立ち仕事がつらい!そんなときにおすすめの商品10選・疲れた足に効く!?簡単ストレッチ3選

MOMOKO

「疲れたぁ~」立ち仕事が終わった後に、つい言ってしまうことないですか?一日中立ちっぱなしだと、特に足に負担がかかりますよね。少しでも足の疲れを減らして、疲れにくくする方法を紹介していきます。また、一日中立ちっぱなしだと運動になっているはず!?立ち仕事しながらダイエットできる方法も合わせて探っていきます。

立ち仕事でも疲れにくいおすすめの靴6選とインソール2選

疲れにくい靴とは、どのようなものか気になりますよね。一日中立ちっぱなしや、動き回っていても足が痛くならないものを選びたいと思いませんか?そこで、立ち仕事でおすすめの疲れにくい靴の選び方のポイントを紹介します。

立ち仕事でも疲れない・痛くない!?パンプスの7つのチェックポイント

パンプスはデザイン重視のものばかりでなく、機能性もあり長時間履いても疲れにくく、痛くなりにくいものが多く発売されています。そんなパンプス選びの7つのチェックポイントをまとめてみました。

■靴底が柔らかく屈曲する
■靴底がすべらない
■つま先に体重がかからない
■歩く時の衝撃を抑える
■足裏全体で体を支える
■ローヒール
■ポインテッドトゥ

痛くない・疲れない!?おすすめパンプス3選

先ほどのポイントをふまえて、おすすめのパンプスを紹介します。

  • 走れるパンプス

■楽天価格:2,222円(税込)

この商品の詳細を見る

<商品の特徴>
ヒールの高さは5cmで、高すぎず低すぎずちょうどよい作りになっています。高すぎないので、名前のとおり走ることも可能です。ソールに滑り止めがついているので、床をしっかりとらえて歩きやすいのも魅力的です。また、歩く時の衝撃も軽減される低反発インソールも入っています。つま先の形を保って足を保護する為の先芯が入っています。

  • リフレックス足圧分散パンプス

■楽天価格:10,260円(税込)

この商品の詳細を見る

<商品の特徴>
足裏全体で体を支えて、つま先に体重がかからないようになっています。リフレックスが独自に開発したカップインソールが、足圧を分散させるので疲れを軽減することに期待が持てます。ヒールの高さは3.5cm~7cmまでと種類があり、つま先の形もポインテッドトゥ、スクエアトゥとデザインも豊富です。

  • 美脚ローヒールパンプス

■楽天価格:1,920円(税込)

この商品の詳細を見る

<商品の特徴>
ヒールの高さは2.5cmとローヒールです。つま先が見えるくらいの甲浅のフォルムで足の甲が多く見えるので、美脚効果が期待できます。甲浅のフォルムは、足が甲高&幅広であってもゆったりと履けます。サイドの流れるような美しいカッティングなので、横からもきれいに見えるという女性には嬉しいこと盛りだくさんのパンプスです。軽量なので足の負担も軽くなります。
クッション入り中敷きと滑りにくいソールが使用されています。

立ち仕事でも疲れにくいおすすめのスニーカーの選び5つのポイントとは

「スニーカーなら長時間の立ち仕事でも疲れにくそう」と思いませんか?スニーカーは多くのスポーツメーカーや運動メーカーから発売されていて、機能性があり運動に適しています。
ですが、種類が豊富なので、この中から立ち仕事に最適なものを選ぶとなると、どのポイントで選べばいいのでしょうか。そこで、立ち仕事でもおすすめのスニーカーの選び方のチェックポイントを5つ紹介します。

■衝撃緩和
■足にフィットする
■軽量
■クッション性
■通気性

このポイントをふまえて、おすすめのスニーカーを3つ紹介します。

立ち仕事でもおすすめのスニーカー3選

  • 【new balance(ニューバランス)】ウォーキングシューズ

■Amazon価格:5,321円(税込)~
ニューバランス公式ホームページはこちら

この商品の詳細を見る

<商品の特徴>
ニューバランスのウォーキングシューズは、体重移動をスムーズにするよう独創的なアウトソール構造を採用しており、歩くことを最優先にした設計がされています。足に負担をかける衝撃を吸収するクッションを採用し、かつ設置面積の広い確かな安定性にも優れています。足の長さだけでなく、足囲でも選べるので自分の足にフィットしたものを履くことができます。

