保健師は健康にまつわる問題を解消に導く仕事!仕事内容や年収、必要な資格や学校を知ろう

MOMOKO

社会貢献度の高さとやりがいのある職。その上、産休や育休など、将来を見据えても安定感のある国家資格。今回は「保健師」について、ご紹介します。保健センターに所属する保健師、学校で働く保健師など、誰もがお世話になっている職業のひとつ「保健師」。具体的に、仕事内容や資格取得の道がどのようなものか、知っておきましょう!

働く場所はさまざま!保健師の仕事内容とは

保健師は、人々の健康にまつわる問題を解消していく保健のプロです。今や生活習慣病だけに限らず、赤ちゃんから高齢者までの健康とメンタルヘルスを考える時代。保健師は、自然災害、格差社会の問題など、社会全体をターゲットとした役割を果たします。働く場所はさまざまですが、代表的な保健師の仕事内容を見ていきましょう。

行政保健師の仕事ってどんなこと?

「行政保健師」とは、自治体の保健センターなどで働く保健師です。保健師のほとんどが、この行政保健師です。都道府県の保健師は、患者への保健サービスの他、市町村の保健師への研修を行います。医療システムの調整、暮らしに関するデータの分析など、広範囲の仕事を担当します。

市町村の保健師は、保健所などで健康相談や健診など。各家庭を訪問し、出産後の母親や児童虐待問題を抱える母親らの相談など、地域に寄り添ったサービスを行います。

病院保健師の仕事ってどんなこと?

「病院保健師」とは、病院などで働く保健師です。健康診断の他、小児科では予防接種のアドバイス、精神科では生活指導など、診療科目別で仕事内容は多岐にわたります。訪問看護や退院した患者のサポート、保健センターと患者情報の共有なども行います。

院内感染の予防活動、病院職員のへの健康指導など、看護師の仕事内容と似ている部分もあるので、勤務する病院によって違う業務内容を、事前に確認しておくことも大切です。

産業保健師の仕事ってどんなこと?

「産業保健師」とは、企業で働く保健師です。従業員の健康指導をメインに、怪我や病気の応急処置、研修を行います。安全衛生委員会へ出席したり、従業員の意見交換会を開催したりもします。従業員のストレスを軽減し、うつ病の予防活動も期待されるでしょう。

従業員の健康は企業の利益につながる、やりがいのあるポジションです。職場に保健師は1人ということが多いため、職場によっては事務職も兼任している、といった大変さもあることを知っておきましょう。

学校保健師の仕事ってどんなこと?

「学校保健師」とは、私立の学校や大学などで働く保健師です。養護教諭とは異なります。生徒や職員の健康相談、怪我や病気の応急処置を行います。多感な時期の子どもや学生を対象としているため、コミュニケーションには柔軟性が求められるでしょう。

さまざまな業務を1人でこなすので、作業ボリュームは少なくありません。ちなみに、「保健室の先生」は、養護教諭という教員免許が必要で、健康や性に関する教育の任務が含まれます。

ここが魅力的!保健師の役割

保健師は、対象者別で指導内容ががらりと変わるため、幅広い知識と視野が必要です。その分、直接触れ合う人々の温度感は肌で感じることができます。対人業務だからこその感動体験も待っていることでしょう。

多くの人々の健康を助ける、社会貢献ができる

保健師の魅力は、自治体、病院、企業、学校であろうと、人々の生の声を感じながら責任感を持って携わることができることにあります。高齢化社会へ進みゆく時代、勤務地は介護施設なども増えていきます。

他にも、民間の組織であるNPO(特定非営利活動法)やNGO(非政府組織)、JICA(国際協力機構)などに入り、発展途上国で母子保健活動や衛生教育を行うなど、活躍の場は広がっています。

  • 保健師助産師看護師法

「保健師助産師看護師法」は、1948年に制定された法律です。第一章第一条には、下記のように定められています。

この法律は、保健師、助産師及び看護師の資質を向上し、もつて医療及び公衆衛生の普及向上を図ることを目的とする。
引用:厚生労働省「保健師助産師看護師法 昭和二十三年法律第二〇三号」

