子どもの指しゃぶりが始まったらどうしたら良い?年齢別原因と対策、防止グッズ5選

子どもの指しゃぶりが始まったらどうしたら良い?年齢別原因と対策、防止グッズ5選

Ayano

赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿はとても愛らしいですが、近年では長い期間指しゃぶりをしていると歯並びが悪くなったり出っ歯になりやすかったりすると言われています。同じ指しゃぶりでも、年齢によって指を口の中に入れる意味は全く違います。始まった指しゃぶりをどうしたら良いか、原因と対策をご紹介します。

指しゃぶりとは

赤ちゃんは指しゃぶりをお腹の中にいるときからしています。このことを吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)と言います。この動作は口の近くに触れたものを無意識に吸う動きで、母乳やミルクを飲む事が出来る様に赤ちゃんが持って生まれた動作です。赤ちゃんの頃は無意識だった指しゃぶりも、大きくなるにつれ不安や淋しさなどの感情の現れでするようになります。
参考文献:日本小児歯科学会

指しゃぶりいつまで?

指しゃぶりは、3歳~4歳くらいまでにやめさせると思っておいた方が良いでしょう。あまり長引きすぎると癖として残ってしまい、本人もやめたいのにやめられなくなるだけでなく指や爪の変形、歯並びにも影響を与える可能性が高くなります。
参考文献:日本小児歯科学会

指しゃぶりで出っ歯になるって本当?

指しゃぶりを長く続けていると上の前歯を持続的に押し続けてしまうため、上の歯が下の歯より前に出てくる上顎前突(出っ歯)になりやすくなります。
参考文献:日本小児歯科学会

指しゃぶりで出来たたこは治るの?

指に出来た硬くなったたこは消えるのか心配になるお母さんは多いと思いますが、指しゃぶりをやめたら自然に治っていきますので、硬くなったたこを無理に剥がすのはやめましょう。もし、たこを傷つけたり膿んだりした場合は、痕に残る可能性があります。また傷ついた部分に細菌が入りさらに悪化させてしまうことがありますので直ぐに医師に診せてください。

指しゃぶりをしてしまう原因

指しゃぶりをしてしまう原因は、年齢や個体差によっても違います。生後間もないおしゃぶりから3歳頃のおしゃぶりの原因はどのような理由があるのでしょうか。

新生児の指しゃぶり

新生児のおしゃぶりは指とは認識していません。産まれる前から赤ちゃんがする原始反射の一つで、無意識に口の周りに触れたものを何でも吸いつく様子のことを言います。個人差はありますが、2.3ヶ月頃には段々色んな物に興味が出てきて、動くものや目の前にある物を口に入れて学習していきます。この頃は指だけではなくこぶしや足の指もしゃぶるようになります。

3ヶ月を過ぎ、少し大きくなってきてから今まで指しゃぶりをしなかった子が急におしゃぶりを始めることもあります。これは、眠い時やお腹が空いた時、かまって欲しい場合に示す意思表示の一つと考えられます。

また、歯が生え始めて気持ち悪く歯茎がムズムズする事が原因で指をしゃぶってしまうことも多いです。歯が原因の場合は、歯が生えそろってくると自然におしゃぶりは収まります。まだ言っていることが理解できる年齢ではないので、口から手を引き離そうとしても嫌がるだけです。1歳までのおしゃぶりは成長の過程でもあるので、神経質にならず優しく見守ってあげましょう。
参考文献:日本小児歯科学会

2歳の指しゃぶり

2歳になっても指しゃぶりが続く、もしくは2歳頃から始まった指しゃぶりには、精神的な理由が多いようです。2歳を過ぎてからのおしゃぶりの多くの原因は

  • 淋しい
  • かまってほしい
  • 不安
  • 眠い
  • お腹がすいた

などがあげられます。この頃の子どもは成長に多少の違いはあっても言っている事がだいぶ分かるようになってきています。ですので、おしゃぶりをやめさせるグッズを使う前にいつもより多めに一緒に遊んであげるなど、大好きな気持ちをめいっぱい伝えて沢山抱きしめてあげましょう。子どもの愛情が満たされると自然とおしゃぶりとお別れできることがあります。怒らず気長に付き合ってください。

3歳の指しゃぶり

3歳までの指しゃぶりは、いっぱい遊べるようになったりおしゃべりが上手になってくる事で自然にしなくなってきますが、3歳を過ぎてもおしゃぶりをやめないのは、癖になって自分でもやめられなくなっている事が考えられます。そして、おしゃぶりを続けている事で体にも悪影響が出る可能性が高くなります。

指しゃぶりが子どもに与える影響は

歯並びが悪くなる

上下のかみ合わせが合わなくなり歯並びが悪くなります。稀に奥歯が生え揃う2歳半~3歳過ぎまで続いていると、奥歯までずれる事で交叉咬合(こうさこうごう)などを引き起こす可能性が高くなります。

吸いだこができる

ずっと指しゃぶりをしている刺激で、皮膚が硬く膨れ上がることを言います。稀に爪が変形する事や、指の骨の形が変形してしまう事もあるようです。

発音 滑舌が悪くなる

指しゃぶりで歯並びが悪くなってくると、歯に隙間ができ空気が漏れることで発音が悪くなる事があります。指しゃぶりをしている期間が長ければ長いほど自然に治る事が難しくなってしまいます。

虫歯ができやすくなり風邪もひきやすくなる

おしゃぶりをしていると、鼻呼吸より口呼吸する事が多くなり口が開けていることが多くなります。口の中が乾き続けると口内環境が悪くなり虫歯菌が増えたり風邪をひきやすくなります。

参考文献:日本小児歯科学会

指しゃぶりのやめさせ方

指しゃぶりをやめさせる為に絶対にしてはいけないことは怒ったり無理に指を外したりしない事です。本人の気持ちを無視してやめさせようとすると、隠れてするようになったり余計におしゃぶりに依存してひどくなる可能性もあります。歯が生えそろってきてもおしゃぶりを続けている場合は、子どもがどんな時におしゃぶりをしているのかをよく観察して子どもとのコミニュケーションを大事にしてください。どうしてもやめなければおしゃぶりをやめさせるグッズを試してみてください。指しゃぶりが長くなると体に悪影響を与える可能性が高くなります。少しでも悪影響が出ていると感じたら早めに医師に相談してください。

指しゃぶりをやめさせるグッズをご紹介!

