転職に失敗したらどうするべき?その理由と原因を探って最善の解決策を見つけよう

Hiroko

転職をして失敗したと感じてしまった人は何がいけなかったのでしょうか。転職活動がダメだったのか、その他のことなのか。転職を失敗したという人はどの部分を見直せばいいのでしょうか。これから転職を考えている人、失敗した経験がある人へ今後失敗しないように、理由と対策を解説していきます。

もう辞めたい!実際にある転職の失敗例・理由

転職先での人間関係がうまくいかない

第一の理由として、転職先の人間関係がうまくいかないケースがあります。人間関係は、実際に働いてみないとわかりません。

しかし、少しアンテナを張ることで転職先の人間関係を垣間見ることができます。例えば、電話対応です。面接の申込みなどで電話をする機会があったら、相手の口調や物腰しの丁寧さなどを気にしてみましょう。これから自分の上司になるであろう人が、電話でものすごく強い口調で話す人だったり、つっけんどんな態度だったら嫌ですよね。

また、面接で会社に訪問した時に社員とすれ違ったら相手がどんな態度を取るかも見るべきポイントです。これから面接があると分かっている場合、社員は挨拶をしてくれるはずです。これから自分の会社の面接を受けると思えば、もしかしたら仲間になるかもしれない、また、わざわざ面接を受けに来てくれたという意味で最低でも会釈くらいはするはずです。
しかし、誰かわからないからと会釈さえせずに無視して素通りしてしまったら、社員教育ができていない会社、またはマナーが悪い社員がいる会社ということです。

考えていた仕事と現実のギャップ

実際に転職して働き始めた時、思い描いていた仕事内容と実際の仕事があまりにも違った場合は失敗したと感じるでしょう。同じ業種の企業に転職した場合、自分は経験者なのでもっと仕事を任せてもらえると思った、などとがっかりすることがあるかもしれません。
しかし、会社側からしたら中途採用の社員で仕事を経験してきた人であっても、はじめのうちはどれだけの仕事ができるのかを見極めるために、いきなり大きな仕事を任せることはしないでしょう。認めてもらえるまでは時間が必要なのです。

以前の職場よりも収入が減ってしまった

転職したものの、以前よりも収入が減ってしまうこともあるでしょう。基本給などは採用の際に提示されているはずですが、前の会社よりも手当が少なかったり残業が全くない会社だったなど、給与が出てから分かったことなどがあるでしょう。

転職先の仕事は自分には向いていないと感じた

仕事をしてみて、仕事自体が自分には合っていないと感じた。または、社風が自分には合わないと感じたなど、転職をしてから「自分には合わない」と感じたケースもあるようです。転職をしたばかりの時は、社内の人たちとの関わりを一から始めなければなりません。今までできていたチームの中に入っていくのは精神的にも大変なことでしょう。

転職に失敗したのはどうして?その4つの原因

転職を急ぎすぎた

転職を失敗したと感じた人の多くは、前職が嫌だ!と勢いで会社を辞めてしまったというケースです。転職は、どんな会社に転職するか、その会社について情報収集したりと思ったよりも時間がかかるものです。
しっかり準備をしてから転職を考えないと、ただ前の仕事から逃れるためだけの転職になってしまいます。「とりあえず採用された会社に入ろう」という転職だと、転職先の仕事場でも前職と同じような悩みを抱えることになりかねません。

給料だけを重視してしまった

転職を考えるきっかけの一つに、給料に不満を感じたからという理由があります。給料が元々低めだった、または昇給に不満がある、賞与がおもったよりも少ないという理由などが挙げられます。
収入を重視して転職をした場合、重視する部分が仕事内容ではないので仕事へのやりがいを見い出せず、転職をしても不満が出てきてしまいます。もちろん収入も大切ですが、収入だけではなく仕事への意欲も感じることができなければ不満を感じることになってしまうのです。

福利厚生の充実だけを見ていた

前職が福利厚生が充実していなかったために、不満を感じていた場合の転職のケースです。待遇ばかりを重視して転職をした場合、他の部分でこんなはずではなかったという結果になりかねません。例えば、福利厚生がとても充実しているが想像していた以上に残業が多いなどがある場合も考えられます。転職をする場合は、その会社の総合的な部分を見ないと後で失敗だと感じるでしょう。

実力以上の仕事を求められる

転職というのは、一度企業で働いていた経験を持っているということです。そのため、相手企業はある程度の実績があると見てきます。同業種での転職の場合は、特に採用する側は即戦力を求めています。この場合、自分の実力がどの程度なのかを相手側に理解してもらう必要があります。実力以上の仕事を求められてしまった場合は、転職先でプレッシャーを感じて苦しいものとなってしまいます。

転職を失敗しないためにはどうする?