法の上にも定義された、国家資格である「保健師」「助産師」「看護師」の看護職。保健師助産師看護師法とは、看護職を目指す人にとって重要な法令、現職の方にも誇りあるものと言えます。

ワークライフバランス良し

行政保健師や産業保健師、学校保健師の場合は、だいたいが土日祝日休みで定時退社。他の看護職に比べ、ワークライフバランスが安定しています。夜勤を含む病院保健師は手当分の収入は期待できるでしょう。

産業保健師は事務作業も含むなど、看護職以外の任務を任される企業もありますが、企業の福利厚生、各種手当を受けることができるので、人気が高いようです。

健康への意識は高まる一方!時代に左右されない職業

少子高齢化がここまで進んでいる現代、国の健康保険費用負担を軽くすべく、病気の予防が重要視されています。老人介護の分野でも保健師は必要性が高まります。また、2008年から開始されている保険制度「特定健康診査・特定保健指導」では、基準値以上の結果が出た場合、医師や保健師の指導を受けなくてはならなくなりました。

企業では、メンタル面での労災認定件数が増えています。このような社会的背景からも、保健師の需要は伸びていきます。

保健師の収入は安定している?

保健師の年収は平均で400~600万円程度。キャリア、勤務先によって大きく変動しますが、保健師の中でも人数の多い、行政保健師を例に見ていきましょう。

行政保健師の収入の平均が知りたい!

行政保健師の平均月給は、公務員の俸給表で見ることができます。保健師(医療職俸給表(三))の平均給与。平均年齢:46.9歳。平均月給:346,820円。他、ボーナスになる期末・勤勉手当は、民間企業のボーナス額を人事院が調査し、月給何ヶ月分となるか定まるようです。

出典:人事院「平成29年国家公務員給与等実態調査の結果」職員数、平均年齢、平均経験年数及び平均給与月額より
出典:内閣官房「国家公務員の給与」より

ちなみに、締め切られた平成29年度募集、平成30年度4月勤務開始の東京都職員保健師Ⅰ類Bの初任給は227,800円となっています。

出典:東京都福祉保健局「平成29年度東京都職員1類B(保健師)採用試験案内」より

年齢や勤務先で異なる保健師の収入

役職によっても、また手当が変わってきます。病院保健師なら、夜勤次第で給料は大きく違ってくるでしょう。保健師は「看護師」と「保健師」の資格を持っているため、ベースは看護師よりも高くなるはずです。

正職員であれば、有給休暇やボーナス、退職金など、勤務先の規定に則った待遇になります。産業保健師は企業が定めた待遇を受けることができます。産業保健師の雇用は、大企業が多いため大企業なりの給与額であることが想定できます。

保健師になるために必要な資格とは

保健師になるには、「看護師」と「保健師」2つの国家試験の合格がマスト。その受験資格を得るためには、大学や看護学校の看護師養成課程を修了する必要があります。具体的にどのような進路を選ぶべきが考えていきましょう。

4年制の大学や専門学校へ

保健師になるための学科のある大学では、看護と保健の2つの知識を同時に学べます。卒業と同時に看護師と保健師の国家試験受験資格を取得することができます。また、3年制ではなく4年制の看護専門学校卒業者も同様に受験資格が得られます。

学習ボリュームが多く大変ですが、時間的にもコストパフォーマンス的にも効率がよいでしょう。中には成績上位の学生しか、保健師免許を目指す講義が受けられない大学もあるので、進学前にチェックしておきましょう。

看護師養成学校卒業後に保健師養成学校へ

「看護師免許」を確実に取得したいという人は、3年制の看護師養成学校を卒業して、先に看護師免許を取得するという方法もあります。卒業後、保健師養成課程の専攻科がある1年制の保健師養成学校に通い、「保健師国家試験」の受験資格を手に入れます。環境を変え新たな気持ちで、各分野の勉強に没頭できます。

看護師として実務を積んだあとに、保健師養成学校へ

看護師として働いている方なら、保健師養成課程がある大学に通うという方法もあります。このパターンで、保健師になられた方は1割にも満たない数ですが、看護師の職務を経て、保健師に興味が湧いたなどの目的を持つ方もいます。ただし、保健師養成学校自体の数が少なく、入学は狭き門です。

