キャリアアップするための方法3つと具体例4つをご紹介!助成金との関係性とは

Hiroko

「キャリアアップ」というと、どのようなことを思い浮かべますか?今回は、キャリアアップの方法の具体例を挙げていき、成功させるためにはどのようなことをしたらいいのか解説していきます。キャリアアップを考えている人に役立てていただけたらと思います。

キャリアアップの意味とは

キャリアアップですが、「仕事をこなす能力が向上すること」「自分の能力を高めるために努力すること」「仕事に役立つ資格を取ること」などが挙げられます。スキルアップとは技術や能力を向上させること、キャリアアップとは経験や技術を生かして経歴を高めることです。

キャリアアップの方法3つ

現職でのスキル向上

キャリアアップというと、転職をして経歴を高めるという意味で使われることもありますが、職場を変えなくてもキャリアアップは可能です。現在、携わっている仕事に役立つ勉強をするのも一つの方法です。また、キャリアアップというと「仕事ができるようになる」「スキルのレベルを高める」ことだと思われます。もちろん、この2つもキャリアアップと言いますが、「仕事の幅を広げる」こともキャリアアップと言います。

それは、自分ができることを増やしていく、というものです。一つの仕事をするにも、色々な過程があります。商品を売る、商品の知識を深める、商品を開発する、開発企画書が書ける、企画会議用の書類を作成する、企画会議で資料をもとにプレゼンテーションする、など多くのスキルがありますので、一つの仕事に対してもスキルを広げることはキャリアアップに繋がるのです。

経歴の向上

経歴の向上は、社内で昇進をするなどのキャリアアップ方法です。現在抱えているプロジェクトを成功させるべく、努力をすることはもちろん、積極的に成功に向けて動くことで仕事への意欲を認められることもあるでしょう。仕事への取り組み、仕事の成果を認められればプロジェクトのリーダーを任されたり、昇進もあるかもしれません。自己経歴の向上は今の仕事だけでなく、転職をする時に有利になることもあります。目に見える部分でキャリアアップをしておくことは大切です。

転職でレベルアップ

転職をすることでキャリアアップする方法もあります。それまで働いていた会社ではできなかった規模の仕事が新しい会社ではできるようになった、というケースもあります。また、自分の経験を生かして新しい企画を任されたりすることもあるでしょう。それまで働いていた会社で得た知識を、新たなジャンルの職種にチャレンジすることもできます。

キャリアアップの具体例

昇進する

前の項でも書きましたが、キャリアアップのために昇進するのは、自身のキャリアアップに有効です。昇進のためには仕事で成功することも大事ですが、人間関係や人とのコミュニケーションも重要になってきます。上司とのコミュニケーションを敬遠する人もいるでしょうが、自分よりも目上の人と話すことで、得られるものがたくさんあります。普段から意識して上司とコミュニケーションを取っていれば、仕事で行き詰まっている時に相談に乗ってもらったり、アドバイスをもらうことができるでしょう。

転職する

気をつけたい点は、転職をする時に選択を間違えてしまうと転職を繰り返すことになり、キャリアダウンになってしまうことがあるということです。キャリアアップしたくて転職をしても、充分な準備をせずに転職をした結果、職場環境や業務内容が前職よりも良くなかった。その結果、更に転職をしてしまうということになったら、実務の継続性に欠けてしまいます。短期間でのスキルを得ないままの転職はその後のキャリアには必要ありません。転職する時はよく見極めることが大切です。

ダブルワークをする

会社の規則によりますが、副業を許可している会社で働いている場合は、他の業務に携わることで自己のキャリアアップに繋がる場合があります。もしも現職とは全く異なる業務を副業とした場合、強く興味を持っている内容の仕事に就けることで、自身のモチベーションアップに役立ち、他の業種のキャリアを得ることができます。

独立する

独立は難しい、と思われますが、最近はフリーランスで生計を立てる人も増えてきています。独立の方法は色々ありますが、起業・独立する前によく下準備をしておくことが重要です。なぜ起業・独立したいのか、どのような仕事をしようとしているのか、資金計画など決めなければいけないことはたくさんあります。しかし、キャリアアップをするために有効な方法でもあるので、一つの選択肢として考えておくのもいいのではないでしょうか。

キャリアアップするためにやるべきこと4つ

自分を見直す

自分の経歴を振り返ります。今までの自分の仕事内容を書き出し、把握することは大切なことです。自分の経歴や仕事内容を振り返ることによって、今の自分は何ができて何が足りないのかが分かります。足りないことを把握することで、必要な知識を勉強したり、視覚を取得することができます。

プランを立てる

自分のキャリアを書き出し、振り返ることができたら今度は自分の未来について考えます。足りない知識はいつまでに取得するのか、どのような方法で勉強するのか、目的に合わせて考えてみます。自分が10年後にどのような仕事をしていたいのか、どのような人間になりたいのかを明確に書きます。未来図を作ることで、おのずとその目標を実現するために何をしたらいいか分かってきます。

資格を取る

キャリアアップのために必要なことの中に、資格を取ることを組み込むといいでしょう。今後の仕事に必要、または役立つ資格を取得するのは今後、転職をするときに有利になる可能性があります。また、会社によっては決められた資格を取得することが、役職に就く条件になっているところもあります。資格の種類は色々ありますが、語学やIT関連のもの、ライフスタイルに関するものなど、自分の関心や適性に合わせて取得するようにしましょう。

勉強をする

キャリアアップのために読書をするなど、知識を広げることもいいことです。読書は文章力が上がり、考察力がつくなど自分のためになることがたくさんあります。読書を通じて、人と会話が広がることもあります。読書の他にも興味があることを勉強することはとてもいいことです。英語が話せるようになりたい、会社のホームページを作りたいなど、やってみたいことを学び、自分のスキルを広げてキャリアアップのために勉強しましょう。

キャリアアップ助成金とはなに?

キャリアアップ助成金とは、個人に向けての助成金ではありません。企業が経営を行うにあたって、従業員のやる気をアップさせたり能力を上げることは大切です。しかし、人材育成には費用がかかります。企業が非正規雇用者などの待遇や環境を改善した場合に国が助成金を支給するという制度を「キャリアアップ助成金制度」と言います。キャリアアップ助成金は目的によって、6つのコースがあります。

  1. 正規雇用転換コース
  2. 人材育成コース
  3. 処遇改善コース
  4. 健康管理コース
  5. 短時間正社員コース
  6. 短時間労働者の週所定労働時間延長コース

キャリアアップ助成金制度は個人が受給できるものではなく、企業に向けての制度ですが、労働者のキャリアアップに向けて国が取り組んでいる制度があるということを知っておきましょう。

キャリアアップはいつでもできる!

キャリアアップは自分の意志があれば、いつでも誰でもできます。年齢も性別も関係なく誰もが自分自身のキャリアアップを志せばできるのです。自分を高めようと思う気持ちは素晴らしいものです。その気持ちが芽生えた時、成長できるチャンスでしょう。自分にできることを見つけて、ぜひキャリアアップを目指してがんばってください。

0