転職を失敗しないために時間をかけて転職活動をする

転職をする時に必要なのは慌てないことと十分な準備です。どんな会社で働きたいのか、重視すべきことはどこなのかなどを考えて転職したい企業の情報を集め、対策を練ります。嫌なことがあったからといって、勢いで辞めてしまうのは避けましょう。ある程度の時間をかけて転職活動をすることが大切です。

転職を失敗しないために何で転職したいかをしっかり確認する

転職をしようと思ったきっかけがどんなものなのか、それを一度考えてみましょう。収入への不満だった場合、前職よりも基本給がいい会社を探すでしょう。
それは大切なことですが、そこだけにとらわれていないか冷静に考えることが大切です。収入が多いということは仕事面できついところがないだろうか、残業が多いのではないかなど、創造力を働かせてみましょう。自分の中でどの部分を重視するかも大切です。自分の中で譲れる部分は何かなどを考えてみるのは大切なことなのではないでしょうか。

転職を失敗しないためにもやりたい仕事とできる仕事を見極める

転職の際、自分の仕事ぶりを評価してもらえず、もっと自分を認めてくれるところで働きたいと考えるでしょう。企業側は中途で採用する場合、すぐに戦力になってくれる人材を求めています。その利点として、企業側は採用した人の教育を一からしなくてもすむというところにあります。教育がほとんど必要がないということは、それだけ人件費がかからなくてすみます。転職の際は、相手が求めるスキルを自分が持っているかどうかがポイントです。
採用後、相手企業から実力以上のことを求められても仕事についていけなくなって自分を追い込むことになってしまいます。そのためには、前職を辞める前にある程度のスキルを身につけることが大切です。また、職務経歴書に分かりやすく自分のスキルを書いて、相手にそれを把握してもらうことも大切です。

転職に失敗した!退職?続ける?どうすればいい?

転職したけど失敗したので辞めたい!すぐに辞めていい?

転職したものの、この転職は失敗だったと感じた場合、どうしたらいいのでしょうか。

  • 一旦冷静になり保留する
  • 転職先が失敗だったと感じる原因の多くは、前職の会社と比べてしまうことが挙げられます。前の会社のほうが社風が自分に合っていたなど、どうしても前の職場と比べてしまいがちです。
    しかし、そこは一旦冷静になる必要があります。前の会社は前の会社!同じ雰囲気などはありえません。まずは自分が変わるように努力することが大切です。年齢関係なく、入ったばかりのあなたは一番経験が少ないのです。謙虚な気持ちでまわりの人に「教えていただく」という姿勢で接してみてはどうでしょう?もしかしたら自分が変わることでまわりの接し方も変わるかもしれません。

    そして、なぜ自分が転職をしようとしたのか考え、現在の職場のいいところを見つけてください。嫌な部分だけを見ているとどんどんマイナスな考えになってしまいます。落ち着いて見てみたらいい部分があり、それがきっかけで現在の職場転がよく見えてくるかもしれません。

  • 会社を休んで心身共にリフレッシュする
  • 転職をしてすぐに休みが取れるか、というところにも関わりますが、もしできるなら休暇を取って仕事から離れてみるのもいいかもしれません。会社のことは考えずに旅に出るなど、気持ちをリセットするのもいい方法です。少し休んでみると物事を違った方向から見れるかもしれません。

  • 思い切って転職を考える
  • 転職したが失敗だったと感じた場合、思い切って転職をするのも一つの方法です。
    ただし、短期間での転職のリスクをしっかり受け止める必要があります。短期間での転職を繰り返す人は、転職する際の面接で「すぐに辞めてしまうだろう」「飽きっぽい人」「堪え性のない人」だと思われがちですす。同じ業界での転職は特に注意が必要です。違う業種でも履歴書や職務経歴書から、職を転々とする人だという風に見られます。そのようなリスクがあることをしっかり考えてから行動に移しましょう。

転職の失敗後に元の会社に出戻りできる?

  • 前の会社に出戻りはできるの?
  • 前の会社に戻るということは簡単ではありませんが、できないことではありません。戻りたいと思うということは、人間関係が悪かったということはないでしょう。
    会社側としても前に働いていた人を再雇用するのはメリットもあります。なんといってもその強味は「即戦力になる」ことです。教育の必要がありませんし、他の社員との関わりの中でもどのような人なのか分かっているので安心です。円満退社だった場合は戻れる可能性もあるでしょう。まずは元の会社に戻りたい旨を伝えて、面接してもるかを確認することから始めましょう。

  • 前の会社に戻れるケース
  • 一度退職した会社に戻ることは相当な覚悟が必要になってきます。戻れるケースは、第一に円満退社であったことです。揉めて辞めていった人を戻してくれるところなど、まずはないでしょう。
    「仕事がつまらなくて」「収入に不満があって」辞めた人も、会社は快く受け入れてくれないでしょう。例えば、「家族が病気になって看病のために実家に戻った」「資格が取りたいので昼間の専門学校に入学する」などの理由であったら、戻れる可能性があるのではないでしょうか。しかし、戻れたとしても給与は前と同じか減るかなど、待遇は以前と変わらないうことは肝に銘じておきましょう。

  • 前の会社に戻る時には理由をどう伝えるべき?
  • 前の会社に戻る時でも面接を受けなおして、その結果で戻れるかどうか判断される場合が多いです。そのため、志望動機はしっかりと考えて伝えるようにしましょう。転職先でつけたスキルをアピールするのはいいですが、それをどのように戻ってから活かせるのか伝えるようにしましょう。

転職は焦ったら失敗するので時間をかけて就活しよう

仕事をしていれば納得出来ないことや、嫌なことは多かれ少なかれ誰にでもあります。辞めたいと思うこともあるでしょう。しかし、そう思う度に仕事を辞めていては相当な数の転職をしなければならない、なんてことにもなってしまいます。それでも転職したほうがいいというケースも中にはあります。精神的に病気になってうつ状態になってしまったり、身体を壊してしまった場合は我慢せずに転職したほうがいいでしょう。
どんなケースでも、焦って決めてしまってはいことはありません。じっくりと考え、ここでいいのか見極めて転職先を探すことが大切です。

0