癖になってしまったおしゃぶりには、おしゃぶりの防止にも効果があるグッズを使ってみるのも手です。おしゃぶりに効果があるグッズには、誤飲や爪噛みにも効果を発揮するものもあります。うまく利用して、口に指を入れる癖を止めてあげましょう。

マヴァラ バイターストップ


マヴァラバイターストップは、スイスが原産国の苦味成分(誤飲防止成分)配合のトップコートです。通常のトップコートとは違いギネスブックに収載されるほどの強い苦味成分が配合されているので、爪に塗った後に爪を噛んだり指を舐めたりすると苦味成分が口の中に広がりおしゃぶりや爪噛みや誤飲を防止します。とても苦いので、4歳以上からのお子様にお使いする事をおすすめします。 ヴァラ バイターストップを使って、苦味成分が嫌で爪噛みやおしゃぶりが収まったと言う声が多数あがっているようです。数週間使い続けると、トップコートをつけなくても口に指を入れなくなる子も多いようです。また、大人の方も自分用に購入し癖をなおす為に使われるかたもいるようです。

ビターネイル


ビターネイルは、指しゃぶりや爪噛みや誤飲を防止するために作られたトップコートで、ギネス認定の苦み成分で強力な抑止力を発揮します。苦み成分は安息香酸デナトニウムやセンブリエキスを配合し、安息香酸デナトニウムは、子どものおもちゃなどの誤飲防止剤として使われている成分なので、小さいお子さんにも安心して使える日本製の商品です。ぬるま湯で洗い落とす事が出来るので、リムーバー要らずで爪にも優しいトップコートです。日本製で出来ている安心感から、こちらのトップコートを選ぶお母さん達も多いようです。使った日から長く続いていたおしゃぶりや爪噛みがピタッと止まったと言う声が多いようです。塗るのをやめてしまったらまた爪噛みや指しゃぶりが始まってしまったという声も上がっているので、やらなくなってもしばらくは塗っておいた方がよさそうです。

おしゃぶりガード


おしゃぶりガードは、子どもの指しゃぶりに悩んだお母さんが試行錯誤し考えて出来た商品です。同じ様に悩む沢山のお母さん達の意見を参考にし幼児専用に作られた特殊生地のベビー生地で作られています。特に多くあげられていたのが、口に入れても安心で簡単に洗えて装着も楽にでき、価格もリーズナブルで外出時も使えるようにお洒落で持ち運びやすい物が良いと言う声でした。この声にこたえる為に開発されたのがおしゃぶりガードです。この商品を着けて夜寝ると寝る時のおしゃぶりが収まったと言う声や、装着しやすくよく考えられている商品だと思うと言う声や、こどもが指しゃぶりをやめたいと自主的になったと絶賛の声があがっているようです。適応年齢は2歳から5歳ですが、だいぶぶかぶかになるかと思いますが1歳くらいから使われているお母さん達も多いようです。

カミカミバナナ(エジソンセレクト)


カミカミベイビーバナナは、エジソンのお箸シリーズメーカー発の歯固めおもちゃです。TVでも紹介されている人気の商品です。とても持ちやすく、バナナの実の部分を噛むとブラシの様な形状が歯茎を優しくマッサージしてくれて、かみかみしたい3ヶ月からの子どもに使えます。どこを噛んでも噛みごたえが違うので飽きずに使え、バナナの皮の部分が口の奥に入らない様になっているので、喉をつくのを防止してくれます。形が可愛いので我が子に初めてのおもちゃとして購入する方や、プレゼントとして渡される方も多いようです。実際使っているお子さんも、口に入れた感触が癖になりずっと口から出さないなんて事もあるようです。

ゆびたこ(ポプラ社の絵本)


もうすぐ小学校一年生になるのに指しゃぶりがやめられない女の子。長年に渡る指しゃぶりで、親指にはたこができている。ある日、そのたこが顔が現れしゃべるという内容の絵本です。本の内容が怖くて、もうおしゃぶりはしないと子どもが思うそうです。3歳を過ぎても指しゃぶりをやめれなかった子が回数が減ったりやめられたり効果の高いおすすめの本です。

指しゃぶりが始まっても焦らない

指しゃぶりが始まるとびっくりしてしまいがちですが、指しゃぶりを始める年齢で随分意味合いが変わってきます。指しゃぶりをしなくなったと思ったらまた始めたりする事もあります。歯も生えそろってきて、お話も少し出来るようになってきたり手遊びや運動が出来るようになっても、まだ上手に自分の気持ちを伝えきれないメッセージが指しゃぶりだと思います。メッセージが来たら、親子の絆を深めるチャンスです。暖かいぬくもりと愛情いっぱいの言葉をかけてあげてください。そして、自分の子どもに今何が必要か適切な方法を考えてあげてください。

0