Webライターになるにはどうすればいい?未経験・主婦でも挑戦しやすい在宅でできる魅力的な仕事

MOMOKO

インターネットを利用してキーワード検索し、目的のWebサイトを見たりそのサイトにある文章を目にすることは、一般的なことになってきました。Webライターとは、そのWebサイト上での記事をライティングする仕事です。Webライターになるにはどうすればいいのでしょうか?Webライターのなりかたや、気になる仕事内容について紹介していきます。

Webライターとはどんな仕事なの?

Webサイトにはさまざまな文章があります。一般的に、そのサイト上の内容に沿った文章を書いていきます。そのサイトを管理している人が、依頼主となります。その依頼主から報酬を得ている人のことを「Webライター」と呼んでいます。

Webライターと紙媒体ライターとの違い

新聞、雑誌などの書籍は紙媒体であり、その文書を書く人をライターと呼んでいます。紙媒体の書籍は、まとまった時間にじっくり読まれることが多くあるため、専門性のある難しい文章や、1つのテーマに対して深く掘り下げた文章などが求められます。

Webサイトの文章は隙間時間にさらっとと流し読みができて、誰もがわかる文章が好まれます。またWebライターは、検索エンジンでそのキーワードが検索されることを考えてライティングすることが必要です。Webライターと紙媒体のライターでは、求められる文章が違ってくるのです。

Webライターの仕事内容とは

Webサイト上には、主にどんな文章があるでしょうか?例えば、ネット広告やECサイトに掲載された商品説明、コラム記事などがあります。Webサイトに求められる情報は多岐にわたるので、さまざまな文章が存在しています。ですから、文章を書くことができれば誰にでもできる仕事と言えるでしょう。大きくWebライターの仕事内容というと、幅広い内容のWebライティングを行うことです。

Webライターになるにはどうすればいい?

Webライターを始めるにはどうすればいいのでしょうか?必要なものや向いている人、民間の資格などを紹介します。

Webライターに必要な資格とは

Webライターになるために、資格は必要なのでしょうか?Webライターは、文章が書ければ誰でもなることができるので、特に資格は必要ありません。ですが、資格を持っていれば自分の能力をはっきりと提示できます。また案件を優先的に得たり、報酬アップのためには有利になる可能性があります。ですから、自分のスキルアップのために資格をとることは、自分のためにもとてもためになるでしょう。ここでは、Webライターの資格について2つ紹介していきます。

  • Webライティング技能検定
  • この資格は2015年から実施されている、一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会の民間の検定試験です。検定試験を受ける対象者は「Webライティング技能検定講座」をご購入された方になります。試験に合格すると「Webライティング実務士」と協会から認定されます。

    「日本クラウドソーシング検定協会」は、多くのクラウドソーシング事業者と提携していて、「Webライティング実務士」の合格者は各社からの特典を受けることが可能です。例えば報酬10%アップや、優先的に案件を紹介してもらえるなどさまざまあります。「Webライティング実務士」の特典紹介は、日本クラウドソーシング検定協会ホームページから確認できますので参考にしてみてください。

    一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会 公式ホームページはこちら

  • Webライティング能力検定
  • この資格は2012年から実施されている、一般社団法人 日本Webライティング協会の民間の検定試験です。試験問題の得点で「Webライティング能力検定」1級~3級までの級が決定します。合格基準は、3級は53~69点2級は70~79点1級は80点以上となっています。取得した級は2年間有効になります。1級を取得した場合のメリットは、アフィリエイト報酬2倍、試験監督者、仕事の紹介などがあります。試験の申込等は、日本Webライティング協会ホームページから確認できますので参考にしてみてください。

一般社団法人 日本Webライティング協会 公式ホームページはこちら

Webライターは副業や在宅に向いている!?

空き時間を使って仕事ができ、特に経験も問われることがないので未経験でも気軽に始めることができます。本業は別にあり副業をやりたいと考えている人、子育てや介護などで在宅で仕事をしたい人など、空いた時間に働くことが可能です。Webライターは副業や在宅に向いていると言えます。

Webライターを始めるのに必要なもの

PCとネットにつながる環境、記事を書くためにワードやエクセルが使えることが必要です。依頼主へのファイルの納品は、Googledriveを利用する場合もあります。その場合は、Googleドキュメント、Googleスプレッドシートを使用することになりますが、ワードやエクセルが使用できれば、こちらも問題なく使用することができるでしょう。また、依頼主との連絡を取るために専用アプリのダウンロードが必要になることもあります。依頼主の指示に従い準備をしましょう。

Webライターに向いている人の特徴3つ!

