英語の資格にはどんな種類がある?おすすめ13選と取得のためのスクールや本もご紹介

英語を勉強したいけれど、どんな勉強をしていいかがわからない、あまり続かない、といった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。英語に関する資格やスクールもたくさんあるので、余計に悩んでしまいますよね。そこで今回は、おすすめの資格やスクール、通販や本を紹介します。今の自分に一番合ったものを見つけてみてください。

英語の資格にはどんな種類がある?

英語の資格にはどんな種類がある?

英検

英検は、文部科学省が公認している試験のため、信頼度および知名度ともにとても高いのが特徴です。小学生から社会人までを対象にしているため、幅広い年齢層の人が受験することができます。

レベルごとに7つの級に分かれており、自分の英語力に合わせて受験できるので、一歩ずつ着実にレベルアップできるのも特徴のひとつです。

英検に合格することで、高校や大学の入試や単位取得の際に有利になったり、通訳案内士の試験で英検1級合格者は一部試験が免除されるなど、取得後に幅広い分野でさまざまなメリットがあります。一度取得できれば無期限に有効なので、英検は英語の資格のなかでも、日本国内の王道かつ大本命の資格といえるでしょう。

■公式サイト:http://www.eiken.or.jp/eiken/

英検受験の公式ウェブサイトです。英検受験の申し込みや試験日程・検定料・会場紹介、合否確認や過去問題が閲覧できます。英検留…

TOEIC

TOEIC

TOEICは、英語を母国語としない人を対象にしたグローバルなテストで、採用の基準としてもたくさんの企業が取り入れています。試験日は年に10回あり、試験会場もたくさんの場所で行なわれているため、受けやすいのが特徴です。

テストの結果は合格不合格ではなく、10点から990点で表されるので、そのスコアで英語のレベルが判定されます。
日本の企業に就職、転職したいときや、昇格・海外赴任を目指している人は、TOEICでハイスコアを狙うことをおすすめします。

■公式サイト:https://www.iibc-global.org/toeic.html

IIBCが運営するTOEIC 公式サイト のトップページです。TOEIC Program(英語テスト事業)、書籍・出版、…

TOEFL

TOEFLは、英語圏の大学や大学院に留学するときに英語力を判定するための試験です。特にアメリカやカナダなど、北米ではTOEFLを取り入れている学校が多くあります。試験時間が長く、出題される内容も難易度が比較的高いものが多い試験です。

TOEFLもTOEIC同様、試験結果が0点から120点と点数で表示されます。アメリカの大学に進学したい人は、まず受験をするべき資格であるといえるでしょう。

■公式サイト:https://www.ets.org/jp/toefl

IELTS

IELTSもTOEFL同様、英語圏での留学を希望するときに重要な判断材料となる試験です。IELTSは、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの大学に入学するとき、また移住したいときにも英語力の証明として必要となるので、これらの国へ留学や移住を検討している人は受験をおすすめします。スコアは1.0から9.0まで、0.5刻みで表示されます。

■公式サイト:http://www.eiken.or.jp/ielts/

IELTS(アイエルツ)の公式テストセンターのウェブサイトです。安心と実績の日本英語検定協会が運営する公式IELTS(ア…

日商ビジネス英語

日商ビジネス英語

日本商工会議所が運営している試験で、ビジネスで使用する文書作成や、海外取引の実務的な内容が出題されます。そのため、貿易関連の会社や商社、外資系企業などに就職を考えている人が取得しておきたい資格のひとつです。

1級から3級まであり、2級と3級は全国の試験会場でパソコンで受験をすることができます。1級は統一試験となり、難易度は高めです。

■公式サイト:https://www.kentei.ne.jp/english

各級のレベル1級海外取引の豊富な実務経験があり、英語による十分なビジネスコミュニケーション能力を有する。英語力とビジネス…

ケンブリッジ英検

ケンブリッジ英検は、ヨーロッパを中心に150ヵ国以上で実施されており、世界的に有名な試験です。10,000を超える学校や企業などの団体が、英語力を測る試験として取り入れています。そのため、海外の大学に進学したい人や、海外で就職したい人におすすめです。

■公式サイト:https://www.cambridgeenglish.org/jp/

ケンブリッジ大学英語検定機構は、英語を学び、世界に能力を証明する支援をします。ケンブリッジの検定試験とテストについて詳し…

TEAP

TEAP
画像引用:英ナビ!