型番特徴
WWレディースウォーキング、フィットネス用
WLレディースウォーキング、ヒール高がある、ファッション性がある
300番台エントリーモデル
400番台細身のタイプ、スタイリッシュなデザイン
500番台ソールにボリュームがある
600番台500番台にプラスファッション性を備えている
800番台クッション性に優れている
1000番台最上位モデル

  • 【NIKE(ナイキ)】ルナロンシリーズ

■Amazon価格:8,100円(税込)~
ナイキ公式ホームページはこちら

この商品の詳細を見る

<商品の特徴>
ルナロンはルナという名前にあるように月面を飛び跳ねるような軽さをイメージして開発されました。ふわっと柔らかなクッションと軽く反発する性能を同時に手に入れることができ、とても軽量でありながら衝撃も緩和します。ローインパクトな動きからハードなトレーニングまで対応できる用途の広いランニングシューズです。
ルナロンシリーズには毎日のトレーニング用の「ルナグライド」、駅伝ランナーが履いているのをよく目にするレース向け「ルナスパイダー」最上位モデルでフルマラソンの完走を目指す方に向いている「ルナエピック」などがあります。

  • 【CONVERSE(コンバース)】ジャックパーセル

■Amazon価格:3,704円(税込)~
コンバース公式ホームページはこちら

この商品の詳細を見る

<商品の特徴>
コンバースを代表するアイコンの一つです。デザインはひげの愛称で親しまれているヒールラベル、スマイルの愛称で呼ばれるトゥ部分のラインなど、シンプルで洗練されたデザインは根強い人気を誇っています。
女性用のジャックバーセルは、素材や色が違う14アイテムの商品があります。

立ち仕事でも足の痛みを軽減する!?おすすめのインソール2選

履きなれた靴を履きたい時や、仕事の制服で靴が指定されている時は、インソールを使用して対策することで、疲れにくくすることが期待できます。
着地した時の衝撃を吸収する試験結果のあるインソールで、公式なデータをもっているBiontechのおすすめのインソールを紹介します。(公式調べ)

  • 衝撃吸収インソールソルボライト

■Amazon価格:734円(税込)~

この商品の詳細を見る

柔らかいインソールなので足裏が痛い方にはおすすめです。使ってみた人の感想で一番多いのは「足が疲れにくい」です。

  • SIDAS(シダス)

■Amazon価格:3,900円(税込)~

この商品の詳細を見る

足と靴の形にできるウォーキングに最適なインソールです。作り方は電子レンジで熱して自分の靴に入れて体重をかけます。靴にも自分の足にもフィットする為、関節への衝撃が減るデータがとれているインソールです。

立ち仕事で疲れた時の簡単ストレッチ3選

「夕方になると足がむくんで靴がきつくなったぁ」と感じることはないでしょうか。また、腰も重たく感じて、こぶしでトントンと軽く叩く動作をしてしまうことはないですか?足のむくみや腰の痛みは、疲れの原因でもあります。立ち仕事を長時間して同じ姿勢をすると筋肉の血行不良によりむくみや腰痛になります。

ストレッチで血行を良くして疲れ軽減してみませんか?「疲れて帰ってきたのにさらに体を動かすなんて無理」という人にもおすすめの無理なく動かせるストレッチを紹介します。

立ちながらさりげなくストレッチ

足首を動かすことは、末端までいった血液を心臓に戻すポンプの役目をしています。そのため、足首を動かすことによって血行がよくなることが期待できます。「お客様の前では無理」という方も、トイレ休憩中などに数十回やるだけで効果が期待できるのでお試しください。