保健師国家試験の過去問に挑戦

平成29年2月16日(木)に実施された第103回保健師国家試験、第100回助産師国家試験、第106回看護師国家試験の問題と解答が、厚生労働省のHPに掲載されています。受験する方は、必ず挑戦しておきましょう。

⇒厚生労働省「第103回保健師国家試験、第100回助産師国家試験、第106回看護師国家試験の問題および正答について

保健師資格試験の難易度や合格率

保健師国家試験は年に1度、2月に実施され、合格率は約9割と高い数値です。第103回保健師国家試験の合格者数等は、出願者数8,294人、受験者数8,207人、合格者数7,450人、合格率90.8%。(うち新卒者は、出願者7,632人、受験者数7,590人、合格者数7,172人、合格率94.5%)

合格基準は、一般問題を1問1点(73点満点)、状況設定問題を1問2点(68点満点)とし、総得点85点以上/141点という合格基準を満たす者を合格、としています。一部の問題において採点対象から除外された受験者は、総得点84点以上/140点となります。過去には99.4%の合格率だった年もあります。保健師の試験は、学校できっちり学んだかを確認するための試験とも言えそうです。

出典:厚生労働省「第103回保健師国家試験、第100回助産師国家試験及び第106回看護師国家試験の合格発表について」

保健師の採用について

人気のある資格であるがゆえ、保健師の資格を取得していても、保健師として就職できない人も多いのが現状です。各種保健師になるためには、採用されるための試験が待っています。

  • 行政保健師を目指すなら公務員試験も!
  • 行政保健師は公務員試験を突破しなければなりません。公務員試験は社会科学や人文科学、文章理解、時事問題などの学力が問われます。行政保健師を目指す人は、看護師と保健師の資格取得後の公務員試験となりますので、早めに準備しておきましょう。

    公務員試験には年齢制限もあるので自治体の情報を確認しておきましょう。高いハードルを乗り越えれば、待遇が安定している夢の行政保健師という職が待っています!

  • 産業保健師を目指すなら幅広いスキルが有利
  • 産業保健師は、従業員の怪我や病気にも対応しなければなりません。看護師の実務経験がある方が有利でしょう。また、特定保健指導やストレスチェックの義務化に伴い、従業員を支援する産業カウンセラーの資格を取得する産業保健師もいます。

    さらには、大手企業で海外部門があれば、外国人従業員とトークできるレベルの英語スキルがあると、採用で有利に働くことでしょう。しかし、雇用は少ないのが現実。契約社員としてでも働ければ、経験者として転職時に有利に働くこともあります。応募先の企業についても、情報収集をしておくことが肝心です。

  • 公立の学校で保健室の先生になるには養護教諭の免許が必要
  • 学校保健師とは別の「保健の先生」になりたい場合は、養護教諭の資格を取得し、各都道府県の教員採用試験などに合格する必要があります。養護教諭は、一種と二種の種類があります。一種免許は養護教諭養成過程のある4年制大学で、専門的講義の単位を取ると資格取得できます。

    保健師の資格を所有している場合は、必要な単位を取得していれば教育委員会に申請するだけで二種免許が取得できます。単位が不足していれば通信制の大学などで取得してから申請しましょう。一種と二種に業務上の違いはあまりありませんが、給与に差が出てくる可能性はあります。また、養護教諭は10年後に、資格更新のための試験があります。

  • 保健師になるために求人もチェックしよう
  • 自治体の福祉保健局などの情報チェックはもちろん、求人サイトを確認し、紹介会社への登録もしておきましょう。産業保健師は、非公開求人として紹介会社に登録している人だけに紹介される場合があります。

適性を知って保健師を目指そう!

保健師は、幅広い層の人々が安心して相談できる信頼感や、分かりやすい会話力が必要となってくるでしょう。各分野のプロと連携する場面も多いので、協調性、判断力、応用力、物事を総合的に見る広い視野、行動力も兼ね備えていなければいけません。責任感と強い使命感を持って、資格取得にチャレンジしてください!

0