TEAPは、上智大学と日本英語検定協会によって共同で開発された試験です。大学入試を想定して開発されているので、日本の高校3年生の英語力を測るのに最適な試験となっています。そのため、日本の多くの大学で、推薦やAO試験入試を中心にTEAPを採用しています。

■公式サイト:http://www.eiken.or.jp/teap/

TEAPのウェブサイトです。日本英語検定協会が運営するTEAPは、大学入試測定に最適なテストです。ここではテストの特徴や…

BULATS

BULATSは、ヨーロッパを中心に東南アジアや中国など、世界に普及しているビジネス英語能力を測るテストです。そのため、海外勤務を希望している人におすすめの試験です。オンライン試験を受けることができ、時間と場所を選ばず受験することができるのが特徴です。

■公式サイト:http://www.eiken.or.jp/bulats/

PTE Academic

世界中の教育機関で認定されており、英語を母国語としない人の英語力を測る試験です。コンピューター形式となっており、5日以内に結果がわかります。オーストラリアやニュージーランドではビザ取得のための英語力証明に有効となっています。留学や移住を考えている人におすすめです。

■公式サイト:https://www.pearson.co.jp/products_services/assessment/pte-academic/

ピアソン・ジャパン - Pearson Japan

PTE Academic™ 留学や海外移住をかなえるPTE アカデミック PTEアカデミックは ……

CASEC

CASEC
画像引用:CASEC

CASECは、個人の能力ごとにテスト問題が変化していく適応型のテストとなっています。また、インターネット環境があればいつでもどこでも受験することができます。試験時間も40~50分と短く、試験終了後すぐに結果がわかり、TOEICやTOEFLのスコア、英検級の目安も表示されるので、手軽に自分の英語能力をチェックすることができるのもポイントのひとつです。

■公式サイト:https://casec.evidus.com/

CASEC(キャセック)は、英検が基礎開発したインターネット上で24時間受験可能な英語テストです。受験時間は約40分。T…

GTEC

ベネッセによる英語技能検定で、読む・聴く・話す・書くの4つの技能を受験することができます。小学生から社会人まで、幅広い年齢のニーズに合わせた3種類の試験があるので、その人のニーズに合わせて受験することが可能です。

■公式サイト:https://www.benesse.co.jp/gtec/

GTECは、ベネッセのスコア型英語4技能検定です。…

ビジネス通訳英検(TOBIS)

通訳技能向上センターが実施している試験で、ビジネスの現場を想定した通訳試験となっています。逐次通訳試験と同時通訳試験があり、受験する人の能力に合わせて両方、あるいは片方だけの受験が可能です。

■公式サイト:https://www.cais.or.jp/tobis/

TOBIS(ビジネス通訳検定)は、求められる通訳スキルと適正業務、そのマッチングの課題を解決する通訳スキルの新基準です。…

ほんやく検定

日本翻訳連盟が実施している試験で、インターネットによる在宅受験が可能です。1級から5級まであり、2級以上を取得すると、翻訳者資格登録の申請に役立てることができたり、日本翻訳連盟に加盟している企業から仕事を獲得する機会を広げることができます。

■公式サイト:https://www.jtf.jp/jp/license_exam/license.html

日本翻訳連盟は翻訳者の育成を目的として「ほんやく検定」を実施しています。受験によって自分の翻訳力を客観的に測ることができ…

資格を取るためのおすすめスクールや通販をご紹介

大人のためのスクール・通販12選

英会話スクールや通販は、さまざまな種類があります。それぞれに強みがあるので、特徴を把握して、自分に合ったスクールや通販を選びましょう。

今回は、たくさんあるスクールや通販の中から、厳選したおすすめの12選を紹介します。

イングリッシュ・ビレッジ

イングリッシュ・ビレッジ
画像引用:イングリッシュ・ビレッジ

イングリッシュ・ビレッジは、マンツーマンのレッスンを一回40分2,100円という低価格で受けることができるのが魅力です。低価格ですが、講師の基準は厳しく設けられており、全員アメリカやイギリス等の欧米圏出身のネイティブスピーカーです。都内と横浜を合わせて12校が開設されているため、通いやすい教室を探してみましょう。

