LEC東京リーガルマインドです。特徴は「どっちも受講」があることで、これは、同じ科目の講師2人の講義を受けられるというものです。

     

    同じ科目でも、講師が違うと話す内容も変わるので、2人の講義を比べて、自分に合う講師を選んで学習することができますよ。丁寧で時間に余裕のある講義か、要点をまとめた短時間での講義か、自分のライフスタイルや学習スタイルにも合わせると良いでしょう。

     

    また、通学で学習する方もWeb講座をスマホやPCで見ることができ、いつでもどこでも常に勉強することができます。

     

      学習初心者向け講座(通学の場合)

    • 2級パーフェクトパック:60万円(Web+スマホ視聴+スマホ動画DL+音声DL)
    • 3・2級合格パック(同時受験):64万3,000円(Web+スマホ視聴+スマホ動画DL+音声DL)
    •  

      学習経験者向け講座(通学の場合)

    • 2級新規論点特別講座:6,400円(Web+スマホ視聴+スマホ動画DL+音声DL)

     

    簿記2級の受験について

    • 受験料:4,630円(税込)
    • 受験日程:2月、6月、11月の年3回

    FASS検定

    FASSとは「Finance & Accounting Skill Standard」の略であり、日本CFO協会が運営する「経理・財務サービススキルスタンダード」を元にして開発された検定です。日商簿記とも似ているように思えますが、FASS検定は、より経理や財務の実務スキルを測ることを目的としています。

    FASS検定は合否出の判断でなく、スコアでA~Eにレベル分けされます。検定内容は、経理や財務の基本実務に対する理解度を問うもので、資産・決算・税務・資金の4分野から出題されます。2005年に始まって以来、大手企業で取り入れられ、受講者も年々増えてきている資格です。

    おすすめのスクール・教材

    【公式参考書で学ぼう】
    FASS検定対策におすすめの公式参考書です。日本CFO教会が出版しているもので、検定の内容を把握したり、試験に向けての参考問題集が300問収録されています。もちろん詳しい解説付きなので、自習用教材として十分に活用できます。

    また、「学習基本パック」といって、受験料と公式参考書がセットとなったお得なセットもあるので、チェックしてみてください。
    経理・財務スキル検定公式学習ガイド(2018年度版):2,500円(税抜)
    http://www.cfo.jp/fass/text_training/guide.html

    FASS検定の受験について

    • 受験料:10,800円(税込)
    • 受験日程:上期(5月1日~7月31日)と下期(11月1日~1月31日)の間

    宅地建物取引士資格

    宅地建物取引士資格とは、「宅建」と言われるものです。不動産を取引する際、仲介役を行う人が持つ、国家資格です。

    宅建の資格というと、「不動産業界は目指していない」と言われるかもしれません。しかし、宅建を取得している人の8割は、不動産業界以外で働いています。業界でいうと、銀行・保険会社といった金融機関、住宅メーカーが主であり、これ以外にも宅建を持ちながら事務職として働いている人もいます。

    大企業になると総務・財務部門において不動産の管理・運用を行っていることもあるので、資格が大いに役立ちますよ。宅建の合格率は15%と、決して取りやすい資格とは言えませんが、持っていると損はしない資格です。

    おすすめのスクール・教材

    スタケン

    &