キャンプで子どもが喜ぶ遊び道具やおすすめの遊び方!

キャンプで子供が喜ぶ遊び道具やオススメの遊び方!

ホプラス編集部

キャンプって、いつもの遊びとは違ってものすごくワクワクしますよね。子どもたちにとっても、大人にとっても楽しいイベントです。いつも生活している場所を離れて、森や海、川などの自然に触れ合いながらすごすひとときは、まさに冒険!子どもたちがワクワクしないはずがないです。子どもたちと一緒に、大人も非日常のなかに開放されて、キャンプを楽しんじゃいましょう!

子どもは何歳からキャンプに連れていく?

子どもができたら一緒にキャンプをしよう!と考えているパパ予備軍って結構いらっしゃるのでは?

わかります!

子どもと一緒に自然の中で冒険するのってロマンですよね。

でも、ママにしてみれば「何歳からキャンプっていけるの?」と心配になりますよね。

自然の中で遊ぶ経験って、その後の成長に大きくかかわるともいわれていますし、なにより子どもが楽しんでいる顔を見るのは、うれしいものです。

でも、危険なことがあったりしたら…と心配することが当然です。

一般に、キャンプに行っていい年齢の制限はありません。

キャンプ場に「0歳以下は入場禁止」という制限があるのをあまり見たことはありません。

それに、兄弟がいる場合は上の子はキャンプに連れて行って下の子はお留守番…なんてこともできませんよね。

だから、キャンプ場に行ってみれば、結構小さな赤ちゃんも来ているのを見かけることがあります。

ただし、キャンプ場に行くにあたって、首や腰が座っていない赤ちゃんを連れて行くとなると、ママへの負担は相当大きなものになります。

また、授乳やおむつ替え用の施設が整っている場所もキャンプ場ではまだまだ少なく、そのために不便になることは考慮しなければいけません。

さらに、泊まりがけとなると、赤ちゃんにも負担がかかりますので、そこは慎重に判断する必要があります。

また、海や川などに行く場合は、水難事故の危険性を十分に理解する必要があります。

小さな子どもにとっては、1cmでもあれば溺れて死亡する危険があるので、要注意。

ですので、キャンプに行く子どもの年齢によって、安全な遊びや過ごし方をしっかりと計画してあげましょう。

そうして計画してみて、パパとママがそれで「いける」と思えば、それがキャンプデビューのタイミングです。

飛鳥山公園【子連れスポット】乗り物や遊具、花もある!赤ちゃん連れでも1年中楽しめる「飛鳥山公園」の魅力

キャンプで子どものおすすめの遊び道具!!

キャンプ場で子どもたちが遊ぶのに用意しておくと、子どもたちに受けるアイテムをいくつかご紹介したいと思います。

シャボン玉 ドリームシャボン玉セット

たかがシャボン玉とあなどるなかれ、広い場所でするシャボン玉遊びはなかなかおもしろいです。

水鉄砲 ハイプレスウォーターガン

濡れてもすぐに乾く夏場なら、水鉄砲で遊ぶのも楽しいですね。

数人でチームを組んで戦うのもおもしろいですよ。

浮き輪 intex クリアカラーチューブ 91cm 浮き輪

海や川に行くなら鉄板アイテム。

子どもたちももちろんですが、大人も浮き輪につかまってぷか~っと浮いているだけで癒されます。

シュノーケリング

海に行くならシュノーケリングのセットがあると、魚などの海の生きもの観察ができて楽しいです。

子どものサイズにあったゴーグルなどを用意してあげましょう。

虫取り網

山などにいくなら虫取り網を持っていくと、いろいろな虫を捕まえることができます。

最近の虫取り網は持ち手を伸び縮みさせることができるので、コンパクトになるのもGOOD。

ドッヂビー

あたっても痛くないフライングディスク。広場で遊ぶのにピッタリ。

かさばらないのでボールを持っていくよりも便利かも。

サーモス 水筒子供用サーモス水筒はコップ?ストロー?タイプ別にみるおすすめ7選

キャンプで子どもが喜ぶ遊びとは!!

どんな遊びをすると楽しいかは、性別や子どもたちの年齢によっても大きく異なります。

いくつかピックアップしてみますので、ぜひキャンプ計画の参考にしてみてください。

水遊び

よちよち歩きのころから楽しめる遊びです。

海でも川でも、年齢にあった深さの場所で楽しめます。

整備されている川だと、岩の上から飛び込みなども楽しめます。

小さな子どもの場合は、カニや海老などを探して観察するのも楽しいですね。

虫取り

春から夏などにかけてのキャンプなら、虫取りもおすすめ。とくに男の子なら楽しめます。

街なかでは見ることのできない虫、とくにカブトムシやクワガタなどを採取すると、子どもたちも大喜びまちがいなしです。

アスレチックで遊ぶ

キャンプ場によってはアスレチックが併設されている場所もあります。

まるで冒険しているような、ドキドキワクワク感を味わえるアスレチックは、子どもたちにも大人気です。

広場で遊ぶ

ボールやバトミントンなど、広い場所でないとできない遊びをすると、子どもたちも大はしゃぎ。

手作り教室で遊ぶ

牧場併設のキャンプ場などに行くと、バターつくりやソーセージつくりなどの体験が楽しめます。

自分たちが何気なく食べているものがこうやってできるんだと勉強になる上に、つくったものを食べたりすることができるので、子どもたちも大好きです。

ハイキング 山登り

山でのキャンプならハイキングや山登りもおすすめ。

途中で疲れて子どもたちも大変かもしれませんが、山頂などにゴールしたときの達成感は何ものにも代えがたいものになるはずです。

バーベキュー

最近のバーベキューはどんどん進化していて、ただお肉を焼いたりするだけではなく、パンやピザ、バームクーヘンを作ったりできます。

子どもたちも一緒に楽しめるメニューが増えているので、一緒に作った美味しい料理を食べるのも楽しみのひとつですね。

どんぐりひろい

子どもってどんぐりとか木の実を集めるだけで何時間でも楽しめるんですよね。

秋のキャンプなら、どんぐりを一緒に探すだけでも楽しいです。

その他にも、キャンプならではの遊びはたくさんあります。

キャンプは春夏秋冬、どの季節にも楽しむことができるイベントです。

自然の中で遊びながら、多くのことが学べますので、ぜひ子どもたちと一緒にチャレンジしてみてください。

ピクニック お弁当箱ピクニックはお弁当箱選びが大事!家族で使うピクニック用お弁当箱を選ぶ3つのポイントと人気商品6選
0