ケイコとマナブ.net

ケイコとマナブ.net
画像引用:ケイコとマナブ.net

ケイコとマナブ.netは、通信や通学で学べる講座を検索することができます。英会話やTOEIC対策など、目的に合わせて検索できるのでとても便利です。教室がたくさんあってどこに決めればいいかわからないときなどに検索機能を活用して選定するとよいでしょう。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー
画像引用:ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、資格の取得やキャリアアップを目指す人のための専門スクールです。語学系では、オンラインでの英会話授業が受けられるほか、アメリカやイギリス、フィリピンなどへの語学留学をサポートしてもらえる講座もあります。

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」
画像引用:たのまな

ヒューマンアカデミーの中でも通信講座に特化したものが「たのまな」です。英語に関連した講座は、TOEIC対策やビジネスでの英語、翻訳コースなど、さまざまな講座が用意されているので、自宅で勉強をしたいがどうしたらいいか悩んでいる方は、自分の目的に合ったものを探すとよいでしょう。

1年集中型コーチング英会話のトライズ

1年集中型コーチング英会話のトライズ
画像引用:トライズ

トライズは、専任のコーチに1000時間のカリキュラムを組んでもらい、学習ができるスクールです。1年間で英会話の上達ができるよう、その人に合った学習方法を提案してもらえたり、メンタル面からもバックアップしてもらえるところが特徴です。1年間で英会話を上達させたい人におすすめのスクールです。

スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISH
画像引用:スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHは、アプリで勉強ができる新世代の学習方法です。そのため、パソコンかスマホさえあればいつでも英語の勉強ができるので、とても気軽に学ぶことができると人気です。

日常英会話コースや、TOEIC対策の講座など、目的に合わせてコースを選択することができます。通学するスクールに比べると値段も圧倒的に安く設定されているのも嬉しいポイントですね。

アルク・オンラインショップ

アルク・オンラインショップ
画像引用:アルク・オンラインショップ

アルク・オンラインショップは、語学専門出版社のアルクが運営しているオンラインショップです。通信講座や本など、さまざまな種類があるので、英語の勉強のための本を探している人や、通信で学んでみたい人におすすめのサイトです。

スタディサプリEnglish パーソナルコーチプラン

スタディサプリEnglishパーソナルコーチプラン
画像引用:スタディサプリEnglish

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策の講座で、担当のコーチに学習プランを立ててもらえるのが、このオンラインパーソナルコーチプランです。担当のコーチから、その人に合った課題を毎週送ってもらえたり、定期的に音声通話をしたりして、TOEICのスコアをアップさせるために明確なアドバイスを受けることができます。

PROGRIT(プログリット)英語学習コンサルティング

PROGRIT(プログリット)英語学習コンサルティング
画像引用:PROGRIT

プログリットは、通常の英会話教室ではなく、英語のコーチングサービスです。その人の目標を達成するため、プロのコンサルタントが最適なプログラムを作成し、成果が出るまでサポートをしてくれます。一人ではどのような勉強をしてよいのかわからないという人におすすめです。

ECC外語学院

ECC外語学院
画像引用:ECC外語学院

1962年から運営をしている会社で、老舗の英会話教室といえます。日常英会話のコースから、TOEICや英検を受験する人のためのコースなど、たくさんのコースが用意されているので、自分の目的に合ったコースを選んで受講することが可能です。

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター
画像引用:ロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンターは、マンツーマンでのレッスンを受けることができ、自分の目的に合わせた授業を受けることができます。