  1. 背筋を伸ばして立つ
  2. 両足の踵をゆっくり揃えて上げる
  3. 上げた時に一旦止める
  4. ゆっくり踵を下ろす
  5. 数回繰り返す

足のむくみをとる!?寝る前簡単ストレッチ

寝る前に布団の上でやってみましょう。

  1. 床にうつ伏せになって寝る
  2. 両手をあごの下に置く
  3. 膝を90度に曲げる
  4. 3の状態で足首を曲げたり伸ばしたりを5~10回行う

腰痛を軽減する!?寝る前簡単ストレッチ

寝る前に布団の上でやってみましょう。

  1. 仰向けに寝て足の付け根を90度に曲げ両膝を三角に立てる
  2. 腕は両側にひらく
  3. 両膝を揃えて体の右側へゆっくり倒す
  4. 床に近づき体に硬さを感じたら、ゆっくり元の位置に戻す
  5. 真ん中で一旦止める
  6. 次に左の方向に倒す
  7. 3回~5回繰り返す

立ち仕事でダイエットの効果が期待できるポイントは?

長時間立ち続けていたらカロリー消費してダイエットになるかな?と思うことはありませんか。痩せていれば嬉しいですよね。でも、ただ立っているだけでは疲れるだけでダイエットにはなりません。ここでは、ダイエット効果が期待できる立ち方のポイントを紹介します。

ダイエット効果が期待できる立ち方

「天井から糸で引っ張られているように立って」と、よくバレエ教室の先生が言っていました。バレエを長くやっている人は、姿勢がいいと思いませんか?鏡の前に立って頭頂部の髪の毛を数本持ち、上に引っ張ってみると天井から糸で引っ張られている感覚がわかると思います。いい姿勢で立つということは、正しい筋肉の使い方をしていることです。正しい筋肉の使い方をすれば基礎代謝が上がり、ダイエット効果が期待できます。

■肩甲骨を後ろにくっ付けるように引く、猫背にしない
■顎をかるく引きまっすぐ正面を見る
■天井から糸でひっぱられているように背筋をのばす
■お尻の穴をしめるようにキュッとおしりをしめる
■おへその下に意識してその部分に軽く力を入れる

猫背にならないように背筋を伸ばし、骨盤の上に乗る感じです。「こんな姿勢、数秒キープするだけでギブアップ」という時は無理せず、便利グッズを利用してみるのもおすすめです。

便利グッズを2つご紹介!

  • マジコ 姿勢サポーター

■Amazon価格:6,171円(税込)

この商品の詳細を見る

背筋をのばし肩甲骨を後ろに引き寄せながら、胸をひらかせ、美しい姿勢に導く高い補正力のサポーターです。

  • 大山式 足裏パッド

■Amazon価格:1,480円(税込)

この商品の詳細を見る

足の指にはめるタイプの足パッドです。この足パッドを足の指に付けて立つと、普段の何も付けていない立ち姿に比べ、体の重心が変化し補正されるので、正しい姿勢に導いてくれます。又同時に股関節の位置も正しい場所にひき戻されるようです。大山式足裏パッドを使用することで補正された美しい姿勢を手に入れる助けになります。

靴を変えて立ち仕事の疲れの原因を減らし綺麗な立ち姿を目指そう

立ち仕事で疲れるというのは、主に足の痛みやむくみ、腰の痛みなどの下半身の不調からきているということがわかりました。足の痛みやむくみを軽減するためには、靴選びが必要になってきます。また、腰の痛みの軽減の為にも立ち姿勢を正しくキープし、血行をよくして、筋肉を正しく使うことが重要です。筋肉を正しく使うと基礎代謝もあがり、ダイエット効果も期待できます。

立ち仕事からの足の疲れをとろうとすることが、ダイエット効果の期待にまで繋がりました。「立ち仕事は疲れる」と考えるのではなく、「正しい姿勢を手に入れる」や「ダイエット効果の期待ができる」と考えると、気持ちが前向きになり楽になるかもしれません。そして、家に帰って寝る前には自分を労わるように、簡単なストレッチなどをしてみるのもいいかもしれませんね。

1+