Webライターに向いている人は、どんな人でしょうか?特徴を3つ紹介します。

  • 文章を書くことやコラムを読むことが好きな人
  • 文章を書くこと、読むことが好きな人は、Webライターに向いていると言えるでしょう。文章を書くといっても文学的な文章や技巧を凝らした文章ではなく、すぐに欲しい情報が手に入る文章が求められます。また、コラムなどの文章を読むことが好きだという人も、Webライターに向いていると言えるでしょう。

    記事を書く前には、構成を考える必要があります。その時に、いつもコラムなどを読んでいると、どのように構成を考えていけばいいのか参考にできたり、文章をある程度イメージしやすくなるでしょう。構成力を身に付けるためには、本などの文章を読むことも重要です。

  • 調べることが好きな好奇心のある人
  • Web上で求められる情報は多岐にわたるので、依頼される案件によっては全く知らないテーマであることも多いでしょう。そのような時には、全く知らないテーマであっても、正確で必要な情報やデータを集めることが重要になってきます。

    興味がないことを調べなくてはならないと考えると、やる気が起きずに調べることが苦痛になってしまうものです。自分にとって知らないテーマであっても、「知識が増えることが嬉しい!」「このことについてもっとよく知りたい!」と思える、好奇心のある人の方が向いていると言えます。

  • 時間が守れる人
  • 依頼された案件には、必ず納期があります。次回も仕事を得るためには、納期を厳守する姿勢が大切になのです。突然の避けられない急用が入ってしまった場合などは、事情を話せば延長してもらえるかもしれませんが、時間を守ることが仕事をする上で重要と言えます。

webライターの報酬はどのぐらい?

気になる報酬とは

Webライティングの相場は1文字0.1円~1円です。例えば2,000文字書いた場合、200円~2,000円の報酬になります。2,000文字は、だいたいA4に1ページぐらいの分量になります。Webライティングで高額な報酬を得ることは、最初のうちは難しいでしょう。サラリーマン以上の収入を得て生活をしているフリーランスのWebライターも存在していますが、それは一部の人だと考えたほうがいいでしょう。

報酬を上げるポイント3つ

Webライティングの報酬は上げることができるのでしょうか?報酬を上げるためにはまず、ライティング技術の向上を図ることです。さらに、ライティングに必要なプラス要素の技術を身に付けることで、収入をアップさせることができるでしょう。そのプラスポイントを3つ紹介します。

  • 得意分野を持つこと
  • 得意分野を持つことが大事です。得意分野があればすでに知っている知識で、難なく記事をかくことができます。 専門性がない記事に比べて、高報酬を得られる可能性も高くなります。

  • スピードをあげること
  • 文章を書くスピードを速めて、処理能力を高めることが必要です。時間が限られていて、1文字の報酬が決まっているので、書くスピードを速めることは収入アップに繋がります。初心者はライティングに時間がかかりますが、案件を数件こなすうちに慣れてコツをつかみ、多少は早く書けるようになるでしょう。タイピングの練習と共に、慣れてコツをつかむまで努力が必要です。

  • SEOに考慮した文章を書くこと
  • Webサイトを訪れるとき、キーワードを入力して検索する方が多いと思います。検索した時に上位に表示されるよう施策することを「SEO」と呼びます。上位に表示されるサイトのほうが読まれることが多いため、Web検索しているキーワードを文章内に入れて、検索されるようにする必要があります。Web上で読まれるように「SEO」に考慮した文章を書くことが重要になってきます。

Webライターの仕事の探し方

Webライターとして在宅で仕事をしたい場合、どうやって仕事を探せばいいでしょうか?詐欺や悪徳業者に引っ掛かるのは避けたいものです。安心して仕事ができる良い業者を探すには、クラウドソーシングを利用してみることは良い方法の一つです。

クラウドソーシングサービスを利用してみる

在宅で仕事を始めるときに、クラウドソーシングを利用する方法があります。クラウドソーシングとは、インターネットを通じて仕事を依頼したい人と働きたい人を仲介するサイトです。仲介サイトには無料で登録できるので、自分にできそうなものがあるのか確認してみるのもよいでしょう。登録に必要なものは電子メールのアドレスや名前、生年月日などの個人情報になります。それから、報酬を受け取るための口座を知らせることも必要になります。

仲介業者を通すメリットは、安全な取引を行うことと、多くの仕事の中から選ぶことができることです。ただし、仕事を選んで報酬を得ても、報酬の20%程度の手数料を仲介サイトに支払う必要があります。手数料は安い金額ではありませんが、在宅で安心して仕事をするための代金と考えることもできます。

日本最大級の登録者数と実績の「ランサーズ」

Webライター
出典:ランサーズ

「ランサーズ」は、サービス開始が2008年でクラウドソーシングサイトの中でも老舗といえる存在で実績が豊富です。無料で登録もできますので、下記からどんな案件があるのか確認してみてください。

ランサーズに登録する

初心者でも参加しやすい「クラウドワークス」


出典:CrowdWorks(クラウドワークス)

「クラウドワークス」はサービス開始が2011年です。メディアに取り上げられることが多く注目されているサイトです。経験を問わない初心者向けの仕事が紹介されているので、初心者の方は参加しやすいでしょう。無料で会員登録ができるので、下記からどんな案件があるのか確認してみてください。

クラウドワークスに登録する

未経験でもwebライターになれる!

Webライターの仕事は、経験や年齢を問わずネット環境とPCがあれば、すぐに始めることができるので挑戦しやすいでしょう。子育てや介護など、家の事情で自宅で仕事をしたい人や空いた時間に副業をしたい人に向いています。しかし、報酬を得るには単価が低くいため、初心者が大きく稼ぐことは、難しいかもしれません。まずは、研修期間だと考えて文字数が少なめの案件を数多くこなしてみることもいいでしょう。前向きな姿勢と好奇心があれば、収入につながる可能性があります。

最近は、WebサイトやWeb広告のニーズが増大しているので、Webライターの案件も数多くあります。Webライターとは、依頼主や読み手の求めるライティングができるように、情報収集や知識を増やすことがかかせない自分を成長させくれる仕事と言えるでしょう。

0