また、オンラインでいつでも復習できる「パワーレビューシステム」や、「eラーニング」で勉強できる点も魅力です。全国で80校以上あるのが特徴で、都心のみならず地方在住の方でも通いやすい教室がみつかるのではないでしょうか。

モバイル英会話トレーニングALUGO

モバイル英会話トレーニングALUGO
画像引用:ALUGO

ALUGOは、携帯電話さえあればどこでも講座を受けることができます。1回のトレーニングは最短5分から最長60分で、携帯電話でコーチと通話して英会話のレッスンを受けます。ビジネスシーンに特化した英会話を学ぶことができるので、ビジネスで英会話を使用している人におすすめです。

子どものための英会話スクール9選

大人になってから英語を学ぶのも決して遅くはありませんが、子どものときから英語にたくさん触れておくことで、英語脳や耳が発達するため効率的に勉強ができるといわれています。

そこで、数ある子どものための英会話スクールの中から、おすすめのスクールを9選紹介します。

ディズニーの英語システム

ディズニーの英語システム
画像引用:ディズニーの英語システム

子どもたちが大好きなディズニーを教材にしているので、楽しみながら英語を学ぶことができます。歌や絵本、DVDなどを使用し、遊び感覚で自然と英語が身に付くようにプログラムが開発されています。また、英語のイベントにも参加することができるため体験型の学習もできます。

COCO塾ジュニアオンライン英会話

COCO塾ジュニアオンライン英会話
画像引用:COCO塾オンラインジュニア

子ども英語教室を運営しているCOCO塾ジュニアが、オンラインで行なっている教室です。オンラインなので送り迎えの必要がありません。また、リクエストに応じたレッスンを行なってもらえます。費用も、通学に比べると格安に設定されているため習い事として継続しやすい要素が多くあります。

ECCキッズイングリッシュワールド

ECCキッズイングリッシュワールド
画像引用:ECCキッズイングリッシュワールド

ECCキッズイングリッシュワールドでは、1歳半から年齢別にコースが分かれています。その年齢に応じた学習効果が得られるカリキュラムとなっているので、自然と英語が身に付きます。また、4~5歳クラスからプレゼンテーションの授業もあり、将来に繋がる英語力を養うことができます。

Labo Party

Labo Party
画像引用:Labo Party

Labo Partyは、絵本を読んだり、英語と日本語の物語のCDを何度も聴いたりすることで、言葉に興味を持たせ、言語力の基礎を学ぶことができます。また、「テーマ活動」と呼ばれる英語での劇を行なうことも大きな特徴のひとつです。英語力だけでなく、リーダーシップや表現力も育むことができるのもポイントです。

イーオンキッズ

イーオンキッズ
画像引用:イーオンキッズ

イーオンキッズは、年齢別に8段階クラスが分かれています。それぞれの年齢に合った独自の教材を使用していることが特徴です。

また、外国人教師と日本人教師のダブルサポートを受けることができるので、文化の違いによる疑問点や不安なことは日本人教師に相談するなど、子どもにとって安心できる環境で英語を学ぶことができます。

アルクKiddy CAT英語教室

アルクKiddy CAT英語教室
画像引用:アルクkiddy CAT

語学専門出版社のアルクが運営している英語教室です。40年以上教材の開発を行なってきており、そのアルクが開発した教材を使用してレッスンを受けられるので、総合的な英語能力を身に付けることができます。

また、小学校低学年まではDVDなども教材に取り入れているので、家庭での学習がしやすいのも特徴です。

Benesseこども英語教室

Benesseこども英語教室
画像引用:BE studio

Benesseが運営している英語教室なので、たくさんの工夫を凝らしたカリキュラムとなっています。全国で約1700教室あるので、自宅から通える教室が見つかりやすいのも特徴のひとつです。

また、英語圏の文化を体験することができるイベントなどもたくさんあるので、国際感覚を身に付けることができるのも貴重な体験ができ嬉しいポイントです。

ベルリッツキッズ

ベルリッツキッズ
画像引用:ベルリッツキッズ

ベルリッツキッズは、最大3人までの少人数でのレッスンであることが大きな特徴です。外国人の先生による会話中心のレッスンなので、コミュニケーション力をつけることができます。また、教室で使用するテキストには日本語が一切書かれていないため、自然と英語脳を育成することができます。

ヤマハ英語教室

ヤマハ英語教室
画像引用:ヤマハ英語教室

ヤマハ英語教室は、得意の音楽を活かし、英語特有の音やリズムを楽しく学ぶことができるよう工夫がされています。0歳から小学生まで、その年齢に合わせたカリキュラムで学ぶことができます。

英語学習のためのおすすめ本9選

英検4級総合対策本

受験からスピーキング対策まで、すべての情報をまとめた本です。フルカラーなので、解説などがとても見やすくなっています。また、予想問題が入っているので、現在の自分の実力をチェックすることができるでしょう。1級から5級まで全部で7種類あるので、自分の受けたい級の本をチェックしてみてください。

くもんの中学基礎がため100%

くもん独自の方法で構成されている、書き込み式のドリルです。大切な部分は何度も繰り返し出てくるため、一度覚えたことを忘れにくくなっています。このシリーズは、中1から中3まであり、科目も英語だけではなく国語や数学などもあるので、おすすめです。

英語上達完全マップ

この本は、英語そのものの勉強の本ではなく、どのような方法で勉強をすれば英語が上達するのかが詳しく書かれています。英語の勉強の進め方がわからない、なかなか勉強を継続することができない、という人は一度読んでみてはいかがでしょうか。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

中学校レベルの簡単な文法ばかりですが、英文を丸暗記することによって、すぐに英作文ができるようになる力を鍛える本です。CDを聞きながら覚えていけるので、頭に入りやすくなっています。この本を1冊覚えれば基礎を固めることができるため、単語を入れ替えるだけで、会話力がかなりアップするでしょう。

新TOEIC TEST 出る単特急金のフレーズ

2011年のTOEIC公開テスト7回すべて満点を取ったというTEX加藤さんが、受験後に出た単語をメモし、それを基に作られた本です。出てくる単語やフレーズがすべて頻出語なので、そのまま覚えればそのままテストに出てきます。単語だけではなく、補足説明もついているのでポイントを抑えることができます。持ち運びしやすいサイズなのも嬉しいポイントです。

一億人の英文法

英文法をわかりやすく解説してくれている本です。文法は難しい言葉で書かれていることが多く、苦手意識を持つ人もたくさんいます。しかしこの本ではイラストを多く使って、イメージで感覚的に学ぶことができます。言葉だけではわかりづらかった英文法が、頭に入りやすくなる本です。

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

初心者向けの、英文法の本です。ブルーベリーパイが好物の太った猫が主人公で、文法用語を使わずにわかりやすい言葉で、かつ重要な部分に絞って英文法を解説してくれています。文法が苦手で勉強を諦めかけていた人や、文法を基礎から学び直したい人におすすめです。

DUO

難易度が少し高めの単語帳です。この本では、単語1600語と熟語1000語が560本の英文にまとめられています。そのため、560本の英文を暗記すれば、単語も熟語も一緒に覚えることができます。暗記する価値のある英文が凝縮されています。別売りのCDも一緒に聴けば、より習得度が上がるでしょう。

English Grammar in Use

世界的に使われている、文法を学習するための参考書です。すべて英語で書かれていますが、例文や練習問題などがたくさん載っており、とてもバランスのとれた本といえます。多少英語力があるという人にはおすすめの本です。

自分に合った英語の勉強法を探そう

英語に関する資格やスクール、本などは数えきれないほどたくさんの種類があります。そのため、どのような勉強をしていいのか迷うこともあるでしょう。そのようなときは、なぜ英語を勉強したいのか?その目的を考えてみましょう。

留学がしたいのか、会社で資格をとって昇格したいのか、海外勤務を実現させるために英会話を上達させたいのか、など英語を学ぶ理由は人それぞれです。その自分の目的に合ったスクールや参考書を選ぶことが、夢に近づく一番の近道なのではないでしょうか。

0